ニューバランスは情報誌では必ず取り上げられているブランドですが種類が色々ありどれが定番なのか迷ってしまいます。スニーカーを買うなら1足は定番モデルを選んでおきたいですよね。ここではニューバランスの種類別の定番モデルを紹介していきます。

ニューバランスの定番って?種類はどれくらいある?メンズモデルまとめ

目次

  1. ニューバランスとは
  2. ニューバランスのスニーカーの特徴
  3. メンズモデル種類別の特徴
  4. 型番の見方
  5. エントリーモデルとして人気の300番台の定番
  6. スポーティな400番台の定番スニーカー
  7. 足をしっかり保護する500番台には2つの定番
  8. 最も注目されている900番台の定番
  9. フラグシップモデルの1000番台、2000番台
  10. ニューバランスの種類と定番のまとめ

ニューバランスとは

ニューバランスは扁平足を治す矯正靴や中敷きの製造メーカーとして1906年にアメリカのボストンで設立されました。ニューバランスという社名には新しいバランス感覚をもたらせたいという意味があります。

ニューバランスは2015年にサッカー用品市場に参入しイングランドプレミアリーグのリヴァプールFCや日本Jリーグのサガン鳥栖やモンテディオ山形などとサプライヤー契約を行っています。

スニーカーをペア(お揃い)で楽しもう!カップルに人気の商品まとめ | MensModern[メンズモダン]

ニューバランスのスニーカーの特徴

ニューバランスのスニーカーは種類がとても多くアルファベットと番号の組み合わせで型番が表示されている特徴があります。スニーカーのコンセプトは軽量、クッション性、安定性、グリップ力、耐久性、保護性、履き心地などの種類に分かれていてその中でさらに細かく種類分けがされています。まずはニューバランスのメンズモデルの品番別の特徴を紹介します。

ニューバランスはアメリカやヨーロッパでの製造にこだわりを持ち中国や東南アジア等の人件費の安いに地域に製造の拠点を移している他のシューズメーカーよりも高価になる傾向があります。またニューバランスのマークであるNをあしらったデザインが特徴です。

ニューバランスのコーデ術!【メンズ】おしゃれな春夏の着こなし | MensModern[メンズモダン]

メンズモデル種類別の特徴

種類別特徴・型番300番台

ニューバランスは製造の拠点がアメリカやヨーロッパにありスニーカーのロールスロイスと呼ばれたモデルもあるほど高級なスニーカーのイメージがありますが300番台はお手頃価格の定番エントリーモデルとなっています。コーディネイトの種類によってスニーカーを履き分けたいメンズなら300番台のスニーカーを取り入れるのもおすすめです。

ニューバランスでお手軽価格の300番ですがソールやアッパーの素材に大量生産という面で価格が変わってくるので20000円を超えるニューバランスの種類と比べ履き心地に違いを感じます。

種類別特徴・型番400番台

400番台はランニングを目的としたスニーカーで細身なデザインが多くあり矯正靴を製造していた技術から足にしっくりとくる履き心地になります。そのデザインからスポーティファッションに使われる事が多い種類のモデルです。

種類別特徴・型番500番台

500番台はトレイルランニングと呼ばれる山道やオフロードを走るスポーツの為に想定したソールがしっかりとした作りのスニーカーが主軸になっています。他の種類のモデルと比べてシルエットが丸みをおびているのも特徴の1つです。

500番台はランニングシューズの持つスポーティーさとアウトドア感のあるタフさが人気となっているモデルです。

種類別特徴・型番900番台

900番台は舗装された道路などを走るロードランニングモデルとして開発され400番台と同じように細目のデザインが特徴となっています。ニューバランスの中でも近年最も人気の高いモデルが900番台となっています。

900番台はニューバランスの中でも機能を重視するデザインのラインナップが多いので人によって好みが分かれる事があります。

種類別特徴・型番1000番台、2000番台

1000番台、2000番台はニューバランスのフラッグシップモデルとして展開されていてその時代時代で最も高い技術を集めたモデルとなっています。中でも1300はかのラルフローレンに雲の上を歩いているようだと絶賛されたとして有名です。

1000番台、2000番台はニューバランスの魅力と言える履き心地の良さを存分に感じる事が出来るのが特徴です。フラッグシップモデルとして数万円を超えるモデルがあるほど高価ではありますがその履き心地からとても人気があるモデルです。

型番の見方

次はニューバランスの型番の中のアルファベット部の説明をします。Mはアメリカかイギリスで製造された高級モデルで正規ラインになります。CMは中国か東南アジアで製造されている廉価モデルまたは復刻モデルになります。UKはイギリスで企画・製造されたモデルでJは日本で企画されたモデルとなります。

MRはメンズランニング用、MTはメンズトレイル用、MOはメンズアウトドア用、MWはメンズウォーキング用、MXはメンズクロストレーニング用、またMがWになるとレディース用になります。

エントリーモデルとして人気の300番台の定番

ニューバランス種類別定番300番台・340

ニューバランス300番台の定番はニューバランスで最もベーシックなクラシックモデルとして定番なM340です。サイズは20.0から32.0㎝に色の種類が6色と幅広い展開がされています。また靴幅は2Eと日本人に合わせた設計なので履き心地も良いです。

片足の重量も約260gとスニーカーとしてはランニングシューズと同じぐらい軽さでニューバランスらしい履き心地も合わせ持ったスニーカーとなっています。

スポーティな400番台の定番スニーカー

ニューバランス種類別定番400番台・420

ニューバランス400番台の定番は名作M420のデザインを受継いだU420です。M420は1982年に発売されアメリカの専門誌で多くの賞を受けています。クラシックなデザインのスニーカーが好きな人から高い人気がある定番モデルです。

ニューバランスのスニーカーとしては珍しくつま先部にかけて薄くなるデザインがオシャレとして人気があるスニーカーです。ニューバランスのマークであるNの文字や全体的なデザインがシンプルとなっている特徴があります。

足をしっかり保護する500番台には2つの定番

ニューバランス種類別定番500番台①576

ニューバランス500番台の定番の1つ目は576です。576はニューバランスの数あるスニーカーの中でも人気が高く登場以来長く愛されているモデルとして知られています。またストリート系ファッションに合わせてコーディネイトされる事も多くニューバランスのスニーカーの中でも定番の1つとなっています。

ソールには一般的なクッション材として使われるポリエチレンよりも軽く弾力性が高い素材であるEVA素材を圧縮して作った素材C-CAPを使用しています。その為にソールのクッション性が高いまま持続します。また高級感のあるレザーを使用したラインナップもあります。

ニューバランス種類別定番500番台②574

ニューバランス500番台の定番の2つ目は574です。574は576の廉価商品として展開をしています。素材の違いと576はイギリス製とアメリカ製があり574は中国などのアジア中心と生産国の違いがありますがニューバランスのスニーカーとしての履き心地は健在です。

生地素材はメッシュやスウェードを使ったラインナップ多いので576と比べるとカジュアルスタイルに合わせやすい特徴があります。また色の種類も豊富なので様々なファッションに合わせられるのも人気の1つです。ソールにはEVA素材をウレタンに封入した素材のENCAPを使用しています。ENCAPはC-CAPと同じく軽くクッション性に優れていますが耐久性が劣る面があります。

最も注目されている900番台の定番

ニューバランス種類別定番900番台・996

ニューバランス900番台の定番は996です。996はニューバランスのスニーカーの中でも認知度が高く2足目3足目と買い足すだけでなく最初の1足目として購入する人が多いほど人気があります。

996は足幅が細目の造りなので普段通りのサイズで購入してしまうと日本人には細すぎる可能性があります。普段のサイズから1から2㎝ほど大きめのサイズにする事をおすすめします。様々なシーンで使用出来るデザインとこだわりの素材の使い方で他の高機能スニーカーにも負けない履き心地が特徴です。

900番台の他の種類は990、991、992、993、997、998、999があり991はAppleの創始者スティーブジョブスが愛用していたモデルといて有名です。人気モデルが多い900番台になります。

フラグシップモデルの1000番台、2000番台

ニューバランス種類別定番1000番台、2000番台・1300

ニューバランス1000番台、2000番台の定番は1300です。1300はラルフローレンに雲の上を歩いているようだと絶賛されニューバランスがスニーカーのロールスロイスと呼ばれるようになった所以とも言える傑作です。何度も復刻されていますがその度に人気の色は即完売という定番モデルです。

1300は1000番台で最初のモデルになるので1300以降の種類の方が新しい素材や技術が使われてはいますが履き心地が落ちる事は無く傑作の名に恥じる事のないモデルです。

1000番台、2000番台の他の種類には1400、1500、1600、2040などがあります。ニューバランスの技術を堪能したい人は1000番台、2000番台をおすすめします。

ニューバランスの種類と定番のまとめ

ニューバランスの種類と定番を紹介しましたが元は矯正靴のメーカーなだけあり履き心地は高いレベルにあります。ニューバランスの技術をしっかりと味わいたい人には1300を人気で定番のモデルを選びたい人は996を選ぶと良いです。

ニューバランスの定番中の定番なら576を価格を抑えたい場合は574をコーディネートに合わせて数をそろえたい時はは340を選ぶ事が出来ます。

ニューバランスのスニーカーは種類が豊富なのでここで紹介したモデル以外にも自分に合った1足が見つかります。それではニューバランスのスニーカー選びの参考にしてみて下さい。


評価 5.0/ 5(合計11人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ