どんなスタイルにもマッチするコート。レディース同様メンズも種類が増えて汎用性もより高くなりおしゃれメンズには欠かせないアイテムになりましたね。そこでコートの種類やコーディネートからおすすめブランドまでチェック!あなたにピッタリのコートを見つけましょう!

コートの種類一覧メンズ編!おすすめブランドからコーディネートまで!

目次

  1. 抑えておきたいメンズコートの種類
  2. おしゃれメンズ必見!おすすめチェスターコート
  3. デイリーカジュアルをおしゃれに演出するにはピーコート!
  4. スタイリングフリーの万能アウター!トレンチコート
  5. 定番だからおしゃれに着こなしたい!ステンカラーコート
  6. 可愛いだけじゃない!大人のおすすめダッフルコート
  7. メンズコーデに程よいカジュアル!おすすめはキレイ目ダウンコート
  8. 羽織るだけでさまになる!味方につけるべきはモッズコート
  9. シングルかダブルどちらを選ぶ?ふたつの表情を楽しむライダースコート
  10. 注目度No. 1 真冬を華やかに彩るのはランチコートで!
  11. 新作それともセール狙い?冬のコートはいつ買えばいい?
  12. メンズコートまとめ

抑えておきたいメンズコートの種類

若い世代からミドルエイジまで欠かすことの出来ないアイテムのコート。近年ではメンズコートも種類が増え、各ブランドが様々なスタイルのコートを展開しているように、一着のコートを着回すのは昔の話し。

今はカジュアルからビジネスシーンまで、コーディネートによってコートも着替える時代になりました。そこで代表的なメンズコートの種類と選び方そしておすすめコーディネートをご紹介しましょう!

おしゃれメンズ必見!おすすめチェスターコート

チェスターコートの種類と特徴は?

テーラードジャケットの丈を長くしたスタイルのコートがチェスターコートです。正式には「チェスターフィールドコート」。19世紀イギリスのチェスターフィールド伯爵が着用したことが名前の由来で、当時は比翼仕立てというボタンが見えないデザインが主流で、上襟にベルベットを用いていました。

現在はデザインの種類も豊富になりスーツだけではなく、カジュアルな着こなしにチェスターコートを取り入れるコーディネートも増えましたが、やはり正統派ブリティッシュトラッドのメンズコートですね。

フォーマルからカジュアルまでどんなスタイルにもマッチするのがメンズチェスターコートの特徴で、シングルかダブルか襟のカタチなど色々な種類がありますが、ひざ下までのロング丈はフォーマル度がアップし、ひざ上のショート丈ならカジュアルな着こなしに似合うので用途によって選びましょう。

チェスターコート着こなしと選び方のポイント

羽織るだけで上品さ演出しスタイルを選ばないのがメンズチェスターコートの魅力です。冬のインナーといえばタートルネックが定番ですが、チェスターコートとタートルネックは鉄板の組み合わせ!これは使わない手はないですね。

そして大人世代にチェレンじして欲しいのは黒のワントーンコーデ!洗練された大人のイメージで大人の魅力を引き立てます。

首もとのマフラーやストールでアクセントを、そして靴などに違うカラーを挿し色として使うとおしゃれ度をアップさせるおすすめの着こなしです。冬のアイテムであるメンズチェスターコートは防寒性の高いウールベースが基本ですが素材の種類は自分に合ったものを。また長く愛用するアイテムなのでシンプルで飽きのこないデザインを選びましょう。

メンズチェスターコートおすすめブランド Belvest

1964年創業のイタリアブランド『ベルベスト」。有名一流ブランドの受注生産も手がけ、今では多くのセレクトショップから注目されているブランド。本物志向で一生モノをという方にはおすすめのブランドです。

メンズチェスターコートおすすめブランド MACKINTOSH

1823年創業。その名は歴史に刻まれたブリティッシュトラッドを代表するブランドです「マッキントッシュ」。イギリスでコートと言えばまず名前が出る老舗ブランド。本物志向を実感できる一着です。

チェスターコートの着こなし方!お洒落で大人な人気メンズコーデ | MensModern[メンズモダン]

デイリーカジュアルをおしゃれに演出するにはピーコート!

ピーコートとは?

イギリス海軍が制服の上に防寒用として着たのが始まりだと言われているピーコート。ダブルのコートですが左右どちらが前でも着用できるのがピーコートの大きな特徴です。大きな襟は立てることで甲板で声が聞き取りやすくするためで、実用的に作られたコートがメンズピーコートです。

色柄の種類が豊富

ピーコートはどのブランドもデザインは大きく変わりませんが、各ブランドとも色柄の種類が豊富なのも特徴のひとつです。ビジネスシーン使いはベーシックカラーを、カジュアルでは色で遊ぶ。そんな選び方もピーコートならではですね。

メンズピーコートおすすめカラーと選び方のポイント

ピーコート選びで一番のポイントは「サイズ感」!スーツと同じようにピーコートもサイズ感が合っていないと野暮ってく見えます。コートとはいえあまりゆったりしすぎずジャケット感覚で羽織りたいアイテムです。いろんな種類のサイズを試着してピッタリのサイズを見つけましょう。

ピーコートにチャレンジしたい!色柄の種類が豊富なメンズピーコートですが、そんな人のおすすしたいのが「ミルクティー」!実際イタリア人男性が秋冬に好んで着用するカラーがミルクティーです。優しい色合いが上質な素材感を演出しリッチな雰囲気をかもし出す。そんなところが好まれているようですね。

メンズピーコートおすすめブランド BURBERRY

1856年創業。歴史ある世界的人気のイギリスBブランド「バーバリー」。定番デザインも品質の良さは定評があり、幅広い世代に愛されるブランドです。

メンズピーコートおすすめブランド Schott

1913年創業。ニューヨーク発のブランド「ショット」。ライダースジャケットと並んで人気があるのがピーコートです。32オンスのメルトンウールを使用した暖かさと丈夫さが特徴で、日本人の体型に合ったラインが販売されているのも嬉しいですね。

スタイリングフリーの万能アウター!トレンチコート

トレンチコートの特徴は?

第一次大戦でイギリス軍が寒冷地用に防水コートを求めたことから開発されたトレンチコート。軍用に作られたことから実用性が高いのはもちろん、機能美にも優れカジュアルもちろん様々な種類のシーンでも使える万能アウターがメンズトレンチコートです。

メンズトレンチコート選び方の基本は素材の種類で

近年トレンチコートの素材合成繊維や皮革の他、いろんな種類の素材が用いられていますが、やはりメンズトレンチコートはギャバジン(防水加工綿素材)を選びたいですね。

ギャバジンは型崩れしにくく、ツヤやハリがあり上品で着るほどに味が出て、レザーのように経年変化が楽しめます。そして全体のシルエットは着丈をひざ丈かひざ下丈を選ぶことでスッキリと見せてくれます。

メンズトレンチコートのコーディネートはカジュアルがトレンド

スーツやジャケットはもちろん、どんな種類のコーディネートにもよく合う万能アイテムのトレンチコートですが、トレンドはあえてカジュアルに着こなすのがおすすめのコーディネートです。

トレンチコートのフォーマルなイメージに、薄手のカットソーやパーカーにデニムなどカジュアルなアイテムを合わせて着崩すことで、おしゃれ上級者を演出したいですね。

メンズトレンチコートおすすめブランド Aquascutum

1851年創業。ブランド名はラテン語で水を表す「aqua」と盾を表す「scutum」を合わせた造語で「防水」を意味するように、防水コートの代名詞とも言える「アクアスキュータム」。1900年代には6つのロイヤルワラント(王室御用達)を与えられた老舗ブランド。カジュアルな着こなしこそ上質のコートを選びたいですね。

メンズトレンチコートおすすめブランド BURBERRY

上質なコートに定評がある「バーバリー」。中でもやはりトレンチコートは世界的に評価を受けています。トレンチコートを初めて作ったブランドとして「アクアスキュータム」と並ぶトレンチコートのトップブランドです。

定番だからおしゃれに着こなしたい!ステンカラーコート

ステンカラーコートの特徴は?

チェスターコートと並んで定番のコートがステンカラーコート。襟の後ろが高く前を低く折り返したカタチが特徴です。シンプルなデザインですが他のコートよりもカラーや素材の種類が豊富なので、コーディネートの幅が広がる楽しみもありますね。

丈の種類が多いステンカラーコート選び方の基本は?

ビジネス用のイメージが強いステンカラーコートをカジュアルに着こなすキモは丈の長さ。カラーと同じように丈の長さの種類も豊富なメンズステンカラーコートだけにスタイルによって丈を選ぶ必要があります。

短い丈はカジュアル感がアップしますがボリュームや全体のバランスを考えると、デザインがシンプルなだけにビジネス用に見えてしまいます。シンプルなデザインをカジュアルに着こなすにはロング丈。これが重要なポイントです。

コーディネートのキモはカラーの種類は少なくYラインを際立たせること

ロング丈のコートは上半身にボリューム感が出るので、ボトムスは細いシルエットのものを選びましょう。またカラー種類を抑えることで、Yラインシルエットにメリハリがつき全体のバランスがよくなります。

メンズステンカラーコートおすすめブランド

ASPESI

1969年ミラノで設立された「アスペジ」。ダウンジャケットが爆発的人気を得たブランドの現在の目玉商品がステンカラーコート。シンプルを極めたデザインとコストパフォーマンスにも優れたコートです。

Sealup

1935年創業ミラノの老舗コート専門ファクトリー「シーラップ」。イギリスの有名ブランド始め多くのブランドがオーダーするほど上質のコートを提供し続けています。

ステンカラーコートとは?ベージュ・ネイビー・カーキなど色は何を選ぶ? | MensModern[メンズモダン]

可愛いだけじゃない!大人のおすすめダッフルコート

ダッフルコートの種類と特徴は?

ダッフルコートも他のコートと同じようにイギリス海軍の防寒着として定着しました。フロントにトグルという木製の留め具とループが付いているのが特徴で、長年幅広い世代に支持されています。

以前はウール素材が定番でしたが、最近ではメンズもレディースと同じくムートンやダウンなど様々な種類の素材が出回っています。素材選びも楽しみですね。

ダッフルコートも選び方次第でイメージは変化します

ダッフルコートはデザインの種類が少ないので、どれも同じだと思っていませんか?実はどのダッフルコートを選ぶかでイメージは変わるんですよ。

選ぶポイントは着丈。若い世代なら学生っぽいショート丈をでも大丈夫ですが、大人世代はミディアムかロング丈を選んでスッキリしたシルエットを目指したいですね。

ダッフルコートにピッタリの6種類のアイテム

ニットやカットソーにシャツなどカジュアルなインナーがメンズダッフルコートのインナーとしてハズレがありません。ボトムスはデニムやチノは鉄板ですね。

そして意外にもジャケットとの相性も抜群なんです。ジャケットの上にダッフルコートを羽織ることでかっちりとしたイメージを柔らげこなし感を演出してくれます。是非この6種類を上手く取り入れて、おしゃれな着こなしにチャレンジしてみましょう。

メンズダッフルコートおすすめブランド GLOVERALL

ダッフルコートといえばイギリスのブランド「グローバーオール」。それくらいポピュラーな存在です。ミリタリーテイストの強かったダッフルコートをファッションアイテムに昇華させたブランドですね。

メンズダッフルコートおすすめブランド OLD ENGRLAND

1867年パリにオープンした「オールドイングランド」。イギリスの正統派トラッドにフランスの洒落っ気を加えたフレンチドラッド老舗ブランドです。

メンズコーデに程よいカジュアル!おすすめはキレイ目ダウンコート

ダウンコートはオンオフ兼用アイテムです

以前は防寒用だったダウンコートも今では様々な種類のデザインが展開され、すっかりおしゃれアイテムになりました。休日のカジュアルスタイルはもちろん、スーツにダウンコートを羽織るスタイルもよく見かけるようになりましたね。一着あると幅広いスタイルに対応できるアイテム。それがメンズダウンコートです。

選び方のポイントは?

ダウンとは水鳥「グース」の胸の羽毛のことで、ダウンコートには同じ水鳥の羽の部分フェザーと2種類が使用されています。保温性重視で選ぶならダウンの割合いが高いものを。通気性を重視するならフェザーの割合いが多いものを選ぶようにしましょう。

ダウンコートのおすすめコーディネート

ダウンコートは着膨れしがちですが最近は薄手で着膨れすることのない、スッキリしたシルエットのメンズダウンコートも多くなりました。また防寒性に優れたダウンコートは、カットソーだけでも充分に暖かいのでインナーは薄手のアイテムを選ぶのがポイントです。

ボトムスはデニムが定番ですが、カラーチノやカーゴパンツに合わせてもシンプルでスマートなコーディネートが全体のバランスを引き締めてくれます。

メンズダウンコートおすすめブランド Moncler

フランス発祥メンズダウンの王道ブランド「モンクレール」。素材にシャイニーナイロンを用いその光沢は上質な高級感を演出します。1羽から30gしか取れないホワイトグースの産毛を使用。袖を通したらはっきりと上質さが実感できる。ダウンコートをカジュアルから進化させたブランドですね。

メンズダウンコートおすすめブランド TATRAS

2006年からミラノを拠点に展開している「タトラス」。軽さを追求しダウン95%を使用。モンクレールに比べタウンユースを意識したデザインと比較的手に入れやすい価格で人気のブランドです。

羽織るだけでさまになる!味方につけるべきはモッズコート

モッズコートの特徴は?

オリーブグリーンの平織りコットンナイロン地のモッズコートは、米軍のフィールドジャケットの上に羽織るパーカーとして使用されたミリタリーアイテムが起源ですが、ロンドンで流行した音楽中心としたライフスタイル「モッズ」に愛用されたことから世界中に広がりました。

裾の後ろが燕尾状に広がっているのが特徴で、欧米ではフィッシュテールパーカーと呼ばれていましたが、モッズコートという呼称は日本のアパレル業界が発祥といわれています。

着こなしのポイントは?

モッズコートはあまりカッチリとした着こなしではなく少しラフに着たいコートです。保温力も高いので薄手のインナー1枚で少しゆるめの着こなしが、メンズモッズコートの魅力を引き立てますよ。

モッズコートと相性のいいアイテムは?

モッズコートは何といってもデニムとの相性が抜群です。モッズコートと白ニットにデニムは鉄板の組み合わせ。失敗しないコーディネートの基本ですね。アメカジならチェックシャツ合わせ。逆に他のミリタリーアイテムと合わせたり、色使いの種類が多すぎると野暮ったく見えるので避けた方が無難です。

メンズモッズコートおすすめブランド FredPerry

1952年ロンドンでスポーツウェアのブランドとして創業した「フレッドペリー」。その後モッズコートを発表し一躍人気ブランドになりました。デザイン性が高く飽きのこない作りが多くの人に愛用されています。

メンズモッズコートおすすめブランド MAGINE

デザイナー宮内宏樹氏が2004年洋服のシルエットと素材の調和をコンセプトに立ち上げたブランド「マージン」。広い世代に対応しヴィンテージテイストのモッズコートがメンズに人気のブランドです。

シングルかダブルどちらを選ぶ?ふたつの表情を楽しむライダースコート

ライダースコートとは?

バイカーたちが着用するバイクに乗るために工夫された機能的なジャケットで、ショートジャケットが主流でしたが、近年はコートも多く出回るようになりました。

ライダースコートはシングルとダブルがあり、レザーだけではなくいろんな種類の素材も増え、今ではバイカーだけではなく一般的なファッションアイテムとしてすっかり定着しましたね。

シングルライダースコート着こなしのポイント

シンプルなデザインのシングルライダースコートは、やはりニットやカットソーとの相性が抜群ですね。ボトムスはデニムはもちろんよく合いますが、あえてチノや細身のスラックスでキレイ目カジュアルを意識したコーディネートを目指したいですね。

ダブルライダースコート着こなしのポイント

ハードなイメージのダブルライダースコートはインナーにパーカーを合わせたり、ボトムスをスウェットパンツにしてハードなイメージを柔らげ、おしゃれ感をアップさせこなし感を演出しましょう。

メンズライダースコートおすすめブランド Schott

ライダースといえば必ず名前が出るブランドの「ショット」。世界初のフロントジッパーのライダースを送り出し、他のブランドに大きな影響を与えました。アメリカ陸海軍のパイロット用ボマージャケットの業者に指定されているほどのクオリティーはライダースのトップブランドですね。

メンズライダースコートおすすめブランド JAMES GROSE

イギリスのブランド「ジェームスグロース」。柔らかく丈夫なレザーが魅力でデザインの種類も豊富なブランドです。元はバイクショップなので多くのバイカーに愛されるブランドです。

注目度No. 1 真冬を華やかに彩るのはランチコートで!

ランチコートとは?

アメリカ西部のカウボーイたちの防寒用コートであるランチコート。ちなみに「ランチ」とは牧場のことです。スエードが定番ですが、最近はコットン地など種類も増えました。裏地から襟にかけてボアが張り付けてあるのが特徴ですね。

着こなしのポイント

ダウンコートと同じようにランチコートも着膨れしやすいアイテムです。インナーは1枚でも暖かいので重ね着をすると全体のシルエットが崩れてしまうので要注意です。

おすすめコーディネートは?

カウボーイの防寒用コートですからデニムとの相性は鉄板ですが、ダメージデニムやホワイトデニムなど、デニムの種類を変えてコーディネートの変化を楽しむのもいいですね。またチェックシャツやワークブーツ合わせでアメカジテイストのコーディネートもありです。

メンズランチコートおすすめブランド Wrangler

世界初のデザイナージーンズの「ラングラー」。ランチコートでは圧倒的シェアを誇る定番中の定番ブランドですね。他のブランドよりボリュームを抑えたスッキリとしたデザインで、スタイリッシュなコーディネートを楽しめます。

メンズランチコートおすすめブランド Fidelity

ボストン発のミリタリーアウターウエアブランド「フィデリティ」。メイド・インUSAにこだわった素材とコストパフォーマンスの良さで評判のブランドです。

新作それともセール狙い?冬のコートはいつ買えばいい?

新作が動き出す時期は?

ブランドによって多少にズレはありますが、冬のコートの新作は毎年11月から12月にかけてショップに並び始めます。購入するブランドが決まっている場合は、遠慮することなくショップの店員さんに聞いてみましょう。

購入するブランドが決まってない場合は、もうこまめに各ブランドをチェックするしかないですね。ただ人気のカラーやデザインは売り切れが早いので、入荷直後に購入した方が無難ですよ。

急がないなら年明けのセールが狙い目です

各ブランドは共通して年明けにセールが始まります。セールのメリットは新作が安く購入できることですが、新作より前のコレクションの売れ残りが並ぶというデメリットもあります。

トータルで考えれば新作で買うことをおすすめしますが、セールはいいものがあれば買おうかなくらいの気持ちで行く方がいいですね。

メンズコートまとめ

もともとコートは防寒や防水にために実用性を求めて開発されたッミリタリーアイテムが中心でしたが、現在は重要なファッションアイテムとして確立されましたね。

コートを上手く着こなすとおしゃれ度は確実にアップします。フォーマルもカジュアルもコートは強い味方になってくれます。自分に合った1着を見つけてワンランク上のおしゃれを楽しみましょう!


評価 4.1/ 5(合計15人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ