コーヒー好きな人はコーヒーケトルで淹れることが多いようです。こだわりのケトル持っていますか?近頃おしゃれなデザインや機能的なコーヒーケトルが増えています。コーヒータイムをより楽しくわくわくできるように、ケトルにもこだわってみませんか。

コーヒー用ケトルの選び方!おすすめのおしゃれなデザイン&機能は?

目次

  1. コーヒーを淹れるのにケトルにこだわっていますか?
  2. コーヒー用ケトルの特徴
  3. コーヒー用ケトルチェックポイント
  4. コーヒー用ケトルの選び方
  5. コーヒー用ケトルじゃないとだめ?
  6. 定番のおすすめコーヒー用ケトルブランド
  7. 個性で選ぶコーヒー用ケトル
  8. デザイン重視で選ぶコーヒー用ケトル
  9. 機能性で選ぶコーヒー用ケトル
  10. インテリアに馴染むおしゃれなコーヒー用ケトル
  11. コーヒー器具専門ブランドのケトル
  12. 銅製コーヒー用ケトルは買い?
  13. 便利でおしゃれなコーヒー用電気ケトルも登場!
  14. 一人でもこだわりのコーヒーケトルを
  15. 美味しいコーヒーを淹れるためのケトル選び

コーヒーを淹れるのにケトルにこだわっていますか?

ホッとしたい一時に、コーヒーをドリップして淹れて飲む、なんて幸せな時間ですよね。コーヒー好きには香りを楽しみ、味わって飲める時間は大切です。そのドリップするのに、ハンドドリップするなら必須なのがコーヒー用ケトルです。

コーヒー豆やカップにこだわる人は多いですが、ケトルはどうでしょう。こだわりのケトルはありますか。コーヒー用のケトルには特徴があり、コーヒーを美味しく淹れられる工夫があるのです。それではコーヒー用ケトルについて、色々みていきましょう。

コーヒー用ケトルの特徴

コーヒー用のケトルの特徴は、なんといっても細く長く伸びた注ぎ口です。ハンドドリップでコーヒーを淹れる場合に、湯量や注ぐ位置が調節しやすいケトルが使いやすくなっています。コーヒー豆を初めに少量のお湯で蒸す時や、ぐるぐる回しいれる時に、湯量が調節できないと思ったようなコーヒーを淹れることができません。

一気にたくさんのお湯が入ってしまうと、ハンドドリップの良さが出なくなってしまうのです。なのでコーヒー用ケトルは湯量の調整がしやすいように細い注ぎ口になっています。喫茶店のマスターが使っていそうなステンレスのケトルや、自宅用に使える三角形デザインのケトルなど種類は色々あります。お好みの一品が見つかるとよいですね。

コーヒー用ケトルチェックポイント

お湯が少しずつ一定量出るよう調節できるのもポイントですが、他にどのようなとろこをチェックすればよいでしょうか。お湯を注いでいるうちに傾きがきつくなっていくので、フタが落ちないようフタと本体のくっついたデザインであれば使う時に危なくありません。

特に小さいお子様がいたり、お年寄りがいる家の場合は危険が回避できるのでおすすめです。ケトルの容量もチェックしましょう。どのような状況を使うことが多いのか、ケトルの大きさで淹れられるコーヒーの量が変わるので自分の必要量を把握しておきましょう。

コーヒー用ケトルの選び方

コーヒー用ケトルの選び方は、人それぞれ重視する点が違うと思います。自分が何を一番気にしているかによって、選び方が変わってきますよ。着目点は、①価格②容量③IHで使えるかどうか④とにかくデザインがおしゃれ⑤材質。などでしょうか。

①の価格に関しては、よいものを安くという人が多いので選び方の基準とはなるかもしれません。驚くほど高いコーヒー用ケトルもありますが、作り方や性能を見れば納得の品。コンロがIHの人は、IH対応かどうかを必ずチェックしましょう。材質は、ステンレス、ホーロー、銅などがあります。

コーヒー用ケトルじゃないとだめ?

コーヒーを淹れるのにコーヒー用ケトルでないとだめなのでしょうか。もちろん、そんなことはありません。細くゆっくりと一定量を注げれば美味しく挽いた豆を美味しくドリップできるので、コーヒー用ケトルじゃなくてもそれが実現できればよいわけです。

ただ、コーヒー用ケトルはより美味しく淹れるために考えられたケトルなので、普通のケトルよりは数段淹れやすく美味しくなる、ということを覚えておいてください。ドリップコーヒー好きならば、コーヒー用ケトルを使うのをおすすめします。

おしゃれなデザインのやかん・ケトルまとめ!人気のIH用でおすすめは? | MensModern[メンズモダン]

定番のおすすめコーヒー用ケトルブランド

ハリオ:コーヒー用ドリップケトル

ハリオは元々耐熱ガラスメーカーです。ですが、コーヒードリッパー、ペーパーフィルター、コーヒーサーバーなども扱う知名度も高いブランドです。こだわりのコーヒーアイテムを扱っているハリオなので、ケトルも機能性十分です。

ハンドドリップ初心者でもうまく淹れられるケトルなのでおすすめです。注ぎたい量のお湯を細い口から調節することができます。グリップも波型で持ちやすいですよ。ドリッパーと合わせて使うのもよいですね。ハリオの定番ケトルを選ぶのは確実な選び方と言えます。

カリタ:コーヒー用ドリップポット

カリタはコーヒー器具全般を扱うブランドで、知名度も人気も高くなっています。カリタのドリップ用ケトルは豊富な品ぞろえです。選び方に迷ったらカリタとチェックするとよいかもしれません。デザインは細口の注ぎ口ということろは同じですが、材質やカラーなど選択肢が多くて迷ってしまいます。

カリタの中で業務用でも利用されやすいステンレス製細口ポットは、オールステンレスで錆びにくく丈夫なのでおすすめです。デザインもおしゃれで、持ち手の部分は2重になっています。カラー展開もしているので、デザイン性も機能性も高いケトルになっています。ふたが取れるタイプと、蝶番付きがあります。

月兎印スリムポット

月兎印のコーヒー用ケトルは、雑誌や広告でも目にするおしゃれなデザインが人気です。材質はホーローなので、ステンレス製よりは扱いに気を付けなければなりません。月兎印のケトルは日本製で、カラーバリエーションが豊富です。どんなインテリアにも合う色がきっと見つかります。

外側はホーロー、内側はガラスコーティングされており汚れやにおいがつきにくい衛生面も考えられたケトルです。1980年登場以来、定番人気が続いている飽きのこないデザインのケトルなのです。選び方に迷ったら老舗の定番商品で間違いありません。

個性で選ぶコーヒー用ケトル

キントー:プアオーバーケトル

キントーはテーブルウェア、キッチン、インテリア雑貨を扱うブランドです。このプアオーバーケトルは一見ふたがないようにも見えてしまうデザイン。ふたの盛り上がりがない分、とてもすっきりしたデザインに見えます。デザイン性だけでなく、機能性も考えられています。細い注ぎ口は、お湯を落とす量や速度を調節しやすい形と角度に設計してあります。

ふたはフラップ式になっていて、注いでいるうちにふたが落ちる心配もありません。カラーもミラー、落ち着いた印象のマット、ブラック、ホワイトと人気色が揃っているところも嬉しいですね。黒のコーヒー用ケトルは珍しい上にスタイリッシュなので、おしゃれメンズにもおすすめです。

デザイン重視で選ぶコーヒー用ケトル

デザイン重視と言っても機能が劣っているわけではありません。おしゃれメンズ目線の選び方をするとデザイン重視になるかもしれません。おしゃれメンズは部屋もステンレスやモノトーンですっきりまとめたいと思いますが、ケトルに差し色となる色をもってくるとおしゃれ感がでます。

野田琺瑯:ポトル

野田琺瑯は日本の老舗ブランドです。野田琺瑯のポトルは、ポットとケトルの両方の機能を兼ね備えたという意味で名前が付けられました。見た目にコーヒー用ケトルにしては注ぎ口が太目です。ぽってりしたフォルムとカラーバリエーションに心を奪われたファンも数多いのです。

ケトル本体はホーローで中は鉄を使っているので、保温性にも優れています。ホーローはガラスを使っているので、落としたり当たったりすると壊れてしまうので扱いには気を付けなければなりません。ですが、丁寧に扱えば耐久性に優れているので、長い付き合いができるのです。

インテリアを選ばないデザインは、和風にも洋風にもしっくりくるのが不思議です。注ぎ口は太目ですが、慣れればうまく湯量調節ができるようになります。注ぎ口は湯切りしやすい形になっていますよ。欲張った選び方で、コーヒーのみならず紅茶や日本茶を淹れたい、というニーズにもこたえられます。

コーヒー用ケトルということを重視するなら、野田琺瑯のドリップケトルIIがおすすめです。デザインはポトルほどおしゃれではありませんが、カラーも豊富で注ぎ口が細くなっているのでコーヒードリップに適しています。

機能性で選ぶコーヒー用ケトル

タカヒロ:コーヒードリップポット雫

新潟県燕市に所在するタカヒロは業務用厨房用品メーカーです。タカヒロのコーヒーケトルは、デザインが極めてシンプルなステンレス製で、お店やプロも使用するコーヒーを淹れる性能にもこだわったケトルです。上級者にもおすすめですが、初心者でも上手にコーヒーが淹れらると評判です。

直火だけでなく、IH対応しているのも嬉しいポイント。ふたを外せば手がすっぽり入る広い開口になっているので、お手入れも楽々です。すっきりしたデザインでステンレス製のケトルは、インテリアを選ばないのでどのような家庭にもしっくりきます。

軽量なうえに、雫レベルで湯量を調整できると驚きの機能性をもっています。細く長く一定に、というコントロールが簡単にできてしまうのです。初心者でも機能性重視の選び方をするならおすすめです。

ユキワ:コーヒーポット

ユキワのコーヒーポットは、「THEコーヒーポット」というデザインです。喫茶店のマスターが使っていそうな、いや実際プロやお店で使われることも多いんです。耐久性に優れているので、長年お店で使い続けるマスターも多いようです。

見た目に取り上げるべき特徴的なデザインではありませんが、細かい機能性に心づかいを感じるケトルなのです。ふたは本体と連結していて、お湯を注ぐときにふたが落ちる心配はありません。取っ手の根元あたりに穴が開いていて、取っ手が熱くなりにくい構造になっています。

機能性を重視した選び方をすれば、行きつくケトルなのです。異素材を使わないステンレスのよさを生かしたデザインは、何気なく置かれていてもお店っぽい雰囲気になります。コーヒー通なら目に留まるケトルと言えるでしょう。

インテリアに馴染むおしゃれなコーヒー用ケトル

カイコ:ドリップケトル

小泉誠プロデュース「KAICO」シリーズの中のドリップケトルです。蚕のように真っ白なホーローに天然木の取っ手、というどんなインテリアにも馴染むデザインは、思わず手に取りたくなるおしゃれさです。おしゃれなデザインだけではなく、機能性にも工夫があります。

やや太めの注ぎ口は、湯口が三角形になっており細く注ぐことも太く注ぐことも自由自在となっています。傾け方によって、コーヒー用のケトルにもなり、普通のポットとしても使用できる便利なケトルなのです。

ヨシカワ:カフェタイム木柄ドリップポット

ヨシカワはキッチン用品を全般に扱う会社です。手頃で安心して使えることを重視して商品開発をしている会社です。そんなヨシカワのコーヒー用ポットは、ふたとハンドルに木製を取り入れたおしゃれなデザインです。ステンレス製のケトルは多くありますが、木製のハンドルはそう多くありません。

オールステンレス製ケトルは加熱すると持ち手が熱くなるので、注ぐときにミトンなどが必要です。ですがこのケトルは木製ハンドルで保護してあるので熱くなりません。木製なので手が濡れていても滑らないという利点もあります。木を中心としたナチュラルインテリアの家が多いので、インテリアとして馴染むデザインだと言えます。

コーヒー器具専門ブランドのケトル

カリタ:ドリップポット600ml

カリタのケトルの中でも、一際デザインが光るケトルです。コーヒー用ケトルにしては珍しく、底の広いタイプでお湯が速く湧きやすいので機能的です。ステンレス製で丈夫なのと、錆びにくいのでお手入れも楽ちんです。持ち手と注ぎ口がアートのように伸びているおしゃれなデザイン。IH対応していないことと、持ち手が熱くなること、その点は注意が必要です。

カリタ:コーヒー達人ペリカン

ステンレス製が主流であるカリタのケトルの中で、ホーロー製の注ぎ口がペリカンのケトルです。レトロ感漂うデザインがおしゃれで、保温性に優れています。注ぎ口はペリカン型で、細く注ぐこともできるし、たくさん注ぐこともできておすすめです。

銅製コーヒー用ケトルは買い?

材質の中でも銅製は多くありませんが、独特の質感と色が一定のファンをとらえています。どうしても高価になりがちなので、手に取る機会は少ないかもしれませんね。銅の特性は熱伝導が高いことと、抗菌性の高いことです。熱伝導率が高いのでお湯が速く湧きます。また水をまろやかにしたり、鉄分の吸収を良くするという効果もあります。

そんないいことたくさんの銅のケトル。カリタでは数種類取り揃えています。ポット900はレトロなデザインがたまらないアンティーク風のケトルです。はじめから艶消しの本体は存在感は他にない秀逸の品です。銅のケトルは強火にかけないこと、取っ手は厚くなるのでミトンを使うこと、などの注意が必要です。

お手入れをきちんとすれば、一生モノの銅製ケトル。決して束子や研磨剤入りの洗剤で洗わないこと。緑色の錆が出てきたら酢と塩を、同量混ぜて布に付け優しく磨くと綺麗になります。その後水洗いしてよく乾燥させます。手入れをしているうちに愛着がわいてきそうです。高価であっても一生付き合うとなると価値があると思いませんか。

便利でおしゃれなコーヒー用電気ケトルも登場!

ステンレス製よりホーロー製の方が保温性に優れていることがわかりました。最近では電気ケトルのコーヒー用も登場して、湯沸しから保温までスイッチひとつで出来るようになりました。便利ですね。しかもデザインもおしゃれな電気ケトルもあるので紹介します。

ラッセルホブス:電気ケトル

ラッセルホブスはイギリスの家電ブランドで、キッチン家電を多く扱っています。ラッセルホブスの電気ケトルは注ぎ口が細くコーヒードリップもしやすい構造です。コーヒー一杯分なら約1分でお湯が沸く速さ!直火で沸かすことを思ったら、火の番もしなくてよいので便利です。

ハリオ:パワーケトルヴォーノ

定番ブランドでおすすめしたハリオは、電気ケトルもコーヒー用を扱っています。ポットの形は、コーヒー用ケトルと同じボディが波うったようなデザインです。温度設定できるタイプと、沸騰させるだけのタイプと2種類あるのも嬉しいですね。

おしゃれな電気ケトルの人気ランキング!おすすめのデザインは? | MensModern[メンズモダン]

一人でもこだわりのコーヒーケトルを

一人用コーヒーケトルというのはありませんが、大は小を兼ねるので2,3人分淹れられるケトルがあれば対応できますよね。1人でもドリップしてコーヒーを味わいたいおしゃれメンズには、ぜひこだわりのコーヒーケトルを選んで欲しいと思います。

機能性で選ぶケトルで紹介したユキワは、一人用ドリップポットを扱っています。これは直火で沸かすのではなく、沸かしたお湯を注ぎやすいポットに移して使うものです。250ccの要領はまさに一杯分淹れるのに最適。ふたもなくコンパクトなので外出時に持って移動する人もいます。

美味しいコーヒーを淹れるためのケトル選び

コーヒー用ケトルをみてきましたがいかがだったでしょうか。コーヒー好きならずとも、一つこだわりのケトルが欲しくなったのではないでしょうか。自分好みのコーヒーポットがあれば、毎日のコーヒータイムもより楽しいものになりますよ。


評価 4.0/ 5(合計8人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ