みなさんの中で電話で話す時に緊張される方、いらっしゃるでしょうか?今回は、電話で緊張しなくなるコツや実践方法などをいろいろお伝えしたいと思います。電話で緊張して失敗をしてしまう方、ぜひご覧になって参考にしてみてください。緊張しなくなるコツや実践方法とは?

電話で緊張したくない人へ!緊張しなくなるコツと実践法まとめ

目次

  1. 電話で緊張したくない人のための緊張しなくなるコツと実践方法
  2. ゆっくり話してみましょう
  3. トークマニュアルをみて話す
  4. 先輩や同僚とロールプレイングをする
  5. メモをとるようにする
  6. 自分のペースで話す
  7. 目的を考えて話す
  8. 失敗を恐れないこと
  9. 相手の顔を想像して話してみる
  10. 電話対応の上手い人の真似をする
  11. ご自身の電話対応を録音して上司に聞いてもらう
  12. 友人と電話対応の練習をする
  13. 電話対応する前に深呼吸を数回行う
  14. 電話の相手が優しい人だと想像する
  15. 電話対応がうまくいくイメージをする
  16. 笑顔を作って話す
  17. 【まとめ】電話で緊張しなくなるコツと実践方法

電話で緊張したくない人のための緊張しなくなるコツと実践方法

今回は、電話で緊張しなくなるコツや実践方法などをいろいろお伝えしたいと思います。みなさんの中で電話で話す時、いつも緊張される方いらっしゃいましたら、ぜひご覧になって役に立てて頂ければと思います。電話で緊張しなくなるコツには、どんなことが挙げられるのでしょうか?また、電話で緊張しなくなる実践方法とは一体なんでしょうか?

彼女と電話で楽しく会話したい!話題や頻度など心得たい電話マナー | MensModern[メンズモダン]

ゆっくり話してみましょう

電話で緊張しなくなるコツと失敗しない実践方法1

最初にお伝えする電話で緊張しなくなるコツと失敗しない実践方法は、ゆっくり話すことです。電話対応を業務として行っていらっしゃる方で新人の方は最初、電話対応の時にゆっくり話すことが難しいかと思います。電話が慣れていない方は特に、たくさん言わなければいけないと焦ってしまい早い口調で話してしまうと思います。

そして早口で喋ってしまうあまりに、電話の相手に何を伝えて良いかわからなくなってしまいます。しかも相手は何を言っているのか理解できず、最悪クレームになる可能性もあると思います。焦る気持ちはわかりますが、まず気持ちを落ち着かせてゆっくり話すように心がけましょう。ゆっくり話すことは最初の関門だと思います。

付き合う前の電話は男から?電話の時間、話題や内容から脈あり判断! | MensModern[メンズモダン]

トークマニュアルをみて話す

電話で緊張しなくなるコツと失敗しない実践方法2

次にお伝えする電話で緊張しなくなるコツと失敗しない実践方法は、トークマニュアルをみて話すことです。電話業務をする時に対応の参考にするものは、その会社の電話対応マニュアルです。まず、このトークマニュアルを読んで、流れを掴みましょう。そして、ご自身で相手と話すことをイメージしてみましょう。イメージできれば、緊張が解けてくると思います。

電話対応マニュアルを読んでわからない部分が出てくるのは当然です。わからない点があったら必ず、先輩や上司に聞いて解決しておきましょう。わからない点があるまま解決しないで電話対応をすると、とても緊張するかと思いますので緊張を解消する意味でも電話対応トークマニュアルに書かれていることが全て理解しておきましょう。

夢占いで元カノの夢は復縁?未練?元カノとキスや電話する夢の意味 | MensModern[メンズモダン]

先輩や同僚とロールプレイングをする

電話で緊張しなくなるコツと失敗しない実践方法3

次にお伝えする電話で緊張しなくなるコツと失敗しない実践方法は、先輩や同僚とロールプレイングをすることです。ロールプレイングとは一体、なんでしょうか?研修でよく使われますが、同僚や先輩などにお客様を担当してもらい、電話対応の練習をすることです。そして、電話が終わった時に先輩や同僚などからダメ出しをしてもらいます。

そしてご自身が今の段階で、どんなことがいけないのか、どういうところを注意して話した方がいいなど指導してもらいます。このロールプレイングを何度か繰り返して悪い点を改善でき、上司がもう電話対応しても良いとOKが出たら本番です。このロールプレイングを行っていく中で緊張を緩和できるようにしていかないといけないと思います。

好きな人と電話したい時のテク!緊張しない方法、話題・内容を伝授 | MensModern[メンズモダン]

メモをとるようにする

電話で緊張しなくなるコツと失敗しない実践方法4

次にお伝えする電話で緊張しなくなるコツと失敗しない実践方法は、メモをとるようにすることです。会社などで、電話で話すことが緊張してしまう方は、メモをとるようにしてみてはいかがでしょうか?こちらが相手に伝えたいことや、相手がこちらに伝えたいことをメモになるべく詳しく書くと緊張しにくくなると思います。

メモをとると言っても、綺麗にわかりやすく書くのがポイントです。基本的には、自分でわかればいいと思います。電話を切った後に相手がどんなことを言っていたのかや、自分が何を伝えたのかがわかるようにまとめてみましょう。電話中もメモをみながら次にどういう風に話せばいいのか、何を聞けばいいのか把握していれば緊張しないのではないでしょうか?

告白を電話でするのってあり?なし?メールとの成功率はどう変わるのか | MensModern[メンズモダン]

自分のペースで話す

電話で緊張しなくなるコツと失敗しない実践方法5

次にお伝えする電話で緊張しなくなるコツと失敗しない実践方法は自分のペースで話すことです。この自分のペースで話すということは、電話対応を今までされたことがない方はとても難しいことだと思いますが、とても大事なことなのでぜひできるようにしましょう。先ほどもお伝えしましたが、ゆっくり話すことも大事ですがこちらのペースで話すことも大事です。

電話で話している時に相手のペースにもっていかれてしまうと、これからどんなことを話せばいいのか緊張してパニックになる方、多くいらっしゃるかと思います。ですから、あくまでもこちらのペースを守りつつ、相手の話を聞いたりしてみましょう。こちらのペースで電話対応をすすめることができれば緊張はしなくてもよいと思います。

目的を考えて話す

電話で緊張しなくなるコツと失敗しない実践方法6

次にお伝えする電話で緊張しなくなるコツと失敗しない実践方法は目的を考えて話すです。これは電話対応する時にとても大事なポイントとなります。電話している時に、どんな目的があって相手と話していることを把握していないと話が脱線してしまい、さらに緊張して頭の中が混乱し何を話して良いのかわからなくなってしまいます。

ですから、電話をかける時やかかってきた時など、相手に何を伝えなければいけないのかを把握しておかなければいけないと思います。話す目的を電話で話す前に明確にしておきましょう。メモに書いておくのもポイントだと思います。メモはいろんなことで使えますので、電話の時も大いに活用して、緊張をほぐせるようにしましょう。

失敗を恐れないこと

電話で緊張しなくなるコツと失敗しない実践方法7

次にお伝えする電話で緊張しなくなるコツと失敗しない実践方法は、失敗を恐れないことです。電話に慣れていない方や、電話で話すことが緊張する方にぜひ、お伝えしたいのが失敗を恐れないことです。失敗を恐れて電話対応をしてしまうと、さらに失敗を重ねてしまうこともあると思いますので、肩の力を抜いて失敗してもいいという考え方で電話対応をやってみましょう。

失敗してもいいという考え方で電話対応をすると、緊張が知らないうちになくなっているかもしれません。肩の荷が降りた感じだと思います。誰でも失敗はありますので、自分だけ失敗しないように電話対応しないといけないと思うと、緊張度がマックスになり、思うような電話対応ができなくなりますので、ぜひ、気楽な気持ちで電話対応をしてみましょう。

相手の顔を想像して話してみる

電話で緊張しなくなるコツと失敗しない実践方法8

次にお伝えする電話で緊張しなくなるコツと失敗しない実践方法は、相手の顔を想像して話してみることです。電話対応で緊張をされる方の特徴の一つとして、相手の顔が見れないので、うまく話せないという方がいらっしゃいます。確かに、電話対応する時は、相手の顔をみながら話すというのは難しいことだと思います。

そんな時は電話対応しながら相手の顔をイメージして話すと、緊張が解けてくるかもしれません。イメージするのはとても大事なことです。特に電話に慣れていらっしゃらない方は、相手の顔のイメージを作りながら、話してみると時間はかかるかと思いますが、少しずつ緊張が和らいでくると思いますのでやってみてください。

電話対応の上手い人の真似をする

電話で緊張しなくなるコツと失敗しない実践方法9

次にお伝えする電話で緊張しなくなるコツと失敗しない実践方法は、電話対応の上手い人の真似をすることです。電話対応することが、とても緊張してしまって、どうすることもできないという方は、ぜひ先輩や同僚の中で電話対応の上手い人の話し方を聞いて、どんな話し方をしているのか勉強してみると良いと思います。

電話対応はその人の性格が出ますので、一人一人表現力や使うキーワードなどが異なります。上手い方の電話対応は余計なことがなく、とてもスムーズでわかりやすく相手に伝えていると思います。ご自身で上手い人の話し方を何度も聞いてみて、ご自身と何が異なるのかをぜひチェックして少しずつ改善していけば緊張から解放されると思います。

ご自身の電話対応を録音して上司に聞いてもらう

電話で緊張しなくなるコツと失敗しない実践方法10

次にお伝えする電話で緊張しなくなるコツと失敗しない実践方法は、ご自身の電話対応を録音して上司に聞いてもらうことです。会社で電話対応をご自身でしていても、何が悪いのか、わからないと思いますので、上司に相談して、ご自身の電話内容を録音してもらい、上司に聞いてもらってダメ出しをしてもらう方法もあります。

自分勝手にはできないので、上司に緊張していて電話対応がうまくできないので録音して聞いてもらいたいことを相談しやってみると良いと思います。そしてどうして緊張してしまうのかなど、上司からアドバイスももらってそのアドバイスを電話対応に使ってみましょう。そして少しずつうまく対応できるようにしていきましょう。

友人と電話対応の練習をする

電話で緊張しなくなるコツと失敗しない実践方法11

次にお伝えする電話で緊張しなくなるコツと失敗しない実践方法は、友人と電話対応の練習をすることです。電話が苦手で、会社で電話対応をしなければいけない時、どうしていいか、わからなくなる時あると思います。そんな時は、仲の良い友達に電話対応の練習をしてもらいましょう。仲のいい友達と言っても電話業務をしたことがある方が良いと思います。

そして、その友達に電話対応する時のポイントや緊張しないようにするには、どうしたら良いかを教えてもらうと良いと思います。仲のいい友達なら、アドバイスを素直に聞き入れることができると思いますし、リラックスして気軽に電話対応でのわからないことを聞くことができると思いますので友達に協力してもらいましょう。

電話対応する前に深呼吸を数回行う

電話で緊張しなくなるコツと失敗しない実践方法12

次にお伝えする電話で緊張しなくなるコツと失敗しない実践方法は、電話対応する前に、深呼吸を数回行うです。この方法は電話対応だけでなく、スポーツの大会やダンスを大勢の人の前で見せる前に行うとてもメジャーな緊張をほぐす方法です。深呼吸をするというとてもシンプルな方法ですが、効果は絶大なのでやって頂きたいと思います。

朝、会社に出社して電話業務が始まる前に深呼吸を3〜5回ほど行いましょう。やり方はまず、肩幅に歩幅を確保して肩の力を抜きましょう。そして5秒くらいかけてゆっくり吸っていきます。吸い込んだ息を今度はゆっくり5秒かけて吐いていきます。これを繰り返します。深呼吸をしている時は何も考えないで、焦らずゆっくり行うことがポイントです。

電話の相手が優しい人だと想像する

電話で緊張しなくなるコツと失敗しない実践方法13

次にお伝えする電話で緊張しなくなるコツと失敗しない実践方法は電話の相手が優しい人だと想像することです。電話の相手がどんな人かわからないと、どう電話で話して対応したら良いかわからない方は数多くいらっしゃると思います。電話の相手をご自身が勝手に優しい人だとイメージして話す方法もあります。優しい顔だとイメージすれば、自然に緊張がとれるかもしれません。

先ほどもお伝えしましたがイメージすることはとても大事です。特に電話で話すことは、相手の顔が見えませんので何を考えているのかわからないため、電話対応に慣れていらっしゃらない方は不安で仕方ないかと思います。ですから、イメージをすることがとても大事になってきます。優しい人と話しているとイメージしましょう。

電話対応がうまくいくイメージをする

電話で緊張しなくなるコツと失敗しない実践方法14

次にお伝えする電話で緊張しなくなるコツと失敗しない実践方法は、電話対応がうまくいくイメージをすることです。電話対応がなかなかうまくいかない方や、緊張が消えない方、話している途中で、何を伝えたいか、わからなくなってしまう方など、いろんなタイプがいらっしゃるかと思います。そんな方はポジティブに考えてみませんか?

では、どういう風にポジティブに考えれば良いのでしょうか?それは、電話対応がうまくいくと自分に言い聞かせることです。暗示をかけることです。うまくいくと信じて、電話対応をすれば、本当にうまくいくかもしれません。ネガティブに考えて電話対応すれば、ミスが連続する可能性があります。ポジティブにうまくいくと言い聞かせて電話対応に挑みましょう。

笑顔を作って話す

電話で緊張しなくなるコツと失敗しない実践方法15

最後にお伝えする電話で緊張しなくなるコツと失敗しない実践方法は、笑顔を作って話すことです。電話では、相手の顔の表情もこちらの表情も見えないです。電話対応で緊張しないようにするには、ご自身が笑顔で対応することです。笑顔で対応できれば、緊張が解消されて自然に相手とスムーズに話すことができると思います。

最初はなかなか、笑顔で話すことができないと思いますが、少しずつ時間をかけて慣れていけば、笑顔の表情が作って話せるようになります。電話と言えども、相手にいろんなことが伝わってしまいます。ぶっきらぼうな対応をしてしまえば、クレームになることもあるでしょう。ですから、いつも笑顔で電話対応できるように努力してみてください。

【まとめ】電話で緊張しなくなるコツと実践方法

今回は、電話で緊張したくない人のための電話で緊張しなくなるコツと実践方法などをいろいろお伝えしました。深呼吸をしてみることや、メモをとること、ゆっくり話すことなどできることからやってみてください。時間はかかるかと思いますが、自然に緊張しないで電話対応ができると思いますので頑張ってみてください。


評価 4.0/ 5(合計3人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ