ヤコブコーエンのジーンズの魅力は?こだわりメンズ達の評価を調査!

数々のジーンズブランドがある中、最近になって一際目立ったブランドが「ヤコブコーエン」。他には見ない滑らかな生地と、独自の遊び心で若者を中心に人気を博しています。そんな人気急上昇中のヤコブコーエンについて、まとめてみました。

目次

  1. 独特の世界観を持つヤコブコーエンとは
  2. 社名をヤコブコーエンにした理由
  3. クオリティの高いヤコブコーエンモデル
  4. 機能性が豊富で在庫切れも多いヤコブコーエン
  5. ヤコブコーエンの知られていない機能性
  6. ヤコブコーエンは履いた時のシワの寄り方が美しい
  7. いちいちお洒落な装飾品付きのヤコブコーエン
  8. 見えない所に感じるヤコブコーエンの質の高さ
  9. カラーが美しいヤコブコーエンのステッチワーク
  10. 自社の製品ばかりで囲い込まないヤコブコーエン
  11. 選ぶのが楽しくなる装飾品が揃っているヤコブコーエン
  12. ヤコブコーエンに相応しいロゴマークの背景革
  13. ウエストで魅了するヤコブコーエンJ622モデル
  14. メンズモデルでスタンダードなヤコブコーエン
  15. 世界中から注目されているヤコブコーエンまとめ

独特の世界観を持つヤコブコーエンとは

今までにない服を求めて設計しているヤコブコーエン。日本でも熱狂的なファンがいて、イタリアから代行業者に依頼して、個人輸入している人もいるぐらいです。どのモデルも自分の体にフィットするジーンズを揃えており、履き心地が気持ちよくてユーザから評価が高くなっています。ウエストからサイドにかけてのラインが美しく、上品でドレッシーな魅力が特徴です。

欧米ではジーンズは汚れや匂いを気にせずに履ける作業服とされていましたが、そのイメージを払拭させるために生まれたブランドがヤコブコーエン。完全にタウン向けのジーンズ生産に乗り出しました。

イタリアで有名な起業家が創業させたブランドは、当初のコンセプトと変えずに今もジーンズモデルを生み出しています。それまでファッション性のある服として認識の低かったジーンズを、ヤコブコーエンが概念を変えたそうです。

メンズのデニムブランド特集!定番から人気までおすすめのジーンズを紹介 | MensModern[メンズモダン]

社名をヤコブコーエンにした理由

ヤコブコーエンとは、それぞれ「ヤコブ」と「コーエン」で人の名前から取っているそうです。どちらも有名でビッグブランドのリーバイスに関わる名前で、リスペクトの意味も込めて使われました。一つは創業者の地元で一番ポピュラーな名前を、もう一つはジーンズを製法する腕の良い職人の名前を取っています。ヤコブコーエン好きでも、由来までは知らない人がほとんどです。

二つの名前が合わさった「ヤコブコーエン」という名はインパクトのある響きで、忘れにくい魅力があります。ブランド名に負けず劣らずなジーンズや服のクオリティは非常に高く、デザインもファッション性に長けているものばかりです。

価格がリーズナブルなジーンズは、生地が弱くて夏場だと汗臭い匂いがすぐについてしまいます。しかしヤコブコーエンは、手の届きやすい価格帯のモデルばかりで、匂いも付きにくくなっています。

クオリティの高いヤコブコーエンモデル

ジーンズはどこか生地が荒くて、頑丈な作りのイメージを持たれがち。ですがヤコブコーエンが生み出す服のモデルは、非常に繊細で細かな設計をされています。カジュアルでありながらもドレッシーな雰囲気は、ビジネスシーンでのジャケットにもバッチリ合うでしょう。男女共々魅力があって、評価の高いブランドアイテムとなっています。

また、今では割とスタンダードな洋服となった「テーラード」シリーズを生み出したのは、何を隠そうヤコブコーエンです。イタリアで有名になったデニムメーカーも、日本でも徐々に認知度が高くなり、有名人の起用でさらに人気が上がっています。フィットしながらも締め付けがキツくないので、スラックスのように気軽にコーディネートしたくなる履き心地です。

ブラックデニムのメンズコーデ集!おすすめのブランドや大人の着こなし | MensModern[メンズモダン]

機能性が豊富で在庫切れも多いヤコブコーエン

その革新的な随所に現れているデザインは、今までのジーンズにはないものばかりです。ストレッチの効いたチェーンを表に施していたり、裾幅を大小作ることによって靴の存在感を出すなど、トータルコーディネートとしてのアイテムを意識した設計がなされています。

生地そのものが匂いに強いものや、破れにくい頑丈さはもちろん、自分の足の動きを計算されたジーンズ作りに多くの人が魅力を感じています。テーラードブランドが沢山ある中、タウンユースに特化した服のデザイン性は、数々のファッション誌で高い評価を受けています。

素晴らしい設計図だけでなく、ヤコブコーエンが抱えもつ腕の良い職人の仕立てが絶妙で、この二つが合わさって様々なハイクオリティなモデルが出来上がっているのでしょう。ジーンズ好きが初めてショップに足を運べば、必ず感動するお気に入りの洋服に出会えます。

ヤコブコーエンの知られていない機能性

他のジーンズではあまり見られない機能が、ヤコブコーエンには備わっている。前チャックの上に付いているウエストボタンに注目してみると、その下あたりからタグのようなナイロンが飛び出しています。実はこのナイロンには意味があり、設計の段階で計算されて付けられたものです。このタグの意味は、本当に熱狂的なヤコブコーエンファンにしか、知られていません。

ウエストボタンには、ベルトを通すとその位置にベルトのバックルが来ます。そのバックルのピンをタグに通すことによって、ジーンズのたるみを防止できるという優れものです。

洋服を買うときに、少々大き目のサイズを購入する人も珍しくありませんが、確かにジーンズとベルトをロックできれば、ウエストに固定することが出来るでしょう。この細かな心遣いが、ヤコブコーエンならではの魅力となります。

デンハム(DENHAM)のデニムが人気!おすすめシルエットやカラー | MensModern[メンズモダン]

ヤコブコーエンは履いた時のシワの寄り方が美しい

ジーンズを作る上で大事な工程が、くせとり。職人のアイロン使いによって、デニム生地のシワを伸ばさなくてはいけません。洋服全般に言えることですが、人が着たり履いたりした時の身体の構造を考慮した、くせとりは業界内では常識とされています。このくせとりの独自の技術で、ヤコブコーエンは美しいラインを生み出すと評価が高くなっています。

バッグなどは設計図と型紙があれば寸法通りに作れば問題ありませんが、ブランドデニムはそうはいきません。機械では決して生まれない製法なので、職人次第でそのブランドの質が決まってしまいます。くせとりが悪ければその分比例して、履いた時のシワが汚くてフォルムが崩れ、評価の低いジーンズとなります。

元々はオーダーメイドで発注されたスーツに用いる製法でしたが、ヤコブコーエンは全てのモデルにその工程を組み込みました。どのシリーズも美しいラインが生まれるのは、このくせとりがご施されていて、魅力のある秘訣となっています。

いちいちお洒落な装飾品付きのヤコブコーエン

デニム愛好家のあいだで評価の高いヤコブコーエンは、それぞれ各パーツの装飾品にも抜かりはありません。一つ一つのカラーチョイスを変えて色彩が豊かで、パーツデザインも異なるものばかりです。リベットやフロントボタンはわざわざイタリアのジュエリーショップから取り寄せ、既存とは別の物を使用。洋服としての価値を上げる為、細かなアイデアでブランド力を上げています。

生地と生地を縫い合わせる糸のカラーチョイスすら考えられており、隠れたところまで配慮が届いているヤコブコーエン。ボタンのために外部発注しているジーンズブランドは、他にはないでしょう。高貴で上品で魅力的な装飾品の数々は、履くもののステータスを上げてくれます。

狭いピッチで細かく縫い合わせる製法なので生地が汚れにくく、耐久性に優れています。匂いの元が付きにくい高品質な生地は、履いていて嬉しくなるほどです。

デニムスーツとは?おしゃれな着こなし術とおすすめブランドまとめ | MensModern[メンズモダン]

見えない所に感じるヤコブコーエンの質の高さ

ブランド力に幅を利かせているメーカーでも、大体どのモデルも気を遣うのは表の生地ばかり。ヤコブコーエンが織りなす洋服は、ファッションとして見えない箇所にも力が入れられています。着替える際や豆知識として知っておくと、少し自慢になるでしょう。日本で20代に絶大な評価を受けているヤコブコーエンの人気の理由は、こういう随所にこだわりがあるからといえます。

スレーキと呼ばれるジーンズの裏地は、どのモデルもほとんどが無地です。しかしヤコブコーエンは商品一つ一つに特性があり、デザインが異なります。モデルのコンセプトを企画会議で決め、設計図を完成させ、職人が手作業によるデザインの施しは、一度は実際に手にとって感じ取りましょう。裏地には消臭効果もあり、匂いのもとを断ち切る機能性も持ち合わせています。

カラーが美しいヤコブコーエンのステッチワーク

ステッチワークとは、生地と生地を走り縫いしている製法の事を指します。他のブランドにはない間隔の狭くて細かい製法は、ストレッチの効いた履き心地にも関わってくるでしょう。バックポケットには翼状型に縫われたステッチがお洒落で、チャックの裏地にはヤコブコーエンからのメッセージ刺繍が縫われているので、気になる方は是非購入してみて確認してください。

メインとなるジーンズの生地とは真反対の明るい糸を使用しているヤコブコーエン。ウエストから裾にかけて正確に打ち込まれたステッチワークは、芸術性の高い魅力を感じさせます。

足に沿って綺麗に伸びるラインが美しく、素人目でも分かる技術力が評価に繋がっているのでしょう。配色ばかり気にされがちですが、実は糸自体も通常よりも細いものを使用し、より上品な仕上がりになっています。

夏のジーンズのおすすめコーディネート!デニムとTシャツの着こなしは? | MensModern[メンズモダン]

自社の製品ばかりで囲い込まないヤコブコーエン

イタリア生産のヤコブコーエンは、日本のモノ作りとは異なる製法になっています。日本のモノ作りの概念は、生産者の技術の向上。手先が器用な日本人は、自分達個人個人の能力を上げることによって、メイドインジャパンのブランド力を底上げしてきました。どの職種もアビリティに長けた専門家になることで、海外からの評価も軒並み高評価とされています。

しかしイタリア生産のヤコブコーエンは、良いものは外部発注してでも商品に反映させようという気概があります。ヤコブコーエンのデニム生地は、実は日本産の物を使用しています。パーソナルとなるアイテムは日本産の高品質な材料を仕入れ、縫製はイタリアが生み出した技術でジーンズは作られているそうです。

日本人は個々の能力向上を目指す傾向がありますが、あえて悪い言い方をすれば閉鎖的。それが魅力といえば魅力ですが、イタリア人は違います。「ベラ・フィグラ」という言葉があるように、美しい姿をテーマにしているヤコブコーエンには、日本産のデニム生地が必須だそうです。

選ぶのが楽しくなる装飾品が揃っているヤコブコーエン

よほどの特別なブランドの洋服でない限り、既存のアイテムをどうファッションに取り組むかが問題。しかしヤコブコーエンが織りなす製品には、どこまでもユーザーを楽しませようという心意気が見られます。フロントボタンやボタンフライを自分の好みのデザインで選べ、最初からファッションアイテムとしてのコーディネートが選べるからです。

生地、ストレッチ、匂い、価格とどれを取っても日本産のブランドに引けを取らないヤコブコーエン。その魅力的な洋服の数々は、年々認知度があがってきています。色鮮やかな装飾品は一つずつイタリア職人が丁寧に作っているので、素晴らしい出来です。

このサービス自体が高く評価され、各メディアで注目されています。表面には特殊な加工が加えられ、少しくらいでは汚れ目を目立たない機能性となっています。

メンズのデニム・ジーンズ着こなし集!アイテムの合わせ方・お洒落コーデ紹介 | MensModern[メンズモダン]

ヤコブコーエンに相応しいロゴマークの背景革

シルバーの文字に、バックが赤の布地。これこそヤコブコーエンの証となります。どの洋服の評価も高いヤコブコーエンは、そのロゴマークの下地にハラコと呼ばれる革を使用しています。通常のパッチワークとは質が格段に違うハラコは、ブランド名に魅力を与えているでしょう。

赤とシルバーのコントラストが美しく、上質な革が土台だからこそ、ロゴマークが映えているというのも事実です。産まれたての牛の胎児の革を使用しており、食物連鎖の副産物と呼ばれています。その滑らかな質感は魅力的で、他にも財布やバッグなどにも素材として価値のあるものです。

本革特有の濃い匂いのもなく、細かな繊維が色鮮やかに映し出してくれます。牛の胎児といっても、惜しくも亡くなってしまった子のみの収穫とされているので、残酷な始末で使われている洋服の素材ではありません。

ウエストで魅了するヤコブコーエンJ622モデル

股上が浅めで、ボディラインが魅力的な印象のヤコブコーエン「J622」。最近メンズファッションとして流行りの、トップスの裾をウエストに入れるタックインが綺麗に見えると評価の高いジーンズです。おろし立てのジーンズの匂いが良く、スタイルを美しく映し出してくれるでしょう。トレンドとしても遜色なく、さり気なくも上品な面持ちが特徴的です。

下半身を引き締めてくれる設計をされていて、足のラインが実際よりも長く綺麗に見えます。裾に向かって若干細くなっており、靴が映えるように演出。いま流行りのロールアップにしても、裏地が綺麗なので通常のジーンズよりもエレガントにコーディネートが仕上がるでしょう。工事現場の作業着というような匂いは一切しない、人口密度の多いエリアでも華やかに着飾ってくれます。

デニムの裾上げは自分でできる?正しいやり方とコツ・ポイントまとめ | MensModern[メンズモダン]

メンズモデルでスタンダードなヤコブコーエン

最も売れていて、最もエクセレントなヤコブコーエンモデル「J688」。売れ筋商品であり、評価の高いジーンズです。股上から股下とのバランスが非常によくとれていて、シルエットがデニムとは思えないほどの柔らかくて美しいラインになっています。テーラードならではの質の良さや匂いは、他ブランドでは実現し得ないでしょう。

これほどの高品質さは、一度履けば分かるほどの履き心地をしています。他にもモデルシリーズはたくさん取り揃えているので、自分のお気に入りのジーンズに、必ず出会えるでしょう。国内だけに留まらず、各国で良い評価を受けているヤコブコーエン。フォルムやカラーリングを気にするのもいいですが、裏地のデザインを確認し忘れないようにしましょう。

世界中から注目されているヤコブコーエンまとめ

世界中から高い評価を受けているヤコブコーエン。安物の革を素材にしているジーンズほど、汗を掻くとすぐに匂いが付いてしまう。しかしイタリアの職人の縫い合わせ、アイロンがけ技術の高いくせとりなどで、匂いの元を絶ってくれるでしょう。ウエストから裾にかけて太いジーンズが良しとされていた時代は終わり、細くてラインの美しいジーンズこそトレンドとなっています。

ファッション好きな学生から、ビジネスカジュアルとしてコーディネートしている大人のメンズまで、幅広く利用されています。年間で200万本売れているヤコブコーエンは、これからもデニム業界で唯一無二の存在となっていくでしょう。匂いの付きにくい消臭効果や気の利くベルトループなど、機能性に長けた業界のパイオニアとなっています。

東京を中心に、日本でもマストなアイテムとなったヤコブコーエン。メンズの中でも特に30代のメンズファッションとして売れているのは、ステッチやフロントボタンなどの細部にまで至るこだわりが、男心をくすぐる要因と言えるでしょう。リーズナブルで手軽なジーンズブランドが流行る中、本物志向のヤコブコーエンのデニムで、ワンランク上のメンズを目指しましょう。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ