iPadとiPhoneを同期させたことはありますか?今回はまだiPhoneとiPadを同期したことがない方を対象にiPhoneとiPadを同期させることによるメリットとデメリットは何なのかをご紹介していきます。連携をしてより快適な生活を送りましょう。

iPadとiPhoneを同期させる方法!連携させるメリットとデメリット

目次

  1. iPadとiPhoneの同期について
  2. iCloudでiPhoneとiPadを同期する方法
  3. iTunesでiPhoneとiPadを同期させる方法
  4. アプリを使用してiPhoneとiPadを同期する方法
  5. iPhoneとiPadを同期できたらタブを共有しよう!
  6. iPhoneとiPadを同期するメリット①
  7. iPhoneとiPadを同期するメリット②
  8. iPhoneとiPadを同期するメリット③
  9. iPhoneとiPadを同期するデメリット
  10. iPadとiPhoneの同期についてまとめ!

iPadとiPhoneの同期について

みなさんは、iPhoneとiPadの同期方法をご存知ですか?今回はiPhoneとiPadを同期して連携する方法を初めての方にもわかりやすくiPhoneとiPadの同期の方法をご紹介します。はたして、iPhoneとiPadを同期させて連携させると、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

一つ一つわかりやすく見ていきますので、まだiPhoneとiPadを同期させたことがないという方はぜひ参考にして下さい。iPhoneとiPadは、Apple社のメインの機種でどちらも連携に関しては特に優れております。同期させることによって、とても便利な機能が盛りだくさんです。

ぜひ、今回はその便利な機能を覚えて、快適なiPhoneとiPadライフを送ってみてはいかがでしょうか。では、早速iPhoneとiPadの連携の方法を見ていきましょう。

iCloudでiPhoneとiPadを同期する方法

ではここからは本格的にiPhoneとiPadを同期する方法について見ていきます。iPhoneとiPadを同期する方法は大きく分けて2つの方法があります。その内の一つ目の方法は「iCloudで同期する方法」になります。iCloudで同期をする際には、用意するのはAppleIDのみになります。

iCloudはAppleIDを登録するだけで、iOSデバイス一部データをネット上で保存することができて、複数のデバイスでそのデータを共有することができます。特にiOSデバイスはこれらの連携機能に長けており、使いこなせるようになるとすごく便利なのです。では具体的なやり方を見ていきましょう。①iPadをWi-Fi環境に接続していることを確認します。

②そしてiCloudにサインします。ホーム画面で、「設定」をタップして、設定画面に入り、「iCloud」を選びます。③そして「AppleID」と「パスワード」を入力して、「サインイン」をタップします。④iCloudの設定画面には「写真」や「メール」「連絡先」などの同期をさせたい項目が出てきます。

⑤これらの項目をタップして「オン」にします。するとiPadとiPhoneの間で同期が完了し、情報を共有することができます。非常に簡単ですので、この共有を実践してみて下さい。

iPadを徹底比較!最新機種の性能や外観・おすすめなどまとめ | MensModern[メンズモダン]
iPadが充電できない原因は?対処法や自分でできる修理方法を調査 | MensModern[メンズモダン]

iTunesでiPhoneとiPadを同期させる方法

さて、続いては2つ目のiPhoneとiPadを同期させる方法になります。iTunesでiPhoneとiPadを同期させてみましょう。iTunesでも、iPadの音楽、ビデオ、写真をWi-Fi接続でコンピュータと同期することができます。

iCloudで同期するよりは、少し手間がかかるかもしれませんが、iPad上でデータが消えてしまってもコンピュータと同期をすることでデータを修復させることができます。では具体的なやり方をみていきましょう。①USBケーブルでiPadをパソコンに接続します。もし画面に「このコンピューターを信頼しますか?」というメッセージ表示が出てきたら「信頼」を押してください。

②次にパソコン上でiTunesを起動します。③正常にiTunesが表示されると、デバイスのアイコンが表示されますので、このアイコンをクリックして下さい。④続いて、同期させたいコンテンツの種類をクリックします。同期の横にあるチェックボックスをクリックして、該当するコンテンツの同期を有効にします。

⑤同期内容を選択した後に「適用」を押すと、iPadを同期することができます。ちなみに、iPhoneとiPadを同期したい場合は、USBケーブルでiPadをコンピュータに接続し、iTunesの左上のiPadデバイスのアイコンをクリックして、同期したい内容をクリックすれば、iPhoneとiPadを同期してコンテンツを共有することができます。ぜひ便利ですのでお試しください。

iTunesでiPhoneとiPadを同期できる項目

ちなみに、iTunesでiPhoneとiPadを同期できる項目は次の通りになります。①アルバム②曲③プレイリスト④映画⑤テレビ番組⑥ブック⑦Podcast⑧オーディオブック⑨着信音⑩写真とビデオ⑪連絡先とカレンダー⑫iTuneで作成したデバイスのバックアップなどです。ぜひ参考にして下さい。

アプリを使用してiPhoneとiPadを同期する方法

これまでiPhoneとiPadを同期する方法は大きく分けて2通りあるというご説明をしましたが、実は基本的な2つのやり方以外にも、もう一つの同期する方法があります。それは「アプリを使用したiPhoneとiPadの同期」になります。この方法は、ここまで紹介した2つの方法でどうしてもやり方がわからないという方はこのアプリを使用する同期方法をおすすめ致します。

今回おすすめするアプリですが「WinX MediaTrans」というアプリになります。こちらのアプリの特徴は、iPadのデータのバックアップ方法としてWi-Fiに接続しなくても、音楽や、動画、写真などの情報をiPadやiPhone、パソコン間で連携することができます。

大量の写真を数秒でパソコンへ転送できたり、メリットが目白押しですので、ぜひどうしても同期方法がわからない方は、こちらのアプリをご利用下さい。

iPadのキーボードでおすすめは?購入時のポイント・人気ランキング紹介 | MensModern[メンズモダン]
iPadにおすすめのアプリまとめ!入れておきたいツールやゲームなど紹介 | MensModern[メンズモダン]

iPhoneとiPadを同期できたらタブを共有しよう!

ここまでの方法でiPhoneとiPadを同期する方法がご理解できたはずです。これで便利なiPhoneとiPad生活の準備が整いました。ではここで、iPhoneとiPadのタブを共有する方法をご紹介しておきます。これまでの中で軽く触れましたが、改めてその方法をご紹介しますので、参考にして下さい。

iPhoneとiPadでタブを一緒にしておくと、何が便利かというとiPhoneで作業していた内容をそっくりそのまま、iPadやパソコンで引き継ぐことができるのです。ですのでより快適な生活を送るためにも、タブは一緒にしておきましょう。ではやり方になります。

①iPhone、iPadのホーム画面から「設定」を選択します。②設定の項目の中で「iCloud」を選択します。③するとコンテンツの項目の一覧が表示されるので、ここで同期したいタブをタップして「オン」にしておきましょう。そうすれば、簡単にデバイス間の情報を共有することができます。ぜひ参考にして下さい。

iPhoneとiPadを同期するメリット①

デバイス間の編集が可能になる

続いては、iPhoneとiPadを同期することのメリットをお届けしていきます。まず最初のメリットは「デバイス間の編集が可能になる」という事です。編集と書いてありますが、例えばiPhoneでメモをとった内容をiPadやパソコンでも引き継ぎ確認することができるので、出先のメモを複数のデバイスで共有することができます。

またそれ以外にもSafariやGoogleで閲覧したお気に入りのページも、共有することができるので、自宅で見ていた楽しみなコンテンツを出先で確認することができます。そして、例えばビジネスにおいても最近ではビジネスツールもクラウド管理が多いので、デバイス間で共有し編集することが可能です。これらが一番のメリットになります。

iPhoneとiPadを同期するメリット②

デバイスの使い分けが可能になる

続いてのiPhoneとiPadを同期することのメリットですが「デバイス間の使い分けが可能になる」という事になります。例えばiPhoneとiPadを2台持ちをすると、iPhoneでは電話の対応をして、iPhoneで見ていた情報をiPadで電話をしながら確認するという事が可能になります。

これならiPhoneの通話中に作業が遮断されることがないですし非常に効率が上がります。また自宅でパソコンで仕事をし、ふいの外出時はiPadで編集作業をするということも可能になります。情報のインプット用にiPadを使用し、通話やコミュニケーション用にiPhoneを使用するという使い分けができます。すごく便利であることがわかります。

iPhoneとiPadを同期するメリット③

バックアップを取るのに便利

続いてのiPhoneとiPadを同期することのメリットですが「バックアップを取るのに便利」という事です。例えば、iPhoneが急に故障をしてしまった。なんて事があるかもしれません。

ですがもし2台持ちをして情報をデバイスに共有しておけば、万が一片方のデータが消えてしまっても安心できます。ですので、iPhoneとiPadの同期をすることは、故障やトラブル時にも効果を発揮するのです。

iPhoneとiPadを同期するデメリット

続いてはiPhoneとiPadを同期することのデメリットですが、実は複数デバイスを持ち同期しておくことはあまりデメリットがありません。もし唯一あげるとすれば、持ち歩きの際にややがさばるという事でしょうか。

ただ、そうは言ってもiPhoneもiPadも従来のものに比べれば、薄型化してきていますし、そこまでがさばる心配もありません。ですので、2台持ちをして、同期する分にはメリットの方が大きいでしょう。

iPadとiPhoneの同期についてまとめ!

ここまでiPhoneとiPadの同期方法と、同期をすることのメリットとデメリットをご紹介してきました。その中で、同期の方法はとても簡単ですし、誰にでも行うことができます。

またメリットも非常に多く、今まで作業していた内容も出先で引き継げたり、良いことだらけです。またデメリットにあげている持ち運びの際にがさばるという事も、そこまで気にならないのが現状になります。ですので、ぜひみなさんも同期をしてみて下さい。


評価 4.6/ 5(合計7人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ