手帳を英語で書いてみたい!という貴方のために、今回は英語を使った手帳の書き方をご紹介します!手帳で使えるおすすめの英語表現や略語もまとめました。英語を使ったスマートな手帳の書き方を実践して、貴方の英語力を益々アップさせましょう!

手帳を英語で書いて英語力をアップさせよう!スマートな書き方は?

目次

  1. 英語力をアップさせたい貴方へ
  2. 手帳に英語で書こう①日付の2タイプ
  3. 手帳に英語で書こう②スケジュール欄
  4. 手帳に英語で書こう③ToDoリスト
  5. プロジェクト管理も手帳に英語で!
  6. アイデアを手帳に英語でメモする!
  7. 手帳に英語で一言日記をつけてみる
  8. 住所録も手帳に英語表記で管理する
  9. 手帳に英語でマネー管理をしてみる
  10. 手帳でスマートに英語力アップ!

英語力をアップさせたい貴方へ

英語を日常生活の中に取り入れよう

英語力をアップさせたいけれど、なかなか思う様に英語が上達しないと感じている人は少なくないかもしれません。英語をビジネスやプライベートでの生活の様々なシーンの中で自然に身に付けることが出来れば、ストレス無く楽しみながら勉強を続けられるでしょう。まずは、英語を貴方の日常生活の中に取り入れてみましょう。

手帳を英語で書くのがおすすめ!

英語を日常生活に取り入れる方法としておすすめなのが、手帳を英語で書くことです。日々のスケジュールやタスク管理等のタイムマネジメントを英語を使って手帳に記す習慣を付けてみましょう。簡単な英語の単語や略語も取り入れて、自分にとって無理なく続けることが大切です。

手帳の英語を使ったスマートな書き方をご紹介します!

今回は、英語で手帳を書く方法についてご紹介します。ビジネスでもプライベートでも手帳で使える英語の表現や略語をまとめました!手帳に英語でスマートに書いて、貴方の英語力をアップさせましょう!

男性が持つ手帳のおすすめブランドTOP10!できる男を目指すならどれ? | MensModern[メンズモダン]

手帳に英語で書こう①日付の2タイプ

アメリカ英語かイギリス英語のどちらかに統一を

ビジネスでもプライベートでも、手帳に書く機会の多い日付を英語で書いてみましょう。アメリカとイギリスでは、日付の表記の仕方が異なります。手帳に英語で日付を書く際には、アメリカ式かイギリス式のどちらかのタイプに統一して記す様にしましょう。

アメリカ式の日付表記

アメリカ式の日付表記は、月、日、年の順になっています。2017年8月20日なら「August 20, 2017」となります。月は略語として表記することが出来ますが、その場合には「Aug. 20, 2017」と月の後にピリオドが必要です。

イギリス式の日付表記

一方、イギリス式の日付表記は、日、月、年の順番です。2017年8月20日は「20 August 2017」または「20 Aug. 2017」となります。

日付の前置詞「on」を使いこなそう!

「○月○日に」の「に」を表す英語が前置詞の「on」です。「on Aug. 20, 2017」(2017年8月20日に)となります。日付には「on」と覚えて、手帳の中で日付の英語を使いこなしましょう!

手帳の使い方!ビジネスでも活躍するおすすめの活用方法とは? | MensModern[メンズモダン]

手帳に英語で書こう②スケジュール欄

一日のスケジュールを英語で

一日のスケジュールを手帳に英語で書くことを習慣にしてみましょう。毎日の習慣にすることで、英語上達が期待出来ます。一日の予定は、時間も添えてコンパクトにまとめて英語で書くと良いでしょう。「Meeting at 11am 」(11時にミーティング)、「Lunch at 2pm」(14時にランチ)等、完結に書くことが見やすくておすすめです。

略語の英語表記でスマートに書く

スケジュール欄に書くスペースが足りない!という場合には、英語の単語を略語化してスマートに手帳に表記しましょう。例えば先ほどの「Meeting at 11am」(11時にミーティング)の「Meeting」はMTG、「at」は@に略語化出来るので「MTG @ 11am」とスマートな英語の表記になります。

月間、年間のスケジュールを英語で

ビジネスでもプライベートでも、一日単位だけでなく、マンスリースケジュールや年間を通してのスケジュールにも手帳には英語で書いて自分の英語力の上達につなげたいですよね。月間や年間のスケジュール欄は狭いスペースでコンパクトに書く必要があります。英語を略語化して見やすくするのもおすすめです。

例えば「after work」(仕事の後)は「a/w」とスラッシュを入れて英語を略語化します。記念日は「-day」とします。「birthday」(誕生日)なら「b-day」となります。忘れてはいけない予定の前には「DF!」(Don't forget!)と書いて丸で囲っておくとリマインダーにもなりそうです。

前置詞「at」「in」を使いこなそう!

手帳に英語でスケジュールを書く際には、前置詞を使いこなせると便利でスマートです。日付を表す「on」の他に、時刻を表す「at」や、年や季節といった範囲の広い時を表す「in」を使ってみましょう。「Lunch at 2pm」(14時にランチ)、「in 2Q(the second quarter)」(第2四半期に)といったビジネス表現も是非使いたい英語表現です。

手帳に最適なペンは?書きやすいボールペンなどおすすめの筆記用具を紹介! | MensModern[メンズモダン]

手帳に英語で書こう③ToDoリスト

時短にも!手帳に英語でタスク管理

手帳のToDoリストにやらなくてはならないことを書くことで、タスク管理を徹底することが出来ますよね。タスク内容も英語で書き込んで英語力アップにつなげましょう。完結で見やすいリストを作るためには、英語の略語を使うのがスマートでおすすめです。

ToDoリストに使えるおすすめの英語の書き方

「MTG」(meetingの略)の他にも、「appt」(appointment/予約)、「msg」(message/メッセージ)、「conf」(conference/研究会)などの英語の略語が使えます。

タスクの優先順位を表す英語としては、「ASAP」(As Soon As Possible/出来るだけ早く)、「TBC」(To be continued/続きは後程)等の略語が便利に使えておすすめです。

プロジェクト管理も手帳に英語で!

プロジェクトのタイムテーブルを英語で管理

ビジネスマンでプロジェクトをいくつも抱えている人はスケジュール管理が大切になってきますよね。そんな大切なプロジェクトのタイムテーブルを英語で管理することで、良い緊張感も生まれて手帳使いが一層スマートになります。プロジェクト管理と英語力アップが同時に出来ますね!


プロジェクト管理にも英語の略語化がおすすめ!

「Meeting with Mr.Tanaka at 4pm」(午後4時に田中氏とミーティング)の英語を省略して「MTG w/ Mr.Tanaka @ 4pm」等とメリハリを付けた書き方が分かりやすくおすすめです。withは「w/」 without(~以外)は「w/o」と省略して英語をコンパクトに表記しましょう。

英語でプロジェクトのゴール管理も

プロジェクトの締め切りやゴールの日付をしっかりと押さえておきたいものですね。「~までに」の英語表現は前置詞の「by」を使って「by tomorrow」(明日までに)等と記しましょう。

アイデアを手帳に英語でメモする!

ブレストやプランニングのアイデアを英語でメモ

ブレストしてふと思いついたアイデアや、プレゼンや企画の構想を手帳にササッとメモする際に、英語を使って書いてみましょう。ロジカルなメモに必要な英語の接続詞や前置詞を略語化する書き方がおすすめです。例えば「b/c」(because/なぜなら)、「bet. A n B」(between A and B/AとBの間に)、「b4」(before/~の前に)等が使えます。

会議の内容も英語でメモ

会議でメモを取るのが大変という人も、英語を取り入れて手帳にメモしてみましょう。例えば、会議のタイトルの前には英語の「Re:」(Regarding/~の件)を付けてみましょう。略語を使えば時短にもなりスマートです。

手帳に英語で一言日記をつけてみる

短文でOK!その日の振り返りを英語で

英語で日記を付けるとなると書くのが大変で続かないという人も、手帳の空いたスペースにその日の出来事や感想などを英語の短文で書いてみる一言日記はストレス無く楽しく続けられておすすめです。毎日続けることで、英語のライティングの上達が期待出来ますし、英語に毎日触れていることで英語力に対する自信にもつながります。

一言日記には、その日に印象に残った出来事と共にその出来事に対する感想を「It was ~.」(~だった。)を使ってみましょう。~の部分に入れる言葉にはバラエティーを持たせることで英語力の上達につながります。「pumped up」(やる気満々な)、「hectic」(バタバタした)、「stressful」(ストレスの多い)、「rough」(大変な)といった様々な表現が身に付きます。

明日の目標や予定も英語で添えよう

その日の出来事や感想に加えて、明日の目標や予定も一言日記に英語で添えましょう。未来に向かって自分をプッシュする一言がモチベーションアップにもつながりますよね。「やるぞ!」という意志や決意を持っているなら「I will~.」で文章を作ってみましょう。予定について書く場合には「I am going to~.」を使いましょう。

目標や予定におすすめの英語表現

早寝早起きをするぞ!と意気込んでいるなら「I will keep early hours!」が使えます。他にも「put my thoughts together」(自分の考えをまとめる)、「refrain from drinking」(お酒を控える)、「exercise」(運動する)、「get some good rest」(しっかり休む)等、未来の目標や週末の予定を英語で表現する際に使えておすすめです。

住所録も手帳に英語表記で管理する

取引先、友人、知人の住所を英語で

手帳に取引先や友人、知人の住所録をまとめておくと何かと便利ですよね。せっかくなので、住所録の日本語表記に加えて、英語でも住所を書いて英語の上達をしちゃいましょう!英語圏に手紙や荷物を送る際にも、普段から英語で住所を書き慣れておくと大変便利です!

英語で住所を書く時の順序とは?

英語で住所を書く際には、日本語の住所表記と逆の順番で書きます。手帳に書いて慣れてしまいましょう!書く順番としては、まずアパート等の建物名と部屋番号等がきます。それから、番地、町名、市区町村、都道府県、郵便番号、最後に海外の住所なら国名も添えておくと良いでしょう。

アパートの部屋番号は#で表記します。○○アパート101号室なら「○○ Apartments #101」または「#101 ○○ Apartments」となります。会社の住所等でビルの場合には「Bldg.」を用いて、△△ビル5Fなら「△△Bldg.5F」と表記します。

市区町村については、ローマ字表記しましょう。大手町なら「Ote-machi」、豊島区なら「Toshima-ku」、京都市なら「Kyoto-shi」となります。都道府県を書く際には、都、府、県は省きます。東京都は「Tokyo」、大阪府は「Osaka」、広島県は「Hiroshima」となりますが、北海道は「Hokkaido」と表記します。

手帳に英語でマネー管理をしてみる

生活に必要な英語を自然に使いこなそう

手帳のスケジュール欄やToDoリスト等に、給料日や家賃の支払い日を記録している人もいるかもしれません。または、手帳に家計簿を付けている人もいるでしょう。それらを英語表記にしてみると、生活に必要なマネーに関する英語を簡単に身に付けることが出来ます。

手帳に使いたいマネーのおすすめ英語

日常的によく使うマネー英語をご紹介しましょう!給料日は「pay-day」です。スケジュール欄には是非書き込みたい英単語ですね!給料が出たら、使う前にまず貯金「savings」!という堅実な人も多いかもしれませんね。

お給料が入ったら、今月の支出「Expense」も考えなくては!ということで、届いている請求書をチェック「check invoice」しましょう!水道代「water bill」、ガス代「gas charges」、電気代「electricity charges」に加えて携帯代「cellphone charges」をしっかりと支払いましょう。

家賃の支払いがあるなら、「pay rent」です。何かローンの支払いがある場合には「payments for Liability」となります。食費「food expenses」もしっかりと確保して、手帳に健康なマネー管理を英語で行いましょう!手帳を買い換える頃には、きっと英語が上達したことを実感していることでしょう。

手帳でスマートに英語力アップ!

英語上達は一日にして成らず!

いかがでしたでしょうか。今回は、英語力をアップさせるために取り入れたい英語を使ったおすすめの手帳の書き方についてご紹介してきました。ビジネスでもプライベートでも、手帳のスマートな英語を使った書き方を是非お役立てくださいね!


評価 4.2/ 5(合計15人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ