iPhoneのLEDライトは明るさ変更や点滅などもさせることができることを知っているだろうか。実は昨日は沢山あるLEDライト。しかし操作方法を知らない人も多い。そこで、今回はiPhoneの便利場LEDライトの設定方法を紹介していこう。

iPhoneのLEDライト設定法!明るさ変更や点滅させる方法は?

目次

  1. iPhoneのLEDライトの利便性
  2. iPhoneのLEDライトは簡単に設定できる!
  3. カメラ以外でもiPhoneのライトって付けることができるの?
  4. iPhoneライトのつける設定方法は?
  5. 【早技】iPhoneのLEDライトをすぐに消す裏技
  6. 明るさの調整もできる!iPhoneのLEDライト
  7. 点滅もできるって知ってた!?iPhoneのLEDライト
  8. 着信の時にも光らせることができるiPhoneのLEDライト
  9. ライトがつかないときの対処法は?
  10. iPhoneのライトは非常に便利!設定を知っておけばいざというときに役立つ!

iPhoneのLEDライトの利便性

なにかと便利なiPhoneのLEDライト、懐中電灯の様に使うことのできるこのライトだが、カメラ撮影時などで使う人が多いだろう。しかし、夜であれば、このガジェットを使えば寝室で電気をつけるときや、カバンの中のカギを見つけるとき、災害時の懐中電灯として便利に役立てることができる。

意外にも明るさがあるので、通常の懐中電灯にも負けない明るさがありとても便利で、暗い場所で明かりが欲しいときにはかなり重宝するものだ。このiPhoneのLEDライトは簡単に設定もできるのがうれしい点だ。また、実は着信時など設定をいろいろと操作できるという点もある。詳細な設定方法を徹底調査していこう。

iPhoneで通話を録音する方法!簡単にできるおすすめアプリを紹介 | MensModern[メンズモダン]

iPhoneのLEDライトは簡単に設定できる!

何といてもiPhoneというガジェットのLEDライトのまず注目すべきポイントは簡単にせていできるという点だろう。ホーム画面からコントロールセンターを開くだけで設定ができてしまう。ワンタッチでできるという点もそうだが、これはどんな操作をしていても付けることができるのも大きな特徴だ。

ロック画面からも操作が行えるので、簡単操作で明るさが手に入る。もちろんアプリを起動していても、コントロールセンターは開くことができるので、iPhoneを違うことで使用していてもスムーズにiPhoneのアプリを切ることなく設定することができる。

カメラ以外でもiPhoneのライトって付けることができるの?

前述したとおり、iPhoneの場合カメラ意外でもライトは付けることができる使用になっている。カメラを起動してフラッシュを有りにすると、同じLEDライトが光るようになっているが、このフラッシュの部分がライトとしてつくようになっている。

これまでの携帯電話であればライトだけではつかない仕様のものもあったが、今のiPhoneであればライトも含めて、自分で任意のタイミングでその機能をいつでも使うことのできるような設定になっている。ライトもそのうちの一つで、必要な時にすぐに使える機能になっている。

iPhoneライトのつける設定方法は?

【iPhoneのLEDライトの付け方】コントロールセンターでの設定

それでは、ここからは具体的なiPhoneのLEDライトの付け方を紹介していこう。iPhoneの操作自体は簡単で、先ほども言ったようにコントロールセンターからの操作で一瞬で点灯させることができる。コントロールセンターは、ロック画面中でもアプリを起動中でも開くことのができ、画面の下から上に向かってスワイプすると開くことができる。

ここには、iPhoneのWi-Fiの接続や、iPhoneと周辺機器をつなぐBluetooth接続などもさわれる一覧になっており、左下の懐中電灯のマークを押すとiPhone裏のLEDライト部分が点灯する。明るさもあり、かなりの光量なので手元を明るく照らしてくれる。消す時には同じ手順でiPhoneコントロールセンターの懐中電灯マークを押すと消すことができる。

【早技】iPhoneのLEDライトをすぐに消す裏技

通常iPhoneのLEDライトを消す時には、上記でもふれたようにiPhoneのコントロールセンターから消すのが一般的な流れになる。しかし、消すだけであれば、より早く一瞬で消す方法がある。これがロック画面からの操作だ。ライトがついている状態で、iPhoneロック画面を左にスワイプをするだけでiPhoneのライトを消すことができるのだ。

iPhoneロック画面中に画面を左へスワイプすると本来であればカメラに切り替わる。しかし、この操作では画面の切り替わらない程度にスワイプして手を止めると画面はカメラに切り替わらずロック画面のままでiPhone裏のライトは消える仕組みになっている。これはiPhoneのカメラ起動が優先されてライトが消える仕組みになっているからだ。

明るさの調整もできる!iPhoneのLEDライト

実はiPhoneのLEDライトは簡単に明るさを変えることができることを知っていただろうか。この方法には、iPhoneにアプリをダウンロードして設定する方法と、iPhone自体の設定で二つの方法があるので、紹介していこう。

【iPhoneの明るさ設定方法①】アプリで設定する

まずはアプリでiPhoneの設定をする場合だ。アプリの名前はその名も懐中電灯。もちろんアプリは無料で手に入れることができる。iPhoneにこのアプリをダウンロードして、起動するとその段階でiPhoneのライトが点灯する。右上にあるつまみの部分を上下にスライドさせると明るさの調節ができるようになる。

また、このアプリでは各種ライトに関して設定もできるのでアプリを一度使ってみてほしい。簡単に一瞬でiPhoneのライトを使用できるようになる。

【【iPhoneの明るさ設定方法②】touchで設定する

もう一つの明るさの設定がiPhoneのtouch機能を使ったものだ。iPhoneには3Dtouch機能という物が搭載されている。iPhoneの画面を押しこむような動作をすることで、様々な操作を可能にしたものだ。iPhoneのなかでも6sと6sPlus以降の端末に搭載された機能で、iPhoneの色々な操作をするにあたり操作の幅を広げてくれるようになった。

そんなiPhoneに搭載された3Dtouch機能を使った設定方法が、コントロールセンターからの操作だ。コントロールセンターのライトボタンをここではiPhone画面を強めに押してみよう。すると、「明るい・普通・暗い」の3段階でライトのiPhoneライトの明るさを調節できるようにある。これらを押すと、iPhoneライトの明るさが変わる。

iPhoneにストラップを付ける方法!イヤホンジャックの活用法など紹介 | MensModern[メンズモダン]

点滅もできるって知ってた!?iPhoneのLEDライト

iPhoneというガジェットの操作は簡単で、これまで以上に機能も増えてきた。そして、ライトの設定もどんどん増えており、実は点滅までできることを知っているだろうか。アプリをダウンロードすればiPhoneライトは点滅もしてくれるのだ。先ほど同様懐中電灯というアプリを使って操作をしたが、同じアプリでも可能だ。

操作は簡単で、アプリ内の点滅ボタンを触れるだけ。本来であれば通知用のiPhoneライトの点滅を任意で起動させることが可能なのだ。これ以外にもアプリを使えば、自動でiPhoneライトを消灯する機能のあるものから、怪しい光を作り出す機能もあり、ガジェットの機能を高めてくれるものがあるので、iPhoneに落として使ってみてほしい。

着信の時にも光らせることができるiPhoneのLEDライト

上記で少し触れたが、iPhoneにも実はメール着信や着信の通知のためにLEDの通知をオンにする方法がある。iPhoneはフィーチャーフォンと違って、電話やメールの着信を知らせる専用LEDライトは搭載されていない。しかし、聴覚障害者にもiPhoneを使用できるように、iPhoneもLEDフラッシュ通知を設定できるようになっているのだ。

詳しいiPhoneの設定は次の通りだ。まずは、iPhoneの設定から一般に入り、アクセシビリティに入る。次にアクセシビリティの画面から「LEDフラッシュ通知」を選択してオンにする。これでライトが光って通知が起動するようになる。iPhoneがスリープ状態であれば、電話やメールの着信時にガジェット背面のライトが点滅して知らせてくれる。

ライトがつかないときの対処法は?

このように設定をすれば、iPhoneのライトはとても便利に使いこなせることができる。しかし、iPhoneの一方でライトがつかないというトラブルが発生していることも少なくない。どのようなトラブルかというと、コントロールセンターの寒中電灯マークが暗くなり押せない状態になったりすることがあるのだ。

また、押すことはできるのにiPhone背面のライトがつかないといった症状も起こるようなのだ。このようなトラブルに対しての対処法も紹介していこう。

【iPhoneのLEDライトがつかないときの対処法①】カメラを起動させる

まずはカメラを起動させてみよう。iPhoneのカメラ上でもライトがつくかどうかとチェックしてみるのだ。カメラを起動すると、左上に雷のようなマークがある。こちらを押してオンを選択する。通常であればオンを選択すれば写真を撮るときにフラッシュがたかれて点灯する。これだけで治るケースもあるのでひとまず試してみてほしい。

【iPhoneのLEDライトがつかないときの対処法②】再起動させる

カメラの起動でも治らなければ、iPhoneの再起動をかけてみる方法を試してみよう。ガジェット上部あるいは右側側面いスリープボタンがあるので、それを長押ししよう。その後画面に「スライドで電源オフ」の表示が現れるので、したがって電源をオフにする。電源が切れるまでしばらくかかるので待つ。

iPhoneの電源が切れたら、もう一度ガジェットのスリープボタンを長押ししてiPhoneの電源を入れよう。電源が入り、元のロック画面まで戻れば再起動は終了だ。ほとんどの不具合は再起動で何とかなるようだが、もう一度コントロールセンターからライトをつける手順で確かめてみよう。

【iPhoneのLEDライトがつかないときの対処法③】サポートセンターに問い合わせる

上記の方法を試して、ガジェットの再起動を試してもダメなようであれば、iPhone端末の故障の可能性もある。サポートに問い合わせてみるのも一つの方法だ。iPhoneのサポートセンターに問い合わせると丁寧に、どこで故障しているのかを見つけてくれ対応してくれる。現状の不具合の症状、試したことなど詳細に聞いてくれる。

iPhone自体の状態も確認してくれるので、落ち着いてまとめて答えることができるようにしておこう。iPhoneの故障であれば、それなりの手順でスムーズに修理の手配などもしてくれる。

iPhoneでホーム画面を整理する方法!フォルダを使った活用術紹介 | MensModern[メンズモダン]

iPhoneのライトは非常に便利!設定を知っておけばいざというときに役立つ!

iPhoneのライトはとても便利で、設定方法も簡単だ。知っておけば必ず何かの時に役立つことは間違いない。特にiPhoneは身近に欠かせないものになっている。身近にライトを常備していると考えてもそれだけで便利だろう。このようにまだまだ役立つ機能は多いiPhone。設定までしっかり覚えて使いこなせるようになりたいものだ。

iPhoneの便利グッズ集!おすすめの最新周辺機器・アクセサリーまとめ | MensModern[メンズモダン]

評価 4.7/ 5(合計10人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ