競馬のワイド馬券の買い方ガイド!初心者でも儲かる方法は?

競馬の馬券に合計10種類もの種類がありますが、その中でも競馬初心者におすすめできる当たりやすい馬券が「ワイド」馬券になります。配当は低めですが、工夫次第では利益を出しやすいですね。今回は競馬初心者にもおすすめのワイド馬券の買い方を紹介したいと思います。

競馬のワイド馬券の買い方ガイド!初心者でも儲かる方法は?

目次

  1. 競馬初心者におすすめのワイド馬券って?
  2. ワイド馬券が競馬初心者におすすめな理由
  3. 競馬初心者がワイド馬券を買う際に注意すべき点
  4. 競馬初心者向けワイド馬券の買い方①ボックス
  5. 競馬のワイド馬券はトリプル的中まである!?
  6. 競馬初心者向けワイド馬券の買い方②軸流し
  7. ワイドは本命と穴馬どちらを軸にすれば儲かる?
  8. 競馬初心者がワイド馬券を買う時は回収率を意識
  9. ワイド馬券は他の馬券の保険にもなる?
  10. 中央競馬におけるワイドの最高配当額
  11. ワイドは工夫すれば儲かる馬券!

競馬初心者におすすめのワイド馬券って?

競馬におけるワイド馬券は正式名称を「拡大二連勝複式」といい、1999年に登場した馬券の種類になりますね。他の券種と同じく一口100円から購入することが可能になっています。比較的マニアックなタイプの馬券でワイド馬券重視で買っている人は多くないですが、下記の通り当たりやすく買い方に工夫も凝らしやすいので初心者にもおすすめの券種です。

ワイド馬券が競馬初心者におすすめな理由

ではなぜワイド馬券は競馬初心者におすすめなのでしょうか。まずワイド馬券が初心者におすすめである理由の一つとして「当てやすさ」が挙げられます。ワイド馬券は競馬レースにおいて「3着以内に入る馬を2頭当てる」という馬券になっており、王道馬券であり「1、2着の馬を順不同で当てる」という馬連を文字通り拡大したような馬券になっているので当てやすいです。

ワイドは当てやすい分配当はそこまで高くないですが、的中率が高いため競馬初心者の内には最も大切な競馬のレースを「予想して当てる楽しみ」を体験しやすいため競馬初心者にもおすすめというわけですね。

また「3着以内に入る2頭」を予測する事は三連複や三連単など配当の大きい馬券を購入する際の予想練習にもなります。競馬においてワイドの買い方を覚えることは競馬センスや予想の技術を学ぶことにもつながるのでそういう意味でもワイドはおすすめですね。

競馬初心者がワイド馬券を買う際に注意すべき点

上記のように様にメリットの大きいワイド馬券ですが、競馬初心者には一応注意しなければいけない点もあります。それは「配当の低さ」です。ワイド馬券は数ある競馬の券種でも当たりやすい方の馬券なのですが、その分掛け率を元に算出される「オッズ」が低くなる傾向にあります。

年間のワイド馬券の平均配当は2,000円前後に収まる事が多く、これは馬連の平均配当を大きく下回ります。人気サイドでの決着になれば数百円ということも珍しくないですね。ワイドは「当たりやすいけど配当は低めの傾向にある」という事実は抑えておかなければならないでしょう。

しかしそれは1レース当たりの平均の話。ワイドは年間を通じて買い方や投入金額を工夫すればトータルで儲かる可能性が高い馬券なのでこの記事ではそういったワイド馬券の買い方を紹介します。

競馬初心者向けワイド馬券の買い方①ボックス

競馬の予想スタイルによってワイドは様々な買い方が存在します。まずは代表的な買い方を紹介していきましょう。的中率を重視するなら「ボックス」買いが初心者にはおすすめです。ボックスとは何頭かの馬番を選び、その組み合わせ全てが的中するように整理された馬券のことで、馬連やワイド、三連複、三連単などで軸馬が絞れない時に競馬ではよくやる買い方です。

例えば競馬のワイドにおいて5頭の馬を選び、その全ての組み合わせに対応するボックスを購入するとします。するとワイドは順不同の馬券であるため計算方法は「5×4÷2」で求められ合計10通り、最低金額である100円を賭けるとすると1,000円でこれらのワイドにおける5頭の組み合わせを全て購入できることになります。

その中で2頭が3着以内に入れば的中というわけですね。ボックスは指定の馬番における組み合わせを全て買うため点数は多くなりがちですが、選択した馬に優先順位をつけにくい場合に非常に有効な買い方です。馬選びに悩むことが多い競馬初心者においてはおすすめの購入方法と言えるでしょう。

競馬のワイド馬券はトリプル的中まである!?

ちなみにワイド馬券は「3着以内に2頭選ぶ」という競馬馬券の中でも少し特殊な券種であるため、ボックスの組み合わせによってはトリプル的中ということもあり得ます。ボックスに3着までの馬が3頭全て入っていればトリプル的中ですね。ボックス買いをしていれば珍しいことでもありません。

配当は馬の組み合わせオッズに左右されますが、ワイド馬券をトリプル的中すると心情的にとても気持ちがいいですし、予想精度という意味で自信にもなるので積極的に狙っていきたいですね。

競馬初心者向けワイド馬券の買い方②軸流し

もう一つ競馬馬券において重要な買い方が「流し」です。流しとは1頭「軸」となる馬を決め(ワイドの場合)その馬と他の馬(相手)との組み合わせによる的中を狙う方法です。ワイドの場合軸は1頭なので点数は他の馬の分だけ、相手3頭なら3通り、4頭なら4通りと資金を抑えやすいのがメリットですね。

ただし軸流しは当然ながら軸馬が3着以内(ワイドの場合)に入らなければその時点で全て馬券は外れです。したがって軸流しができる時はよほど自信のある馬や好きな馬がいる場合などある程度競馬の知識も求められます。そこは軸馬にしようと思っている馬の情報に対する自信度が影響してくると言えるでしょう。

ワイドは本命と穴馬どちらを軸にすれば儲かる?

では競馬のワイドにおいて軸流しをする場合オッズの低い本命人気サイドの馬とオッズの高い穴馬ではどちらを軸にすれば儲かるのでしょうか。これは予想スタイルにも関わってくることなのですが、初心者のうちは基本的に大穴馬を軸にするのはやめたほうがいいと思います。なぜかというと穴馬はその名の通り上位にくる機会は多くないので的中率はどうしても下がります。

競馬初心者の内はやっぱり当たらないと楽しくないですよね?なので出来るだけ本命サイド、もし少しでも高配当を狙いたいのであれば「4~6番人気」といった「中穴」を軸にするといいでしょう。また軸だけは本命で相手が全部穴馬というのも状況によっては儲かることもあります。いずれにしても競馬初心者の内は大穴馬を「軸」に据えるのはおすすめしません。

競馬初心者がワイド馬券を買う時は回収率を意識

競馬初心者の方がワイド馬券に慣れてきたら今度は「回収率」を意識してワイド馬券を買ってみるとトータルで儲かる可能性が高まります。「回収率」とは競馬において非常に重要な考え方で、「配当÷馬券購入に使った資金×100」で求められ、%表示で表します。回収率は文字通り「投資した金額に対してどれだけ配当を回収できているか?」の数字になります。

例えば回収率が100%を超えていれば初期資金の五分以上に持っていけてるという事です。ワイド馬券は上記した通り1レース当たりの配当は高くないので競馬初心者の方の中には「しょぼい」と感じる人もいらっしゃるでしょうが、1レースで1万円使って10万円の配当を手にするのと年間トータルで1万円使って10万の配当を記録するのは回収率という数字の上では同じことなのです。

もちろん競馬ですから軍資金も必要ですよね。ワイド馬券は1レースの配当が低い代わりに大外しする機会も少ない馬券なので軍資金を毎週ある程度キープしながら馬券を買う事ができます。その中で少しずつ穴馬を買い目に入れ高配当が出ればラッキーですよね。ワイド馬券は基本的にそのようにして資金を増やしていける堅実な馬券と言えます。

上に紹介した通り初心者のうちはとにかく「当てる感覚」を掴むことが大事ですが、少し慣れてきたら「回収率」を意識して馬券を購入するとより競馬が楽しめるでしょう。

ワイド馬券は他の馬券の保険にもなる?

競馬におけるワイド馬券は他の馬券をメインに購入する際の「保険」になることもあります。特に馬連や三連単などといった馬券は「予想は当たっているのに買い方が違う」という競馬ファンにとって一番悔しい事態が頻繁に起こります。つまり馬連だと買った馬が「1、3着」だったとか三連単なら「相手は全部3着以内なのに軸馬がギリギリ4着」などという事態ですね。

この場合メインの馬券以外にワイドを買っておくと保険になります。紹介してきたようにワイドは3着以内に2頭入ればいいので予想さえあっていれば大体当たります。配当は高くないので大きく儲かるという事はないでしょうが、悔しい外れ方における損失を最小限に防げる可能性があるわけです。初心者でも少し余裕のある人はワイドを保険にする意識を持っておくといいでしょう。

中央競馬におけるワイドの最高配当額

ここまで「ワイドは比較的配当が低い馬券」と紹介してきましたが、一応穴馬同士の決着になればワイドでも高配当になることがあるので最後に中央競馬におけるワイドの最高配当額を紹介したいと思います。中央競馬でワイドの歴代最高配当は2012年5月26日に行われた3歳未勝利戦のこと。払い戻し金「109,100円」を記録したのが最高となっています。

2着に16番人気、3着に12番人気という大穴馬が入り、この組み合わせが中央競馬のワイド最高配当額になっていますね。ワイドで10万を超える事は滅多にないですし、こういう馬券を軸流しで買うのは難しいでしょうが上に紹介したボックス買いなら組み合わせを拾える可能性もあります。一応ワイドにも高配当はあるというわけですね。

ワイドは工夫すれば儲かる馬券!

このようにワイドは当たりやすい馬券で競馬初心者にも非常におすすめです。また買い方を工夫し、回収率への意識を高めればその後競馬の知識が増えていってもずっと使える馬券ですので競馬初心者の方はまずワイドで的中の流れと資金管理を覚えてみてはいかがでしょうか?

競馬初心者のための完全ガイド!馬券の買い方・基本のやり方 | MensModern[メンズモダン]

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ