彼女との連絡頻度、理想的な回数を考える。男女で温度差はある?

カップルになると男女の考えの違いにいろいろ悩むはず。そんな中で彼女との連絡頻度がどれくらいが良いのか悩みますよね。彼女との理想の連絡頻度の回数はどれくらいなのか、どんな話題が良いのか、そんなカップルにおける連絡頻度の悩みについて考えてみました。

目次

  1. 彼女への連絡頻度ってどれぐらいがベストなの?
  2. 彼女に正直にどれくらいの連絡頻度が良いか聞いてみる?
  3. 連絡頻度が高すぎて彼女との話題が見つからない
  4. 彼女の体調に合わせて連絡頻度を変える必要も
  5. 彼女への連絡頻度が頻繁すぎて重い彼氏にならないようにしよう
  6. 彼女への連絡頻度は相手への思いやりを形にしたもの

彼女への連絡頻度ってどれぐらいがベストなの?

カップルに無事なれたあとに待っているのは、彼女との連絡頻度をどうするべきかという悩みです。付き合うまでの関係とは違って、お互いが好き同士になれたあとなので、そんなに深く考えなくてもいいのでは?と思う人も多いかもしれません。

しかし、カップルになったからこそどんな話題を選ぶべきか、また理想の連絡頻度はどれくらいなのかが気になるものですよね。そういう連絡の頻度に対する男女の考えの違いも気になるところです。実際に彼女って連絡頻度がどれくらいが嬉しいのでしょうか。

彼女に正直にどれくらいの連絡頻度が良いか聞いてみる?

まず一番簡単な男女の考えの違いを埋める方法は、正直に彼女に「どれくらいの連絡頻度が嬉しい?」と正直に聞き出してみるのがいいかもしれません。「あんまり連絡頻度が高いのも迷惑かなって思って」とか相手の気持ちに配慮した上での質問だと伝えてあげるのがいいですね。

男女によって連絡頻度の理想の回数って結構違ってくるものです。以外に彼氏のほうが連絡頻度がマメで、彼女のほうが連絡頻度は少なかったりなんてこともあります。というのも、彼女のほうが連絡頻度の回数が少ないというより、受け身のタイプだったりするんですよね。「なんで、連絡くれないの!?」とかそんなことを思って待っているほうが多かったりする場合もあります。

どちらかというと彼女の方は、自分の都合に合わせて連絡を返してくる場合が多いようです。つまり彼氏側は、あまり相手の予定を深く考えて連絡頻度を検討するよりも、積極的に連絡するくらいがいいのかもしれませんね。「あまり自分から連絡するほうじゃないから」そんな彼女の性格に配慮してあげてもいいと思います。

連絡頻度が高すぎて彼女との話題が見つからない

彼女との楽しい連絡は毎回続くわけではありません。彼女も自分も時にはなんとなく気が乗らないこともあります。彼女からの返信がなんとなく元気がない、つまらなさそうなど、受ける印象は様々ありますよね。少しでも彼女と楽しい話題を展開したいものですが、なかなか大変です。

連絡頻度が多くなると、次に出てくる問題は話題です。相手とどんな話題で話せばいいのかわからない。そんな悩みってありますよね。しかし、そのあたりは相性の問題も深く関わってきます。一番理想な彼女との関係は「何も考えなくても自然と話題が出てくる」というもの。いまアイス食べて美味しかったから相手に連絡しようとか、ここ彼女が好きそうだな、次のデートの場所に相談してみようとか、自然と話題が出てくるものです。

どんな話題をしよう…、と悩んでいるうちはまだまだ理想のカップル関係になれていないかもしれませんね。やはり話題を作るには共通の趣味や嗜好があるのが一番ですね。音楽の話題や食べ物の話題、バイトや仕事の話でも楽しくできるなら話題にはいいと思います。

彼女の体調に合わせて連絡頻度を変える必要も

連絡頻度が一定であればいいと言うものでもないかもしれません。彼女が体調が悪いときに連絡頻度が多いほうがいいのか、少ないほうがいいのか、そのあたりは彼女の性格に合わせてあげるのがベストです。しんどいときは放っておいてほしいのか、それとも気を紛らわせるためになんか話題が欲しい、そんな彼女の気持ちをくんであげるといいでしょう。

自分がされて嬉しいことを彼女にしてあげる。おせっかいかもしれませんが、それぐらいの気持ちがいいかもしれません。彼女がどうされると嬉しいかより、自分されたら嬉しいこと、そんなことを考えながら彼女との連絡頻度を考えてあげると良いかもしれません。

彼女への連絡頻度が頻繁すぎて重い彼氏にならないようにしよう

彼氏に気にかけてもらっていやな彼女はいないと思います。しかし、連絡頻度を見誤ると重い彼氏になってしまうのも事実です。恋は駆け引き、時には打算的になるのも悪くないかもしれません。わざと連絡頻度を減らして見ると、いつもと違って彼女に自分の大切さを再認識してもらえることだってありますよ。でも、浮気してるなんて勘違いされてしまったりするかもしれません…。

カップルの関係で大事なのは、惚れられた側なのか惚れた側なのかです。惚れられた側なら堂々と連絡頻度は気ままでいいかもしれません。逆に惚れた側なら、やはり彼女への気持ちは常々アピールするのも大事だといえますね。「わたしに冷めたの?」彼女がそんな気持ちにならないような連絡頻度にしたいものです。

連絡頻度が急に変わると彼女が心配する理由になります。ときにはいい効果もありますが、あまり好きな相手を不安にはさせたくないですよね。たとえ「おはよう」「おやすみ」の二言程度でも毎日交わしたい彼女もいれば、2、3日に連絡があればいいとか、休みの日にゆっくりと連絡を取りたいというタイプもいます。

彼女への連絡頻度は相手への思いやりを形にしたもの

結局のところ、彼女への連絡頻度の回数は自分の思いやりを形にしたものです。自然と話題を思いつけば連絡をしてもいいですし、無理に話題もないのに連絡をしてもつまらない男だと思われてしまうのです。逆に彼女から連絡頻度に変化があったら、自分との距離感に何らかの変化が起きる可能性があります。それが良い変化か、悪い変化かは普段からのあなたの行動次第ですよ!

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ