チーズが大好きという人はかなり多いでしょうね。匂いや味は独特ですが、どんな料理との相性も抜群です。しかしチーズはただ美味しいだけではなく、その栄養も注目するべき点の1つです。そこで、チーズの栄養についてまとめてみました。なんとダイエット効果もあるとか!?

チーズの栄養素とその効果とは?健康維持におすすめの理由!

目次

  1. 栄養たっぷりのチーズ情報まとめ
  2. 日本人はチーズが大好き!?
  3. チーズに対するイメージはどのようなもの?
  4. 栄養が豊富なチーズについて詳しく知りたい!
  5. そもそもチーズってどんなもの?
  6. チーズの種類はどれくらいある?
  7. 日本人が口にするチーズの主産地は?
  8. チーズの成分や栄養素は?
  9. チーズの栄養は種類によって異なる?
  10. チーズの栄養によって期待できる効果は?
  11. チーズの栄養を生かした食べ方は?
  12. 栄養豊富なだけでない?チーズにも短所が!
  13. 栄養の点から見たチーズの適量は?食べすぎるとどうなる?
  14. チーズは栄養豊富なだけでなくダイエット効果も!?
  15. チーズ嫌いの人のための栄養のとりかたは?
  16. 栄養たっぷりなチーズのおすすめの買い方
  17. 栄養たっぷりなチーズを積極的にとろう!

栄養たっぷりのチーズ情報まとめ

チーズといえば今や食卓には欠かせない食材の一つですよね。最近では様々な料理にチーズが使われており、チーズの可能性もどんどん広がっていっています。しかし、そんなチーズの可能性は美味しさだけではありません。チーズにはいろんな効果があるといいます。そこで、チーズの栄養素や成分を始め、チーズによる効果などをまとめてみました。益々チーズを食べたくなるはず!

日本人はチーズが大好き!?

日本人はチーズ好きというイメージがつよいですよね。テレビでも、レストランでチーズがたっぷりと入った料理をおいしそうに食べる姿をよく見かけます。実際とあるアンケートによると、チーズが「好き」という人は、90パーセント以上いるそうです。90パーセントということは、ほとんど嫌いな人がいないということになります。チーズのすごさを感じる数字ですよね。

しかし、チーズが好きだからといってそこまで頻繁に食べることはないのでは?と思いますよね。しかしそのアンケートによると、半数以上の人が週に1~2回はチーズを食べていると回答しているのです。さらにその頻度が月1回となると、その割合は90パーセント近くにまでなるのです。それほど多くの日本人が、チーズが好きで頻繁にチーズを食べているということです。

チーズの冷凍保存方法を徹底ガイド!チーズの種類別アドバイス! | MensModern[メンズモダン]

チーズに対するイメージはどのようなもの?

チーズというと濃厚で美味しいというイメージですよね。主役というよりはどちらかといえば脇役のイメージではないでしょうか。先ほども書いたように、何かの料理にトッピングとして使用したり、また料理の仕上げに最後にチーズを振りかけたりなどされるもの。しかし、最近ではチーズが主役となる料理も増えてきているようです。チーズの専門店なんかも出てきています。

美味しい物は太る、なんて言葉も効きますが、チーズは脂肪分が多いイメージ。ですから、カロリーも高いイメージがありますから、特に女性は摂取量を気を付けている人も多いかもしれませんよね。ただ、チーズの原材料は牛乳ですから、脂肪分だけでなく栄養もたっぷりあるというイメージもあるはず。栄養をバランスよく摂りたいけれど、ちチーズでそれが叶うのかよくわからないかもしれません。

栄養が豊富なチーズについて詳しく知りたい!

そんなほとんどの人だ大好きなチーズについて詳しく見ていくことにしましょう。チーズに対してのイメージは様々あるかと思いますが、そんなチーズの可能性をさらに引き出していくことにしましょう。チーズは脂肪分が多いだけではない?意外な効果もある!?知ったらますますチーズを食べたくなる!好きになるという人が続出するかもしれません。

そもそもチーズってどんなもの?

チーズと呼べるものを作るのは実は簡単なのです。牛乳と凝乳酵素さえあればそれらしいものは作れます。牛乳に凝乳酵素入れて生乳のタンパク質を固めます。そしてそこに重しをするとホエイという水分が出てくるのですが、それを抜けばチーズのような塊が出てくるのです。それを発行させたり熟成させたりすることで、私たちが好きなチーズとなっていくのです。

チーズの種類はどれくらいある?

チーズの種類はとにかく多いです。チーズをタイプ別に分けると、かなり多くのタイプに分けることができます。比較的身近なチーズは、モッツァレラチーズやクリームチーズなどのフレッシュタイプのチーズ、そしておつまみとしても人気のさけるチーズなどのプロセスタイプのチーズがあります。この2つのタイプのチーズは日本人が特に好きなものですね。

そのほかには、ラクレットなどで使われるウォッシュタイプのチーズ。こちらはかなり臭いが強いので嫌いな人もいるかもしれません。またハードタイプ・セミハードタイプのチーズ。そしてカビのゴルゴンゾーラなどの青カビタイプのチーズや、カマンベールチーズなどの白カビタイプのチーズがあります。この辺はかなり好みが分かれるチーズですが、味わい深いチーズです。

日本人が口にするチーズの主産地は?

普段チーズを何気なく口にしていますが、そもそもチーズはどこで作られているのでしょう。チーズは日本人だけでなく世界中の人が愛している食材ですよね。となると主産地が気になるところです。チーズと言えばイタリア料理に多く使われているイメージがつよいですが、実は2013年のデータによれば、世界で一番チーズを生産しているのはアメリカなのだそうです。

次いで、ドイツ・フランス・イタリアとヨーロッパの国々がランクインしています。特に上位3国の生産量は他の国のチーズの生産量と比較してもずば抜けています。日本も外国製のチーズを数多く輸入しており、日本人が食するチーズは実際外国産の物が多いでしょう。しかし最近では日本産のチーズも注目されており、かなり質の高い美味しいチーズが日本国内で作られています。

チーズの成分や栄養素は?

さて、チーズについて少しわかったところでチーズに含まれる栄養素も気になるところですよね。そこでまずチーズの成分について見ていきましょう。まずチーズの成分ですが、たんぱく質・脂質、そしてビタミンとミネラルからチーズができています。おおよそがタンパク質と脂質が主な成分といっていいでしょう。ちなみに、チーズの種類によっても成分量は変化してくるようです。

そして気になる栄養素ですが、牛乳から作られているということですから、まず挙げられる栄養素がカルシウム。ビタミンでは、ビタミンA(カロテン)・ビタミンA(レチノール)・ビタミンB2・鉄などが含まれているそうです。カルシウムが主な栄養素と思っていましたが、ビタミンまで含まれているとはちょっと意外だったのではないでしょうか。チーズはかなり栄養豊富ですね。

チーズの栄養は種類によって異なる?

先ほど、チーズにはかなり多くの種類があると書きましたが、今紹介した栄養素や成分もそのチーズの種類によって違ってくるのでしょうか。まず成分については、チーズの種類によって違うということは先ほど書きましたよね。チーズの主成分であるタンパク質と脂質の量はチーズによって異なります。それがそれぞれのチーズの食感の違いや味わいの違いになってくるのです。

そして栄養素についてもチーズの種類によってことなるようです。厳密には、栄養の量が違ってきています。チーズの栄養と言えばカルシウムですが、そのカルシウム量もチーズによってまちまち。牛乳と比較するとどのチーズもカルシウムの量はずば抜けて多いですが、その中でも一番カルシウムが多いというチーズはパルメザンチーズで、その次がゴーダチーズです。

チーズの栄養によって期待できる効果は?

成分の1つ、チーズのたんぱく質についてですが、チーズのたんぱく質はアミノ酸がたくさん含まれているということから、特に良質だといわれています。さらには、病気予防にも効果があるという研究結果も出ているとか。なんと、チーズのたんぱく質が体の中の鉄分と結合することでリンパ球を活性化させ、それがガン細胞の増殖につながるという効果があることもわかってきました。

そして次にチーズの中に含まれている栄養のビタミンAについて見ていきましょう。ビタミンAはどちらかというと野菜から摂取するイメージがありましたが、なんとチーズにも含まれています。チーズからビタミンAが摂取できるのは、牛乳を作り出している牛が牧草を食べているからなのだそうです。ビタミンAは粘膜を強くする効果があるそうで、風邪予防としてはぴったりです。

もう1つの栄養素はビタミンB2。ビタミンB2はなんと脂肪燃焼効果があるといわれています。それにより、疲れた体を回復するという効果も期待できるそうなのです。疲れた時にチーズを食べると、実はかなり効果的なようなのです。ビタミンの量もチーズの種類によってまちまちですが、ビタミンAが多いのはブルーチーズ、ビタミンB2が多いのはパルメザンチーズのようです。

チーズの栄養を生かした食べ方は?

ここまでチーズの栄養素を見てきましたが、カルシウム・タンパク質・ビタミンなど豊富な栄養素が含まれていることが分かりましたよね。しかしもちろん、チーズだけですべての栄養が補えるわけではありません。ですから、チーズをうまく調理して、チーズが持っている栄養素を生かし、さらにほかの食材で足りない栄養を補う必要があるというわけです。おすすめの調理法とは?

チーズの栄養素として足りないのは、ビタミンCとビタミンD。これらは野菜や果物に多く含まれている栄養素です。ありがたいことに、野菜や果物とチーズの愛称は抜群ですよね。ですから、それらと併せてチーズを調理することで、バランスよく栄養が摂取できるのです。生野菜にチーズをかけるだけでもおすすめですし、混ぜて調理するのもおすすめ。組み合わせ方も豊富です。

栄養豊富なだけでない?チーズにも短所が!

栄養たっぷりのチーズですが、唯一の短所があります。それはチーズに含まれる塩分量です。もちろんこの塩分もチーズの種類のよってまちまちではありますが、チーズによってはかなりの塩分が含まれているものもあります。特にゴーダチーズは塩分がかなり多いようなので摂りすぎには注意が必要です。チーズを食べるときは塩分量にも気を付けながら摂取する必要があります。

チーズの賞味期限は?未開封・開封後で違う?種類別ガイド! | MensModern[メンズモダン]

栄養の点から見たチーズの適量は?食べすぎるとどうなる?

種類によってまちまちではありますが、チーズはカロリーも塩分も他の食品に比べて高めです。ですから、できれば食べすぎるということは避けたほうがいいかもしれませんね。そう考えると、1日に食べるチーズの量として最適なのは、だいたい60グラムくらいだといわれています。ちょっと少な目に感じますよね。ちなみに60グラムはスライスチーズであれば3枚半くらいの量です。

カロリー・塩分などを考慮してチーズの種類を選べば、もう少し量は食べられるかもしれません。ただ、チーズは食べすぎると体に多少なりとも影響を及ぼします。チーズの食べ過ぎによって、頭痛・吐き気・下痢などの症状を引き起こす可能性もあるそうなのです。頭痛や吐き気については、チーズに含まれているチラミンという成分により引き起こされるといわれています。

また、下痢を引き起こす原因は、チーズの消化の悪さによるもの。チーズに含まれているたんぱく質や脂質が悪玉菌を増やす原因となり、それにより腸内環境が悪くなりその結果下痢を引き起こしてしまうというのです。チーズは栄養豊富だからといって食べすぎるというのはあまりよくないかもしれませんね。なんでも適量を摂取するのがいいでしょう。

チーズは栄養豊富なだけでなくダイエット効果も!?

実はチーズにはダイエット効果があるといわれています。先ほどからも書いているように、チーズには脂質がたくさん含まれているものが多いですから、ダイエットとは無縁の食材であると思われているかもしれません。しかし、ダイエットをしたい人にこそおすすめしたい食材なのです。実は、チーズの脂肪の質のよってダイエット効果があるのです。

チーズに含まれている脂肪は、他の食材の脂肪に比べるとかなり燃焼されやすい球型になっているそうです。また、先ほど栄養素で紹介したビタミンB2ですが、こちらも脂肪燃焼効果のある栄養そうです。また、脂質は腹持ちが良いとされていますから、少量で空腹を満たすことができます。ですから、ダイエット中の人は、おやつとしてチーズを食べるのがおすすめです。

実際、「チーズダイエット」と呼ばれるダイエットもあるほど。普段の食事に積極的にチーズを取り入れたりおやつにチーズを食べたりするというダイエット方法です。実際おやつをチーズに変えた生活を続けたことで1ヶ月に3キロ減量したという人もいるほど効果があるそう。ただ、塩分やカロリーも気になりますので、チーズダイエットだからと食べすぎるのは禁物のようです。

チーズダイエットの効果とやり方徹底ガイド!どんな種類が効果的? | MensModern[メンズモダン]

チーズ嫌いの人のための栄養のとりかたは?

ここまでチーズについていろいろ見てきましたが、栄養も豊富でさらにはダイエットにも効果があるとあって是非とも積極的に食べたい食材ですよね。しかし中にはあのチーズの匂いや味が苦手という人もいるでしょう。そんな人は少しずつチーズを克服してみるのがおすすめです。それくらいの価値はチーズにはあるはずです。

匂いが気になる人は、匂いが少なめのチーズであるモッツァレラチーズやクリームチーズから試してみるのがおすすめ。さらに野菜や果物との相性も抜群なので、それと組み合わせることで、よりチーズの独特な風味が気にならなくなるでしょう。ダイエットをしている人にはあまりおすすめできませんが、チーズケーキとして加工してチーズを摂取するというのも1つの手です。

とろけるタイプのチーズであれば、比較的食べやすいですし、なによりとろけた感じがたまらないという人が多いです。そこからチーズを少しずつ克服していくというのもアリでしょう。また、チーズをそのまま食べる場合には、スパイスの効いたものと一緒の食べたりするのもアリ。胡椒やガーリックなどがおすすめです。

栄養たっぷりなチーズのおすすめの買い方

チーズちゃんと選んで食べたいという人は、ぜひともチーズの専門店に行き、店員さんから話を聞きながら買うのがいいでしょう。チーズの風味はもちろんですが、そのチーズに含まれる成分などについても詳しく説明してくれるはずです。また、チーズの種類によってもよりいいチーズを選ぶ方法はまちまちですから、そういった点においても専門家に聞くのが一番です。

栄養たっぷりなチーズを積極的にとろう!

とにかく栄養たっぷりで美容・ダイエットにも効果があるといわれているチーズ。日本人にはかなり馴染みのある食材ではありますが、せっかく栄養価の高い食材ですから、より効果的においしく食べることをおすすめします。自分の体に合ったチーズの食べ方を見つけるのも、また楽しいかもしれませんね。


評価 4.0/ 5(合計4人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ