プジョーの5008新型の発売日は?燃費やSUV価格情報まとめ!

ついにプジョーの新型5008が日本でも発売を開始することになりました!今回はそんなプジョーの5008の日本発売に向けての魅力とその内容、燃費はどうなのか価格についてなど、ありとあらゆる新型プジョー5008の情報をお届けしていきます。プジョーファンは必見です。

目次

  1. プジョー5008が日本発売決定!
  2. パリモーターショーでプジョー新型5008公開!
  3. プジョー5008とはどんな車なの?
  4. 新型プジョー5008のエクステリア
  5. 新型プジョー5008のインテリア
  6. 新型プジョー5008のラゲッジスペース
  7. 新型プジョー5008の価格とは
  8. 新型プジョー5008に期待が高まる!
  9. 新型プジョー5008はアクティブライフに最適!
  10. プジョーの5008新型の発売日や特徴まとめ!

プジョー5008が日本発売決定!

みなさんはプジョー5008をご存知ですか?プジョー5008は7人乗りのSUVになります。そして今回はプジョー・シトロエン・ジャポン株式会社がプジョー新型「5008」を日本で発売することを発表致しました。その最新情報を元に新型の発売日や燃費はどうなの?

そして価格やSUVとしてのスペックはどのようになっているのか、そしてエクステリアからインテリアまで詳しくお届けしていきます。SUV好きの方で今後プジョーの車に興味がある方、もしくはプジョー車をお好きな方はぜひとも参考にして下さい。プジョー新型5008の最新情報に迫ります。

アクティブな暮らし好きな方や車で趣味を制限したくない方もぜひ参考にしてみて下さい。きっとあなたのアクティブライフをサポートしてくれるはずです。

パリモーターショーでプジョー新型5008公開!

プジョーの5008は10月のパリモーターショーで初公開されました。新型プジョーの5008は次世代モジュラープラットフォーム「EMP2」を取り入れており、Cセグメントの7人乗りのSUVとして新たなる歴史の1ページを切り開きました。

ちなみにですが、次章で詳しくご説明致しますが、新型プジョーの5008はSUVの仕様になっておりますが、実はその前のモデルでは5008はミニバンとして販売をされておりました。ミドルサイズのミニバンだったのです。家族で旅行や、遠出をする際には非常に重宝しました。ですが今回発表されました新型プジョー5008はSUV仕様という事でなぜ路線を変更したのでしょうか。

ここではミニバンからSUVに路線を変えた理由も見ていきます。まずその理由の一つとしては昨今のSUVブームが長らく続いていることがあげられます。日本においては大変メジャーなミニバンですが、実は諸外国ではミニバンという車のジャンルはあまり一般的ではありません。

というのも、ミニバンそのものの概念があまり浸透していないのです。ですので日本と違いファミリーカーと言えば、ミニバンではなくSUVなのです。このようにミニバンという意識の違いもありプジョー新型5008ではSUV路線へ大胆にシフトチェンジをした可能性もあります。つまり新型プジョー5008は生まれ変わった車とも言えそうです。

SUV外車で人気おすすめ車種まとめ!かっこいいオシャレな輸入車は? | MensModern[メンズモダン]
マセラティ初のSUV新型レヴェンテとディーゼルを評価!性能最新情報 | MensModern[メンズモダン]

プジョー5008とはどんな車なの?

ここでは、そもそもプジョー5008はどんな車なのかを、これまでの歴史を踏まえてご紹介しておきます。前章でもお伝えした通り、プジョーの5008は前モデルではミニバンとして販売をされておりました。その歴史についてはプジョーが5008を発売したのが2009年になります。そして遅れること、3年が経過をした2013年に日本では発売をされました。

この時の5008の日本での評価は、7人乗りのミドルクラスのミニバンとして広い室内空間に3列シートを持つ実用性の高いモデルとして人気が出たのです。日本では元々ミニバンがとても人気でしたから、そこにこの5008を投入することで、ファミリー層の支持を少しずつ集めた結果になります。

また海外製のミニバンとしてはボディサイズもコンパクトであり、日本の道路事情にも適合できたことも売れ行きの要因の一つでしょう。また今回の新型のプジョー5008がSUVへ路線を変更してきた要因については予測の段階ではありますが、日本を含めて世界的にみるSUVブームがあるとされております。

ちなみに、日本の道路事情にも適合すると述べましたが、現行型のプジョー5008のボディサイズは全長で4,530mm、全幅で1,840mm、全高で1,645mmになっております。確かにそこまで大きいとは言えないサイズになります。

新型プジョー5008のエクステリア

ではここでは新型プジョーの5008のエクステリアデザインを詳しく見ていきます。まず一言で言えるのは、現行型のプジョー5008とはまるで異なるデザインという事になります。フロントフェイスのキリッとしたヘッドライトをみればおわかりになる通り最新のプジョーのエクステリアデザインを採用しております。

また全体的にがっしりしたボディ形状は、一目でこの車がSUVとしての存在感を放っていることが伺い知れます。また、ただ全体ががっしりとしているわけではなく、都会にもぴったりとマッチするスポーティさも表現されております。

またプラットフォームにはプジョーの次世代プラットフォームである「EMP2」が採用されており、高いボディ剛性を確保しながらも、現行型よりも95kgも軽いという抜群のボディに仕上がっております。ではボディサイズの詳細は次の通りになります。全長が4,640mm、全幅が1,844mm、全高が1,646mm、ホイールベースが2,840mmになっております。

現行型と比較すると全長が110mmも大きくなっております。幅と高さについては現行型とほぼ変わりはありませんので、日本の道路事情でも適用できるでしょう。7人乗りのSUVですので、旅行等の遠出や、海や川へ行くにもすごく重宝しますので、現行型よりも車で行ける場所の幅が広がります。

ベントレーSUV新車ベンテイガが最強!価格や内装を調査! | MensModern[メンズモダン]
レクサスのSUVの価格や性能一覧比較!NXとRX、LCの違いとは? | MensModern[メンズモダン]

新型プジョー5008のインテリア

続いては新型プジョー5008のインテリアデザインを見ていきます。まずインパネ周りはとても先進的で豪華な高級車のような作りになっております。具体的にお話しすると、プジョーの最新の「i-Cockpit」を導入し、小径のステアリングで起動力を発揮し、かつ大型の12.3インチのディスプレイにより直感的に操作することもできます。

タッチスクリーンを搭載して、まるでスマートフォンのような感覚で操作を楽しむことができます。ただ近未来的なだけでなく、人間工学に基づいて設計されたシートも採用もしており長時間座っていても疲れにくいシート設計になっております。また、2列目と3列目のシートを倒せばフルフラットにすることもできて、一人車中泊もできる室内空間を誇ります。

そして助手席を倒してしまえばなんと最長で3,200mmのラゲッジスペースが存在しております。その他にもこまかいところにプジョー新型5008はこだわりがあり、車内の雰囲気を演出するイルミネーションや、空気清浄機能、マッサージ付きのシートまで存在する車になっており、フランス車らしい豪華な内装を実現しておりました。

一言で言い表すなら豪華な部屋で品質の良いソファに座っているかのようです。プジョー新型5008の魅力の一つですね。

新型プジョー5008のラゲッジスペース

新型プジョーの5008をご紹介する上で欠かせないのがこの進化した「ラゲッジスペース」ではないでしょうか。新型プジョー5008のラゲッジスペースの最大の特徴は、3列シートを折りたたまない状態での容量でもなんと640Lもあるのです。この大容量ですので、降りたたみ自転車やゴルフバックなどを楽々積むことができます。

そしてシートを倒した状態であればなんと最大で2,150Lまでその容量を確保することができるというから素晴らしいラゲッジスペースです。その結果、サーフボードのような長尺物もラゲッジスペースに収めることができるのです。

アクティブに、海や川、アウトドアに必要なものをガシガシ積み込んでしまいましょう。あなたのアクティブライフを強力にサポートしてくれる一台になること間違いなしです。

新型プジョー5008の価格とは

続いては新型プジョー5008の価格についてご紹介していきます。新型プジョー5008の価格は、現地の価格で27,000ユーロになると予想されており、そうなると日本円の価格で想定しますと約305万円となりますが、現行型の価格が330万円からになっておりますので、新型プジョーの5008の価格は305万円では発売はされないと予想されます。

とはいえ、そこまで前モデルよりも大幅に価格が上昇することはないと思われております。いずれにしましても、今後の新型プジョー5008の最新情報を楽しみに待ちたいところです。

新型プジョー5008に期待が高まる!

新型プジョーの5008は全てを一新し、最新装備も満載になります。ただし日本での発売日については、詳細は名言はされておりません。ですが現在のところでは概ね秋頃の発売日を予定しているということですから、もう少し時期が経過すれば自然と新型プジョー5008の発売日の最新情報も入ってくるでしょう。

とにかく、デザインも非常に洗練されたSUVですし、そして内装も非常に進化した5008は、多くのファンを魅了すること間違いないでしょう。発売日まで待てないファンも多いですが、もう少しの辛抱です。

新型プジョー5008はアクティブライフに最適!

新型プジョーの5008は秋頃の日本市場への発売日を迎える予定ですが、どんな方におすすめできるかと言うと、やはりSUVという車のジャンルが好きな方でよりアクティブに行動をしたい方や、日本車のSUVの乗り味やデザインに飽きてしまっている方には特にぴったりではないでしょうか。

というのも、フランス車ならではの乗り味を味わうこともできますし、日本車にはない内装の豪華さも体感できるでしょう。ぜひSUV好きの方にはおすすめできます。また、肝心の新型プジョーの5008の燃費ですが、現在のところ最新モデルの燃費については発表はされておりません。

ですので、ここでは現行型の燃費を参考にしてみましょう。現行型のプジョー5008の燃費は、JC08モードの燃費で11.7km/lになっております。このことを踏まえると新型のプジョー5008は、この燃費よりは高い数値を叩きだすかもしれません。引き続き燃費についてもプジョーの公式発表を待ちましょう。

プジョーの5008新型の発売日や特徴まとめ!

新型プジョーの5008はより多くの魅力を持っている車になります。これまで家族がいるからミニバンにしていた方も、この新型プジョー5008なら室内空間も広いですし、きっとミニバンからの乗り換えでも満足できるレベルではないでしょうか。

また家族がいても、アウトドアや海や川と場所を選ばずに出かけられるのも良いですね。ぜひみなさんも、今後のプジョーの発表に期待をして待ってみましょう。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ