バイクのファッションメンズコーデまとめ!夏にかっこいい着こなしは?

バイクに乗る時のファッション、気にしていますか。乗っているバイクによって着る服も違ってきますが、街乗りしている人を見るとおしゃれバイク乗りが増えているのも事実です。夏にもかっこよくバイクを乗れるファッションはどのようなものでしょうか。

バイクのファッションメンズコーデまとめ!夏にかっこいい着こなしは?

目次

  1. バイク乗りのかっこいいファッションって?
  2. バイクに乗る時のファッションイメージ
  3. バイクファッションで気を付けたい点
  4. バイクファッションもお洒落に進化中
  5. バイクの種類でファッションにも違いが
  6. 夏におすすめバイクメッシュジャケット
  7. 夏のメンズバイクファッション①シンプルコーデ
  8. 夏のメンズバイクファッション②ワイルドコーデ
  9. 夏のメンズバイクファッション③スタイリッシュコーデ
  10. 夏のメンズバイクファッション④カジュアルコーデ
  11. 夏のツーリングも快適にするバイクウェア
  12. バイクの種類によってファッションも変化

バイク乗りのかっこいいファッションって?

バイク乗りのかっこいいファッションと聞いてどのような服装が思い浮かぶでしょうか。本当にバイクに乗る人は、様々浮かぶと思いますがバイクに乗らない人はどうでしょう。ハーレーダビッドソンのような革ジャンに革パンツ、のようなイメージもあるかもしれません。

最近は街乗りバイクも増え、ビッグスクーターが流行っていたりカブがじわじわ人気だったりしています。スクーターに乗る場合は、そこまで普段着とバイクに乗る時とファッションの違いはないかもしれませんね。

夏なのに革を着ている、長袖が暑そう、と思う方も多いのでは?暑苦しいように見えますが、夏のバイクファッションで快適でお洒落なものが出てきているんです。身体を守るため長袖長パンツはかかせないんですよ。

バイクの服装をおしゃれに!こだわり夏コーデやおすすめ装備ご紹介 | MensModern[メンズモダン]

バイクに乗る時のファッションイメージ

本物の、というと語弊があるかもしれませんが、メンズ本格バイク乗りは全身革!のイメージがありませんか。身を守り、風を防ぐ革がバイクに最適だと言われているからです。車と違い生身で乗っているので、こけた時の怪我はひどくなります。なので夏でも全身を覆うのが基本の格好なのです。

とはいえ、最近はビッグスクーターの流行りもあり、普段着のままバイクに乗っている若者もたくさん見かけます。夏にはTシャツに短パンで乗る人も見かけますね。本当は危険なのでやめて欲しいですが、スクーターなら可能な格好なのです。

スクーター以外のバイクでは夏に短パンで乗ることはまずないでしょう。エンジンが熱いのと、照り返しもかなりきついので長いパンツが必須です。バイクの種類によってファッションも変わっていく、ということになりますね。お洒落なバイクウェアも出ているので、バイクファッションを紹介していきます。

バイクファッションで気を付けたい点

バイクに乗ると、膝を曲げて乗るのでパンツの丈が短くなります。そこからのぞく靴下は案外目立つもの。全身コーデをしても靴下が浮いていたらバイク乗りには致命的です。ブーツなら見えないこともありますが、カジュアルにスニーカーなどで乗っていると丸見えなので気を配りたいものです。

また上着はバイク用でないと、風をふくんで背中が膨らんでしまいます。スタジャンなどで乗っているメンズを見かけますが、背中が盛り上がって超猫背な人みたいですよね。かっこ悪いだけでなく風の抵抗で疲れてしまいますので、バイクウェアの上着をおすすめします。

バイクファッションもお洒落に進化中

一昔前のバイクファッションは、お洒落というよりは機能性重視の決まったスタイルのファッション、という感じでした。スポーツバイクに乗る全身革つなぎや、アメリカンバイクに乗る革ジャンにデニム、といったファッションが代表的ですね。

そんなバイクファッションも、一時期バイク人気が低迷したことにより、お洒落で機能的に変化したようです。それまでバイクファッションはバイクに乗っている間はいいのですが、バイクを降りた時にお洒落ではなかったり…街を歩ける感じではなかったり…そんな悩みを解決してくれたのです。

最近はバイクを降りてもお洒落なタウンユースのジャケットやパンツが多く出ているのです。それでお洒落にバイクに乗りたい若者もバイクファッションを見直してバイクに戻ってきたのです。また、一度はバイクから離れた中年メンズもバイクに戻ってくる人がちらほら出てきました。

バイクのリュック・バックパックでおすすめは?ツーリングや通勤にも | MensModern[メンズモダン]

バイクの種類でファッションにも違いが

タウンユースバイク

スクーターやストリートバイクなどがタウンユースバイクの種類に入ります。長距離ツーリングなどは想定しておらず、街中をちょいのりしたり、お洒落バイクとして乗りたい人に人気です。比較的普段着に近い服装で乗る人が多いので、気軽に乗れるイメージですね。でも短パンとサンダルだけは危険なのでやめましょう。

オンロードバイク

ネイキッド、ツアラーやアメリカンと言われるバイクです。バイク好きはここからスタートすることが多いですね。長距離ツーリングにも行ける大型のバイクも多く、安定感は抜群です。オンロードバイクの中でも、走り方で好みが分かれます。

オフロードバイク

舗装されていない道路や林道などを走るバイクです。よりワイルドにアウトドア好きな人にはたまらないバイクです。このジャンルはお洒落なファッションで乗るタイプではありません。本格的バイクウェアでないと怪我します。

バイクのアメリカンでおすすめは?大型や人気車種のランキングご紹介 | MensModern[メンズモダン]
かっこいいデザインのバイク最新まとめ!新車で買えるおすすめは? | MensModern[メンズモダン]

夏におすすめバイクメッシュジャケット

夏はTシャツで乗るのが涼しいと思っている人もいるかもしれませんが、ナイロンメッシジャケットやパーカーはTシャツで乗るより涼しい優れものなのです。太陽の熱や紫外線を防いでくれるだけでなく、汗をかいても走行風でメッシュに吸った汗を外に逃がしてくれるのです。

綿のTシャツで汗をかくと、渇きが悪く不快で汗がなかなか乾かないので室内に入った時のエアコンの風で夏風邪をひいてしまうかもしれません。Tシャツ一枚より転倒時の怪我が軽くすむメリットもあります。これから夏の上着の購入を検討している人には、メッシュ素材が一押しです。

夏のメンズバイクファッション①シンプルコーデ

夏といえばTシャツ。バイク乗りもTシャツのジーパンというシンプルスタイルの人も多いです。バイクに乗る時は、上着にメッシュのはおりモノがあればより安心です。直射日光をずっと浴びるとかえって暑く感じるものなので、肌の露出は極力避けた方がよいです。

上着を羽織るのが嫌な人は、長袖の吸水速乾のTシャツに半袖Tシャツを重ね着するファッションがよいでしょう。もしくはピタッとしたメンズスポーツインナーを下に着れば、汗をかいた時の不快感があまりなくて快適ですよ。

シンプルファッションで、デニムにTシャツを着た場合上着にパーカーをチョイスしてもお洒落です。シンプルカジュアルの定番ですが、風が肌に直接当たるより疲れが軽減される効果もあるんですよ。

夏のメンズバイクファッション②ワイルドコーデ

夏でも、革でバイクに乗る人は「本当の」バイク乗りかもしれません。ワイルドな黒ジャケットにデニム、足元はワークブーツで決まります。革は風を通さず、熱中症になる可能性があるので、革ベストくらいにしておく方がよいかもしれません。夏は革パンツはさすがに暑いので、デニムや黒パンツでOKでしょう。

バイクウェアのパンツでも、メッシュを使ったものが多く出ているので夏にはおすすめです。メッシュのストレッチデニム、メッシュのカーゴパンツなどもあり、機能性が高く街でも違和感のないスタイルが出来あがります。

夏のメンズバイクファッション③スタイリッシュコーデ

他のバイク乗りと一味違ったファッションをしたいメンズは、乗馬スタイルもお洒落です。英国紳士風に上品に乗ることができます。バイクもイギリスバイクであればトータルコーデできますね。イギリスのバイクはあまりメジャーではありませんが、メンズには人気のトライアンフなどがあります。

スタイリッシュなデニムジャケット!これがバイク用だなんて素敵ですね。お洒落メンズにはぴったりです。パンツもバイカラーが斬新で、お洒落だと思いませんか?靴までばっちりコーデしたら、バイクを降りても街中で浮くことはありません。

ジャケットもカラフルなものをチョイスすれば、バイクウェアとは思えないコーデになります。街までバイクに乗って行って、降りて買い物などしてもバイク乗りとわからないくらいお洒落なコーデになります。パンツも迷彩柄やカーゴなどデザインを選べば、スタイリッシュバイクファッションの完成!

夏のメンズバイクファッション④カジュアルコーデ

バイクウェアのブランドもお洒落なものが増えてきました。MaxFritzではバイクファッションのイメージを変えるような、本格的機能性ももちながらお洒落さを追求したウェアがそろっています。お洒落バイク乗りからは注目されていますよ。

何度も書いていますが、夏でも長袖を着て乗ることをおすすめします。長時間乗っていると日焼けしますし、結果体力を消耗することになります。バイクウェアでもカジュアルファッションは気軽にできてお洒落なので人気です。Tシャツで乗るにしても夏の上着をリュックに入れておきましょう。

夏のツーリングも快適にするバイクウェア

上着をメッシュ素材のもの、パンツにもメッシュを使ったパンツがあるので、そのような上下でバイクに乗ると全然涼しさが違います。革ジャンはバイク乗る時にはかっこいいですが、夏は蒸れて暑くなり、熱中症になるかもしれないのでおすすめできません。

Tシャツの下に下着を着るのも一つです。下着を涼しいものにすると、体感温度が全然違います。冷感のシャツなども出ているので、スポーツシャツなどで探してみるとよいですよ。ノースリーブタイプならTシャツの下にも着れます。

防水リュックサック・バックのおすすめは?おしゃれで海やバイクにも最適 | MensModern[メンズモダン]

バイクの種類によってファッションも変化

色々見てきましたが、バイクウェアのイメージが変わりましたか?夏は薄着になって、よりタウンユースに近い格好でバイクに乗れるようになりました。安全と快適さを確保して、暑い夏でも楽しいツーリングをしたいですよね。

素材もメッシュを使えば、ジャケットもパンツも風通しがよくて快適なバイク生活が送れます。昼間は暑くても、日が暮れると肌寒くなることがあるので、メッシュジャケットだけじゃなく、風を通さないナイロンジャケットも携帯しておきましょう。バイクファッションはお洒落じゃない、と思っていたあなたも、お洒落バイク乗りになってみませんか。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ