キュレーターという職業を調査!業界によって意味が違うわけとは?

キュレーターという職業について耳にした事がある人もいるかと思いますが、一言でキュレーターと言っても業界ごとに役割や意味が異なってくるのだとか。今回はそんなキュレーターの業界ごとの違いや、Web業界でのキュレーターになる方法をご紹介していきます。

キュレーターという職業を調査!業界によって意味が違うわけとは?

目次

  1. キュレーターという職業の意味や役割を徹底調査!
  2. キュレーターとはどんな仕事なの?
  3. 業界によってキュレーターの意味が違う?
  4. 現代美術に関連した職業のキュレーター
  5. 情報をまとめるWeb業界のキュレーター
  6. 動物園に関連した職業のキュレーター
  7. 分子生物学に関連したキュレーター
  8. キュレーションサイトで誰でもキュレーターになれる
  9. キュレーションサイトにより扱うジャンルも様々
  10. キュレーターとは業界によって様々な意味を持つ職業

キュレーターという職業の意味や役割を徹底調査!

近頃はキュレーターという名前の職業を耳にする事が増えたと感じる人も多いのではないかと思いますが、一体どの様な役割を持った職業なのか、その詳細な内容はご存じでしょうか。いきなりキュレーターなんて名前だけ聞いてもピンとこないかもしれませんよね。

今回はそんなキュレーターという職業に関する気になる情報をまとめてお届けしていきたいと思います。実はキュレーターというのは一つの職業だけを表す言葉ではなく、業界ごとに複数存在するそうなんです。一体どういう事なんでしょうか。

キュレーターとはどんな仕事なの?

デザイナーやカメラマンの様に職業を聞いただけで何となく仕事の内容を想像できる職業とは違って、キュレーターと言われてすぐに仕事内容を想像できるという人は案外少ないのではないでしょうか。その業界に属している人でもなければ何だか耳慣れない名前ですよね。

実はキュレーターというのは業界によって持つ役割やそもそもの意味が違ったりするそうなんですが、近頃耳にする事の多いキュレーターというのは、恐らくWeb業界で活動している人々の事を表した言葉ではないでしょうか。気軽に始められるキュレーターになってみたいという人もいますよね。

キュレーターという職業についてご説明する前に、まずはキュレーターというもののそもそもの意味についてをご紹介していきたいと思います。元々は現在広まっているキュレーターとは少し違ったそうなんですが、どの様な意味の言葉なのか想像ができるでしょうか。

業界によってキュレーターの意味が違う?

キュレーター(Culator)というのはラテン語で「世話役」という意味を持つ言葉であり、元々の意味としては博物館や図書館と言った施設内でそれぞれの専門知識を持った人々の事を示す言葉として使われていたのだそうです。知識が無ければ人に教える事もできませんよね。

しかし日本では比較的安易にキュレーターという言葉を付けられる事がある為に、本来のキュレーターという意味が混乱してしまい結果的に今の様に業界によって意味が違うといった状態となってしまったのだとか。

そんな業界ごとに違うキュレーターという職業について、それぞれの持つ役割を順にご紹介していきたいと思います。同じキュレーターという名前であるものの業界によってどの様に役割に違いがあるものなのでしょうか。

現代美術に関連した職業のキュレーター

まずは元々の意味のキュレーターとして使われていたという美術関連の業界でのキュレーターについてご説明していきます。キュレーターというのは、元々は「学芸員」と呼ばれる人の事を指す職業だったのだとか。キュレーターよりもこちらの方がわかりやすいかもしれませんね。

キュレーターは展覧会の企画者としての役割を持つ職業であり、参加するアーティストの選定や展示会のテーマ、作品の配置といったあらゆる役割をこなすのだそうです。美術関係のお仕事をされている方であれば聞き知った言葉なのかもしれません。

そういった作品などを選定する人の事をキュレーターと呼び、その意味が転じて「情報を選定する役割の人」という意味で現在のキュレーターと呼ばれる職業が流行り始めたのだそうです。

情報をまとめるWeb業界のキュレーター

そんなキュレーターという業種について、最近耳にしたという人はやはりWeb業界における情報をまとめる人々を表すキュレーターという言葉の方が身近に感じられるのではないでしょうか。キュレーションサイトといったものも存在しますよね。

Web業界におけるキュレーターとは、必要とされる情報をまとめて一つの記事を仕上げる人々の事であり、情報化社会である現代において需要の高い存在でもあるのです。日常的にまとめサイトと呼ばれるものを見ている人も多いのではないでしょうか。

自分では持たなかった知識をそういったキュレーションサイトで得る事ができたり、思わぬ視点から集められた情報が役立つ事もあったりするものです。Web業界のキュレーターは、ブロガーとも似ている職業でもあるのかもしれません。

動物園に関連した職業のキュレーター

実は動物園にもキュレーターと呼ばれる職業が存在しています。日本では飼育課長とも呼ばれるキュレーターは、動物園内のあらゆる環境や獣医師との繋がりといったものを監督していく役割を持っているのだそうです。

博士号を持っている人も多いという動物園のキュレーターですが、お客さんに対して動物の生態などについての解説をしたりする事もあり、想像以上に多くの知識が必要となる職業でもある様です。動物好きならば苦ではないのかもしれませんね。

キュレーターとして働く為には国家資格が必要となるそうですが、資格自体は比較的取得しやすいのだとか。ただし資格を得られたからといって絶対に動物園などに就職できるとは限らない為、実際には狭き門でもある様です。

分子生物学に関連したキュレーター

更に難しい分野となってきますが、実は分子生物学においてもキュレーターという職業は存在するのだそうです。簡単に言うと分析を専門に行う人の事であり、ここまでにご紹介してきたキュレーターとはまた違った役割の業種になります。

しかし情報を選定する役割といった意味ではどのキュレーターも根本的には同じであり、必要とされている情報を見極める目を持っている人が各業種でもキュレーターに向いた人材であると言えるのではないでしょうか。

キュレーションサイトで誰でもキュレーターになれる

学芸員と呼ばれるキュレーターにおいてはそれぞれに資格が必要な業種となってきますが、一方でWeb業界におけるキュレーターであれば誰でも簡単になる事ができるものであるという事はご存じでしょうか。キュレーター募集の文字を見かけた事がある人もいるかもしれません。

話題となっているキュレーションサイトへと登録をしたり、自身で作成したブログを使って情報を発信していく事ができればアナタも立派なキュレーターになる事が可能なんです。ただしある程度人に伝える為の文章力や構成力は必要となってきます。

しかしネット上に溢れている情報の中には当然間違ったものが含まれている場合もありますよね。全ての情報を鵜呑みにせずに、正しく必要な情報を選定していく力を身につけていく事もキュレーターには必要なスキルの一つです。

キュレーションサイトで報酬を得る場合その金額は契約や作成する記事の内容により様々ですが、やりようによってはキュレーターとして成功し有名になる事もできるかもしれません。始めから無理だと諦めてしまうより、何事も挑戦する気持ちは大切ですよね。

更には与えられる情報ばかりではなく、世の中で話題となっている事にも敏感にアンテナを張っておく必要もあるものです。読者が知りたいと思える情報を提供できなければ書いた記事を見て貰う事だってできなくなってしまいますよね。

キュレーションサイトにより扱うジャンルも様々

しかしキュレーターとして活動を始める為にはどうすれば良いのだろう…と首を傾げる事もあるかもしれません。そういった時にはまずはキュレーションサイトへの登録をしてみると良いのではないでしょうか。検索してみると多数のキュレーションサイトがヒットします。

多くのキュレーションサイトがキュレーターを募集していますが、誰にも得意とする分野が一つくらいはあるのではないでしょうか。女性向けの情報を扱うサイトやグルメな情報を扱うサイトなど、その幅は多種多様です。中には専門的な知識を必要としているサイトもあるものです。

どうせ記事を作るなら自分の得意分野の方が持っている情報も多いでしょうし、何より好きな分野でキュレーターというお仕事自体を楽しみながらする事ができれば、より良い記事を作成していこうという意欲にも繋がっていくのではないでしょうか。

Web業界でキュレーターを始めるにあたって注意しておきたい点といえば、情報を発信する以上は根拠の無いいい加減な内容を読者に届ける事はしない様にする事です。場合によっては誤った情報が思わぬトラブルを生む事にもなりかねません。

キュレーターとは業界によって様々な意味を持つ職業

各種業界におけるキュレーターという職業についてご紹介してきましたが、キュレーターとはどういったものなのかを少しは理解して頂けたのではないでしょうか。これまでキュレーターという職業自体を知らなかったという人もいるかもしれません。

情報を選定したりする事が好きだという人は、この機会にキュレーターという職業について調べつつそれを目指してみるのも良いかもしれません。同じキュレーターでも、どの業界のものを選ぶかはアナタ次第です。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ