キャンプ用テントの人気ランキング!初心者におすすめの物も!

キャンプに欠かせない道具の一つにテントがあります。そんなテントも形や大きさなど様々なものがありますが、どういった基準で選んだら良いのでしょうか?今回はキャンプ初心者にもおすすめのテントをランキング形式でご紹介いたします。

キャンプ用テントの人気ランキング!初心者におすすめの物も!

目次

  1. キャンプに欠かせない道具の一つテント
  2. テントの種類①:ドーム型テント
  3. ツールームテント
  4. ワンポール型テント
  5. 初心者におすすめのキャンプ用品メーカー
  6. キャンプ初心者がテントを選ぶときのポイント
  7. テントだけじゃない!あると便利な寝具
  8. テントマット
  9. カーペットやラグでも!
  10. ロゴスTepeeナバホ400
  11. ロゴスneosPANELスクリーンドゥーブル
  12. キャンパーズコレクションプロモキャノピーテント5
  13. スノーピークアメニティドームM
  14. コールマンテントタフワイドドーム4/300
  15. キャンプ用テントのおすすめ人気ランキングまとめ

キャンプに欠かせない道具の一つテント

自然の中で料理をしたり、普段できない体験ができるアウトドアでもあるキャンプですが、キャンプで寝泊まりするのに必要な道具のうちの一つにテントがあります。一口にテントと言っても使う人数や形によって大きさや様々なタイプがあります。

テントの種類①:ドーム型テント

テントの種類の一つにドーム型テントがあります。ドーム型テントは2本のポールをテントのトップでクロスさせて組み立てるテントで、初心者にも比較的簡単に組み立てることができるテントです。ドーム型テントはその簡単な構造から短時間(5分から10分)で組み立てることができ、サイズや種類も多くでています。

ドーム型テントはその簡単な構造から一人でも簡単に設営することができます。また、風に強いというメリットもありますが、その形から夏はテント内に熱気が溜まりやすく、他のタイプのテントより温度が暑くなりがちです。

ツールームテント

テントの種類の一つ、ツールームテントです。ツールームテントはその名の通り、ドーム型テントにリビングすぺーつがついたタイプのテントです。通常のテントは空間が一つだけなので、食事をする際場所にはタープを張ってその下にテーブルを設置します。このツールームテントは眠るためのスペースとリビングスペースが付いているのでタープを張る必要もなく、設営するのはテントのみになるので荷物も少なくなります。

ツールームテントはテント一つで広々としたリビングスペースが確保でき、スクリーンも付いているので蚊よけや寒さ対策にもなる便利なテントですが、他のテントと比べサイズが大きくなってしまうため一人での設営は大変です。またリビングスペースがある分、収納サイズも大きくなるので、ある程度スペースがある保管場所が必要です。キャンプ初心者にはあまりおすすめできないタイプのテントになります。

ワンポール型テント

おしゃれな外観が人気のワンポールテントはティピテントとも呼ばれ、キャンプだけではなく、野外フェスなどでも多く見かけるテントです。

ネイティブアメリカンの家のようなレトロな見た目がおしゃれなワンポール型テントですが、このタイプのテントはテント中心に建てたポール1本で持ち上げ、周囲にバランスよくロープをペグ打ちしないと倒れてしまう危険があるため、キャンプ初心者が初めて持つテントとしてはあまりおすすめできません。

一人キャンプおすすめのアイテム50選!初心者でも一人で楽しむアウトドア | MensModern[メンズモダン]

初心者におすすめのキャンプ用品メーカー

おすすめの人気キャンプ用品メーカー:コールマン

キャンプ初心者にもおすすめのメーカー1つめはコールマンです。コールマンは1900年にアメリカで設立された老舗のキャンプ用品メーカーです。社名は創業者の名前に由来しており、創業当初はガソリンランプの販売をする会社でした。コールマンはキャンプをしたことがない人にも知っている人が多いほど知名度があり、価格も手ごろなアイテムが多いため、キャンプ初心者にも揃えやすいアイテムが多いのが特徴です。

コールマンのラインナップはキャンプ用品のほとんどを網羅しており、キャンプをする道具の全てはコールマンで揃えられるといっても過言ではありません。また、用途に合わせてローエンドからハイエンドまで揃っているので、キャンプ上級者でも使用している人は多いブランドです。

おすすめの人気キャンプ用品メーカー:スノーピーク

おすすめの人気キャンプ用品メーカー2つめはスノーピークです。スノーピークは日本の新潟のキャンプ用品メーカーで、金物問屋として始まった会社になります。現在はアウトドア用品やキャンプ用品を数多く販売しています。価格は高めなのでキャンプ初心者には手が出しにくいメーカーですが、高品質でキャンパーにとっては憧れのブランドでもあります。

スノーピークはユーザー目線での商品づくりをしており、使いやすさには定評があります。さらにシュラフのクリーニングサービスやテントの乾燥サービスなど、他社が行っていないがユーザーには嬉しいサービスがあるのも人気の秘密かもしれません。さらにスノーピークの商品は拡張性が高く、スノーピークの色々なアイテムを組み合わせて使用できるので、汎用性が高いのも特徴です。

おすすめの人気キャンプ用品メーカー:ロゴス

ロゴスは日本の大阪に本社があるメーカーでアウトドア用品全般を取り扱っています。ロゴスは手軽にアウトドアを楽しみたいライトユーザー向けの商品が多く、価格も手ごろなものが多いのが特徴です。また、ロゴスの商品はカラフルな物や柄物も多く取り扱っており、男性だけでなく、女性キャンパーからの支持も高いです。組み立てが簡単なアイテムも多いので、ロゴスで一式揃えるのもおすすめです。

テントやタープなど、使っているうちに穴が開いてしまったりする場合がありますが、ロゴスでは穴が開いてしまったテントやタープの修理業務も行っています。購入して終わりではなく、アフターケアサービスも行ってくれるのは嬉しいですよね。

キャンプ初心者がテントを選ぶときのポイント

テントの値段で決める

キャンプ初心者がテントを選ぶ際のポイントとして、テントの価格で選ぶ方法があります。現在テントメーカーは多く存在しますが、その中でも価格も品質も高いハイスペックなメーカーと、お手頃価格で品質も普通のベーシックなキャンプ用品を販売するメーカーがあります。手頃な価格のメーカーのテントは品質が悪いというわけではありません。

価格の高いメーカーのキャンプ用品はテントをはじめ本格的な登山などで使用することを想定して作られたものが多く、過酷な環境で使用できるように作られている為、価格が高くなってしまうのです。キャンプ初心者がこのようなハイスペックなキャンプ用品をいきなり購入しても使いこなせず終わってしまうこともあります。まずはお手頃な価格のものから買ってみて色々試してみるのがおすすめです。

テントの耐水圧に注目して決める

キャンプ初心者がテントを購入する際のポイントとして、テントの耐水圧に注目して決める方法があります。耐水圧とは浸水に耐えられる度合を表すもので、耐水圧が低いテントを雨の中で使用していると段々と雨が染み込んできてしまい、テントの中に雨が入り込んできてしまうこともあります。

キャンプに使うテントを選ぶ際はぜひこの耐水圧にも注目してみてください。目安や耐水圧が1500mmくらいのテントでしたら、台風や夕立などのゲリラ豪雨でない限りは浸水することはないでしょう。また、この耐水圧の数値については高ければ高いほど雨に強くなりますが、その分テント自体の価格も高くなってしまうので、予算を見ながら検討すると良いでしょう。

使用する人数でテントの大きさを決める

キャンプ初心者がテントを決める際のポイントとして使用する人数に合わせてテントの大きさを決める方法があります。ほとんどのテントが収容可能人数を表記している場合が多いですが、選び方の目安として300×300cm程度あると大人2人と子供2人が余裕をもって寝れるでしょう。

ソロキャンプや多くても2人でのキャンプですとあまりにも大きなファミリー向けの大きさのテントを買ってしまうと重量も重くなり、設営も大変となってしまいますが、ほどほどに大きいテントでしたら寝るときもゆったりとくつろげます。

テントだけじゃない!あると便利な寝具

キャンプ初心者が意外と忘れやすいものとしてテント内のアイテムです。一応テントと寝袋があれば寝ることもできますが、キャンプ場の地面は小さな石があったりして凸凹していることが多いです。より快適にテント内で過ごせるためのアイテムをご紹介いたします。

テントマット

キャンプをする季節によって暑かったり、寒かったりしますよね。夏用のシュラフや、冬用のシュラフがありますが、実は快適に眠るにためには、シュラフとともにテントマットも重要な役割を果たしてくれています。地面の凸凹を防いでくれるほか、断熱や、保温効果も上げてくれるのがテントマットなのです。

テントマットは大きく分けて「エア注入式マット」と「発砲製マット」があります。エアマットはその名の通り、空気を入れて膨らませるタイプのテントマットです。発砲製のマットより膨らむのでより快適に眠ることができます。エアマットは寝心地が良いのがメリットですが、膨らませたまま運ぶことができないので、都度空気を入れたり抜いたりする必要があり、若干手間がかかるところがあります。

ウレタンマットはベーシックなテントマットで一般的に多く使われているマットです。表面がアルミ素材になっている銀マットや合成樹脂でできたウレタンマットがあります。エア注入式マットよりスリムで折り畳むこともできるので、持ち運びにも便利なマットです。銀マットなどは断熱効果が高いので春や秋などの朝晩の冷え込みが厳しい時のキャンプに向いています。

おしゃれなキャンプグッズ特集!テーブルなどセンスが良いアイテムは? | MensModern[メンズモダン]

カーペットやラグでも!

最近ではテントマットの代わりにおしゃれなカーペットやラグを敷いているキャンパーも多いです。その中でも良く見かけるのが「メキシカンラグ」と呼ばれる民族柄のカーペットです。メキシカンラグは明るい色のものが多いので一枚敷くだけでパっとおしゃれになりますよ。

アウトドアにおすすめのメキシカンラグ特集!キャンプがおしゃれに楽しめる | MensModern[メンズモダン]

ロゴスTepeeナバホ400

キャンプ初心者におすすめの人気テント第5位

キャンプ初心者におすすめの人気テント第5位はロゴスTepeeナバホ400です。こちらのテントはワンポール型のテントでキャンプ初心者にも組み立ては簡単ですが、バランスよくペグ打ちをする必要があります。ユニークなデザインが女性や子供からも人気もあり、ワンポール型なので天井が高く、空間を広く感じることができます。他のキャンパーと差をつけたいときにもおすすめのテントです。

ロゴスneosPANELスクリーンドゥーブル

キャンプ初心者におすすめの人気テント第4位

キャンプ初心者におすすめの人気テント第4位はロゴスneosPANELスクリーンドゥーブルです。こちらのテントは耐水圧が3000mmもあり、雨天のキャンプにも安心のテントです。2本のキャノピーポールで支えることによりタープとしても簡単自立するほか、車とリンクする部品がついており、簡単に車体と連結することができます。

ロゴスneosPANELスクリーンドゥーブルのインナーテントはつりさげ式なのでインナーテントを外せばフライトシートをスクリーンとして使用することもで、デイキャンプなどのタープ代わりとしても使えます。またテント内に雨水や害虫を入りにくくするマッドスカート付で、不快な季節でも快適に過ごすことができるおすすめテントです。

キャンパーズコレクションプロモキャノピーテント5

キャンプ初心者におすすめの人気テント第3位

キャンプ初心者におすすめの人気テント第3位はキャンパーズコレクションプロモキャノピーテント5です。こちらのテントは4人から5人の仕様が可能で組み立ても簡単なテントです。価格も2万円以下と休めで、キャンプ初心者が初めて買うテントとしてもおすすめです。ただし耐水圧1000mmと低めなので大雨が降りそうな天気の時の使用にはおすすめできません。

スノーピークアメニティドームM

キャンプ初心者におすすめの人気テント第2位

キャンプ初心者におすすめの人気テント第2位はスノーピークアメニティドームMです。スノーピークはユーザー目線での商品開発をしており、使いやすさに定評があるメーカーです。このスノーピークアメニティドームMは前室が付いており、跳ね上げればタープにしたオープンなリビングスペースになります。組み立ても簡単なのでキャンプ初心者にもおすすめのテントです。

コールマンテントタフワイドドーム4/300

キャンプ初心者におすすめの人気テント第1位

キャンプ初心者におすすめの人気テント第1位はコールマンテントタフワイドドーム4/300です。このテントは高品質の強度と柔軟性に優れた軽量のアルミ合金ポールを使用しており、組み立てが簡単で強度にも自信があるテントです。さらに風の抵抗を受けやすいテントに補強用のロープを張ることで風にも強くなるストームガードがついています。

コールマンテントタフワイドドーム4/300の出入り口の大きなドアには網戸が付いており、熱がこもりやすいドーム型テントの風通しをよくし、さらに虫の侵入もふせいでくれます。コールマンのテントは上部を大きく押し上げる構造で高さにも自信があるテントになっています。

キャンプ用テントのおすすめ人気ランキングまとめ

キャンプ用テントはサイズや性能、メーカーによっても価格が様々です。最初はうまくテントが張れずに苦労することも多いかと思いますので、キャンプ初心者には組み立ても簡単で価格も比較的安いドーム型のテントがおすすめです。あとはキャンプに行く人数や耐水圧などでテントを選んでみるのも手です。ぜひ今回の記事を参考にしていただき、お気に入りのテントで楽しいキャンプに挑戦してみてください。

キャンプにあると便利な持ち物リスト!必要な物をチェックしよう! | MensModern[メンズモダン]

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ