福山雅治の最愛の歌詞に込められた意味や想いについて考えてみた

映画「容疑者Xの献身」の主題歌となった福山雅治さんの楽曲「最愛」は、福山雅治さんと柴咲コウさんのユニット「KOH+」が歌っています。福山雅治さんの楽曲「最愛」の歌詞に込められた意味や思いについてまとめていきたいと思います。

福山雅治の最愛の歌詞に込められた意味や想いについて考えてみた

目次

  1. 福山雅治さんの楽曲「最愛」の歌詞の意味について調査!
  2. 「最愛」を作詞作曲した福山雅治さんのプロフィール
  3. 福山雅治さん主演!映画「容疑者Xの献身」とは?
  4. 「最愛」が主題歌となった映画「容疑者Xの献身」のキャストは?
  5. 映画「容疑者Xの献身」のあらすじは?
  6. 柴咲コウさんと福山雅治さんが組んだユニット「KOH+」とは?
  7. 「KOH+」が歌う「最愛」のYouTube動画
  8. 福山雅治さんが歌う「最愛」のYouTube動画
  9. 福山雅治さんが「最愛」の歌詞に込めた意味とは?
  10. 「最愛」以外の「KOH+」の楽曲
  11. 【まとめ】福山雅治さんの楽曲「最愛」は切ないラブバラード

福山雅治さんの楽曲「最愛」の歌詞の意味について調査!

福山雅治さんが作詞作曲した「最愛」は、美しいメロディで切ない歌詞のバラード曲です。福山雅治さんは、「最愛」の歌詞にどんな意味や思いを込めたのでしょうか?今回は、福山雅治さんの楽曲「最愛」に迫っていきたいと思います。「最愛」のミュージックビデオのYouTube動画もご紹介したいと思います。

福山雅治の年齢はいくつ?同年代(40代)と比べて、中年太りや劣化はしてない? | MensModern[メンズモダン]

「最愛」を作詞作曲した福山雅治さんのプロフィール

名 前:福山雅治(ふくやま まさはる)
生年月日:1969年2月6日 48歳
出身地:長崎県長崎市
身 長:181cm
血液型:O型
学 歴:長崎県立長崎工業高等学校卒業
職 業:シンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家、俳優
    ラジオDJ、写真家、タレント、音楽プロデューサー
事務所:アミューズ
レコード会社:ユニバーサルミュージック
活動期間:1990年~

福山雅治の身長・体重を徹底調査!サバ読み疑惑を画像で検証してみた | MensModern[メンズモダン]

福山雅治さん主演!映画「容疑者Xの献身」とは?

2008年10月4日に公開された映画「容疑者Xの献身」は、福山雅治さんが主演していたドラマ「ガリレオ」の劇場版として公開された映画です。ドラマ「ガリレオ」は、2007年10月から12月まで放送されていたドラマで、福山雅治さんは主人公の帝都大学理工学部物理学科准教授・湯川学を演じています。

ドラマ「ガリレオ」と映画「容疑者Xの献身」は、小説家・東野圭吾さんの推理小説「ガリレオ」シリーズを原作として製作されています。

「最愛」が主題歌となった映画「容疑者Xの献身」のキャストは?

福山雅治さん:湯川学(ゆかわまなぶ)役

福山雅治さん演じる湯川学は、帝都大学理工学部物理学科准教授で、容姿端麗で頭脳明晰、おまけにスポーツも万能です。しかし、一風変わった性格のため、学生時代の仲間からは「変人ガリレオ」と呼ばれています。すべての現象は、科学によって解明出来るとして、難解な事件も理論的・数学的に解決へと導きます。

柴咲コウさん:内海薫(うつみかおる)役

柴咲コウさん演じる内海薫は、感情や刑事の勘で動く新人刑事です。事件解決のために湯川学に協力してもらうべく、怪奇現象や超常現象などを事件に絡めて湯川の興味を引こうと毎回苦労しています。最初は原作にはないキャラクターでしたが、ドラマ放送後に原作の小説にも登場するようになりました。

堤真一さん:石神哲哉役

堤真一さん演じる石神哲哉は、福山雅治さん演じる湯川学も認める天才的な頭脳を持つ数学者です。しかし、家庭の事情により数学の研究者の道を諦め、現在は高校で数学の教師として勤務しています。老け顔で頭髪は薄く冴えない男性で、生徒にも馬鹿にされています。

松雪泰子さん:花岡靖子役

松雪泰子さん演じる花岡靖子は、かつてはホステスとして働いていましたが、現在は弁当屋「みさと」で店長を務めています。最初の結婚で長女を授かりますが離婚します。もう一度結婚しますが、DV夫だったため離婚します。しかし、2番目の元夫のストーカーにあっていて、住居を転々としています。

映画「容疑者Xの献身」のあらすじは?

石神哲哉は数学の研究者の道を諦め、高校の数学教師となり冴えない日々を過ごしてしました。同じアパートに引っ越してきた花岡靖子に恋をします。靖子は娘の美里と暮らしていましたが、ある日別れた夫に住居を突き止められて、暴力を振るわれます。抵抗の末、靖子は元夫を殺害してしまいます。それを知った石神は、靖子たちのアリバイ工作に手を貸します。

石神の巧妙なアリバイトリックに、あと一歩のところで靖子たちを追い詰めることが出来ない警察は、湯川学にアドバイスを求めます。この事件に、湯川の学生時代の友人だった石神が絡んでることに気づいた湯川は、事件の真相を探ります。

柴咲コウさんと福山雅治さんが組んだユニット「KOH+」とは?

映画「容疑者Xの献身」の主題歌となった「最愛」を歌ったのは、KOH+(コウプラス)です。KOH+は、福山雅治さんと柴咲コウさんによる音楽ユニットで、ボーカルを柴咲コウさん、ギターとバックコーラスを福山雅治さんが担当しています。KOH+は、最初に放送された連続ドラマ「ガリレオ」の主題歌のために結成したユニットでした。

ドラマ「ガリレオ」で結成された音楽ユニットKOH+は、映画「容疑者Xの献身」の主題歌「最愛」で再結成し、さらに、ドラマ「ガリレオ」の続編でも主題歌を担当しています。また、映画「真夏の方程式」公開に合わせて、ガリレオシリーズの楽曲を収録したアルバム「Galileo+」をリリースしました。

柴咲コウの性格ってどうなの?キツそうに見えて優しいとギャップが好評? | MensModern[メンズモダン]

「KOH+」が歌う「最愛」のYouTube動画

それでは福山雅治さんが作詞作曲した「最愛」のミュージックビデオのYouTube動画をご紹介したいと思います。

こちらが「最愛」のYouTube動画です。柴咲コウさんの歌声が心に響く、素晴らしい楽曲ですね。

福山雅治さんが歌う「最愛」のYouTube動画

次に、福山雅治さんが歌う「最愛」のYouTube動画をご紹介したいと思います。福山雅治さんがセルフカバーした「最愛」は、2009年5月15日から放送された東芝REGZAのCMで起用されています。そして、福山雅治さんのセルフカバーした「最愛」は、福山雅治さんの10枚目のアルバム「残響」に収録されています。

こちらが、福山雅治さんが歌う「最愛」のYouTube動画です。柴咲コウさんが歌う「最愛」だと、女性の切ない恋心を歌った曲だと感じますが、福山雅治さんが歌う「最愛」を聴くと男性の恋心にも受け取れますね。福山雅治さんは、切ないバラードを歌っても素敵ですね。

福山雅治さんが「最愛」の歌詞に込めた意味とは?

福山雅治さんが作詞した「最愛」の歌詞には、どんな意味や思いが込められているのでしょうか?「最愛」の歌詞と共に検証していきたいと思います。福山雅治さんは、ドラマ「ガリレオ」から映画「容疑者Xの献身」まで、約1年関わってきたことから、「最愛」という楽曲は割とスムーズに作ることが出来たそうです。

福山雅治さんが作詞した「最愛」の歌詞は、堤真一さん演じる石神哲哉が、松雪泰子さん演じる花岡靖子への思いを言葉にしたものとなっているようです。決して叶うことがないわかっていながら、止めることの出来ない思いを綴っています。簡単に言えば、愛する人への未練を綴った歌詞となっています。

映画「容疑者Xの献身」は、サスペンスミステリーでありながら、愛する人をただ助けたいという石神の純粋な恋心が軸となっている物語でもあるのです。「最愛」の歌詞に込められた意味は、そんな石神の純粋な愛だったと思われます。この映画では、石神の思いを知って涙した方も多かったと思います。

石神の思いとエンドロールで流れる「最愛」が相まって、心に響く映画となったのではないでしょうか。しかし、「最愛」の歌詞をよく読むと、ちょっと女性的な言い方となっているように思われます。「最愛」は、柴咲コウさんが歌うため、福山雅治さんが意図的に女性的な歌詞にしたのではないかと思われます。

「最愛」以外の「KOH+」の楽曲

福山雅治さんと柴咲コウさんの音楽ユニット「KOH+」は、「最愛」以外の楽曲も発表しています。福山雅治さんと柴咲コウさんの音楽ユニット「KOH+」がお届けしている楽曲のYouTube動画をご紹介したいと思います。

KISSして

こちらは、2007年11月21日に発売されたKOH+のファーストシングルの「KISSして」のミュージックビデオのYouTube動画です。この楽曲も福山雅治さんが作詞作曲しています。「KISSして」は、2007年10月から12月に放送されたドラマ「ガリレオ」のエンディングテーマとなった楽曲です。

「ガリレオ」のプロデューサーの鈴木吉弘さんから、毎回殺人事件が起きるドラマなので、エンディングテーマは明るい楽曲にして欲しいというリクエストがあったそうです。福山雅治さんは、その意見と、さらに、柴咲コウさんのライブを観て「観客と盛り上がれる曲にしたい」という思いと、柴咲コウさんが演じる内海薫の恋愛もテーマに加えて作ったそうです。

恋の魔力

こちらは、2013年5月29日に配信リリースされたKOH+の「恋の魔力」のミュージックビデオのYouTube動画です。この楽曲も福山雅治さんが作詞作曲しています。「恋の魔力」は、ドラマ「ガリレオ」の第2シーズンのエンディングテーマとなった楽曲です。こちらの楽曲も「KISSして」のような明るい楽曲となっています。

【まとめ】福山雅治さんの楽曲「最愛」は切ないラブバラード

福山雅治さんの楽曲「最愛」の歌詞の意味などについてまとめました。福山雅治さんの楽曲「最愛」は、映画「容疑者Xの献身」の登場人物である石神哲哉の切ない愛情を歌ったものでした。映画の重く悲しい結末を包み込むような、切ないけれど美しい音楽になっていたのではないかと思います。

「最愛」は石神の思いを意味しながらも、女性的な歌詞にすることで、柴咲コウさんの歌声にとてもマッチした素敵な楽曲になっていますね。しかし、福山雅治さんが「最愛」を歌うことで、男性的な雰囲気にもなり、また違った良さが出ていると思われます。福山雅治さんには、これからも素敵な音楽を作って欲しいですね。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ