おしゃれに歯ブラシを収納しよう!100均からDIYまでアイデアまとめ!

毎日使う歯ブラシですが、コップにさしておくだけが歯ブラシの収納方法ではありません。ここでは、歯ブラシをおしゃれで機能的に収納できるアイデアをまとめてみましょう。歯ブラシの時間が楽しくなってしまうDIYもご紹介!あなたも洗面台周辺を上手に活用してくださいね。

目次

  1. ぬめりが出るのが嫌!歯ブラシ収納
  2. 歯ブラシ独立型収納術
  3. つかえる!100均陶器歯ブラシスタンド
  4. 100均コードクリップで歯ブラシホルダーDIY
  5. サドルバンドで歯ブラシ収納DIY
  6. 100均の歯ブラシホルダー収納
  7. 100均壁掛けフックで歯ブラシ吊るし収納
  8. 壁掛けフックとちょっとしたDIY
  9. 歯ブラシ専用のおしゃれな収納棚DIY
  10. 電動歯ブラシ収納
  11. 電動歯ブラシの吊るし収納
  12. 歯ブラシ収納は清潔を第一に!

ぬめりが出るのが嫌!歯ブラシ収納

普段の一般的な歯ブラシ収納は、コップに立てておいたり、洗面所に備え付けてある歯ブラシ専用の収納扉にしまうことなどでしょう。この収納方法だと何といってもコップの中がぬめってきたりなど、不衛生な感じがとーっても嫌ですね。

ピンクぬめりの正体

歯ブラシを入れたコップ内やお風呂場でよく見かけるピンクぬめりは、『メチロバクテリウム』という細菌です。もしかすると、ぬめったコップを使って歯みがきあとのうがいをしているのではないですか?そのような状況を生まないためにも、歯ブラシの収納方法を見直してみましょう。

タオルの収納方法やアイデア・たたみ方まとめ!おしゃれに洗面所をスッキリ | MensModern[メンズモダン]

歯ブラシ独立型収納術

衛生面を第一に考慮して、歯ブラシには独立してもらいましょう。歯ブラシの独立のためには、100均グッズがたいへん役立つんです!インテリア性に優れたグッズがたくさんありますよ。

つかえる!100均陶器歯ブラシスタンド

そもそも陶器でできた歯ブラシスタンドは、無印での300円の商品が人気でした。シンプルでつるんとしたフォルムがステキすぎる印象でインテリア性も抜群だったのです。タイプを同じにして、今では100均でも見かけるようになりました。場所も取らず、歯ブラシがおしゃれないで立ちとなってスタンバイしてくれます。ちなみに上の画像が無印良品、下の画像がダイソー商品です。

ダイソーやキャン★ドゥで扱われている陶器の歯ブラシスタンドは、存在感やインテリア性も無印良品に負けていません。歯ブラシを立てて収納するだけではなく、デスクに置いてペンを立てたり玄関で印鑑を立てておいたり、キッチンで菜箸を立てて活用するアイデアもございます。

100均歯ブラシスタンドには、ほっこりするようなイラストが描かれたタイプもございます。癒されます…

クローゼット収納術のアイデアまとめ!100均・DIYのコツや方法紹介 | MensModern[メンズモダン]

100均コードクリップで歯ブラシホルダーDIY

歯ブラシを収納するために100均グッズに少し手を加えてDIYするアイデアをご紹介しましょう。まずご紹介するのは、DIYというよりも使い方を変えて活用するアイデアです。歯ブラシ収納にインテリア性を求めたり、機能性を求めるならば、やはりここはDIYですね!

100均で販売されている「コードクリップ」を歯ブラシ収納に活用するアイデアがあります。通常であれば、パソコンなどのコード類を整頓するためのものですが、歯ブラシの収納にぴったりなんです。

歯ブラシの首の部分をはさんであげれば簡単におしゃれな収納ができます。『歯ブラシホルダー』という似たタイプの専用の商品もありますが、コードクリップでも十分!ブラシ部分がすぐに乾き衛生的にも優れているようです。モノトーンインテリアにもぴったりですね。ぜひとも真似してみたいアイデアです。

靴下の収納は100均グッズでスッキリ!上手に収納する方法とは? | MensModern[メンズモダン]

サドルバンドで歯ブラシ収納DIY

男前インテリアでおなじみの「サドルバンド」を使ったDIYを歯ブラシ収納に応用するアイデアもございます。サドルバンドに歯ブラシを通して壁掛け収納するのは見た目にもおしゃれな収納方法です。

サドルバンドは本来、床配管のために使うものなのですが、最近は壁のディスプレイなどに大活躍しています。洗面台周りにも男前を求める方にはもってこいの歯ブラシ収納になりますよ。

男前のインテリアにしたい!100均DIYの作り方とまとめ! | MensModern[メンズモダン]

100均の歯ブラシホルダー収納

下の画像は、ダイソーの歯ブラシホルダーです。まぁるいフォルムが何ともいえないおしゃれな雰囲気ですね。歯ブラシを使う時に手前に引くと、ぱっかり開閉するそうです。可愛らしいですね。ぜひともダイソー店舗をチェックしてみてくださいね。注意点として収納時、歯ブラシをよく洗ってよく水を切った状態でしまってくださいね。

セリアでは、下の画像のようなアヒルさんやカエルさんの可愛らしい歯ブラシホルダーも扱っています。人気なので品薄状態の時期もあったようですよ。お子さんの歯ブラシ収納に喜ばれますね。もちろん大人にも!

下の画像は、ダイソーの歯ブラシホルダーです。モノトーンインテリアに一役かうアイテムとしても人気の商品です。邪魔になることもなく、歯ブラシのはめ具合も上々のようです。

DIYで部屋をおしゃれにする方法!100均アイテムで簡単模様替え | MensModern[メンズモダン]

100均壁掛けフックで歯ブラシ吊るし収納

DIYで便利に使える『壁掛けフック』。歯ブラシを壁掛けフックに吊り下げて収納するアイデアはとっても衛生的かつ機能的です。吊り下げ収納という名の歯ブラシ干しといえるかもしれません。おしゃれなクリップにはさんだ歯磨き粉なども一緒に吊るしておけばすぐに使えて便利です。

吸盤の付いたフックは、洗面所で大活躍します。洗面所の鏡にくっつけるアイデアは使い勝手がよさそうですね。

ありとあらゆる歯ブラシ収納を試した結果、たどりつくのがこのフック収納だというご意見が多いものです。十分に気をつけていても、歯ブラシ収納グッズに「ぬめり」が出てしまったり、ホコリが溜まってしまったり…というのが正直な実態なのです。こまめなお掃除もなかなか大変になりますから、吊るし収納はいちばんおすすな歯ブラシ収納です。

上の画像では、洗面所の棚の中につっぱり棒を活用していますね。そうすることで引っ掛けるタイプのフックがたくさん使えるようにDIYされています。参考にさせていただきましょう!

使えるものは使っちゃえ!

上の画像は、水回りの既存の配管にS字フックを引っ掛けての歯ブラシ収納です。レトロ感もあっておしゃれな雰囲気が醸し出ていますね。使えるものは使ってしまうというアイデアは、面白くてすばらしいですね。

壁掛けフックとちょっとしたDIY

上の画像は、きちんと歯ブラシ専用にDIYされた壁掛け収納です。木材に壁掛けフックが取り付けられているおしゃれな収納ですね。お掃除のしやすさも魅力です!

上の画像は、100均アイアンバーでのDIYです。洗面台周りへの直置きを避けることで「ぬめり」対策になります。シンプルな雰囲気がおしゃれですね。

歯ブラシ専用のおしゃれな収納棚DIY

洗面所にちょっとした収納棚が必要な時は、自分で作ってしまいましょう!上の画像のおしゃれな歯ブラシの収納棚は、フレームや取っ手、蝶番など100均グッズを上手に使ってステキにDIYされています。ヴィンテージ感がたまりませんね。

上の画像は、来客時に歯ブラシを隠しておきたいという願望から、カーテン付きの歯ブラシ収納棚をDIYされています。確かに、使っている歯ブラシは隠しておきたいという気持ちがおきますね。なるほど!と共感できるDIYです!インテリアとしてもとってもおしゃれです。

洗濯機周りの収納アイデア集!スペースの有効活用でスッキリおしゃれに | MensModern[メンズモダン]

電動歯ブラシ収納

電動歯ブラシのヘッドも何かと頭を悩ませてしまいますね。付属のブラシ立てに立てておくと、普通の歯ブラシと同様、「ぬめり」の問題も発生しますし、本体の方も汚れてきますので日頃から清潔を心がけたいものです。

考え方は簡単です!普通の歯ブラシと同じように考えて収納することです。電動歯ブラシの方がネックが太いとうところが、普通の歯ブラシとの違いではありますが、これまでご紹介した収納方法は電動歯ブラシにも応用できます。

筆者が試したところ、先にご紹介した100均の陶器の歯ブラシスタンドにオムロンの電動歯ブラシは立てることが可能でしたし、100均のコードクリップにはさめることも可能でした!

メーカーによって電動歯ブラシのネックの太さに違いがあると思われます。ネックのすそが急に太くなっているタイプもありますのでそのような電動歯ブラシには陶器の歯ブラシスタンドは不向きです。電動歯ブラシに陶器の歯ブラシスタンドのご購入をお考えの際は予めサイズを確認しておく必要があります。

電動歯ブラシの吊るし収納

衛生面を考えると、電動歯ブラシのヘッドも吊るして干しておけるような収納方法がおすすめです。簡単な方法は、クリップを使うアイデアです。100均でも手軽に購入できるクリップは、案外インテリアにも面白さが演出できるんですよ。下の画像は、「目玉クリップ」ですが、電動歯ブラシほどの太さがあってもきちんと挟んでくれます。

目玉クリップの目玉の穴にS字フックが通せる!というところがポイントです。S字フックが通ったらお好きな場所に吊るし収納できます。

上の画像のように、100均で大人気の「ステンレスピンチ」でも電動歯ブラシのヘッドははさめます。電動歯ブラシのヘッドはキレイに洗って干すという収納が衛生的です。下の画像のステンレスピンチのようにS字フック要らずのタイプはとっても便利です。

電動歯ブラシおすすめランキング!評価レビュー・価格別に選び方を解説 | MensModern[メンズモダン]

歯ブラシ収納は清潔を第一に!

歯ブラシ収納には、清潔第一です。おしゃれ収納を追求してしまうと清潔さと機能性が後回しになってしまいがちです。お掃除のしやすさや使い勝手の良さを最優先することがいちばんでしょう。ご紹介したさまざまなグッズで使い心地のよい歯ブラシ収納を見つけてくださいね。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ