おしゃれな寝室にしたい!照明からカーテンまでインテリア実例をご紹介!

おしゃれな寝室は、一日の終わりにリラックスするための場所を与えてくれるだけでなく、一日のスタートにフレッシュな気持ちを与えてくれます。おしゃれな寝室をコーディネートしたい。そんな方におすすめのインテリアをお部屋の実例からご紹介いたします。

目次

  1. おしゃれな寝室を作ってみよう
  2. おしゃれな寝室でこだわりたい「壁」
  3. 「ベッドカバー」でおしゃれな寝室を演出
  4. おしゃれな寝室に置くおしゃれな「ベッド」
  5. ベッド周りの「デコレーション」でおしゃれな寝室作り
  6. 寝室の「収納スペース」を作ってみる
  7. おしゃれな寝室で注目の「ライト」
  8. 「パーティション」で寝室を区切っておしゃれに
  9. 落ち着く寝室の空間作り
  10. おしゃれな「アート」を寝室に取り入れよう
  11. 6畳ほどの寝室に置く「ベンチチェスト」
  12. おしゃれな寝室に光を取り入れてみる?
  13. おしゃれな寝室に取り入れる「カーテン」
  14. 「ペット」向き?6畳でもおしゃれな寝室作り
  15. おしゃれな寝室を作ってみよう

おしゃれな寝室を作ってみよう

お部屋の中で落ち着く事ができる空間に寝室は欠かせません。6畳ほどのスペースでも、素敵にインテリアなどをアレンジすることで、居心地の良いおしゃれな空間を作り出すことができます。様々な寝室の実例から、おしゃれな寝室のインテリアやコーディネート方法をご紹介いたします。これからお部屋をアレンジすることを考えている方にもおすすめです。

おしゃれな寝室でこだわりたい「壁」

お部屋の印象を左右する壁。今では壁用のリメイクシートなどを使えば、お部屋の壁を傷つける事なく模様替えを楽しむ事もできます。カーテンなどでカラーコーディネートを楽しんだり、といろんな方法がありますが、お部屋における壁の役割りにも注目してみましょう。あえて壁を白ではなく他の色や模様に変える事で、お部屋の雰囲気をがらりと変える事ができます。

「ベッドカバー」でおしゃれな寝室を演出

シンプルカラーのベッド用品

ぐっすりと睡眠をとる事ができるか、と言うのも寝室の条件として欠かせませんよね。ベッドカバーにもいろんな種類がありますが、肌触りが良く、シンプルな素材の物を選べば寝室をコーディネートする際にも便利となっています。他のインテリアとの組み合わせを考えると、シンプルな白は洗いやすく、おすすめです。同じ白ベースのアイテムでも、いろんな素材を比較してみましょう。

ベッド周りのアイテムをコーディネート

ベッドカバーやシーツは、シンプルな白で統一して他のアイテムに色が入っているグッズを選んでみるのもおすすめです。いろんなテイストのお部屋にチャレンジしてみたいという方も、白ベースのベッドカバーやシーツなら、エスニック調や、和モダンなど、いろいろな違うテイストにチャレンジする事ができそうですね。6畳ほどの寝室でもいろいろと試してみましょう。

カラーのグラデーションもおしゃれ

白のベッドカバーやシーツをベースに、カラーグラデーションを楽しんでみるのもおすすめです。特にこれだと言う好みのテイストがないと言う方は、カラーグラデーションを取り入れて楽しんでみましょう。あまり寝室全体をコーディネートする余裕がないという方。インテリアは変えずにベッド周りの小物の色などを模様替えで変えるように心掛けてみましょう。

おしゃれな寝室に置くおしゃれな「ベッド」

六畳のお部屋!ベッドでお部屋の印象が変わる

6畳ほどのお部屋にベッドを置く場合、形や色などが大きく影響してきます。ベッドがお部屋のメインとなる場合、どんな物を選ぶかは重要な課題です。木製のタイプや、ソファーの様な特殊な素材の物まで、ベッドにもいろんな種類があります。ベッドを普段は他の用途に活用したいという方は、ソファーベッドの様な動かせるタイプもおすすめです。

おしゃれなベッドフレームを選んでみよう

モダンやアンティーク調など、お好みのテイストで寝室のインテリアを飾りたいという方は、ベッドのフレームの細部にもこだわってみましょう?色だけでなく、形にもこだわることで、お部屋のイメージに近い雰囲気を作り出す事もできます。「自分でベッドのフレームを加工してみたい」そんな風に考えている方は、すでにあるベッドフレームを加工できないかチェックしてみましょう。

必ずしもベッドを置く必要はない?

寝室をアレンジする際に、ベッドを用意しなくても、床に布団を敷いたりマットを敷く事もできます。普段は他の用途で寝室を使う必要があるという方や、6畳ほどのお部屋を寝室として使う場合、ベッドは畳むことができるタイプを選んでみるのもアイディアです。他にも寝るために必要なスペースを床にアレンジしてみるのもおすすめです。ベッドカバーなども選んでみましょう。

DIYでベッドの作り方まとめ!初心者でも簡単にできるアイデア集 | MensModern[メンズモダン]

ベッド周りの「デコレーション」でおしゃれな寝室作り

ベッド周りのインテリアで雰囲気づくり

ベッド周りの床や壁を利用して、インテリアを飾ってみませんか?心落ち着く寝室にするためには、あまり物を置かない方が良さそうですが、香りなどリラックスできるグッズを置いてみるのもおすすめです。リラックスするための空間を、寝室に作ってみませんか? ベッドの周りに置くインテリア。香りなどによっては消臭効果もあるので、寝室に丁度良い物を選んでみましょう。

壁かざりもおすすめ

寝室のベッド周りはどちらかと言えばスッキリとさせておきたいと考えている方は、壁飾りを探してみるのもおすすめです。季節ごとに変える事もできるので、シーズンごとに寝室の模様替えをしたいと考えている方にもおすすめです。フックなどで引っ掛ければ、壁を傷つける事もないので安心です。季節事に壁飾りをセットで購入すれば、お部屋ともコーディネートしやすそうですね。

寝室の「収納スペース」を作ってみる

ベッドサイドにサイドテーブルを置いてみる?

本や置時計など、寝室には小物を置くことができるちょっとした収納スペースがあると便利です。部屋の雰囲気にマッチするサイドテーブルを選んで、お部屋に置いてみるのもおすすめです。ちょっとした引き出しや棚が付いているアイテムを選べば、床に直接物を置く必要もないので掃除もしやすそうですね。六畳ほどのお部屋にも便利な収納スペースを作り出してみましょう。

壁に収納スペースを作ってみる

6畳ほどのスペースにベッドやその他のアイテムを置こうと考えている方は、壁にも収納スペースを作り出してみる事をおすすめです。壁に壁掛けラックなどを取り付けて、ちょっとした収納スペースを作り出してみましょう。壁掛けラックはお好みで増やすこともできるので、始めは少しだけ取り付けてみる事もおすすめです。お部屋に丁度良い収納アイテムを探してみませんか?

お部屋にラックを置いてみよう

部屋にはちょっとした飾りを置きたいと考えている方は、ラックを置いてみるのもおすすめです。寝室にある程度スペースがあるなら、壁沿いにラックを置いて、インテリアコーディネートを楽しんでみましょう。ギャラリーの様なスペースを造ったり、植物を飾ってみたり。お気に入りの物に囲まれると、リラックスできるものです。寝室用に統一されたインテリアを厳選してみましょう。

おしゃれな寝室で注目の「ライト」

ベッドサイドにライトはおすすめ

本を読んだり、暗い時に足元を照らすために、ベッドサイドに置くライトは何かと役に立ちます。寝室の照明は明るすぎると眠りにくくなるものです、寝室ではお部屋の照明などにも気を付けて、落ち着く雰囲気を保ってみましょう。ベッドサイドにサイドテーブルを置いてランプなどの照明を飾れば、インテリアとしてもおしゃれに見えます。

ライトの代わりに間接照明もおすすめ

ベッドサイドに置くライトのような照明の代わりに、間接照明を設置してみるのもおすすめです。壁に向けてあえて光を当てれば、部屋全体を心落ち着く雰囲気に照らし出してくれます。部屋に置くライトで、部屋の雰囲気も変わってくるものです。人気の間接照明なら、いくつか部屋に置いても問題がないので、お部屋に取り入れやすくなっています。

間接照明のおすすめは?おしゃれに見えるテクニックも紹介! | MensModern[メンズモダン]

「パーティション」で寝室を区切っておしゃれに

仕切りでお部屋を区切ってみよう

寝室が他の部屋とつながっている。そんな方もいるかもしれません。そんな時に利用すると便利なのが仕切りです。空間を仕切るのに役立つパーティション。6畳ほどのお部屋でも上手に活用すれば、空間にメリハリを出すことができます。6畳のお部屋にパーティションを取り入れて、部屋に二つの違う空間を作ってみませんか?

落ち着く寝室の空間作り

6畳の寝室をおしゃれに見せるには?

ホテルの様な落ち着く素敵な空間は、身近なアイテムを上手に利用して再現する事も可能です。6畳ほどの限られた空間の場合、寝室をスッキリと見せる必要があります。お部屋の形を上手に活用して、寝室を広く見せる工夫をしてみましょう。同じインテリアでも、家具の配置の仕方によって、広く見せる事もできます。ベッドを置く位置などの細かな部分にも気を配ってみましょう。

おしゃれな「アート」を寝室に取り入れよう

心落ち着くインテリア

心落ち着くインテリア。寝室にお好みのテイストのアートを取り入れる事で、くつろぎのスペースを作り出すことができます。6畳ほどのスペースが限られた寝室の場合、置くインテリアを厳選する必要もあるかもしれません。「これだ」と思える素敵なアート作品を一つだけ選んで、お部屋に飾ってみるのも良さそうですね。お部屋のテイストに合わせてお好みで選んでみましょう。

6畳の寝室に絵を飾ってみる

お部屋の壁に絵を飾ってみるのもおすすめです。お気に入りのポスターや、自分で撮った写真など。ベッドルームには大きめの写真もおしゃれに見えます。ホテルのような落ち着く雰囲気を寝室に作り出したい。そんな方は、あえて大きめの絵や写真を選んで寝室に飾ってみましょう。パノラマビューのように広がりのある絵は、部屋に開放感を与えてくれます。

お気に入りの絵をいくつかチョイス

六畳のお部屋でも、壁に絵を飾ることでどこか違う空間に来たような雰囲気を作り出す事ができます。同じようなテイストの絵が見つかったら、いくつか並べてお部屋の壁に飾ってみるのもおすすめです。絵に照明でスポットライトを当ててみるのもおすすめです。同系色のインテリアをお部屋に配置して、統一感の取れた寝室に作りあげてみましょう。

六畳ほどの寝室でカラーコーディネート

お部屋に飾る絵は種類がまちまちでも、フレームを上手に選ぶ事で統一感を出すこともできます。「すでに飾っている絵を上手に活用したい」そんな方はフレームなどを変えることをおすすめします。写真のフレームは自分でDIYをすることで、色を変える事もできます。DIYは、ちょっとした隙間時間に取り組んでみる事をおすすめします。

6畳ほどの寝室に置く「ベンチチェスト」

ベッド付近に置くベンチチェスト

ベッド付近に置くベンチ。6畳ほどの限られたスペースに、素敵なベッドルームを作りたいと考えている方にもおすすめのアイテムとなっています。テーブルのようなタイプや、チェストと呼ばれるタイプまで種類もいろいろです。寝室に合わせてお好みで選んでみませんか?フローリングとマッチしたアイテムを置いてみると、落ち着く素敵な雰囲気に仕上がります。

寝室に置くベッドとカラーコーディネート

ベンチチェストやちょっとした椅子を置く場合、カラーコーディネートしてみる事もおすすめです。寝室のテーマカラーすでにある場合、ちょうど良い色のベンチが見つかるか探してみましょう。カラーコーデする事で、実用性を兼ねたおしゃれな空間を作り出すことができます。6畳ほどのお部屋でも、ちょっとした優雅な空間を楽しむことができそうですね。

おしゃれな寝室に光を取り入れてみる?

6畳ほどでも可能!落ち着く空間作り

窓からどれだけ光を取り入れるかなど、落ち着く空間を作るためには、調整する必要があるポイントがいくつかあります。窓がない寝室ではない限り、カーテンなどを付けて、お部屋の明るさを調整します。逆に窓がないお部屋の場合、DIYで窓の様な空間を作り出してみるのもおすすめです。6畳ほどのお部屋に、光を取り入れてみませんか?

おしゃれな寝室に取り入れる「カーテン」

朝の太陽

心落ち着く空間を作るために、光を寝室のどこから取り入れるのか、またどれだけ取り入れたいのかを考えるのは大事なポイントとなっています。寝室があまりにも明るすぎると、眠る時に支障が出てくるかもしれません。また逆にあまりにも暗すぎると、落ち着く事はできるかもしれませんが、朝起きるのがとても難しくなってしまうかもしれません。

6畳ほどのお部屋にブラインドを取り入れる

お部屋を心落ち着く空間に仕上げるため、ブラインドを取り入れてみる事もおすすめです。気候や部屋の向きによっては、ブラインドを取り付けておけばカーテンの代わりとして使う事もできます。ブラインドの色は、茶色や白など様々な種類の中から選ぶ事ができます。六畳ほどの寝室でも、部屋のサイズに合うタイプを探す事ができます。選びやすさと言う点でも注目です。

カーテンを使ってみよう

カラーコーディネートをする際に、カーテンの色も一緒に選んでみましょう。壁の一部のようにカーテンの色を選べば、部屋全体が統一され、素敵な空間を作り出すことができます。白ベースや茶色ベースなど。お部屋の雰囲気に合わせてカーテンを選んでみましょう。カーテンは、無地のタイプから柄物まで、いろいろと組み合あせてみるのもおすすめです。

カーテンで部屋を仕切ってみる

カーテンは、他にも部屋の仕切りとして使う事もできます。カフェカーテンなどの軽いアイテムは、つっかえ棒などに吊るしてかける事もできます。寝室の中を仕切るために軽めのカーテンを利用すれば、六畳ほどの部屋でも一味違う雰囲気に仕上げることができます。カーテンならパーティションより洗いやすいので、長く使う事もできそうですね。

「ペット」向き?6畳でもおしゃれな寝室作り

ペットと一緒に暮らすなら

ペットと一緒に暮らす場合、一緒に暮らしやすい空間を作る必要があります。仲良く一緒にくつろげる、そんな寝室作りを工夫してみましょう。ペットによっては眩しい光が苦手だったり、特定のベッドカバーが適していない場合もあります。ペットにも優しい空間作りを心掛けてみましょう。6畳ほどのお部屋でも、照明やカーテンなどに気を付けて、素敵な空間作りに取り組みましょう。

おしゃれな寝室を作ってみよう

リラックスするための寝室。お部屋の中の大事な空間を、素敵に作り上げて見ませんか?寝室で過ごす時間が楽しくなる、そんな空間を作ったら、ペットや大切な人達とシェアしてみましょう。6畳ほどの空間でも、照明やカーテンなど、様々なアイテムを上手に組み合わせて、素敵な空間作りを心掛けてみましょう。ご紹介した実例を参考にしてみて下さいね。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ