燻製を簡単に自宅で作る方法!おすすめの作り方と注意点について紹介!

居酒屋などで食べれる美味しい燻製。そんな燻製が自宅でも簡単に作れたら嬉しいですよね。実は自宅でも簡単に燻製の作り方を用意することが出来るんです。自宅での燻製の作り方のおすすめの方法と、その注意点について紹介します。自宅であの燻製の味を楽しみましょう。

目次

  1. 自宅で燻製が簡単に出来る!?
  2. 燻製って簡単にできるの?
  3. 燻製は簡単だけど豊かな味わいを生む
  4. 燻製の簡単な作り方はいろいろある
  5. 簡単に燻製を作る重要ポイント
  6. 燻製の簡単な作り方の手順
  7. 燻製のための塩漬けの簡単な方法
  8. 燻製のたて塩法の簡単な方法
  9. 燻製鍋の使い方は簡単
  10. 水を注いで待つだけで燻製は簡単に出来上がる
  11. 簡単な燻製は30分ほどで出来る
  12. 簡単に燻製が作れる食材
  13. 燻製の定番食材は簡単
  14. 燻製料理は試行錯誤の料理
  15. 簡単に燻製が作れる鍋
  16. 鉄製の燻製器は熱が伝わりやすいので簡単
  17. 燻製にハマったら良い燻製器を買おう

自宅で燻製が簡単に出来る!?

なかなかお店でも食べれる機会が限られている燻製料理。そんな燻製料理を自宅でも作れるって知っていましたか?

本格的な器具が必要そうな気もする燻製ですが、自宅でもその作り方は案外簡単なんです。そんな自宅での燻製の簡単な作り方と、注意点について紹介します。

燻製って簡単にできるの?

燻製は自宅でも簡単に出来るものなのでしょうか。そもそも燻製は、古くから保存食を作る方法として長い歴史のあるものです。

塩漬けにした肉や魚などに煙をかけることで、長期間保存することができるのが燻製という方法なんです。次第に冷蔵や冷凍の技術が発展したことにより、燻製は少しマイナーな保存方法となってしまったわけです。

そのため、燻製は保存食としての料理方法としておすすめするよりも、その独特な豊かな風味付けを楽しむものとして人気なんです。

燻製は簡単だけど豊かな味わいを生む

燻製するときに、煙に含まれる『カルボニル化合物』と『フェノール化合物』、そして『有機酸』というものが働くことによって、独特な風味や色合いが生まれるんです。また、殺菌作用もあることから、保存食としての食べ物が生まれるんです。

燻製した食べ物は、豊かな風味と色合いが人気でおすすめできる食べ物なんです。特にお酒のおつまみとしておすすめで、購入するとちょっと値が張ることもあるんですが、美味しい食べ物ですね。

燻製の簡単な作り方はいろいろある

そんな燻製なんですが、自宅やキャンプ場などで簡単に作ることが出来るんです。専用の器具を使う作り方も簡単ですし、ある身近なものを使うことでも燻製料理は作れるんです。

また、燻製用の鍋も土鍋やステンレス製が中心ですが、アルミで作られた金属製のものもあります。費用をおさえたいなら、土鍋タイプのものが、燻製としては使いやすいようですね。

土鍋タイプのデメリットは、あまり大きなサイズではないので、一度にたくさんの燻製を作れないのが注意点です。そのため、たくさんの燻製料理を作る場合は、アルミの金属製のものがおすすめといえます。

簡単に燻製を作る重要ポイント

燻製を自宅で簡単に作り方で注意点は、煙の扱い方です。燻製を簡単に作るためには、まんべんなく全体に煙を回す必要があるんです。そのため、燻製の鍋は深さのあるものを選ぶのがおすすめですね。

安物の燻製鍋の注意点として、鍋と本体の密着性が悪いものがあります。そうすると、自宅で燻製を作っているときに、煙が外に漏れてしまってうまく燻製出来ないんです。安物でも、しっかりと鍋と本体が密着しているものがあるので、それを選ぶようにしましょう。

ただし、注意点として、土鍋の燻製鍋はどうしてもぴったりと合いにくくなっています。しかし、土鍋の場合は溝が掘られており、蓋を塞いでから水を入れると、煙が外に出ずに簡単に自宅で燻製が出来るようになっています。

燻製の簡単な作り方の手順

燻製という料理が簡単ではないといわれてしまう理由に、その作成時間がかかることです。燻製は当日出来上がる料理というよりは、数日から10日かけることが多い料理なのが注意点だといえます。

燻製を作るときは、肉や魚を下閭里しておくのがおすすめです。余分な脂肪や血管を取り除いて、魚の場合は内蔵やエラ、そして血合いをしっかりと取り除いておきましょう。下処理が不十分だと、腐りやすい原因になるのが注意点です。

そして、燻製料理のポイントである塩漬けです。高い塩分濃度の中に浸けることで、脱水症状のような感じで、余分な水分が素材から抜けて、腐るのを予防する役割があります。また、そのことで、素材の旨味を凝縮することが出来るので燻製はおすすめなんです。

燻製のための塩漬けの簡単な方法

燻製の作り方における塩漬けですが、その方法もいくつかあります。塩漬けの作り方として、塩をふりかける方法と、ソミュール液やピックル液につける方法の2種類があります。

燻製のイメージとして一般的な、塩を直接ふりかけてやる作り方は分かりやすいと思います。塩分濃度にばらつきは出やすいのですが、保存性が高く燻製を長く保存出来る点がおすすめの作り方といえます。

燻製のたて塩法の簡単な方法

たて塩法はソミュール液やピックル液という燻製液を作る燻製の作り方になります。単純に言うと、塩水に浸ける作り方です。燻製の味が均一になる作り方ですね。

ソミュール液とは、塩水を使う作り方です。また、その塩水にコショウやハーブ類を加えた塩水ですね。ピックル液の場合は、先ほどの塩水以外に醤油などの他の調味料が加えられたもののことをさします。

塩漬けした後は、塩抜きを行う必要があります。ボールに水を張って、そこに肉を入れて一晩置くことで余分な塩分が抜けるというわけです。そして、乾かして準備がOKです。

ビールに合うおつまみランキング!おすすめの簡単人気レシピも | MensModern[メンズモダン]

燻製鍋の使い方は簡単

自宅で燻製鍋を使う作り方は簡単でおすすめです。燻製の鍋の種類のよって少し手順は違いますが、基本的な作り方について紹介します。燻製鍋に作り方の紙が入っているので、それを参考にするのがおすすめです。

まず、なべの底にアルミホイルを敷きましょう。そして、ホームセンターやネットでスモークチップを購入して用意しておくのが注意点です。このスモークチップをアルミホイルの上に入れて、上に鍋をセットしましょう。

スモークチップの量は1回に5gほどアルミホイルの上にセットするのが注意点です。購入したスモークチップを全部使ってしまわないようにするのが注意点ですね。アルミホイルの上にはどんどん余分な油が落ちていくようになっています。

あとは、塩抜きして乾燥した食材を網の上にセットすれば準備はOKです。点火すると煙が出てくるので、最初はそのまま煙を食材に当てていきましょう。鍋の蓋はまだしなくて大丈夫です。

おしゃれで簡単なおつまみレシピ!お酒のアテやホームパーティに | MensModern[メンズモダン]

水を注いで待つだけで燻製は簡単に出来上がる

点火して5分ほど経ったら、蓋をしてふちから煙が出てきたら水を注いであげましょう。注意点として煙なのか食材の水蒸気の煙なのかを見極めるのが注意点ですね。

水を注いで5分ほど加熱を続けると、鍋の中で煙が充満して食材が燻製されていきます。そこから5分ほど経ったら加熱を止めて、予熱で20分ほど燻製してあげましょう。じっくりと煙が充満して食事に良い香りがつきます。

焼酎に合うおつまみTOP10!お家で居酒屋気分になれる簡単レシピ | MensModern[メンズモダン]

簡単な燻製は30分ほどで出来る

簡単な燻製料理なら30分ほどで完成です。自宅でも燻製用の鍋を使うことで簡単に燻製が作れるわけなんです。スモークチップによって、しっかりと食材にいい香りがついているはずです。

また、煙臭さが気になる場合は、完成してから少し風にさらすのがおすすめです。またラップして冷蔵庫などに保管して翌日食べるのもおすすめです。できたての煙臭さが抜けて食べやすくなっていると思います。煙臭さが苦手な人におすすめな食べ方です。

燻製は料理の食材の内容によって、作る期間が変わります。特にベーコンのように燻製の定番商品は、しっかりと味を塩漬けするために、数日間漬け込むことが多いんです。そのせいで、燻製を食べたいと思っても時間がかかってしまうんです。

芋焼酎に合うおつまみはコレ!簡単な作り方やコンビニでも見つかるつまみ | MensModern[メンズモダン]

簡単に燻製が作れる食材

ベーコンのように燻製で旨味が凝縮されて美味しいものは、おすすめなんですが作るのに時間がかかります。比較的簡単に作れる燻製の食材を紹介しておきます。

まず燻製が作りやすい食材として、魚介類ですね。元から塩の旨味がついていることもあるのか、塩コショウをふりかける程度で準備が出来てしまうんです。

そのため、タコやエビなどの魚介類は初めての燻製料理としておすすめですね。お酒のおつまみとしても、非常に食べやすく、その燻製の出来をチェックするのもしやすい燻製料理だと思います。

セブンイレブンのおつまみがウマい!家飲みにおすすめ優秀おつまみ | MensModern[メンズモダン]

燻製の定番食材は簡単

燻製の定番食材であるサーモンやチーズ系はとても燻製にしやすいので簡単です。チーズは特に味付けしなくても良いですが、自分の好みに合わせて味付けしましょう。

サーモンに関しては塩コショウをして、燻製にすればかなりうまいです。魚が持つ旨味が凝縮された上に、燻製の煙がしっかりと染み込んで、燻製料理の虜になると思います。味の調整は何度も料理しているうちにベストな形が見つかると思うので、濃くしたり薄くしたりして自分好みの味を見つけるのがおすすめです。

基本的に燻製は塩味の強さが出るものが食材として合いやすいと思います。魚介系は味も香りも染み込みやすいため、おすすめですね。明太子のようなものも料理のおかずにいいと思います。

美味しい缶詰ランキング!おかずやおつまみになるおすすめの商品をご紹介! | MensModern[メンズモダン]

燻製料理は試行錯誤の料理

燻製料理の面白いところは、どんな食材も燻製することが出来るといえる点です。例えば、きのこ類も燻製することが出来ます。卵類も燻製するのには向いている食材ですね。

ベーコンなどの肉類はどれくらい塩漬けするかによっても味が違ってきますし、煙で燻す時間も調整は様々です。そんな試行錯誤が燻製料理の面白さでもあるんです。

こんな食材は燻製には向かないかも…と思うような食材も、意外に燻製にしてみると美味しかったりするんです。出来たてよりも1日置いた方が美味しいという場合もあるんです。保存食だけに日を置いてからのほうが、旨味が凝縮されることも多いんです。

燻製におすすめの食材15選!定番のレシピから変わり種も紹介! | MensModern[メンズモダン]

簡単に燻製が作れる鍋

燻製用の鍋をいくつか紹介します。鉄製や土鍋タイプなど種類がありますが、どちらのほうが自分に合うかは試してみないと分からないですね。それぞれどちらのタイプも、簡単に作れるようになっています。

土鍋タイプに近い『いぶしぎん』という名前の燻製鍋がおすすめです。陶器で作られており、価格は1万円ほどです。サイズも3タイプあって、1人用から複数用まで選べますね。

30分ほどで簡単に燻製料理が出来ると大人気です。煙が出にくいのでマンションなどでもおすすめできますね。本格的な燻製器と比べると、少し香りの付き方が弱いので、そのあたりが注意点といえます。

燻製をダンボールで作ろう!手順やコツ・簡単な燻製器の作り方も紹介! | MensModern[メンズモダン]

鉄製の燻製器は熱が伝わりやすいので簡単

ベルモントの鉄製の燻製鍋もつかやすくておすすめです。価格は4,000円以下で購入出来ますね。鉄製の燻製鍋は熱が伝わりやすいという特徴があります。

高さがあるので、肉の塊を燻製することが出来るのでおすすめです。あまり安い燻製鍋は塗装が落ちやすいので、それだけは覚悟しておく必要があります。鉄製でもあまり重いわけではないので、扱いやすいですね。

最近の燻製器は自宅でも燻製をすることを考慮して、煙が出にくいように作られています。臭いが室内につかないようにうまくコントロールされているので、しっかりと換気扇さえ回していれば、臭いが部屋に残ってしまうような、嫌な感じは少ないと思います。

燻製(スモーク)チーズの作り方!初心者が初めて作るのにおすすめ! | MensModern[メンズモダン]

燻製にハマったら良い燻製器を買おう

はじめは先ほど紹介したような、数千円の燻製器から初めて良いと思います。燻製料理にハマると手当たり次第に、いろんなものを燻製したくなります。

そうなってくると、より上手に燻製を作りたくなるんです。温度調節のしやすい温度計のついた燻製器なんかもあるんです。そうなると2万円ほどするようなやや高価な燻製器になってくるので、その価格を出しても良いから美味しい燻製を作りたいというときに、良いものを買いましょう。

また、じっくりと漬け込むような燻製の完成まで時間がかかるものも、挑戦してみてほしいですね。燻製料理は他の料理とは違った風味がします。それだけに、一度虜になると抜け出せない料理だと思いますね。

お酒のおつまみとしてもおすすめですし、いろんな料理にも燻製料理は使えます。煙が多いイメージや手間がかかるイメージがある燻製料理ですが、決して難しくない簡単な料理なので挑戦してみてほしいです。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ