コーヒーの美味しい淹れ方は、コーヒー好きでも中々難しいという方が多いです。自宅で、コーヒー道具など集めて美味しい淹れ方を伝授するのも、コーヒーの淹れ方にポイントがあると言われています。そんな気になるコーヒーの美味しい淹れ方についてご紹介していきます。

コーヒーの美味しい淹れ方!自宅でも本格コーヒーを飲む楽しみ方

目次

  1. コーヒーの美味しい淹れ方を伝授
  2. 【基本的な道具を準備】自宅で美味しいコーヒーの淹れ方ポイント①
  3. 【分量のバランス】自宅で美味しいコーヒーの淹れ方ポイント②
  4. 【微粉を省く】自宅で美味しいコーヒーの淹れ方ポイント③
  5. 【お湯の温度調整】自宅で美味しいコーヒーの淹れ方ポイント④
  6. 【優しくお湯を注ぐ】自宅で美味しいコーヒーの淹れ方ポイント⑤
  7. 【鮮度のチェック】自宅で美味しいコーヒーの淹れ方ポイント⑥
  8. 【注いでいくお湯の高さ】自宅で美味しいコーヒーの淹れ方ポイント⑦
  9. 【抽出完了のタイミング】自宅で美味しいコーヒーの淹れ方ポイント⑧
  10. 【保存方法】自宅で美味しいコーヒーの淹れ方ポイント⑨
  11. 忙しい男性必見!インスタントコーヒーの美味しい淹れ方
  12. ケトルやポットの型も美味しいコーヒーの淹れ方に関係
  13. お茶用の急須も淹れ方次第でコーヒーも美味しい?
  14. アイスコーヒーの美味しい淹れ方にも注目
  15. コーヒーの美味しい淹れ方を覚え贅沢な一息

コーヒーの美味しい淹れ方を伝授

コーヒー好きには、毎朝のコーヒーはお家で淹れるという方も多いです。コーヒーの美味しい淹れ方には、コーヒーを淹れる道具にも美味しい淹れ方のポイントが秘められているといいます。

お家で美味しいコーヒーを淹れる際には、コーヒーメイカーなどを使用するのではなく、手動でお湯を沸かして、ドリップ式のコーヒーを楽しむのがおすすめされているようです。ただお湯を注ぐだけというイメージもあるかもしれませんが、お湯の注ぎ方や分量、温度調整などもこだわる必要があるようです。

美味しいコーヒーを淹れても、お家でコーヒーを淹れると酸味が気になるという声も結構みられるといいます。コーヒーの最初の一滴は特別と言われており、またそれとは逆に最後の一滴まで入れてしまうと時間差もあるせいか、酸味が増してしまう原因になるとも言われています。

【基本的な道具を準備】自宅で美味しいコーヒーの淹れ方ポイント①

自宅で美味しいコーヒーの淹れ方ポイント①は、コーヒーを淹れるために必要な基本的な道具を準備することから始まります。自宅にコーヒーメイカーなどある方は、どんな道具が手動で美味しいコーヒーを淹れる際に必要なのかだいたい想像つくという方も多いでしょう。

美味しいコーヒーを淹れるために必要な道具は、サーバー、ドリッパー、ペーパーフィルター、コーヒー豆(または、挽いてあるコーヒー)、ケトルやポット、メジャースプーン、そしてコーヒーカップやマグカップが、自宅での美味しいコーヒーを淹れるために最低限必要な基本の道具と言われています。

ちなみに、ペーパーフィルターは、普通にコーヒーメイカーなどで使用するタイプのもので大丈夫と言われています。ドリップ式のコーヒーを自宅で淹れるのは初めてという方は、道具の名前を見ても首をかしげてしまう方も少なくないようです。

道具の中でも、サーバーというのは、お湯をコーヒーに注いで、コーヒーをキャッチする容器のことを指します。サーバーには、目盛りも記してあるものが殆どなので、何杯分のコーヒーが抽出出来たかチェックしやすいです。そして、ドリッパーは、サーバーの上に置いて使う道具で、ペーパーフィルターをセッティングする道具でもあります。

ケトルやポットは、お湯を入れるための道具であるため、美味しいコーヒーを淹れるためにも必要な道具の1つと言えるでしょう。メジャースプーンは、通常コーヒーなどを購入すると付いている場合もありますが、挽いたコーヒーを計るためのスプーンのため結構重要な道具です。

美味しいコーヒーの淹れ方を極めるためにも、道具を集めるだけではなくて、抽出したコーヒーの温度を守るためにも、サーバー、ドリッパー、コーヒーカップやマグカップなども軽く温めておくのも美味しいコーヒーの淹れ方のポイントとなるようです。

コーヒードリッパーの種類や違いを徹底比較!おすすめの選び方は? | MensModern[メンズモダン]

【分量のバランス】自宅で美味しいコーヒーの淹れ方ポイント②

自宅で美味しいコーヒーの淹れ方ポイント②は、分量のバランスです。コーヒーカップでコーヒーを楽しむ方もいらっしゃれば、マグカップでコーヒーを楽しむ方もいます。

お家で美味しいコーヒーを淹れるために分量も覚えておくのも大切です。1杯1杯作るのも面倒という方も多いため、マグカップに2杯分の量でみていきましょう。

マグカップ2杯分の場合は、コーヒーのメジャースプーン5杯分のコーヒーの量が必要になると言われています。美味しいドリップコーヒーをお家で飲むためにも、この量は守っていきたい分量であるようです。

マグカップ1杯は、コーヒーカップの量で表すと2杯になるため、コーヒーカップの量プラス1杯分のコーヒーの分量と考えておくとわかりやすいです。ちなみに、マグカップ2杯分のコーヒーを淹れる際には、お湯の量は600mlくらいで考えておくといいでしょう。

【微粉を省く】自宅で美味しいコーヒーの淹れ方ポイント③

自宅で美味しいコーヒーの淹れ方ポイント③は、微粉を省くことです。コーヒー豆からお家で挽くという方に特にやっておきたいポイントとなるようです。

コーヒー豆を挽いたら、茶こしなどに入れて違う容器に挽いたコーヒーを移すと、微粉を省けるため、よりハッキリした美味しいコーヒーの味を楽しめると言われています。

【お湯の温度調整】自宅で美味しいコーヒーの淹れ方ポイント④

自宅で美味しいコーヒーの淹れ方ポイント④は、お湯の温度調整です。沸騰したお湯をそのまま注ぐのではなく、87度ほどにお湯の温度も調整したほうが美味しいコーヒーを召し上がれると言われています。高くても90度が限度のようです。

そして、コーヒーを淹れている間にお湯が足りないなんてこともあるため、多めにお湯を沸騰させておくことで二度手間も避けられるでしょう。

美味しいコーヒーを淹れるためのお湯は、沸騰させたお湯をサーバーに一度入れて、その後にケトルやポットに移し替えることで、だいたい温度はその時点で調整されると言われています。

お家に、温度計などが無い場合は、この方法でお湯の温度調整をすると美味しいコーヒーを淹れるポイントを掴めるでしょう。

コーヒーの美味しい入れ方!自宅でも美味しく入れるコツとは? | MensModern[メンズモダン]

【優しくお湯を注ぐ】自宅で美味しいコーヒーの淹れ方ポイント⑤

自宅で美味しいコーヒーの淹れ方ポイント⑤は、優しくお湯を注ぐということです。温度調整したお湯は、温度だけではなく、挽いたコーヒーにお湯を注ぐ時の注ぎ方にも気をつけなければいけないようです。

挽いたコーヒーをペーパーフィルターを淹れたドリッパーに入れたら、そっと優しく少しずつお湯を注いでいくのが大事なポイントと言われています。

そして、ペーパーフィルターに入っている挽いたコーヒーの真ん中から丸く円を描いていく感じでお湯を優しく注ぎましょう。挽いたコーヒー全体にお湯が染み込んだら、30秒ほど待機して蒸らしてあげましょう。

【鮮度のチェック】自宅で美味しいコーヒーの淹れ方ポイント⑥

自宅で美味しいコーヒーの淹れ方ポイント⑥は、コーヒーの鮮度のチェックです。コーヒーの鮮度は、酸味にも関わってくるため鮮度チェックはしておいたほうがいいと言われています。

先ほどお伝えした、挽いたコーヒー全体にお湯が染み込んでいく過程で、ふんわりと挽いたコーヒーが膨らみます。コーヒーが膨らんでいるということは、鮮度も良いという意味につながるようです。ここで、挽いたコーヒーがお湯を注いでもふんわりしないと、酸味が強いかもしれません。

【注いでいくお湯の高さ】自宅で美味しいコーヒーの淹れ方ポイント⑦

自宅で美味しいコーヒーの淹れ方ポイント⑦は、注いでいくお湯の高さです。注ぐお湯のベストな高さをキープしながら、挽いたコーヒーにお湯を注いでいくためにも、押さえておきたいコツがあるようです。

最初に、挽いたコーヒーにお湯を注ぐと、2回目にお湯を注ぐ時に気づくと思いますが、ペーパーフィルターと接触しコーヒーが円になって、お湯を注いだ一番高い位置を表してくれるようです。

このペーパーフィルターについているコーヒーは、流さないようにその円を残しておくために、お湯を注ぐ時の円の描き方も注意が必要といいます。ペーパーフィルターの一回りくらい小さ目を意識して調整しながら注いでいくと上手く入れられると言われています。

コーヒードリップは蒸らし方で美味しさが変わる!本当に美味しい入れ方は? | MensModern[メンズモダン]

【抽出完了のタイミング】自宅で美味しいコーヒーの淹れ方ポイント⑧

自宅で美味しいコーヒーの淹れ方ポイント⑧は、抽出完了のタイミングです。自宅で、コーヒーを淹れる際についやってしまうのが、ペーパーフィルターに残ったお湯が全て落ちるまでコーヒーを作ってしまうことです。これは、避けたほうがいいと言われています。

抽出完了のベストなタイミングは、サーバーに作る予定のカップ数のコーヒーの量が落ちた時点で、ペーパーフィルターにまだお湯が残っていてコーヒーが落ちている状態でも、外すのが大事と言われています。

サーバーに抽出されたコーヒーの味わいをバランス良くするためにも、気持ち回してあげてから、コーヒーカップやマグカップに注いであげると美味しいコーヒーが淹れられるといいます。

【保存方法】自宅で美味しいコーヒーの淹れ方ポイント⑨

自宅で美味しいコーヒーの淹れ方ポイント⑨は、保存方法です。どんなに高級なコーヒー豆を挽いても、保存方法が間違ってしまうと美味しいコーヒーもまずくなってしまうといいます。

コーヒーは、冷凍保存はまずNGと言われています。コーヒー好きで、大量にコーヒーをストックしておくというのは、コーヒー専門家からするとおすすめ出来ないようです。

自宅で美味しいコーヒーをいただくためにも、1週間くらいに1回、コーヒーを買うようにして、室温保存をしておくのがベストな保存方法と言われています。また、コーヒーを保存しておく道具も密封タイプの容器を揃えておくと便利でしょう。

忙しい男性必見!インスタントコーヒーの美味しい淹れ方

忙しい男性にとって、お家で美味しいコーヒーを飲みたくても、手動のドリップ式のコーヒーを淹れる時間の余裕が無いという方も少なくないです。

そんな忙しい男性にとって味方となるのが、インスタントコーヒーです。インスタントコーヒーも淹れ方次第では、お家でも美味しいコーヒーを楽しめるといいます。

電子レンジを使用した美味しいコーヒーの淹れ方

インスタントコーヒーは、お湯を注ぐだけで簡単にコーヒーが飲めるというのが魅力になりますが、お家でインスタントコーヒーを美味しく飲みたい場合は、電子レンジを利用するのが決め手となるようです。

インスタントコーヒーを耐熱性のコーヒーカップやマグカップに入れて、お湯で通常のインスタントコーヒーの作り方と同じように作ります。その後に、まだ飲まずに電子レンジで軽く温めると、インスタントコーヒーもまろやかに美味しいコーヒーとなるようです。

インスタントコーヒーの淹れ方もお湯にポイント

インスタントコーヒーの淹れ方も、お湯の注ぎ方やタイミングなどが美味しいインスタントコーヒーをお家で楽しむためのポイントになるようです。

インスタントコーヒーを、コーヒーカップやマグカップに適量入れたら、最初に少しだけお湯を注ぎ、そのインスタントコーヒーの粉を練るような感じで混ぜましょう。その後に、少しずつ適量のお湯を注いでいくと美味しいインスタントコーヒーをお家でも楽しめると言われています。

塩をプラスしてインスタントコーヒーも美味しい仕上がり

あまり知られていないのが、インスタントコーヒーに塩をプラスすることです。インスタントコーヒーに、ひとつまみ程度の塩をプラスすると、インスタントコーヒー独自の酸味なども和らげて飲みやすくなるようです。

インスタントコーヒーは、あまり好きじゃないけど時間がないから直ぐに飲めるインスタントコーヒーで我慢という時にも、塩を用意しておくと美味しいコーヒーブレイクタイムを楽しめるでしょう。

インスタントコーヒーの美味しい入れ方!カフェの様な本格的な味が出せる? | MensModern[メンズモダン]

ケトルやポットの型も美味しいコーヒーの淹れ方に関係

お家でドリップ式コーヒーを楽しむために必要な、お湯を注ぐためのケトルやポットの型の選び方も美味しいコーヒーの淹れ方を極めるために関係しているようです。

お湯をコーヒーに注ぐためのケトルやポットは、注ぎ口部分が決め手となるようです。注ぎ口が細目でドリッパーから距離を持てる注ぐ部分が長めの型のものを選ぶのも美味しいコーヒーの淹れ方を極めるのに欠かせないと言われています。

お茶用の急須も淹れ方次第でコーヒーも美味しい?

美味しいコーヒーの淹れ方を極めたいけど、お家に専用のケトルやポットが無いという方は、お茶用の急須でも十分に美味しいコーヒーが淹れられると言われています。

ただし、急須も種類が色々あるため美味しいコーヒーを淹れるために急須を使うのであれば、注ぎ口はやはり細目のほうがいいようです。

アイスコーヒーの美味しい淹れ方にも注目

コーヒー好きなら、夏はアイスコーヒー派という方も多いです。アイスコーヒーも、美味しい淹れ方を極めて、おしゃれにジャーなどから飲む方もいらっしゃるようです。

アイスコーヒーの淹れ方も、ドリップ式のコーヒーの淹れ方と同じで、違う部分というのは、抽出したコーヒーを冷蔵庫に入れられるくらいの温度に冷ますというところです。そして、もちろんその後は、冷蔵庫で冷やしてアイスコーヒーの出来上がりとなります。

おしゃれなジャーも販売されているショップも多く、ジャーからそのまま飲めるのも、面倒にならないので忙しい男性にとっても有難い夏のコーヒーでの一息となるでしょう。

アイスコーヒーの種類に寄っては、濃い目に作ったほうがいい場合もあるようです。そして、冷蔵庫で冷やさなくてもアイスコーヒーを淹れるグラスに、氷をたっぷりと入れておき、そこに熱いコーヒーを注ぐ方法も美味しいアイスコーヒーの淹れ方としておすすめされているようです。

コーヒー豆の種類のおすすめは?豆の人気や特徴を徹底調査! | MensModern[メンズモダン]

コーヒーの美味しい淹れ方を覚え贅沢な一息

お家で美味しいコーヒーを淹れるには、ドリップ式のコーヒーがおすすめのようです。そして、ドリップ式のコーヒーを淹れるために必要な道具も準備する必要があります。コーヒー好きなら知っておきたい、お家での美味しいコーヒーの淹れ方のコツも数知れないです。

お湯の温度や注ぎ方にも注意しながら、コーヒーを淹れることでお家でも美味しいプロなみのコーヒーを楽しめるでしょう。是非この機会に、コーヒーの美味しい淹れ方を極め、贅沢な一息をお楽しみいただけること願っております。


評価 3.8/ 5(合計8人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ