散髪で思い通りの髪型になることができる頼み方についてまとめました。メンズの髪型をおまかせで思い通りにするためには散髪の時の頼み方が重要なポイント。散髪の頼み方をチェックして、思い通りのメンズの髪型をおまかせで作ってみませんか?

散髪で失敗しないための頼み方!思い通りの髪型にするには?

目次

  1. 散髪で思い通りの髪型になる頼み方を知りたい!
  2. 散髪の頼み方は口頭が定番
  3. 思い通りの髪型にするための散髪の頼み方のポイント
  4. こんなポイントも散髪の頼み方では大切
  5. 思い通りのメンズ髪型の写真を見せて散髪してみよう
  6. おまかせにしたいならコミュニケーションが重要
  7. おまかせできる美容師を見つけることも大切
  8. 散髪へ行くときに気をつけておきたいことは?
  9. 散髪へ行くときは整髪料はつけないようにしよう
  10. 散髪の頼み方を工夫してメンズの髪型を楽しもう

散髪で思い通りの髪型になる頼み方を知りたい!

頼み方によっては失敗してしまうメンズの髪型

散髪の頼み方は意外と大変。散髪が終わった後に見てみると「イメージしていたのと違う……」ということがよくありますよね。髪型は全体の印象を決めるくらい重要なポイントになるので、散髪の時はしっかりとイメージを伝えられるような頼み方をすることが大切。イメージが美容師さんに伝われば自分にぴったりの髪型におまかせで整えてくれます。

散髪を失敗したな、と感じてしまった時は美容師さんへの頼み方が適切ではなかったのかもしれません。頼み方に工夫をプラスすることによって美容師さんがぴったりな髪型へと仕上げてくれるのでなかなか上手に散髪ができないときは頼み方を見返してみるのがおすすめです。散髪の頼み方を工夫して、かっこいいメンズの髪型を楽しみませんか?

散髪の頼み方をチェックして思い通りの髪型になろう

「散髪の頼み方ってどうすれば良い?」「なかなかイメージ通りに散髪ができない……」というときに役立つ散髪の頼み方の情報についてまとめました。美容師さんとイメージを共有することができれば素敵な髪型に仕上げやすくなるので、頼み方のポイントをおさえておくことが大切。散髪の頼み方をチェックして、理想の髪型に近づきましょう!

美容院が初めてのメンズ必見!失敗せずオシャレになる頼み方とは? | MensModern[メンズモダン]

散髪の頼み方は口頭が定番

思い通りの髪型にするためにはイメージが大切

散髪の頼み方で定番なのが口頭でイメージを伝えるということです。口頭でイメージを伝えることができれば何か準備をする必要もないので手軽ですよね。ただし、口頭で散髪のイメージを伝えるにはしっかりと説明できるようにしておくことが大切です。自分ではイメージができていても美容師さんにとってはイメージがしづらいと思い通りの髪型になりません。

何回も通うことでおまかせで髪型を整えられる

口頭でイメージを伝える時は美容師さんとの意思疎通がとても大切です。美容師さんがすぐに呑み込んでくれるようなイメージの伝え方をしていけばおまかせでもイメージ通りの散髪に仕上げることができます。

また、何回も通うことで美容師さんにも好みを伝えやすくなり、おまかせで髪型を整えられるようになるのもポイント。「この人は、こういう髪型にしたいんだな」と美容師さんもすぐに合点してくれます。美容師さんとコミュニケーションをとりながら好みの髪型になるようにしていきましょう。

思い通りの髪型にするための散髪の頼み方のポイント

メンズの髪型の重要ポイント!前髪の長さを明確に

思い通りの髪型にするためには、ポイントをおさえた散髪の頼み方が重要なポイントになります。ポイントごとに明確に美容師さんにイメージを伝えることができれば、美容師さんも散髪がしやすいので思い通りの髪型になりやすくなるのではないでしょうか。

それでは、どういったポイントを指定すれば良いのかチェックしていきましょう。まずは全体の印象を決める前髪の長さです。前髪の長さによってだいぶ印象が変わってくるので思い描いた通りにしたいですよね。前髪の長さを伝える時は「眉毛の下くらい」「目にかかるくらい」といったように眉毛や目を基準にすると伝えやすくなります。

耳にかかる髪の毛の散髪具合もポイント

続いてチェックしておきたいのが耳にかかる髪の毛の長さ。耳を全部隠すか、見せるかによって雰囲気が全く変わってくるのでどういったタイプの髪型にしたいのか考えながら耳にかかる髪の毛の長さを決めていきましょう。「耳を全部出したい」「耳を半分くらい隠したい」といったように耳を基準にイメージを伝えるとわかりやすくなります。

清潔感が求められるビジネススタイルだと、耳を全て見せる刈り上げスタイルが人気。耳を全て見せることによってすっきりとした印象になりますね。いろいろなパターンがあるので、好みに合わせて決めていきましょう。

こんなポイントも散髪の頼み方では大切

襟足の長さはどのくらいにする?

次にチェックしておきたいのが襟足の長さ。「耳の周りと同じくらいの長さ」「刈り上げたい」といったようにどのくらいの襟足にしたいのか伝えましょう。「〜cmくらい切ってください」といったような頼み方は美容師さんができあがりをイメージしにくいので、全体的にどういった雰囲気にしたいのか伝えながら襟足の長さについて伝えていくのがおすすめです。

トップのイメージも伝えて思い通りの髪型に

最後にトップをどんな具合にしたいのか伝えていきましょう。「ふんわりとしたトップにしてください」「トップの髪の毛を立てられるようにしてください」といったようにどのようなスタイリングをしたいのか伝えながらトップのイメージを伝えていくと美容師さんにもわかりやすいのではないでしょうか。前から見ても横から見てもきれいなトップになるように調節してくれます。

口頭で散髪のイメージを伝える時は、このように4つのポイントをおさえておくことが大切になります。この4つのポイントをハッキリと伝えることができればだいたいのイメージは口頭で美容師さんに伝えることができるので、ぜひ事前にどんな雰囲気にしたいのか考えながら決めていってくださいね。

ツーブロックで失敗しない方法。美容院でのオーダーや修正の仕方など。 | MensModern[メンズモダン]

思い通りのメンズ髪型の写真を見せて散髪してみよう

イメージがわきやすい写真を見せる頼み方がおすすめ

「口頭だとイマイチ上手に注文することができない」「口頭で説明するには難しい髪型」といった場合は写真を使うのがおすすめです。ヘアスタイル特集の雑誌などからお気に入りの髪型をピックアップし、切り抜いたものを美容師さんに見せればだいたいのイメージを伝えられるように。口頭で難しい場合は取り入れてみてはいかがですか。

自分に合う髪型になるようバランスを整えてもらおう

写真の中のモデルさんには似合っている髪型であっても、毛量や頭の形などによって自分の髪の毛では上手に写真通りの髪型を再現できない時があります。「写真ではよく見えたのに実際に自分の髪型にしてみるとイマイチだな……」となってしまうのが写真を見せて散髪を頼む時のデメリット。

仕上がりがイマイチにならないように、自分の髪型に合わせて調整してもらうように美容師さんに頼みましょう。全て写真通りではなく、自分に合うように調えられれば良いという旨を伝えておけば美容師さんも安心して全体を整えることができます。

おまかせにしたいならコミュニケーションが重要

散髪時にコミュニケーションをとることで頼み方も簡単に

できれば毎回面倒な注文をするのではなく、おまかせで思い通りの髪型に慣れたら便利ですよね。そうするためには美容師さんとのコミュニケーションが重要になります。美容師さんと普段からコミュニケーションをとっておくことによって「この人はこういった髪型にすると良いんだな」と自然とわかってもらえるのでおまかせでも安心して散髪を任せられます。

ファッションなど好みのテイストを伝えておまかせできるように

「こういうファッションが好き」「仕事ではこういった髪型が好まれる」といったように自分の生活環境や好みのファッションをある程度伝えておくと「それだったらこういった髪型にするとぴったり」といったように美容師さんもイメージがしやすくなります。このようにコミュニケーションをとりながら散髪をしてもらうと良いのではないでしょうか。

おまかせできる美容師を見つけることも大切

おまかせしたいならランクが高い美容師さんを指名

美容師さんにはランクがあり、ランクが上がるごとに腕もよくなります。ランクが上になるごとに値段は張りますが、好みの髪型にしたい時はランクを上げてみるのもおすすめ。

自分にぴったりな美容師さんを見つければ頼み方も楽に

美容師さんとの相性も重要です。現在頼んでいる美容師さんがイマイチだな、と感じたら他の美容院に変えて自分に最適な美容師さんを探してみるのも1つの方法。

直毛を活かす髪型まとめ!かっこいいメンズヘアスタイル・セットのやり方 | MensModern[メンズモダン]

散髪へ行くときに気をつけておきたいことは?

美容師さんと仲良くする

散髪をする時は美容師さんとのコミュニケーションが大切。美容師さんに横柄な態度をとったり、コミュニケーションが取りづらい状況を作ると相手もどういった髪型にすれば良いのかわからなくなってしまうので気をつけましょう。

美容師さんがやりやすいようにすること大切

美容師さんがやりやすいようにしておくことも大切。例えば散髪時にハイネックの服を着ていると切りにくい場合があるので、服装にも気をつけておきたいですね。

散髪へ行くときは整髪料はつけないようにしよう

整髪料をつけていると仕上がりがイメージしづらい

散髪へ行く時は整髪料はつけないておきましょう。普段の髪型がはっきりとわからないので、完成系がイメージしづらくなってしまいます。

シャンプーの手間もかかる

整髪料をつけているとシャンプーの手間もかかるので、避けておきましょう。散髪をした後に仕上げにスタイリングをしてもらえるので美容院に行くときはそのままの髪の状態で行ってくださいね。

40代メンズのヘアスタイル特集!おすすめ&人気のモテる髪型 | MensModern[メンズモダン]

散髪の頼み方を工夫してメンズの髪型を楽しもう

思い通りの髪型にするには頼み方が大切。ポイントをおさえた頼み方で好みの髪型に仕上げてもらってくださいね。


評価 4.6/ 5(合計5人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ