ベビーカー選びの悩みを解消できるジープベビーカーB型スポーツスタンダードの詳しい情報や口コミ、ジープの使用感からわかるメリット・デメリットを厳選してお伝えします。メジャーなベビーカーとの比較ありで、ライフスタイルにあったベビーカー選びができます。

ジープベビーカーB型スポーツスタンダードの使用感は?口コミもチェック!

目次

  1. ジープベビーカーB型スポーツスタンダードの基本スペック
  2. どんな人におすすめ?2017ジープベビーカーB型の特徴
  3. 2017ジープベビーカーB型の使用感がわかる口コミ
  4. 2017ジープベビーカーA・B型の違い
  5. 2017ジープベビーカーと日本製ベビーカーの違い
  6. ジープベビーカーの折りたたみ性能は?
  7. ジープベビーカーの日よけと熱中症対策
  8. ベビーカー利用で困るシーンとは?
  9. ベビーカーに便利な取り付けアイテム
  10. 使用タイミングと場所で選ぶならジープベビーカーB型スポーツスタンダード

ジープベビーカーB型スポーツスタンダードの基本スペック

2017ジープ(jeep)ベビーカーB型スポーツスタンダードの利用期間目安は、7カ月から3歳ぐらい(15kg)までと他のベビーカーに比べても期間が長く、その格好いいフォルムと安定感からショッピングサイトでも、とてもよい評価が目につきます。

本体サイズでは、使用時奥行85.5cm 幅45cm 高さ95.5cmと他のベビーカーに比べてジープのベビーカーは幅に大きな違いを感じられるかと思います。ベビーカーによっては+10cm幅をとっているものもありますので、赤ちゃんの体格、改札などの狭い場所を利用するか否かの判断が必要になるでしょう。

折りたたみ時のサイズは、奥行30cm 幅23cm 高さ107cmです。ここでは保管時のサイズとしてとてもコンパクトになることと、車へ乗せることができるかの確認ができます。初めてベビーカーを購入する際、それらの知識がないと後から後悔することに・・・そんなことがない、2017年ベビーカー選びのポイントが分かる情報をまとめてお伝えします。

マクラーレンのベビーカーの特徴と人気おすすめモデルまとめ! | MensModern[メンズモダン]

どんな人におすすめ?2017ジープベビーカーB型の特徴

男性でも押したくなるスタイリッシュなフォルムで、沢山ベビーカーが並ぶようなエリアでは見分けやすさもありそうです。なによりもジープ(jeep)ベビーカーB型はタイヤが大きく、ベビーカーを押すと良く感じる突っかかりや段差をよけるため前輪を持ち上げるといった動きが、他のベビーカーより少なく済みます。

未舗装や踏切を通る必要がある場合、ストレスもなく赤ちゃんへ与える振動も極力抑えられます。また、先にもお伝えしたジープベビーカー使用時の幅サイズから、狭い歩道や道でも安心感が得られるでしょう。ジープベビーカーは、本体の作りからもとても丈夫にできていることが感じられます。

他のベビーカーに比べて安いので、壊れやすいのではと思うかもしれませんが、逆に二人目三人目の赤ちゃんにも使えそうな安定感があります。デメリットについては、後に詳しくお伝えしていきます。

2017ジープベビーカーB型の使用感がわかる口コミ

特に抱っこもきつくなる大きさの子供に使用するには、口コミでもとても高い評価がされているジープ(jeep)ベビーカーです。幅が他に比べて狭くはありますが、重い子供を乗せていながらその操作のしやすさはストレスフリーです。

デメリットとして口コミで多く言われているのは、座る位置の低さです。夏場は特にベビーカーに乗る赤ちゃんの高さと大人が感じる温度には差があるので、日よけをした場合でも高温になってしまわないよう気をつけましょう。また折りたたみにコツが必要ですが、慣れれば問題はなさそうです。

口コミで見られる他のデメリットとしては、シートがフラットにならないため赤ちゃんを長時間乗せるには不向き。バギーとしては重さがある方ですが、この重さをデメリットとして口コミしている方が少ないのが印象的です。

2017ジープベビーカーA・B型の違い

こちらでは先にお伝えした2017ジープ(jeep)ベビーカーB型の口コミや特徴から、使い勝手の良さは知っていただけたかと思います。ただし、他社メーカーにもあるA・B型の違いがわかると、ジープベビーカーB型が相応しいかどうかわかりやすいでしょう。

ジープA型との大きな違いは、『ベビーカーの安全性の基準』を見るとわかりやすいかと思います。適応年齢の違いやリクライニング機能の有無程度です。生まれてすぐにベビーカーを利用する場面が多いのであれば、A型は使用することができますがB型は適応年齢に達するまで使用できません。

最近では赤ちゃんを抱っこする為のスリング(抱っこひも)が非常に優秀で、これらを使用する予定があり抱っこするのに支障がなければ、生まれてすぐから数ヶ月間、スリングをメインで使われる方も増えています。そんな抱っこがきつくなってからでも、2017ジープ(jeep)ベビーカーB型は長く使えるメリットがあります。

2017ジープベビーカーと日本製ベビーカーの違い

先にお伝えしたA・B型の利点から、ジープ(jeep)ベビーカーB型スポーツスタンダードのことがより一層ご理解いただけたかと思います。このジープベビーカーB型と、同型の日本製ベビーカーの違いも併せてお伝えします。

ジープベビーカーB型とアップリカB型を比較した場合、価格の安さは断然ジープベビーカーです。またタイヤの大きさから使用時のスムーズ感は全然違います。ちょっとした高低差で前輪を上げることも少なく、振動に対する強さがメリットです。

逆に、アップリカのB型はジープベビーカーに比べて2kgも軽く、折りたたみの手軽さが秀でています。シートにも高さがあり収納スペースも多い分、ジープベビーカーよりも割高になっています。またベビーカーは長時間赤ちゃんを乗せておくことはできないので、それらも考慮しましょう。

ジープベビーカーの折りたたみ性能は?

ジープ(jeep)ベビーカーの重量は5kgあり、同じB型の他社メーカーの物より若干重いです。また、折り畳みは慣れるまでやりずらい、わかりにくいといった口コミもあり、片手で楽々を求めているのであれば日本製のベビーカーが優秀だったりします。

ただし、折りたたみ後自立するのは勿論、場所を取らないコンパクトさは大きな魅力です。車に乗せることができるようであればこのコンパクトさは実際に使ってみて実感できるでしょう。

折りたたみ後日よけ部分にタイヤが触れてしまうので、タイヤに袋をかぶせて汚れを使ないように工夫している方もいます。日よけ部分では防げない熱射病対策も後ほど「ジープベビーカーの日よけと熱中症対策」で詳しくお伝えします。

ジープベビーカーの日よけと熱中症対策

先にお伝えした通りジープ(jeep)ベビーカーは、夏場の利用には行く分不安な要素が多くあります。日よけがあってもシートの低さから予想以上の温度になってしまうことも。大きめな日よけが別途売られているので、メーカー問わず使える日よけを付け足すのもいいでしょう。

またジープベビーカーのシート背もたれ部分はメッシュでできていないため、暑さで汗をかいてしまうと汗疹もできやすいでしょう。冷感素材を使った枕やキルトパットなどをシートに敷いてあげたり、ベビーカー専用の保冷シートを活用します。

特にジープベビーカーのシート位置は低い事もあり、シート裏面に照り返し防止シートを取り付ける方法もあります。大人と比べて低い位置にあるベビーカーは、温度が高い事を忘れないようにしましょう。

ユニクロのベビー用パジャマがおすすめ!ドライからキルト素材まで | MensModern[メンズモダン]

ベビーカー利用で困るシーンとは?

赤ちゃんがいると、手荷物は随分と多くなります。更に移動方法によっては、その大きな手荷物とベビーカーを折りたたまなければならないシーンもあるかと思います。

改札を利用する際は、広い窓口通路を通らねばならなかったり、ベビーカーを担いで階段利用することもあるでしょう。そのため両手がふさがってしまわない為の工夫も必要です。

ベビーカーについてくる肩掛けストラップなどの付属品を無くしてしまうと、これらの利用シーンで困ることに。ジープベビーカーB型には収納スペースが少ないので、その点にも注意が必要です。

ベビーカーに便利な取り付けアイテム

熱中対策で使える冷感アイテムのほかに、取っ手部分に取り付けできるフックやドリンクホルダーなど、100円均一でも入手できるベビーカーアイテムは多くあります。

どのような形のベビーカーでも取り付けができるステップは、3歳ぐらいまでの子供が一人以上いる時には大変重宝します。ベビーカーを押したままもう一人をそばで見守ることができます。

このステップは、階段や段差では振動が大きく伝わるので注意も必要です。合わないと外れてしまうこともあるようなので、予めステップ(バギーボード)の対応表を確認しておきましょう。

男の子の育児は大変?子育ての中で大切なこと・注意点などまとめ | MensModern[メンズモダン]

使用タイミングと場所で選ぶならジープベビーカーB型スポーツスタンダード

ジープ(jeep)ベビーカーであれば、砂利道や歩道、歩道の段差など他メーカーでつっかえるような場所はスムーズで、ベビーカーの幅が狭いのでどんな場所でも使いやすいかと思います。

自宅から徒歩での移動や電車を利用するさいにも、操作性に関してはとても評判がいいです。一方、子供がある程度の年ごろになるとベビーカーA型では不便を感じてくるために、バギーに買い替える方も目立ちます。

フラットなリクライニング期間は、赤ちゃんのうちほんのわずかな期間なので、振動が少なく操作しやすい。長く使えるジープのベビーカー型は低価格でいてかなり高性能ですね。調査の結果から考えても間違いの無い一台と断言して良いでしょう。


評価 4.4/ 5(合計14人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ