愛用しているipadが突然音が出ないなんてトラブルはあまり珍しいことではない。ましてや音が小さいことも頻度としては誰しも経験したことがあるだろう。しかし、突然音が出ないとなると困るもの。今回は、そんなipadの音が出ない・音が小さい原因と対処法を調べていく。

iPadで音が出ない・小さい時の原因は?確認方法や対処法を調査

目次

  1. 音が出ないipadの原因と対処法を探っていこう!
  2. バグ?ipadの音が出ない原因!
  3. ipadから音が出ないのはヘッドフォンを認識しているから!
  4. これもバグ?言語設定が日本語だから音が出ない!?
  5. ipadから音が出ない原因は本格的な故障の可能性も・・・
  6. ipadから音が出ないときにまず確認するところ
  7. そのipadマナーモードになっていない?
  8. ケースがスピーカーを覆っているのが原因かも!?
  9. まずは音量調節の確認を!
  10. 設定は「消音」になっていない?
  11. どうしても音が鳴らないときの最終対処法
  12. 音が出ないときは焦らず確認して対処しよう

音が出ないipadの原因と対処法を探っていこう!

ipadを使用していると突然音が出ないときがある。今の今まで、アプリや動画を見ていたのに音が出ないなんてことは誰しも経験あるだろう。しかし、これらの原因は誰でもあり得る軽いものから深刻なものまである。また、機械的なバグのような原因から軽い誤作動を含めれば、その原因は沢山ある。

ガジェットから突然音が出ない時には焦らず対処をするためにも、その原因と対処法。そして、こんな音が出ないトラブルが起きたときにまず確認するポイントを徹底的に探っていこう。

iPadの使い道はなに?仕事やプライベートで使いこなすと便利? | MensModern[メンズモダン]

バグ?ipadの音が出ない原因!

ipadの音が出ない原因の一つに、バグとしか考えられない原因がある。それがこの現象だ。どのような条件が整うとipadから音が出ない現象になるのかというと、まず「消音」の設定にしているときにスイッチをオンにする。そして、その状態で設定を「画面の向きをロック」に切り替える。

この手順を踏んでしまうと、どうやら音が鳴らない状態になってしまうようだ。ipadには側面に消音・回転ロック用のスイッチがあるために頻繁に起こってしまうようだ。この現象になると、スイッチを切り替えたり、ipadを再起動しても通知音や効果音が出ないようになってしまう。

なぜか音が出ないipad!音が出るようにするにはこの対処法

では、このiPadのトラブルへの対処法はどうすればいいのか、そして、回転ロックも使うためにはどうすればいいのかというと、まず再度設定を消音にする。そして、スイッチを切ってミュートを解除する。その後、設定で「画面の向きをロック」に戻す。こうすることで、iPadの音が出るようになり、かつ画面ロックの機能も使えるようになる。

ipadから音が出ないのはヘッドフォンを認識しているから!

次に紹介する音が出ない原因がこのヘッドホンの誤認識だ。これには二つの可能性があり、一つ目がipadとのBluetoothによる接続だ。直接接続しないからこそ、見落としがちな原因になる。イヤホンやスピーカーなどにこの方法でつながっていと音が出ない原因になる。しかも、なかなか気づきにくいのだ。

二つ目の可能性が接続していたヘッドホンやイヤホンの誤認識だ。通常、ipadからこれらのガジェットを外せば、自然に接続を切った状態になる。しかしそれにならずガジェットが接続状態のままになることがある。どちらの場合も、音量ボタンを押した時にスピーカーやヘッドホンと表示されるので、この表示がある時は誤認識していることになる。

対処法はまずヘッドフォンを切り離そう

では、これらの対処法はどうすればいいのかというと、まずBluetoothの場合は設定から一般に映ってBluetoothの設定をオフにしよう。そして、誤認識の場合は、ヘッドホンを使っていないにも関わらず表示されているので、ipadのイヤホンジャックに異物が混入している可能性がある。確認して取り除こう。

これもバグ?言語設定が日本語だから音が出ない!?

原因がわからず、バグの様に音が出ない現象は他にもある。それが言語設定の問題だ。これは本当に原因不明で、言語設定が日本語のままにしておくといつの間にかなっている。

原因は何?とりあえず言語設定を変えよう

こちらのトラブル。対処法は簡単で設定から一般の言語と地域を選び、ipadの使用言語からEnglishを選んで英語に変更する。ipad全体が英語表示に変わるので、再度同じ手順で日本語に設定しなおすと日本語に戻る。これをすることで、音が出ないトラブルは解消できる。

ipadから音が出ない原因は本格的な故障の可能性も・・・

ipadから音が出ないトラブルで、上記のような原因が考えられず、またこれまでに水没や落下で衝撃を与える機会があったりするならば、もしかすると故障をしている可能性もある。特に落下の衝撃というのは、外的な要因の中では故障の原因に最もなりやすいものだ。気づかずガジェットを落としてしまったりどこかにぶつけたりはよくある。

あなたのipadも、そんな外的な要因でもしかすると本格的に故障をしているのかもしれない。保証期間内かどうかをしっかりと確認しておこう。

心当たりがあれば修理に出したほうがいいかも・・・

もし、水没など外的要因で故障の心当たりがあるのであれば、修理に出そう。しかし、水没となれば保証対象外になり費用も高額になる可能性もある。保証サービスの内容や修理代金などは正確に問い合わせなどして把握しておこう。

ipadから音が出ないときにまず確認するところ

ipadの音が出ないあるいは、音が小さいときには焦ってしまって何が原因かわからず、必要のない操作をしてしまいむやみに設定を変更する人も少なくない。しかし、それをしているとどこに原因があるのかわからなくなることもある。さらに、無駄な手間も増えるだろう。

そんなことのないように、いざ音が出ないときや小さいときに確認する箇所をしっかりと把握しておけば、最短で原因にたどり着くことができる。原因が絞り込めさえすれば、どこを触って対処をすればいいのかわかるので、まずは確認してほしい箇所を調べていこう。

そのipadマナーモードになっていない?

まず確認するべきポイントは、マナーモードになっていないかだ。音が出ないことでよくあるのが、このマナーモード。した覚えもないのになっていることもまれにある。また、めったにしない人が、マナーモードに変えてそれを戻すのを忘れており、いざアプリを起動したときに音が小さいと思うこともあるのだ。側面のスイッチで確認してみよう。

ケースがスピーカーを覆っているのが原因かも!?

意外に気づかないのがこのケースがipadを覆ってしまっていることだ。ずれてスピーカー部分を覆ってしまうと音が小さいあるいは聞こえない状態になる。特にケースが古くなるとずれ等が起こりやすいので、音が小さいと感じたときには確認してみよう。意外にすっぽりとケースが覆ってしまっていることがある。

まずは音量調節の確認を!

音が小さい、あるいは音が出ないといったことがあると、焦って一番に確認すべき点を忘れることがある。それが音量の確認だ。ipad音量調節の方法は、本体側面の音量調節ボタン、設定のサウンド画面で調節する方法、コントロールセンターのスライダーでの音量調節方法と、3つある。

その中でも、コントロールセンターは画面の明暗のスライダーと似ているので誤って操作して音量を下げてしまうこともある。また、本体側面尾ボタンも触った覚えがなくとも、いつの間にか触れて小さくなっている可能性もある。これらの理由で音が小さい状態になることがあるので、まずは確認してみよう。

設定は「消音」になっていない?

音が出ないときに上記の設定やガジェットの状態を確認してみてどれも心当たりがないのであれば、次に確認してほしいのが、音が出ない画面の種類だ。例えば、音楽やPodcast、映画やテレビ番組などのサウンドが聞こえているのに、アプリの音が出ていない状態であれば、消音設定になっている可能性が高い。

消音状態になっていると、アプリのサウンドエフェクトやゲームの音声はならないようになっている。消音設定を解除するには、ipadの側面を見て音量ボタンの上にスイッチがあるのであればこちらで操作ができる。しかし、本体によっては側面いスイッチがないものもあるので、コントロールセンターでベルのマークを操作して消音を解除しよう。

iPhoneの音が出ない原因と対処法は?チェックするポイントを紹介 | MensModern[メンズモダン]

どうしても音が鳴らないときの最終対処法

何をやってもガジェットから音が出ない、あるいは音が小さいままで治らないままで、どこを確認しても音が出ない理由がわからないときは修理に出す前にできる最終手段に出る必要がある。それが再起動だ。これにはそれぞれ、アプリの再起動と、ガジェット本体の再起動と2種類あるのでそれぞれを試していこう。

【どうしてもipadの音が出ないときの対処法①】アプリの再起動

まずが、アプリの再起動だ。ipadのホームボタンをダブルクリックすると、起動しているアプリの一覧が現れるだろう。iosのバージョンによってアプリ画面の一覧になる場合と、アイコン一覧になる場合があるだろう。どちらもipadの起動中アプリを終了させ、再度開けば再起動をすることができる。ガジェット本体の再起動を試す前にまず試してみよう。

【どうしてもipadの音が出ないときの対処法②】ガジェットの再起動

アプリの再起動を試しても解決しないようであれば、ガジェット本体の再起動を行ってみよう。手順としてはipad本体上部にあるスリープボタンを長押しする。そうすると画面が暗くなり、電源オフの赤いスライダーが出てくるので、スライドさせてガジェット本体の電源を落とそう。そして、もう一度スリープボタンを長押しすると再起動できる。

iPad proのおすすめケース!おしゃれ・持ち歩きに使えるカバーは? | MensModern[メンズモダン]

音が出ないときは焦らず確認して対処しよう

突然音が出ない状態、音量が小さい状態になると驚いて壊れたのかと疑ってしまいがち。しかし、焦ってしまうと原因を見つけることも、ただし対処をすることも難しくなる。冷静に判断してどこに原因があるのか、設定が変わっていないかを確認してみると案外簡単に治ることも多い。焦らず対応していこう。

iPadのスタンドでおすすめは?充電対応・おしゃれでかっこいい商品まとめ | MensModern[メンズモダン]

評価 4.3/ 5(合計10人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ