手帳に最適なペンは?書きやすいボールペンなどおすすめの筆記用具を紹介!

毎日の生活に欠かせない筆記具について、時には考えてみましょう。ボールペンなどを筆頭に手帳に書きやすいものを探ってみました。手帳に最適なペンとは、いったいどのような条件のものでしょうか?おすすめな筆記具をご紹介いたします。

目次

  1. そろそろ新しい手帳が気になる頃
  2. 手帳と相性の良いペンを見つけたい
  3. 手帳用のボールペンや筆記具には見合った条件がある
  4. 手帳用のペンとしての条件について
  5. ボールペンと万年筆とどちらがベストか?
  6. 手帳におすすめなボールペン特集
  7. ボールペンとは和製英語?
  8. 手帳にふさわしいおすすめなボールペンとは?
  9. 手帳用ボールペン①/パーカーアーバン
  10. 手帳用ボールペン②/パーカーIMプレミアム
  11. 手帳用ボールペン③/三菱鉛筆 ピュアモルト4&1
  12. 手帳用ボールペン④/ラミー4色ボールペン2000 L401
  13. 手帳用ボールペン⑤/モンブラン ジョン・レノン
  14. 手帳用ボールペン⑥/パイロット フリクション
  15. 手帳用ボールペン⑦/ゼブラ クリップ-オンマルチ
  16. 手帳用ボールペン⑧/ゼブラ SARASA
  17. 使いやすいペンが手帳を楽しくする

そろそろ新しい手帳が気になる頃

一年の後半になると過ってくるのが来年の予定や計画です。その為の準備としていつの間にか文房具店などでは、新しい年向けに最新の手帳が揃い出す頃です。手帳を新調してもっと使いやすくしたいと思うものです。仕事やプライベートの充実には、手帳での管理術には注目したいものです。

手帳の新調とともに考えたいのがペン選び

手帳と同時に考えてみてほしいものが「ペン」です。筆記具なんて何でもいいと思っているあなたへ、実は自分にとって最も書きやすいペンを見つけると、手帳術を含めた仕事全般にも張り合いが出てきます。ペンにも書きやすさやグリップの太さ、インクの感覚などのこだわりがあって然りです。ここでは、手帳とマッチングしたおすすめなボールペンを中心にお送りします。

手帳と相性の良いペンを見つけたい

手帳へのこだわりがあるのと同時に、その為の筆記具へのこだわり方も考慮している人もいます。手帳術でただ単にその辺にあるボールペンを使うというのではなく、書きやすさや字の太さ、インクの出具合、仕上がりといったものが自分なりにベストなものを選びたいものです。仕事やプライベートでの手帳への書き方の違いもあり得ます。

手帳用にペンを選ぶには試行錯誤する

他にもペンのインクの質やペンそのものの機能性についても考えどころです。単色ペンを数種類持つのか、3色や4色の多機能ボールペンを使うのか、という点も個人差や好みによって変わってきます。仕事用や遊び用、手帳用のペンという使い分けも出来ます。手帳に活用するペンもあらゆるものを試しながら決めていくといいでしょう。

手帳用のボールペンや筆記具には見合った条件がある

とにかく書ければ文房具は何でもいいと思う方はそれでもよいのでしょうが、自分らしい手帳とのマッチングにはベストなペンを使いたいという方には、それ相応な条件があるはずです。手帳のマス目にも限度があります。字の太さやタイプなど、文房具店で色々なものをチョイスして手帳の為に使ってみるのもいいかもしれません。

手帳の好みに合わせペンも揃えたい

手帳も文房具店に行けば星の数ほど並んでいます。その中から自分に合うものを選ぶのは毎年悩みどころです。それと同時に手帳の機能によってペンの太さやグリップの握り具合、手帳のサイズに合わせボールペンの長さにも気を使うなど、手帳用に使えるペンには色々な条件を比べ選んでいくと良いかもしれません。

手帳用のペンとしての条件について

手帳に記入する際に使う文房具として最も一般的なものは、何といってもボールペンではないでしょうか?もちろんシャープペンでもマジックでも構わないのですが、使い勝手と書きやすさ、そして見た目の良さをトータルに見ても、ボールペンをおいて他にはないからです。いつもそばに当たり前のようにあるボールペンですが、一度その良さにもこだわってみたいものです。ここではボールペンを例に手帳用ペンの条件を述べていきます。

手帳良ペンの条件①/インクの質

ボールペンなら何でも同じと思われている方が多いかもしれませんが、案外とボールペン一つにも種類がたくさんあります。新製品も特徴的なものが登場しています。その中から手帳用に選ぶとしたら、自分なりに品質の合うものが良いはずです。仕事やプライベートな事を書き込む頻度が高い手帳です。油性にするか水性にするかでも違ってきます。あるいは近年では「消せるボールペン」も登場しています。

手帳用ペンの条件②/ペンの太さ

手帳は持ち歩く文房具です。常にペンも一緒でなくてはなりません。ペンケースなどに入れて別に持ち歩くという方もおられるでしょうけど、手帳とマッチさせて一緒に所持する派もたくさんおられます。その際気になるのがペン自体の太さです。グリップの握りなども考えてみたら、自分に合う文房具は、それなりに探してみないと分からないものです。

仕事上でもなるべく細いもののほうが持ち運びには便利ですが、今度は書きやすさに難が出てしまいます。よって手帳用ペンの太さは程々なところが無難です。一般的手帳のボールペンホルダーサイズは、「5Φ~10Φ」程度の太さです。ペンはそのサイズから概算して直径5mm~10mmの間で選ぶのがおすすめです。

手帳用ペンの条件③/ペンの長さ

手帳サイズには大別するとA5、バイブル、ミニ6穴、ミニ5穴、システムダイアリーの5種類があります。手帳の中にはフランクリン手帳に代表されるメーカー独自サイズも存在します。各々の手帳サイズとマッチしたペンとは、長さが関連してきます。あまりにも手帳と比べて丈が長すぎるペンでは携行しにくいし、短すぎると使いずらいものです。おすすめな手帳サイズに会う標準的ペンの長さは「100mm」程度と覚えておくと良いでしょう。

手帳用ペンの条件④/ペンの形式

実はボールペンを使う際に覚えておいてほしいのは、ペンが油性か水性かによる違いです。そしてボールペンの形式では「キャップ式」と「ノック式」に分かれます。一般的には水性ボールペンがキャップ式、油性ボールペンがノック式として販売されているのです。手帳に会う形式は何といってもノック式です。キャップ式でもいいのですが、手帳から外れて紛失する可能性があります。また水性ボールペンでも選べばノック式のものもあります。

手帳を話題のバーチカルに挑戦!おすすめの手帳を徹底比較! | MensModern[メンズモダン]

ボールペンと万年筆とどちらがベストか?

文房具・筆記具の王様のような存在である万年筆と凡庸化されポピュラーなボールペンは、あなたの手帳に合う筆記具として見る際の究極の選択と言えます。では実際に手帳を書く際には万年筆とボールペンとではどちらが優れているのでしょうか?

万年筆を使う良さ

万年筆には太さの種別があります。B、M、F、EF(EFが1番細い)という段階に分かれていて、標準的な太さはMです。しかしボールペンとの筆跡を比べても、太い文字になるという特徴があります。またインクが乾くまでの時間が必要なので、即効性が不可欠な手帳やメモなどの対応には向いていません。

万年筆を使う良さは、何といっても心を落ち着かせて書く体制を作るというステイタスにあります。機能面よりもメンタルの豊かさを求める意味では、万年筆が醸し出す「ゆとり」にはボールペンは敵わないと言えます。自宅でゆっくり手帳を開いて書く方にはおすすめです。

ボールペンを使う良さ

ボールペンの良さは即効性にあると言えます。仕事に追われているビジネスマンにとって、手帳用の筆記具は敏速なタイプのものが選ばれます。手帳への書き味の良さ、さっと筆記できる機能性、瞬時に乾くインクなど、あらゆる面からトータライズしてもボールペンに勝るものはないはずです。

ボールペンの人気ランキング!安くて書きやすい実用的なおすすめの一本 | MensModern[メンズモダン]

手帳におすすめなボールペン特集

ここでは手帳に記入する際に、あらゆる条件に見合ったボールペンをいくつかご紹介いたします。近年ボールペンも種類が豊富になり、機能的なものが登場しています。あなたの手帳にマッチするのはどのボールペンでしょうか?

ボールペンとは和製英語?

通常はボールペンのことを英語では「ballpoint pen (ball-point pen)」、もしくは単に 「ballpoint」と表記します。「ボールペン」という呼び名は和製英語だとされるのが一般的ではあります。しかし近年では俗称や商業用語としても英語圏で「ball pen」と呼ばれることがあるそうです。仕事や遊び、手帳術でも、自由自在に対応する文房具として、ボールペンは王道と言えるでしょう。

ボールペンの種類①/水性ボールペン

インクの粘度が低くてさらさらとした書き味が特徴です。油性ボールペンと比較すると色の発色性の面でも優れていて、最近では好んで使用する人も増えています。ただし水に濡れるとインクが流れてしまい、字が滲み消えてしまうという弱点もあります。手帳に記入する際は注意が必要です。

ボールペンの種類②/油性ボールペン

ボールペンの種類の中でも古典的なのが油性インクのものです。1930年代にビーロー・ラースローによって開発されました。揮発性が低く高粘度の有機溶媒を使用することでにじみや裏写りがない、かつ筆記距離が長いといった利点があります。インクも乾燥しやすいので一般的に手帳用で機能するボールペンと言えばこのタイプです。

ボールペンの種類③/ゲルインクボールペン

「中性ボールペン」とも呼ばれているタイプのボールペンです。ゲルの性質から書き味がなめらかな水性ボールペンの特徴と、インク残量が確認できて最後までインクの出方が一定な油性ボールペンの良さを合わせ持っているとされています。当初はキャップ式のものしかなかったのですが改良を重ね、現在ではノック式のものも発売されています。おかげで手帳に刺して使いやすくなりました。

ボールペンの種類④/エマルジョンボールペン

ゼブラによって開発された新世代型のボールペンがエマルジョンボールペンです。油性インクと水性ジェルを混合した油中水滴型エマルジョンインクが特徴的です。最新技術で油性7水性3の割合で混合し安定させています。水性のさらさらした書き味と油性の耐久力を実現させています。手帳への記入も安心なタイプです。

手帳にふさわしいおすすめなボールペンとは?

手帳用ボールペンには、あえて高級なブランド物の「パーカー」「クロス」などを選ぶ方もいれば、三菱、ゼブラといった凡庸なブランドの実用品から選ぶ方とに分かれます。また種類は水性インク、油性インク、ゲルインクボールペンとに分かれ、色分けされたテクニカルな3色、4色、5色などのボールペン、シャープペンと併用できるシャーボ、消せるフリクションペンなどがあります。自分の手帳に合うものを是非選んでみましょう。

手帳用ボールペン①/パーカーアーバン

パーカーの伝統を更に進化させた個性的な手帳にも合うボールペン、独特のフォルムから繰り出す握りやすさと書きやすさがあらゆる世代に人気となっておすすめです。落ち着いたマットブラックラッカーの一本、スムーズなインクフローは仕事がはかどることでしょう。

手帳用ボールペン②/パーカーIMプレミアム

手帳にも高級感のあるデザインにこだわりたい方におすすめなのがこのボールペンです。、パーカーというブランドは、多少値段が張っても持ちたいというファンが潜在する質の高いブランド力が高評価です。特に贈答用にすると喜ばれてるタイプのボールペンです。革製の手帳に似合いそうです。

手帳用ボールペン③/三菱鉛筆 ピュアモルト4&1

オーク材を使用し木の質感が楽しめる高級ボールペンです。持ちやすさとグリップ感を重視して太さもある設計になっています。木の温かみを感じられるボールペンとしては他に類がないとされています。また1本5役という多機能でおすすめな手帳用ボールペンでもあります。

手帳用ボールペン④/ラミー4色ボールペン2000 L401

ドイツにあるラミー社より、今から約50年前に生まれたデザインをそのままの形で残しているボールペンです。独特な雰囲気を醸し出しつつも無駄の無いスタイリッシュさが魅力です。仕事や手帳の記入もはかどりそうなクールな4色ボールペンです。美しさを追及する人のためのボールペンと呼ばれています。

手帳用ボールペン⑤/モンブラン ジョン・レノン

最高級ブランドのモンブランからは、かのビートルズのジョン・レノン・モデルが販売されています。キャップとボディが合わさる部分はプラチナ仕上げのプレートで、ジョン・レノンを追悼し当人が頻繁にサインの代わりとして描いた自画像が刻まれています。コンパクトで類い稀な存在感のあるメモリアルなボールペンで手帳術も楽しくなりそうです。

手帳用ボールペン⑥/パイロット フリクション

フリクションボールノックの登場は、それまでのボールペンの概念を覆した革新的なものでした。一度書いた文字は修正液を使わない限り消せないと思われていたボールペン字を、何度も消して書いてを繰り返せるというものにしました。登場以来不動の人気を誇るフリクションボールノックも10周年を経過しました。使いやすいボールペンの上位には必ずランキングされるおすすめな手帳用ボールペンです。

手帳用ボールペン⑦/ゼブラ クリップ-オンマルチ

手帳やメモ書きに重宝するのが多機能型のペンです。4色ボールペンは一本あればかなり使い勝手が良いものです。そんな4色ペンがさらに書きやすくなったのがこのクリップオンマルチです。ペン先が細くて文字の太さも微小に書く人に適しています。手帳のように小さなマス目にも対応できる書きやすいボールペンです。赤、青、緑、黒の4色は油性インクで書いてインク写りがありません。仕事に欠かせない手帳のお供に適しています。

手帳用ボールペン⑧/ゼブラ SARASA

ここ数年で文房具のランキングでも1位に君臨するほど人気となっているのがゼブラの「SARASA」です。ジェルインクの描くインク具合や書く時の感触がかなり心地よく、手帳術でもストレスが少ないというところが理由のようです。それに多機能型ペンではない分、カラーバリエーションが豊富にあるので、コレクションしたくなるというのも人気の秘密のようです。仕事やプライベートに使いやすいタイプです。

ボールペンの高級ブランドおすすめ20!メンズ人気のハイブランド | MensModern[メンズモダン]

使いやすいペンが手帳を楽しくする

手帳は仕事や生活に密着した関係のある文房具です。手帳一つで人生設計やライフスタイルを確立していった人も存在します。手帳は必ずしも必要不可欠な文房具とは言いませんが、上手に活用すれば必ずや良い結果が得られます。その為にも同時に使うペンにもこだわりと使いやすさを求めてみるといいでしょう。多少値段が高くても、自分がいちばんピンときたボールペンや筆記具を使うと気持ちよく手帳も書けるはずです。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ