シェーバーを徹底比較!切れ味が良いおすすめの性能を持っている髭剃りは?

人気の電気シェーバーとはどんな種類があるのでしょうか。各メーカーを比較して、その最新の性能の違いが気になりますよね。電気シェーバーはどのような選び方で選ぶことが大事なのか。ガジェットとして、その電気シェーバーの最新の製品に触れながら比較し、おすすめを紹介します

シェーバーを徹底比較!切れ味が良いおすすめの性能を持っている髭剃りは?

目次

  1. 電気シェーバーの比較からおすすめの選び方まで
  2. 電気シェーバーの各メーカーを比較
  3. 人気メーカーのシェーバーを比較
  4. ブラウンのシェーバーは比較するとパワフル
  5. フィリップスのシェーバーは比較すると肌に優しい
  6. フィリップスのシェーバーを比較すると時間がかかる
  7. パナソニックのシェーバーを他と比較
  8. シェーバーを比較すると安心の日本製
  9. シェーバーの往復式と回転式を比較
  10. 回転式のシェーバーを比較
  11. 3大メーカー以外のシェーバーを比較すると
  12. それぞれのシェーバーを比較した選び方
  13. 交流充電式と充電式のシェーバーを比較
  14. シェーバーを比較すると保証期間の違いもある
  15. 剃刀と比較してシェーバーにするのもおすすめ
  16. お試しが出来ないシェーバーだからこそ比較が大事

電気シェーバーの比較からおすすめの選び方まで

電気シェーバーというガジェットは、たくさんの最新の製品が存在します。そんな電気シェーバーも、各メーカーによって違いがあるのでしょうか。

有名メーカーの最新電気シェーバーを中心に、おすすめの人気の電気シェーバーを紹介します。現在はどのような、ガジェットである電気シェーバーが人気なのでしょうか。

電気シェーバーの各メーカーを比較

電気シェーバーを比較する中で、その人気のメーカーはどこかのでしょうか。日本で人気で比較されるシェーバーメーカーは『フィリップス』と『パナソニック』と『ブラウン』の3つが選び方として、代表的です。

フィリップスは剃刀やシェーバーとして、よく聞く人気のメーカーですよね。パナソニックはガジェットを含め、電化製品では言うまでもなく最大手です。ブラウンもテレビCMなどでシェーバーのCMを見たことがあると思います。

人気メーカーのシェーバーを比較

では、1つずつメーカーの特徴を見てみましょう。シェーバーの選び方の参考になるはずです。まず、ブラウンはドイツ生まれのブランドです。ドイツ人の豪快な濃い硬いヒゲに合わせてか、このメーカーのシェーバーは、深剃りが得意で、かなりパワフルな性能を持っています。

往復式シェーバーという性能で、他のシェーバーと比較すると、ヒゲが濃い人向きなので、選び方としては濃いヒゲの人におすすめのシェーバーといえます。しかし、それゆえにモーターを含めて、他のシェーバーと比較すると、動いているときの駆動音がやや大きいという特徴があるようです。

シェーバーの自動洗浄機には、アルコール洗浄カートリッジというものが採用されているので、お手入れの時に衛生面は申し分ないと思います。

ブラウンのシェーバーは比較するとパワフル

最新のシェーバーは、かなり濃いヒゲも剃り残しをすること無く出来るのが特徴です。替刃の交換は一年から一年半ぐらいがおすすめのようですね。また、替刃を長持ちさせるために、シェーバーオイルの使用が推奨されています。

他のシェーバーと比較した際に、パワフルな剃り心地は良いのですが、逆に肌の弱い人は剃刀負けを起こす可能性もあるので、シェーバーの注意事項をしっかりと確認することをおおすすめします。

フィリップスのシェーバーは比較すると肌に優しい

オランダ生まれのフィリップスは、回転式のシェーバーになっています。ブラウンが往復式のシェーバーとして、深剃りが得意だったのに対して、回転式のフィリップスは、肌が優しいという性能の違いがあります。

しかし、肌に優しい分、ヒゲが濃い人は出来るだけしっかりと剃れる上位モデルのほうが選び方としては人気のようです。ガジェットとして、上位もオデルになればなるほど、動作音が静かなため、朝からシェーバーのうるさい音を聞きたくない人におすすめです。

フィリップスのシェーバーを比較すると時間がかかる

他のシェーバーと比較すると、この3つのヘッドが特徴的ですよね。最新のモデルは本当に駆動音が静かなので使いやすいですね。また、フィリップスのシェーバーは、ウェットシェービングを使って剃ることで、深ゾリがしやすいようです。

ただ他のシェーバーと比較したときの問題点は、とにかく剃ることに時間がかかるようです。肌に優しく駆動音が静かな分、回転式なのでゆっくり回転させながら剃るのにコツが必要です。

バリバリバリーと一気に爽快感のあるような剃り方を求める人には、選び方としておすすめできません。とにかく、シェーバーを使うと、肌が弱くて痛いという人は、選び方としてフィリップスを中心にするのがおすすめです。

ブラウンとは違って、刃のメンテナンスにシェーバーオイルは不要で、ブラウンと比較すると、フィリップスの刃は2年ほど持つのと、自動研磨機能があるので、お手入れが楽というのも選び方のポイントです。

パナソニックのシェーバーを他と比較

日本が誇る多くのガジェットを世に生み出したパナソニック。そんなパナソニックのシェーバーは往復式のシェーバーとなっています。こちらは、日本らしいシェーバーといえば、日本らしい性能の持ち主です。それは、まさにブラウンとフィリップスのいいとこ取りのような性能なんです。

深剃りに対応出来るし、肌が弱い人にも安心して使えるというバランスの良いシェーバーなんです。ガジェットとしての性能の高さは折り紙付きで、ラムダッシュシリーズに搭載された、リニアモーターは、世界最速のスピードを誇るシェーバーです。

そのためシェーバーとして早剃りの性能も人気が高いです。また、パナソニックは日本のシェーバーだけあって、日本人のヒゲをしっかりと研究して、日本人向けのシェーバーになっています。メンテナンスに関しても、日本の環境に合わせて配慮されています。

シェーバーを比較すると安心の日本製

替刃に関しては、1年から2年ほどの耐久力で、ブラウンと同じくシェーバーオイルが必要です。日本の洗面所の作りに合わせて、自動洗浄機がコンパクトに作られているなど、日本の生活に密着した作りとなっているのがうれしいですね。

初めてのシェーバーの選び方としては、パナソニックのモデルにして間違いはないと言えますね。最新のモデルも店頭で試しやすく、性能も申し分なしです。

シェーバーの往復式と回転式を比較

シェーバーには先ほど説明したように、往復式と回転式という性能の違いがあります。これはシェーバーの刃の駆動方式の違いです。

往復式のシェーバーは、先ほど紹介した中ではブラウンとパナソニックが往復式になります。シェーバーの形としては、非常に基本的なあの形ですね。

このシェーバーの性能としては、深剃りが得意という点ですね。昔から最新まで安心して使える伝統的な形です。しかし、肌への負担は大きいという違いがあります。

しかし、最新のタイプも含めて使い慣れた形のため、髭剃りをしやすいという点が人気です。また、往復式は、一回、一回の剃れる量が多いため、素早く髭剃りを終える事ができます。また、凝った髪型にしている人や、髭の形にしたい人は、境目が見やすいのでそういう人たちからも人気です。

しかし、往復式はその刃の性能を保つために、最新式のものでも、シェーバーオイルでしっかりとメンテナンスすることが重要です。またそのパワフルな剃り心地を生むために、駆動音はうるさいです。

回転式のシェーバーを比較

一度見たら忘れることの出来ない特徴的なシェーバーは、回転式です。当時、最新商品としてこのガジェットが販売されたときは、どのような動きをするのか、気になった人も多いのではないでしょうか。

やはり回転式のシェーバーは、その肌の優しさが最も性能で評価出来る点だと思います。ガジェットとして、特徴的な形が肌への負担を最小限にしてくれています。また、モーターの音も非常に静かなのがうれしいですね。

サッカーの長友佑都選手が最新のフィリップスのシェーバーを試している動画です。フィリップスのシェーバーを少しおもしろい使い方をして紹介している動画ですが、見ていると分かるようにやはり早剃りには向いていない感じがしますよね。

また、凝った髭の形にするのも、このシェーバーでは向いていないといえます。徹底した静音性と肌への優しさが性能の特徴です。また、シェーバーオイルが無くても、自動研磨機能によって、刃の剃り味は落ちにくいのが特徴です。

3大メーカー以外のシェーバーを比較すると

ちなみに、シェーバーの選び方はこの3大メーカーだけではありません。3大メーカー以外の選び方として、日立のシェーバーが人気があるようです。

このガジェットは、往復式でも回転式でもない、ロータリー式という独自の物を搭載しています。動画の中では、往復式のデメリットである、髭剃り中の刃が止まるというデメリットに注目して、剃り残しが無いことをアピールしています。

このロータリー式のシェーバーは、剃刀で剃っている感覚に違いという特徴がありますね。そのため本当に剃刀と同じように扱うのが大事です。つまり、深剃りしようと押し付けると肌を痛めます。また、その構造上、あまり早剃りには向いておらず、剃刀のようにゆっくりと順剃り、逆剃りという剃り方がおすすめです。

少し他のシェーバーに比べて、ガジェットとして使うのに慣れる必要があります。コツさえ掴めば、自然と深剃りも出来て、肌への負担も少なくて済みます。往復式と回転式でもどこか満足できなかったという人に、第三の存在として選び方の参考にして欲しいシェーバーですね。

それぞれのシェーバーを比較した選び方

それぞれのシェーバーの特徴を紹介しましたが、自分は選び方として、どのシェーバーを選べば良いか検討がついてきましたか?

とにかくシェーバーとして、髭の剃り残しが嫌で深剃りしたい人は、往復式のブラウンです。まるで外国人のように固く濃い髭の人は、ブラウンのようなパワフルなシェーバー出ないと対応しきれません。それ以上になると、どうしても剃刀じゃないと対応しきれなくなりますね。

肌が弱い人は回転式のフィリップス一択です。肌は非常に傷つきやすいので、傷ついた肌にまたシェーバーを使用するようなことをしていると、化膿して皮膚科のお世話になることにつながってしまうのです。また、剃刀負けはヒリヒリして深いですし、肌が弱い人は回転式のフィリップスにしましょう。

また、ずっと剃刀を使っていて、初めてシェーバーを使う場合は、ジェルやシェービングフォームを使ってそれる、お風呂剃り対応のものがすすめですね。基本的に充電式になっているものが、お風呂剃り対応のシェーバーです。

交流充電式と充電式のシェーバーを比較

同じメーカーのシェーバーを比較していても、その充電方法の違いに気づくと思います。ガジェットとしてシェーバーは、コンセントで充電するか、充電してコンセントから抜いて使う2種類があります。

交流充電式というシェーバーは、コンセントに充電ケーブルをさして使うものです。そのため、充電しながら使うことが出来るので、充電し忘れて使えないということが無いシェーバーなんです。基本的に充電を気にして使う必要が無いので、すぐに手にとってコンセントにさえさしてしまえばすぐ使えます。

充電式は、その名の通り、充電していないと使えません。逆に言えば、ケーブルを繋がなくても使うことが出来るの(交流充電式も出来るが)で、洗面所以外の場所でも気軽に利用が出来ます。特に、充電式の場合は、お風呂場で使えることが大きな特徴です。

これは、水気の多い場所でも使用することを想定して作られているからです。シェーバーなんかで感電することなんて無い、なんて馬鹿にしていると大変です。シェーバーも水気のある場所で使用すると感電する可能性があるので、必ずお風呂場など水気の多い場所では充電式を使用しましょう。

シェーバーを比較すると保証期間の違いもある

シェーバーの保証期間の違いも比較しておきましょう。一番、保証期間が長いと入れているのは、フィリップスです。お肌にも保証期間的にも優しいものとなっています。

ブラウンやパナソニック、そして日立のシェーバーは保証期間が1年となっています。基本的に故障してメーカーに送る送料は自己負担となっています。それほど大きいものではないので、あまり配送料は取られませんが、なんとなく保証期間中なのに、送料を取られるのは納得がいかないかも?

とはいえ、保証期間内であれば、ブラウンやパナソニックはメーカー側が配送料を負担してくれるようです。このあたりは、しっかりとメーカーのサービスセンターの故障の場合の対応も比較しておきたいところですね。

剃刀と比較してシェーバーにするのもおすすめ

普段から剃刀では剃刀負けする人は、シェーバーへの変更もおすすめです。特に剃刀とフィリップスのシェーバーを比較すると、かなり肌に対する負荷が違うようです。

髭剃りをした後に、肌が赤くなって剃刀負けしていた人も、フィリップスのシェーバーに変えてからは、多少時間はかかるようになったものの、ヒリヒリしたあの剃刀負けが起きにくくなったという人も多いです。そういう剃刀との比較もシェーバーには重要ですね。

髭剃りのおすすめは?しっかり剃れるT字カミソリと電気シェーバー | MensModern[メンズモダン]

お試しが出来ないシェーバーだからこそ比較が大事

シェーバーは基本的にお試し体験が出来ない衛生用品なので、各メーカーを試し剃りするということは出来ません。それだけに、はっきりとした特徴に注目して、各メーカーを比較することが大事ですね。

深剃りで濃いヒゲに対応したい人はブラウン。肌が弱い人はフィリップス。両方の要素をバランス良く持っていて、日本の環境に合わせてているのがパナソニック。往復式も回転式も合わなかった人は、ロータリー式にチャレンジ。そういう比較の仕方がおすすめですね。

毎日使うものだからこそ、妥協せずに少し上位モデルにすることがおすすめですね。高級なモデルでは、静音性も高まっており、剃り心地もさらに快適になり、剃り残しが無くなります。男性のエチケットとして重要なガジェットなので、思い切って良いモデルを購入しましょう。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ