プレイステーションの数あるゲームシリーズの中でも大人気シリーズとして知られる「龍が如く」は、主人公である桐生一馬も含めた各登場人物の個性豊かなキャラクターと、その見事なまでの刺青の数々が非常に特徴的です、今回はそんな龍が如くの刺青に関してまとめてみました。

龍が如くに出てくる刺青がカッコいい!キャラクター別一覧まとめ!

目次

  1. セガが誇る大人気シリーズ「龍が如く」
  2. 「龍が如く」で描かれる刺青がスゴイ
  3. 歴代龍が如くの主要キャラと刺青一覧
  4. 桐生一馬〈龍が如く主人公〉
  5. 真島吾朗〈龍が如く全シリーズ登場〉
  6. 錦山彰〈龍が如く1・ZERO・維新〉
  7. 郷田龍司〈龍が如く2・END・維新〉
  8. 堂島大吾〈龍が如く2~6・ZERO・維新〉
  9. 冴島大河〈4~6・END・維新〉
  10. 龍が如く極2ではどんな刺青が描かれるか、乞うご期待!

セガが誇る大人気シリーズ「龍が如く」

「龍が如く」は男たちの生き様を描いたPSの大人気シリーズ

プレイステーションシリーズには多くのヒット作や人気シリーズが存在しますが、その中でもこのゲームと並ぶほどの超人気作は数える程しかないのではないでしょうか。プレイステーション、PSP等で発売されてきたセガが誇る超人気ゲーム「龍が如く」シリーズは、日本だけに留まらず世界中の人達を魅了する超人気ゲームシリーズ。ゲームをしない人でも名前位は聞いた事がある方は多いでしょう。

龍が如くシリーズは2005年に第1作目が発売され、廉価版・続編・外伝を含めてこれまでに全世界累計出荷本数が950万本を超える超人気シリーズとなっております。男の生き様を中心にしたドラマティックなストーリー性は、ゲームと言うよりは大作映画を楽しんでいるかの様です。6にてこれまでの桐生編が幕を閉じ、次回作は新たな主人公で新しい龍が如くの幕開けとなります。

「龍が如く」で描かれる刺青がスゴイ

まさに生き様!描かれる刺青と込める思いもグッとくる「龍が如く」の世界観

龍が如くの特徴の一つに、登場人物が背負う刺青の美しさが挙げられます。どれも躍動感溢れる素晴らしい作品ばかりで、男たちの背負う人生観や運命を映し出しております。主人公の桐生一馬や錦山彰などの刺青は「歌彫」という彫師の彫っているという設定になっております。海外では和彫りが非常に芸術性が高いという事で評価も高く、こういった点も龍が如くが世界的にヒットする要因の一つなのです。

龍が如くの見所の一つである刺青は彫師「彫巴」が担当

龍が如くシリーズの刺青デザインを担当していらっしゃるのは、彫師である「彫巴」さんです。龍が如くシリーズの刺青デザインを担当したともなれば、かなりの腕前の彫師さんである事は間違いないでしょう。どのデザインも美しく、キャラを活かしたデザインとなっており、この刺青があってこその龍が如くといった感じがしますね。

日本で刺青はネガティブなイメージを持たれますが、海外では和彫りは芸術として高く評価されております。実力の有る彫師さんによって描かれる龍が如くの刺青と世界観。あくまでもゲームの中の世界ではありますが、こうしたリアリティを追求したゲームだからこそこれだけの評価を得ているのでしょう。龍が如くの影響からか、彫師の世界にも興味を持つ方が増えたとも言われております。

歴代龍が如くの主要キャラと刺青一覧

龍が如くには欠かせない主要登場人物の刺青一覧をまとめてみた

龍が如くには多くの登場人物が登場しており、どのキャラも個性的で味のあるキャラクターばかりです。その中でも特にストーリーに欠かせない主要登場人物達は、ひと際光るキャラクターの持ち主ばかり。どのキャラクターも一言ではまとめきれないスケールの大きさを持ち合わせている者ばかりです。

次章からは実際に作中に登場する主要人物たちのキャラ紹介とその刺青についてご紹介して参りたいと思います。彼等の背負った運命と生き様、男としての美学の全てがその背中に描かれている刺青に込められています。フィクションの世界ではありますが、とことんリアリティを追求した男の世界を彼等の刺青を通しながら、改めて覗いて行きましょう。

桐生一馬〈龍が如く主人公〉

彫師渾身のデザインも極!龍が如く主要登場キャラの刺青一覧まとめ①

言わずと知れた説明不要の龍が如くシリーズの主人公。通称「堂島の龍」「伝説の龍」などと呼ばれる伝説の元極道で、4代目東城会会長。真っ直ぐで義理人情に厚い男の中の男。ステゴロの喧嘩は無類の強さを誇り、格闘技の素質を見出される事もしばしな。シュールなギャグを飛ばす面も持ち合わせて居て、人間味が溢れる点も人気のポイントです。維新では坂本龍馬と斉藤一として登場。

龍が如くシリーズ主人公「堂島の龍」こと桐生一馬の刺青はコレだ

桐生一馬の刺青は応龍。応龍とは中国の皇帝である黄帝に仕えたとされる神獣です。敵勢との決戦で嵐を起こし皇帝を勝利に導きましたが、これを殺人とされ神獣としての責務を問われる事となり、責任を取る形で南方へ隠棲することになったという逸話があります。極道のご法度である親殺しの罪を着た桐生の通じる逸話でもあります。この見事な龍こそ「龍が如く」そのものと言って良いでしょう。

真島吾朗〈龍が如く全シリーズ登場〉

彫師渾身のデザインも極!龍が如く主要登場キャラの刺青一覧まとめ②

龍が如くにおいてもう一人絶対に外す事が出来ない登場人物と言えば「嶋野の狂犬」と呼ばれる真島吾朗でしょう。堂島組の狂犬と呼ばれ、その風貌等からもかなりの危険人物の様に思われているが、実際には情に厚く優しくて強い粋な男で多くの男達から慕われている。コミカルな言動も特徴で、あの独特の「桐生ちゃ~ん」はこのゲームには欠かせませんね。維新では沖田総司役で登場。

第二の主役とも言われる「嶋野の狂犬」こと真島吾朗の刺青はコレだ

真島吾朗の刺青は白蛇や椿、般若をあしらった五分袖の額彫りです。見事な般若が敵の前であらわになる時は真島吾朗の本気スイッチが入った証拠。白鞘のドスで軽やかなフットワークを駆使して攻撃するスタイルは、キャラクターの中でも独特です。0でのロン毛姿もかっこよかったですね。

錦山彰〈龍が如く1・ZERO・維新〉

彫師渾身のデザインも極!龍が如く主要登場キャラの刺青一覧まとめ③

東城会直系錦山組組長であり、桐生の無二の親友である錦山彰。最愛の女性であった由美を堂島組組長堂島宗兵に拉致された為、堂島宗兵を殺害するに至る。それはつまり極道にとってご法度である「親殺し」であるが、その罪を桐生が被り、桐生は投獄の末東城会から絶縁となった。それらが原因で後々重度の人間不信に陥って行く事になり、東城会の頂点を取る事のみが生き甲斐となってしまいます。

桐生の無二の友である錦山の刺青はコレだ

錦山の背中の刺青は緋鯉です。鯉は滝を登りきると龍になると言われており、和彫りでもメジャーな絵柄の一つです。「龍」になろうとする錦山は「龍」であり「友」である桐生に対して、友が故、男が故にコンプレックスを膨らましていく事になります。錦山が成りたかった龍は「堂島の龍」であり唯一無二の親友である桐生一馬だったのかも知れませんね。維新では人斬り以蔵こと岡田以蔵役で登場。

郷田龍司〈龍が如く2・END・維新〉

彫師渾身のデザインも極!龍が如く主要登場キャラの刺青一覧まとめ④

郷田龍司は近江連合直参の二代目郷龍会の会長。近江連合会長郷田仁の義理の一人息子で「関西の龍」と呼ばれている。「龍の二つ名は、唯一無二の存在であるべき」というポリシーを持ち「関西の~」と呼ばれる事を嫌っており、龍の名を掛けて桐生と一対一の勝負を挑む。手段は選ばない男だが、男らしく戦う一面も持つ魅力的な男として人気があります。維新では西郷隆盛役で登場。

もう一人の龍「関西の龍」こと郷田龍司の刺青はコレだ

郷田の刺青は桐生と同じ「龍」ですが、四神の長とも呼ばれる黄龍が彫られております。中国の伝承や五行思想に現れる黄色の竜です。四神が東西南北の守護獣なのに対し、黄龍は中央を守るとされています。桐生の「龍」と郷田の「龍」、東西を代表する二匹の龍が1対1の決闘を果たすシーンが非常に印象的でした。

堂島大吾〈龍が如く2~6・ZERO・維新〉

彫師渾身のデザインも極!龍が如く主要登場キャラの刺青一覧まとめ⑤

堂島組組長堂島宗兵の実子であり、桐生の現役当時の舎弟であった堂島大吾。幼少期より桐生に憧れ、男として一本筋を通したその生き様を慕う者も多く、後に6代目東城会会長に就く事になります。1では憧れの存在である桐生に実の父を殺されたと思い込み、自暴自棄になった結果銃刀法違反を犯し5年の懲役を喰らっている設定となっております。維新では徳川慶喜役で登場。

堂島大吾の刺青はコレだ

堂島大吾の刺青は不動明王。不動明王は倶利伽羅剣を持っていますが、この剣に巻きついている龍を倶利迦羅龍と言い、この龍は不動明王本人の化身と言われております。桐生に憧れ、一歩でも桐生に近づきたいという堂島大吾の強い思いがこの刺青には描かれておりますね。

冴島大河〈4~6・END・維新〉

彫師渾身のデザインも極!龍が如く主要登場キャラの刺青一覧まとめ⑥

今は無き東城会系笹井組元組員で「極道18人殺し」の伝説を持つ男。死刑判決を受けたが25年間執行されずに刑務所で過ごす。その後紆余曲折を経てシリーズに深く関わってくるのですが、そちらは是非本編にて。真島吾朗とは兄弟分で在り腹を割った間柄です。非常に厳つい外見ですが義理人情に厚く面倒見の良い性格で、主要登場人物の中でも人気があります。維新では永倉新八で登場。

東城会伝説の「極道18人殺し」の異名を持つ冴島大河の刺青はコレだ

冴島の刺青は虎と笹、虎は自身の名前からで、笹は自分の親である笹井にちなんで。荒くれていた昔の自分を打ちのめし、家族を救ってくれた笹井に対し心底惚れ込んでいた冴島の思いが刺青に刻まれております。また龍虎とも言われる様に龍と虎は互角の力を持つ者同士を例える際に使われますので、冴島の実力がどれ程のモノかという事を暗に示す物でもあります。

龍が如く極2ではどんな刺青が描かれるか、乞うご期待!

龍が如くの刺青一覧まとめをご紹介してきましたが、どの刺青もそのキャラクターらしい素晴らしい物ばかりでした。他にも魅力的なキャラや刺青が沢山あるのですが、それはまた別の機会に。12月に発売予定である新作「龍が如く7」で登場する新主人公には、一体どの様な刺青が描かれる事になるのか、今から非常に楽しみですね。

龍が如くをプレイする順番!どのシリーズから始めればストーリーがわかる? | MensModern[メンズモダン]

評価 4.2/ 5(合計14人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ