海にテントは必需品!上手な選び方からおすすめ人気ランキングまで!

一般的な海水浴場から、プライベートビーチまでに使えるテント。登山用とはまた違い、ワンタッチで簡単に設置できるものなど、海近くでの機能性能が様々です。海の近くで使えるイベントテントの、おしゃれでおすすめのアイテムをまとめてみました。

目次

  1. サイズ感を重視した海用テント
  2. 海用テントは自分の慣れているブランドのものを使おう
  3. ワンタッチで設置が簡単な海用テント
  4. 夏場の日光から守ってくれるタイプの海用テント
  5. 設置が簡単すぎる魔法のような海用テント
  6. 通気性抜群で快適な海用テントモデル
  7. ワンタッチで安定感のある海用テントモデル
  8. 見た目のスタイリングがおしゃれな海辺テントモデル
  9. 赤と黒のコントラストがカッコいい海用テントモデル
  10. まるで魔法のような海用テントモデル
  11. 大容量な収容率で人気の海用テント
  12. 安価で開放感のある人気の海用テントモデル
  13. 個性的な形が特徴的な海用テントモデル
  14. 快適で落ち着く空間を作り出す海用テントモデル
  15. 様々なデザインに富んだ海用テントまとめ

サイズ感を重視した海用テント

イベント用のテントだけでも、そのサイズは様々です。当然のことですが、海に出かける人数とテントの中で泊まれる人数とを比較した商品探しがポイントとなります。最近のテントは収納性が凄くて、驚くほど簡単にコンパクトにすることができます。小さすぎるものは、出かける際に忘れるということがあるので、荷物チェックは欠かさずに行いましょう。

小さな収納機能も良いですが、やはりテントで休憩したり寝泊まりするからには、ある程度の大きさのモデルをおすすめします。海で遊ぶ間の荷物を置くスペースとして活用するならば、1人用のテントでも十分です。大きくてもワンタッチやおしゃれで簡単なテントはたくさんあるので、機能性と加味して選んでいきましょう。

モンベルのテント評価・評判まとめ!実際の使い心地はどうなの? | MensModern[メンズモダン]

海用テントは自分の慣れているブランドのものを使おう

テントの組み立ては一度でも経験がないと、最初のうちはまず間違いなく手こずるでしょう。ワンタッチ機能付きのものであれば問題ありませんが、骨組みからシート張りまでの工程があるテントは、ぶっつけ本番で組み立てるのは危険です。当日になって迷っていると、せっかくの時間が非常にもったいないので、あらかじめ練習しておきましょう。

各ブランドによって価格帯の幅も広く、数多くの種類が販売されています。何も知らないうちに店頭に足を運ぶと、店員に自分にとって使い勝手の悪いテントを売られるかもしれません。店頭に足を運ぶ前に、予備知識を入れていくと最適なテントに出会えるでしょう。

説明書などを熟読しなくても、簡単でおしゃれなおすすめテントはたくさんあるので、よく考えてから購入してください。

ワンタッチで設置が簡単な海用テント

骨組み部分を引き上げるだけで完成してしまう、ワンタッチ式の海用テント。簡単といっても技術的な面では簡易的になっているだけで、テントとしての頑丈さも兼ね備えているモデルがたくさんあります。網戸のように外の様子が観れるものや、換気扇の役割を持つベンチレーターなどの機能性能は様々です。

おしゃれで手軽に扱える上に、中の収容率は意外と広め。急なイベント用としては、十分すぎる効果を発揮してくれるのでおすすめです。ワンタッチ式のテントとだけ聞くと、耐久性が弱いような気がするという人が多くいます。ですが実際はそんなことはなく、少々の雨風でも凌げるのが、日本ブランドの強味。国産テントならば、色々な環境にも対応してくれるでしょう。

海のナンパ方法と成功のコツは?ウザいとモテるの声かけの違いなど調査 | MensModern[メンズモダン]

夏場の日光から守ってくれるタイプの海用テント

夏といえば海ですが、海で遊びたくても日焼けをしたくないというのが今の若者。確かに近頃の夏場の気温はどんどん上昇しており、異常気象と言われることも珍しくなくなってきています。そんなときに、日光避け用のサンシェードタイプのテントがあれば、涼しく快適な休息を取ることが出来るでしょう。イベント用としても男性女性共々人気のおすすめアイテムです。

例えば子供のいる家庭の場合、小さなお子さんはあまり長時間直射日光に浴びすぎると、日射病になる恐れもあります。海の家がない浜辺では、水着に着替えるのも一苦労。そんなときにサンシェードタイプのテントがあれば、助けてくれるベストな空間となるでしょう。

通気性の良さを保ちつつ、外からの透過性を抑えたデザインで、プライベートエリアとしても活躍してくれるのでおすすめです。

設置が簡単すぎる魔法のような海用テント

ワンタッチどころか、紐や蓋をあけるだけで膨らんでテントが完成してしまうモデルも販売されています。最近になって人気が急上昇しだした、ポップアップテントと呼ばれるもので、軽くて丈夫な優れものです。初心者の方ほど、このタイプのテントがおすすめで、お値段も非常にリーズナブルとなっています。

イベント用としても、素早く設置し、すぐに片付けられるところが魅力的です。勝手に広がってくれるので、手を離して適当な場所に放り投げるのが基本のイベント用テント。見た目のデザインもおしゃれなモデルが多くなり、機能性はバラバラなので、二つを組み合わせたテント選びを心掛けましょう。

広げるのは比較的楽ですが、コンパクトにまとめるには最初のうちは少し手間取るかもしれません。慣れるまで練習しておきましょう。

海で必要な持ち物リストまとめ!必須グッズから便利なものまで! | MensModern[メンズモダン]

通気性抜群で快適な海用テントモデル

シューズブランドで有名なコールマンが満を辞して設計した、海用テント「スクリーンシェード・フォリッジ」。全面がメッシュ素材で風を通してくれ、涼しさは抜群。風が強すぎて砂埃が気になる時は、2重になっているナイロンでガードもできます。青色を基調としたおしゃれなデザインが、見た目的にも爽やかな気持ちにさせてくれるテントです。

テントの中の床部分が地面から数センチ上がっているので、虫などの侵入も防いでくれるでしょう。四方系タイプのテントで、どの面からも入り口の開閉が可能、スムーズな出入りが特徴的です。ワンタッチではないですが、比較的設置は簡単。

安価なのでイベント用としても、いくつか用意できる優れもののテントとなります。目立ちすぎず、浜辺に溶け込む控えめで清潔感のあるデザインがおしゃれです。

ワンタッチで安定感のある海用テントモデル

見た目のコンパクトさとは裏腹に、中の広さは想像以上なロゴスの海用テント「キュートップ」。床のマットレスに付いている差し込み部分に、パラソルアイテムを差し込むだけでテントが完成します。片付ける時も、ジョイントを抜いて折りたたむだけなので、簡単です。

床部分のマットレスには、四隅にそれぞれ袋が付けられており、砂袋として活用すれば風に煽られても飛ばされる心配がありません。簡易的で機能性を持つおすすめテントです。浜辺に設置する時間は、平均にして約1分程度で完成する簡単なロゴスのテント。イベント会場や人気の海辺でも、即席で素早く設置が可能です。

ナイロン生地よりも少し分厚めで、撥水効果もあるので急な雨でも対応できるおしゃれテントとなります。フルクローズタイプなので女性にも人気があり、女性でも簡単に設置ができるところが売りのテントモデルです。

女子が喜ぶ海デートプランはコレ!遊び方から持ち物まで完全網羅! | MensModern[メンズモダン]

見た目のスタイリングがおしゃれな海辺テントモデル

見た目のフォルムがかなりおしゃれな、山善の海辺テント「TW-M15UV」。2ステップタイプのサンシェードテントなので、狭い浜辺でも設置が可能な優れものです。マットレスの隅に等間隔でタグが付いているので、ベグを地面に差し込んでしっかりと固定。風が強くなりがちな海辺でも、安心して荷物などを置いておける場所となるのでおすすめです。

イベント用として長時間使用の場合は、長めのベグがおすすめです。プラスティック製ではなく、今流行りのグラスファイバー製のロッドなので、風に煽られてもビクともしません。マットレスを敷いて、後はロッドを立てて両端のナイロンを四隅に引っ張るだけなので、設置も簡単。

とにかく安価なので人気が高く、売り切れ状態が定期的に続いています。お求めの際は、店頭なら事前に電話確認、通販サイトなら在庫確認を行いましょう。

赤と黒のコントラストがカッコいい海用テントモデル

見た目のデザインがかなりカッコよくておしゃれな、キャプテンスタッグの海用テント「リオーネワンタッチシェルター」。ロッドが地面深くまで刺さり、さらにベグも付属で付いているので天候に左右されないテント設計になっています。砂袋と活用できる袋も内蔵されているので、安心して設定が可能です。

通気性を確保するために4面のうち、2面がメッシュ素材。日光を防ぎながらも、快適で涼しいので夏場には特におすすめです。4隅のロッドを設置して、天井部分の持ち手を真上に引っ張るだけで簡単にテントが完成します。専用のバッグに収納すれば、肩に担いで楽々移動も可能。アウトドアシーンに大いに活躍してくれるおしゃれテントです。

海での遊びにこのグッズは必須!大人も盛り上がるおすすめアイテムといえば? | MensModern[メンズモダン]

まるで魔法のような海用テントモデル

専用の収納袋から取り出せばワンタッチでテントが完成する、山善の海用テントモデル「CCS-6SUV」。色合いが可愛らしく、女性に大変人気のあるモデルです。テントには斬新なメッシュ素材で出来た窓を活用することによって、快適な空間を作り出すことが出来るでしょう。地面からの立ち上がり設計で、虫や砂の侵入も防いでくれます。

また、素材が通常のナイロン製よりもワンランク上の生地を使っているため、気温が高い猛暑日でも涼しい空間を維持してくれるでしょう。また、中のスペースは横にも縦にも広い設計になっているので、想像以上に滞在しやすくなっています。

通販サイトでは数々の高評価との声があり、口コミで人気に火が付いたテントです。ワンタッチで設置でき、規則通りに畳めば収納も簡単になっています。

大容量な収容率で人気の海用テント

山善の海用テントモデル「NEOキヤノピーテント5」。内部にランタンフックが付いているため、イベント用としても活用できる人気アイテムです。中はかなり広めで、大人でも3~4人は楽々。UVカット素材で、強力な紫外線から肌を守ってくれるでしょう。シックな色合いが特徴的で、男性に人気のある売れ筋商品です

一面だけのワイドな入り口は、開放感があって出入りもスムーズ。目の前にテーブルを置いて、食事を楽しむのも楽しい遊び方です。アウトドアシーンで機能的に活躍してくれ、疲れた体を癒してくれる心地よい空間を演出してくれるでしょう。おしゃれな機能美と、快適なアビリティを持ち合わせたテントとなります。

サーファーズハウスが素敵!海を楽しめるこだわりの内装や評判は? | MensModern[メンズモダン]

安価で開放感のある人気の海用テントモデル

女性の力でも楽々ワンタッチで組み立てが可能な、ドッペルギャンガーの海用テント「ワンタッチレジャーシェード」。3面がメッシュ素材の窓付きで、残り一面がフルオープンに出来るジッパー付きです。開放感が抜群で、イベント用としても重宝されています。男性女性共々人気で、売り切れも多いおすすめテントです。

砂袋はもちろんのこと、ロッドとベグがしっかりしていて、安定感のある空間に仕上がります。風の強いイベント会場や海辺でも、安心して休憩を取ることが出来るテントです。下に向かってワイドに設計されているので、大人でも3人まではくつろげるでしょう。上部に出ているロープを引っ張るだけで設営が可能なので、女性にも人気のあるテントとなります。

個性的な形が特徴的な海用テントモデル

見た目のフォルムが斬新な、ロゴスの海用テント「チェッカーポップフルシェルター」。トンネルのような空間で、着替えにも最適なテントとなります。イベント時でも場所を取らずに、すばやく設置が可能。テント初心者の方でも、迷わずに簡単に完成させることが出来る、優しい設計になっています。可愛らしいデザインが、お子さんなどにも人気となっています。

価格もリーズナブルで、機能性に長けています。中のスペースに袋を設けていて、スマホや財布などの小物を収納することも出来ます。チェッカーポップフルシェルターテント専用のキャリーバッグも付いているので、持ち運びも楽勝です。使い勝手が良くて軽量、これだけのアビリティを持ち合わせていながらも、組み立て不要なのが魅力的なテントとなります。

快適で落ち着く空間を作り出す海用テントモデル

自分の好みに合わせたカスタムが作り出せる、ユーザーの海用テント「サンシェード170」。少し肌寒い時はフルクローズに、暑苦しい時はフルオープンに変身できる人気の海用テントです。撥水性と遮断性に優れた素材なので、雨風や紫外線から守ってくれます。四隅にヒモが付いていて、それを引っ張るだけでテントが完成してしまいます。

大きい出入り口が特徴的で、全ての面にメッシュ素材を張り巡らせることが出来ます。本格的なサンシェードなので、シーンを選ばずに使うことが出来るでしょう。専用のキャリーバッグ付きなので、持ち運びも楽々。大き過ぎず、小さ過ぎないバランスの良いテントで、幅広い世代に人気のテントとなっています。

様々なデザインに富んだ海用テントまとめ

一見テントと聞くと組み立てが難しいようなイメージもありますが、実は今のテントはそのほとんどが簡単な設営の仕組みになっています。イベント会場などで売られている簡易的なテントから、ブランドショップで売られているモデルも、国産ならばほとんどワンタッチで出来上がるので、夏場は特に人気のアイテムです。

海といっても地域によっては日陰が全くない浜辺も、当然あるでしょう。最近の日本は夏場の気温が上昇気味で、日射病で亡くなってしまう方も、年間を通して大勢います。そんなときに設営が簡単なテント一つあるだけでも、万が一の時には命が助かるケースもあるのです。レジャーアイテムもいいですが、重要な役割を果たしてくれるテントも忘れないようにしましょう。

気温が上昇気味でも、対照的な窓付きテントならば、風の通り道を作ることも可能です。海で遊ぶにも、荷物が気になるという方の為のスペースなど、活用方法が意外と多いテントを購入して、夏を楽しみましょう。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ