男の子の育児は大変?子育ての中で大切なこと・注意点などまとめ

「男の子の育児って大変でしょ?」とよく聞かれたりしませんか?女の子に比べて男の子の育児はとても大変な印象がありますよね?では実際に男の子の子育てはどんなところが大変でどんなことに注意した方がいいのでしょう?そんな子育て中で大切なことや注意点をまとめてみました。

男の子の育児は大変?子育ての中で大切なこと・注意点などまとめ

目次

  1. 世間一般で言う「男の子の育児は大変!」は本当?
  2. 男の子の子育ては大変と思ってしまう理由は?
  3. 男の子は生まれて来る前から男の子
  4. 男の子の性質を知って対処することが大切
  5. 男の子の言葉の発達は女の子より遅い?
  6. 男の子で良かった!と思えるのはどんな時?
  7. 男の子の遊び方や遊びでの関わり方が大切
  8. 外の刺激を沢山もらうことが男の子には大切
  9. 外で男の子が他の子供と喧嘩した時の対処法
  10. 自立心を育てるためには一人で遊ぶ時間も大切
  11. 男の子の子育てにおいての叱るポイントは?
  12. 男の子を育児する上での健康管理
  13. 男の子と女の子の成長の違いを考える
  14. 大人になるための自覚と覚悟
  15. 男の子の精神的成長のきっかけを作る
  16. 幼児期~小学生になるまでの男の子
  17. 小学生~中学生の思春期までの男の子
  18. 思春期から大人になるまでの男の子
  19. 女性にモテる男の子に育てるために必要なことは?
  20. 男の子が自立した頼れるメンズになる日は近い!

世間一般で言う「男の子の育児は大変!」は本当?

男の子の育児・子育ての大変さを検証

男の子を持つ親は、必ずといっていいほど「男の子がいると大変でしょ?」「女の子の方が楽だよ」などと言われるものですよね?昔から女の子の方が育てやすいと言うのは定説になっているので、そういうもんだと深く考えないかもしれませんが、男の子の育児って何がそんなに大変なのでしょう?

確かに幼児期の子供の姿を見ていると、女の子はお人形遊びやおままごとなどで大人しく遊んでいる横を、男の子がドタドタと走り回るような光景に出くわすこともあります。そしてお母さんが必死でそれを止めようするのですが言うことをきかず、周囲の理解ある人は「元気な子だね」と暖かく見てくれますが、実際お母さんの胸中は切羽詰まったものに違いないのです。

ただ、それは女の子でも走り回ったり言うことを聞かない場合もあるわけで、そういうことだけで一概に男の子は大変ということにはならないですよね?では何がそれほど男の子の育児を大変と思わせているのでしょう?

男の子の子育ては大変と思ってしまう理由は?

男の子の育児・子育ての大変さを検証【大変の理由】

一言で表現すると、それはお母さんが異性だからです。男の子は男同士イクメンのお父さんが育児をすると少しは分かり合えるかもしれませんが、そうもいきません。女の子であれば自分の小さい頃を思い出したり想像したりすることができるので理解しやすいのですが、男の子の性質は男の子になったこともないので、わかるわけがないのです。

男の子であるがゆえに、予想に反するやんちゃぶりが発揮されたり、エネルギーが有り余っていることで行動範囲が凄まじかったりすると、お母さんは振り回されてぐったりしてしまうのです。そして怒り沸騰してキレてしまうことが多くなります。

予想ができないことで振り回されることは女の子を持つ親にはそれほど多くありません。そういったことで男の子は大変!ということになり、お母さんは途方に暮れることになるのです。少しでも男の子の性質を理解できるようになれば対処方もわかってくると思われるので、その辺を期待しながら少し性質について述べていきます。

男の子は生まれて来る前から男の子

男の子の育児・子育ての大変さを検証【胎児】

男の子と女の子では身体の構造が違っていますよね?男の子は身体が大きく運動能力も女の子より高く生まれることが多いです。これはまだお母さんのお腹の中にいる時から既に男性ホルモンを受けているからです。この男性ホルモンにより筋肉が付き、既に生まれる前から男性の特徴が備わっているのです。

そしてこの男性ホルモンは脳の形や働きにも違いをもたらします。男性ホルモンの特徴である冒険心や好奇心などは既に胎児時代に受けているものなので、生まれてきたときから男の子によく見られる特徴が発揮され始め、少しでも動けるようになればどこまででも動こうとするようになります。

男の子向けの出産祝いでおすすめ・相場は?人気のプレゼントランキング | MensModern[メンズモダン]

男の子の性質を知って対処することが大切

男の子の育児・子育ての大変さを検証【注意点】①

寝返りやハイハイなどで動きの幅が広がり始めた時からが大変です。とにかく好奇心旺盛なので目的地を絞ったらそこに向かって突進します。そういった傾向にあるのは男の子が断然多いのです。そんな光景が見られたなら、歩くようになった時には間違いなくすぐにいなくなったりじっとしていられないことが多くなります。もうそれこそ好奇心や冒険心の塊状態ですね。

そしてもちろん男の子自らコントロールなんてできるわけもありませんので、暴れる、わめく、泣く、どっか行く、更に外に出て走り出すなど、やりたい放題にも見える状態になるのです。これはすべて好奇心や冒険心、また闘争心など、男性ホルモンの成せる技ということなのです。

こればかりは言い聞かせてどうにかなるものではありません。それではお母さんはずっと振り回されっぱなしでは?となりますよね?確かにこの時期はちょっとハードになりますが、そうなることを想定して動くだけでも違ってきます。このまま大きくなったら?と心配になるかもしれませんが、幼児期に入ってくると少しずつ落ち着いてくるので心配ありません。

男の子の言葉の発達は女の子より遅い?

男の子の育児・子育ての大変さを検証【注意点】②

言葉がわかってくると言い聞かせることもできるようになりますが、この言葉の発達が女の子よりも男の子は遅い傾向にあるようです。乳幼児の定期診断などでも目安となるレベルまで全く達していないこともよく見受けられることです。

小さい頃の男の子は比較的脳梁(左脳と右脳の双方を伝達する橋渡し部分)が細く、言葉の伝達がうまく伝わらないことで発達が遅れることもありますが、これは成長することで追いついてくることがほとんどなので、あまり神経質になる必要はありません。

もし、多動性障害や自閉症スペクトラム障害などの心配があるのであれば、先生などに相談してみましょう。ただこれに関しては育て方が悪いといった問題ではありませんので、変に気負い過ぎないようにしてください。

男の子で良かった!と思えるのはどんな時?

男の子の育児・子育てに幸福感が得られる時

男の子は自分が男だ!と認識した時から、お母さんは自分が守るという本能が働くようです。普段はお母さんに対してわがまま放題であったり乱暴な仕草もあったりすることが多い反面、お母さん大好きという意思表示やお母さんを心配してくれる表情なども、女の子とは比べ物にならないくらい露骨に出してきます。

男の子を持つお母さんが子供のことを「小さい恋人」的な感覚だと表現されることがありますが、お母さんにとっては、普段は小さい子供がいっぱしの男のように振る舞うことが嬉しく幸せな瞬間であるのですね。

男の子の遊び方や遊びでの関わり方が大切

男の子の育児・子育ての遊び方の注意点

子供は遊びながら成長します。遊びの中で力の加減を知り、ルールを知り、気持ちのコントロールを知り、そして一人で考えることを知るのです。そういった意味でもお母さんやお父さんとの遊び方や他の子供とのやりとり、そして一人で遊ぶことの大切さがわかるかと思います。

特に男の子には積極的にこういった環境に触れていろんなことを学習することが大切です。なぜなら早く学習できればそれだけお母さんの振り回され度が軽減していくからです。男の子の遊び方は、日常的な遊び(人形遊びやままごと)をする女の子と違い、乗り物や戦隊ものなどのおもちゃで空想的な遊びをすることが多いですが、これは男女の脳の違いによるものです。

子供の頃から女の子は現実主義、男の子は夢とロマンを追い求める脳の構造になっているんですね。こういった点が更に男の子の育児を大変なものにしているのです。たまに現実に引き戻してあげないと夢とロマンに突っ走りっぱなしになるわけです。これは男全般に言えることで、よく旦那さんのことを「子供が二人いるみたい」というのはこういうことですね。

外の刺激を沢山もらうことが男の子には大切

男の子の育児・子育ての遊び方の注意点【外から刺激をもらう】

男の子は赤ちゃんの頃からダイナミックですよね?家の中ですら怪我をよくするのに外に出たら心配といった気持ちになるのは当然です。でも家の中だけでは刺激がなく遊びもワンパターンで好奇心や冒険心が満たされず、ダイナミックなままになってしまいます。適度に外に連れ出して、危なくないよう注意しながら、刺激を与られるサポートをすることが大切です。

五感をフルに使える遊びが最適です。そういった意味では公園にあるような遊具は遊び道具の中では一番優れていると言えます。ジャングルジムや滑り台などは体幹を鍛えて筋力やバランス感覚を身に着けることができます。身体全体で感じられる遊びで脳にも刺激を与えることができます。また他の子供とのやり取りからも刺激を受けることができるでしょう。

外で男の子が他の子供と喧嘩した時の対処法

男の子の育児・子育ての遊び方の注意点【喧嘩した時】

男の子の場合は他の子供と喧嘩したり怪我させたりすることも、成長すればするほど顕著に出てくると思われます。乳児から幼児になる頃には他の子供との遊び方を学ぶ時期に入ってくるので、相手に迷惑をかけたら謝るといったことも必要になります。でも男の子はプライドが高く傷つきやすいので、その場ですぐ誤らせるのが難しいことも多々ありますよね?

その場合はまずお母さんが、相手の子供とそのお母さんにすぐに謝りましょう。大げさすぎるくらいがいいかもしれません。そして帰り道などで「あの時相手に悪いと思ったらすぐに謝ろうね」と促すように言い聞かせましょう。注意点として男の子は基本的にプライドが高く、その場で怒ると反抗したり引っ込みがつかなくなることが多いので気をつけましょう。

自立心を育てるためには一人で遊ぶ時間も大切

男の子の育児・子育ての遊び方の注意点【一人遊び】

男の子は女の子と違い全てにおいて奥手です。友達とも遊びますが、一人で自分の空想の世界で遊ぶことが好きなのです。傍から見ると一人でいることが多く引っ込みグセがあったり自閉症なのでは?と心配になったりして、無理やり外に連れ出したりすることもあるかもしれません。ですが、一人遊びも想像力を養ったり自分自身で考える力を育んでいるので大切な要素なのです。

通常家の中で一人で遊ぶ時は、乗り物や動物のおもちゃや戦隊ものなどを使って遊ぶことが多いですが、男の子の中にもたまに女の子のようにままごとをして遊んだり、折り紙やあやとりなどが好きな子供がいます。そのことで心配したりするお母さんもいますが、これは興味の対象が移れば変わることなので、手先を使って何かをすることが今は楽しい時期という見方をしてみてください。

たまに積み木やパズルなどで効率性を教えるために、子供が遊んでいる傍から「ここはこうした方がいいよ!」など手を出してしまうことがあります。これは重要な注意点なのですが、遊びながら自分で考える練習をしていることを妨げてしまことになり、助言がないと何もできない子供になってしまいます。遊びなので出来るだけ一人でやらせてあげましょう。

男の子の子育てにおいての叱るポイントは?

男の子の育児・子育ての遊び方の注意点【叱るポイント】

怒ることは簡単でも叱ることは難しいですね。お母さんがイライラして怒ることは人として当然あって然るべきことです。それは人の感情的な部分なので親子の人間付き合いの問題になりますが、叱るということは子供を導くことでなくてはなりません。ようするに子供の為になる叱り方をしないと意味がなくなるのです。

まず、子供が危険なことをしたり危険に遭遇しそうなことであれば、その場で「ダメ!」と行動を止めることが大切になります。そしてその場でしっかり叱ることが必要です。それ以外のことで叱る場合は、一度気持ちを落ち着かせてなるべくヒステリックにならないようにしながら、理由をしっかり言って叱るようにしましょう。

男の子はお母さんがどれだけ真剣に叱っているかもわからず、ふざけて聞いていたり欠伸(あくび)しながら聞いたりするかもしれません。そんな時は親もキレてしまいますよね?普段からガミガミ言うと、プライドが傷つきたくなくてガミガミを聞かなくなるようになります。注意点としては叱る時はドカーンと叱り、いつまでも言い続けないようにすることが大事です。

男の子を育児する上での健康管理

男の子の育児・子育ての遊び方の注意点【健康管理】

男の子は病気になりやすいようです。赤ちゃんの頃から身体の成長や発達の仕方が女の子より遅いため、肺炎になったり胃腸が弱く下痢をしたり、免疫力がないことで風邪をひきやすかったりします。また、よく動き回ることから怪我も多いので、お母さんはその度に子育ての大変さを思い知ることになってしまいます。

ただ、これも成長前であることが原因なので、風邪をひきながら免疫力もついてきますし、怪我をしながら注意することを覚えていくので、大事故や肺炎などを放置しないよう注意しながら乗り切っていきましょう。乳児から幼児期に入ってくれば、後は食事などに気を付けて沢山運動をさせ、強い身体にしていくことを心がければ大丈夫です。

男の子と女の子の成長の違いを考える

男の子の育児・子育ての中で理想の大人の男に育てるには?【男女の違い】

男の子の子育ての中でも最初の難関である乳幼児の基礎を作るところを今まで重点的にみてきましたが、ここからは男の子の理想的な子育てについて考えていきましょう。まず念頭に置いてほしいことがあります。それは女の子が大人になるための過程と男の子が大人になるための過程には大きな違いがあるということです。

男の子の成長には声変わりや急に背が伸びるといった変化はありますが、そういったことが精神的に影響を及ぼすことはありませんよね?女の子の場合は成長に伴った節目というものがあります。例えば最初の節目は女性特有の生理が始まることです。

大人になるための自覚と覚悟

男の子の育児・子育ての中で理想の大人の男に育てるには?【自覚と覚悟】

これは前触れもなく心構えもなく急にやってきて、家では赤飯を食べさせられ(現在は赤飯でお祝いは少ないかもしれません)、嫌でも女として自覚することになります。そして結婚して妊娠をすると、これまた心構えをする猶予もなく母親としての自覚と覚悟を持たなければなりません。

そしてピタっと生理が止まり更年期障害になりながらも現実を受け入れなければならなくなります。女の子が辿る道はそういった前触れもなく訪れるものを必然的に受け入れていくことで、精神的にも成長するきっかけとなるのです。

男の子の精神的成長のきっかけを作る

男の子の育児・子育ての中で理想の大人の男に育てるには?【成長のきっかけ】

男の子の場合、精神的に成長するきっかけとなるものが必然的にやってくることはありません。逆に言えば男の子が精神的に成長するためには、外からきっかけを作ることが必要になります。男の子は女の子より傷つきやすい部分があるので、少しずつ育児の中で成長を促していく必要があるのです。そして大人になる頃には女性が頼れる男になることが理想なのです。

幼児期~小学生になるまでの男の子

男の子の育児・子育ての中で理想の大人の男に育てるには?【幼児期】

幼児期は先ほどから述べていることを再度認識してください。そして幼児期の男の子にとって一番必要で傍にいなければいけない人はお母さんです。この時期はお母さんの愛情を受けて子供の自己肯定感を養うことが大切です。お母さんは出来る限りの愛情をもって子育てをするためにもいっぱい抱きしめてあげてください。それで甘えん坊になることはありません。

男の子の育児・子育ての中で理想の大人の男に育てる【お父さんの役割と注意点】

この時期のお父さんは、男の子と触れ合いながら積極的に遊んであげましょう。ボール遊びや身体を使った遊びなどで、お母さんと遊ぶよりも盛り上がるかもしれません。注意点として、活発に遊んで男の子が興奮した状態で遊びを終わらさず、少し本を読んだりして落ち着かせることが大切なようです。精神的にすぐ落ち着かせる訓練ですね。

また、お父さんの重要な役割がもう一つあります。それは、この時期の男の子にとって一番大切なお母さんを支えることです。イクメンという言葉がやたら流行って現在は定着していますが、これは奥さんを助けるという趣旨で使われないといけないのです。奥さんの話しを聞いてあげるだけでも精神的に癒されるはずなので、ぜひねぎらいの一言をかけてあげてください。

小学生~中学生の思春期までの男の子

男の子の育児・子育ての中で理想の大人の男に育てるには?【少年期】

さて、ここからはお父さんの存在が重要になっていきます。やはり異性のお母さんでは男をわかる上では限界があるのです。男の子も小学生に入ると、男として成長するために周りの男の人をよく見ることになります。もちろん学校の先生なども対象になるかもしれませんが、基本的に一番近いお父さんが対象となります。

この時期には積極的に男の子と遊ぶようにしましょう。お父さんの趣味である釣りやゴルフやアウトドア系に付き合わせてもいいかもしれません。またキャッチボールやサッカーを一緒にやったりもいいですね。お父さんが必要とされるのはこの時期だけなので、ここで男の子の欲求を無視するのは得策ではありません。

たまにうるさがって無視されるかもしれませんが、それでもめげずにできる限り話をしたり、男の子が最近興味を持っていることを一緒にやってみたりして、積極的に交流をもつことをおすすめします。

男の子の育児・子育ての中で理想の大人の男に育てる【お母さんの役割と注意点】

お母さんは常に見守る体制を整えておきましょう。お母さんが情緒不安定になると子供にも響きます。お母さんはドッシリと構えて、男の子が喧嘩したり悪さしたりした時はしっかり叱り毅然とした態度で臨みましょう。そして常に見守っていることを男の子に知ってもらうようにしましょう。

もしシングルマザーであるならば、叔父さんや友人、または小学校の先生や近所で男の子がお世話になっているコーチだったりお店の人であったり、大人の男のお手本になるような人に協力をしてもらいましょう。

夏休みの工作で高学年におすすめは?男の子・女の子向けのアイデア紹介 | MensModern[メンズモダン]

思春期から大人になるまでの男の子

男の子の育児・子育ての中で理想の大人の男に育てるには?【青年期】

この時期の男の子は家族から少し距離をおき始めます。親の言うこともそのまま素直に聞くことはしないでしょう。そんな時、親ではない信頼できる大人が傍にいることが一番大切なことです。思春期は社会に出ていくための通過点であり、ここでしっかりと自分と向き合っておかないと先に進めません。

いろんなことにモヤモヤする時期には、親以外で相談できる大人がいることはとても恵まれた状況と言えるでしょう。できるだけ信頼できる大人と出会えることを手助けし、その邪魔はしないようにするのが得策です。そしてこの時期の男の子はエネルギーが有り余っているので、その向け先が問題になります。

何か熱中できることを探せるようにサポートすることも大切なことですね。思春期は誰でも通るものですが、その時期の自分というのは大人になると忘れていってしまいます。思春期は誰にも触れてほしくない部分と一人ではないと思いたい部分が交錯している状態なので、そこに振り回されないように平然と構えていることが大事です。

男の子の育児・子育ての中で理想の大人の男に育てる【両親の役割と注意点】

今までと同じ愛情で見守ることが一番です。お父さんは定期的に「最近何が面白い?」など会話を求めていきましょう。無視されても定期的に話しかけましょう。お母さんは今までのままを貫きましょう。男の子の対応は昔と違い変化してくると思われますが、親のスタンスは変えずに叱る時は叱る、言いたいことは言いましょう。変に気を使わないよう注意してください。

女性にモテる男の子に育てるために必要なことは?

男の子の育児・子育ての中で理想の大人の男に育てるには?【モテる男】

モテる男は優しい人が多いですよね?お父さんがお母さんに対してレディファーストな接し方をすれば、自然に男の子もそういった仕草が見につくようです。また、お母さんが男の子に頼ってみたり褒めてみたりすると、調子に乗ってお母さんが喜ぶことをどんどんしてくれるようになります。それが女性に対してもマメになることに繋がるようなので試してみてはいかがでしょう?

男の子が自立した頼れるメンズになる日は近い!

男の子の子育ては大変ですが、いつでも見守ってしっかり支えていくことが肝心です。男の子の自立を促すためには男の子の成長を邪魔せず、親も子離れする必要があります。そして適度に距離を取りながらもいつでも愛情を示すことができれば、きっと自立した頼れる大人の男になってくれるはずです。期待して楽しみながら子育てしましょう!

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ