Macでカタカナ変換を行うにあたっては、Windowでの変換と勝手が違います。これは操作方法の違い、またキーボードの違いも影響しているもの。そのカタカナ変換をMacでより簡単にするショートカットキーなど、便利な機能についてご紹介します!

Macでカタカナ変換を簡単に行う方法!便利なショートカットキーはある?

目次

  1. 入力に関する手間
  2. Macでカタカナ変換する面倒
  3. そもそもMacでカタカナ変換する方法は?
  4. 簡単にMacでカタカナ変換したい
  5. カタカナ変換を効率的にするMacのショートカットキー
  6. 便利にカタカナ変換するMacの裏技
  7. なぜ?Macでカタカナ変換されないときのチェック
  8. 一発カタカナ変換されないMacとWindowsの違い
  9. 環境設定でMacにカタカナ変換させる
  10. ひと手間を惜しまない

入力に関する手間

Macで日本語の入力をする場合、ひらがなを打って漢字へ変換するほかカタカナに変換する場面も。Macで文字入力を行うにあたり、カタカナ変換は意外に多く実行しなければならないものです。普段からそれほど意識することではありませんが、あえて変換した回数をカウントしてみれば相応の数になることが見込まれます。

とは言っても、Macでカタカナ変換をしなければならないケースで毎回ひらがなとカタカナの入力モードを切り替えていては手間。作業する上での効率も良くありませんから、簡単に文字をカタカナ変換することのできるファンクションキーの設定や便利なショートカットなどについて覚えておきたいところです。

同じ文字入力でも、効率的に行うことで作業のリズムというものが生まれます。ショートカットキーを使う方法でMacのカタカナ変換を簡単にするからといって、決して手抜きの方法ではありません。

Macの日本語入力に切り替える方法は?設定の仕方や小技など調査 | MensModern[メンズモダン]

Macでカタカナ変換する面倒

Macでカタカナ変換することに関しては、簡単でなく面倒であるという声が少なからず聞かれています。それも特にずっとWindowsを使ってきたユーザーがはじめてMacを用いるようなケースにおいて顕著であり、スムーズにカタカナ変換がなじまない場合も少なくありません。

Windowsについてはキーボードのファンクションキーである「F7」、「F8」を押せば入力された文字が全角や半角のカタカナへと変換されます。ところがMac用のキーボードですと、同じキーを押すと動画や音楽が再生されるなどの違いが。つまりWindowsのように、ファンクションキーで文字のカタカナ変換をすることはできません。

WindowsとMacとで操作の方法が異なることによって、Macのカタカナ変換が便利ではないという印象へつながっているのです。大前提として、Macで文字をカタカナ変換する方法はWindowsと違うというところがスタート地点となります。

そもそもMacでカタカナ変換する方法は?

Macで文字を入力していてカタカナ変換しようとしても、Windowsのように簡単な方法とはなりません。Macのキーボードでファンクションキーを押しても、変換はなされないのです。

それではどのようにしてカタカナ変換をするかと言うと、最初は普通にひらがなで入力してから「Return」キーを押します。Windowでは「Enter」キーで確定させてしまった場合、もうカタカナ変換をすることはできません。ですがMacですと「control」キーと「K」、あるいは「Option」キーと「X」を何度か押しているとカタカナ変換されます。

方法としてはそのほか、「Shift」キーを押しながら文字入力する手段も。これは変換されるわけではなく、そもそもカタカナが入力されていくことになります。ただどちらにしても便利な方法と言うことができるだけの楽さはなく、もっと簡単に変換を行いたいところです。

Macでバックスラッシュの入力は?¥マークと使い分ける方法まとめ | MensModern[メンズモダン]

簡単にMacでカタカナ変換したい

文字を入力するにあたり、カタカナを用いる場面は必ずあるでしょう。そこでカタカナ変換をするために時間を要していては、効率的な作業となりません。

とは言っても、非効率的だからMacを使わないというわけにいきません。ですからできれば、Macで簡単にカタカナ変換をする便利で簡単な方法があってほしいところ。「control」キーと「K」よりも簡単にカタカナ変換する方法を求めるユーザーは、少なくありません。

特にやはりWindowsのカタカナ変換について知っていれば、同様の労力でMacでもカタカナ変換をしたいというわけです。そこで効果的な方法は、ショートカットを用いる方法でしょう。それもできればキーひとつで簡単にカタカナ変換をすることができるとなれば、もっとも便利で理想的です。

カタカナ変換を効率的にするMacのショートカットキー

カタカナ変換を効率的にすることができるMacのショートカットキーについては、やはり「control」キーを使う方法が最善の選択肢でしょう。「control」キーと「K」を一緒に打つこと自体がわずらわしいというユーザーもいますが、キーボードの配列からするとそこまで負担にはならないはずです。

「K」はホームポジションを取ったとき、右手の中指を置く位置。ですから、その都度打つ場所を探すという必要がありません。この方法が身についていないと、文字を打つことにも時間のロスが生じるのです。

入力中にはカタカナの全角に半角、ローマ字の全角に半角というようにさまざまな文字を切り替える必要も。その切り替えを簡単にするものが、「control」キーであるのです。

Macの使い方まとめ!基本的な操作や初期設定・便利な小技など紹介 | MensModern[メンズモダン]

便利にカタカナ変換するMacの裏技

より便利にMacでカタカナ変換をすることのできる「裏技」が、ファンクションキーを使ったショートカットキーの設定です。「システム環境設定」において「キーボード」のメニューには「F1、F2などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用」という項目があります。

そこにチェックを入れると、MacでもWindowsと同様に「F7」キーを押せばカタカナ変換をすることができるようになるのです。なお「F8」では半角のカタカナ入力、「F9」では全角英数字で「F10」が半角の英数字となります。

カタカナに加えて英数字関係のショートカットも頭へ入れておけば変換全般の効率が大きく向上することに。Windowsを使ってきてはじめてMacにしてみたという場合には、作業効率を引き上げるためにも最初に設定しておくと良いでしょう。

なぜ?Macでカタカナ変換されないときのチェック

入力の切り替えに関する手順は踏んでいるものの、どういうわけかMacでうまくカタカナ変換することができないというケースはあります。キーボードの「英数」キーや「かな」キーを押してもカタカナ入力に切り替わらないということであれば、画面に表示されている言語バーから「あ」のひらがなを選択して切り替わるかどうかを試してみましょう。

基本的に入力ソースとして日本語が表示されているはずですから、反応がない場合には明らかに問題があります。アクティブモニタアプリを立ち上げた際には、日本語入力を選択するだけであとは画面を消してしまっても問題ありません。

反応が正当なものになったかどうかについては、実際にいったん操作を加えてみなければわからないところもあります。テキストエディタで文字入力してみるなど、チェックする方法はあります。

Macの初期設定まとめ!初心者必見の項目やおすすめアプリなど紹介 | MensModern[メンズモダン]

一発カタカナ変換されないMacとWindowsの違い

Macのファンクションキーに関しては、音量の調節やiTunesのコントロールなどといったように明らかにWindowsとは異なった機能が割り当てられているところが。こういった傾向は元々、Macがデザインなどのクリエイティブな作業に多く使われてきていたことも関係しているのかもしれません。

とは言っても、WindowsのようにF7キーひとつで瞬時にカタカナ変換をすることができないとストレスにもなってしまいます。そもそも文字入力よりも重きを置くべきポイントが他にあるということから、そこでWindowsとの違いが生じるのです。

あくまでもデフォルトでのカタカナ変換に関する設定が、「control」キーと「K」の組み合わせであること。Macでは環境設定を変更することもできますから一発カタカナ変換されないからと言って悲観する必要はありません。

環境設定でMacにカタカナ変換させる

標準的な設定ではMacでカタカナ変換をすることができない以上、それを可能とするためには環境設定によって土台を整えなければなりません。環境設定はそれほど複雑な作業ではありませんから、Macでカタカナ変換を可能とする道のりはそこまで難しいものではありません。

あとはファンクションキーひとつでの操作か、「control」キーと「K」キーのふたつを使った操作かという選択です。キーボードの配置として、ファンクションキーは普通の文字入力を行うキーから離れた上部にあります。

ワンタッチで変換することができる点は楽で便利ですが、離れた場所にあるキーを押すことでタイピングの流れが寸断されることにもなり得るわけです。実際の操作はちょっとした違いでしかないのですが、個人個人が使用感に応じて選択するということになります。

Macのショートカット一覧!初心者が覚えておくべき基本キーは? | MensModern[メンズモダン]

ひと手間を惜しまない

文字入力ひとつをとっても、Macで作業を行うにあたってはそれが少しでも効率的なものになってほしいところです。カタカナ変換にしても、より少ない手順で行うことができればそれに越したことはありません。

できないものをできるようにすることは難しそうですが、イメージの先入観から敬遠することも良くないでしょう。Macのカタカナ変換には環境設定が必要とされるのですが、やってみればそれほど複雑な設定でもありません。ちょっとしたひと手間を惜しまないことによって、快適な作業環境を手にすることができるのです。

文字入力に関して言えば英数字への変換など、カタカナ変換以外にも知っておいて損のない設定がいろいろとあります。さまざまな工夫でより良いMac環境を構築し、便利に活用したいものです。


評価 3.6/ 5(合計15人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ