AirPlayとBluetoothスピーカーの違い!高音質はどちら?

今回はAirPlayとBluetoothスピーカーの違いについていろいろお伝えします。AirPlayとBluetoothの違いって何かあるのでしょうか?AirPlayとBluetoothの高音質スピーカーを選ぶとしたらみなさんならどちらを選ぶ?

AirPlayとBluetoothスピーカーの違い!高音質はどちら?

目次

  1. AirPlayとBluetoothスピーカーの違い
  2. Bluetoothとは?
  3. AirPlayとは?
  4. 高音質について
  5. 届く電波の距離について
  6. スピーカーの扱いやすさについて
  7. スピーカーの対応する数について
  8. 価格について
  9. どんなスピーカーが使えるかについて
  10. 規格について
  11. AirPlayとBluetoothスピーカーのどちらが高音質でどちらを選ぶ?
  12. 【まとめ】AirPlayとBluetoothスピーカーの違い

AirPlayとBluetoothスピーカーの違い

今回はAirPlayとBluetoothスピーカーの違いをお伝えしたいと思います。AirPlayとBluetoothのスピーカーの違いって何があるのでしょうか?また、AirPlayとBluetoothのスピーカーでどちらを選ぶ?どちらが高音質なのでしょうか?みなさんなら、AirPlayとBluetooth、どちらのスピーカーをお選びになるでしょうか?

ワイヤレスヘッドホンのおすすめは?高音質・Bluetooth人気まとめ | MensModern[メンズモダン]

Bluetoothとは?

Bluetoothとは一体なんでしょうか?まだ、スマートフォンやパソコンを持ったことがない方でこれからスマートフォンやパソコンを購入してBluetoothを使って音楽を聴いて見たい方は是非、Bluetoothってなんなのかを知っておくと役に立ちますので覚えておいてください。では、Bluetoothについて少しお伝えしたいと思います。

Bluetoothはスマートフォンなどのデジタル機器と近い距離での通信をする規格の一つになり、通信距離は数メートルから長くても10メートルくらいしか届かないのが特徴的です。しかも、Bluetoothは弱い電波なので、デジタル機器と接続する機器が近い距離にあっても音が途切れたりすることがあります。弱い電波なので仕方ないと思います。

AirPlayとは?

AirPlayとは一体なんでしょうか?先ほどはBluetoothについていろいろお伝えしましたが、今回はAirPlayについて少しお伝えしたいと思います。AirPlayはiPhoneやiPadなどのアップル製品などで再生している音楽や動画などをインターネットを活用してストリーミング再生する機能のことをいいます。基本的にアップル製品のみ対応しています。

AirPlayでは、いくつかの対応している機器に通信ができ曲情報なども同時に通信ができますので、音楽を毎日のように聴かれる方で曲情報が欲しい方にはAirPlayは役に立つと思います。iPhone、iPod touch、iPadなどを普段からよく使われる方はAirPlayを使って音楽を聴かれた方が良いと思います。AirPlayの良さを実感してみてください。

高音質について

AirPlayとBluetoothスピーカーの違い1

最初にお伝えするAirPlayとBluetoothスピーカーの違いは、高音質についてです。AirPlayとBluetoothのスピーカーから流れる音はどちらが高音質なのでしょうか?AirPlayとBluetoothのスピーカーでどちらが高音質なのかをお伝えします。まず、AirPlayのスピーカーは、そのままの音を再生することができ、音の劣化がないので高音質で音楽が聴けます。

反対に、Bluetoothスピーカーは音声をワイヤレス伝送しているため、どうしても音質が劣化してしまうようです。ですので、どうしても高音質の音で音楽を聴いて楽しみたい方はBluetoothスピーカーでは役不足なので、AirPlayのスピーカーをおすすめしたいと思います。高音質にこだわらないという方はBluetoothスピーカーでも十分聴くことができます。

スピーカーのおすすめは?Bluetooth対応や人気の高品質機種を調査 | MensModern[メンズモダン]

届く電波の距離について

AirPlayとBluetoothスピーカーの違い2

次にお伝えするAirPlayとBluetoothスピーカーの違いは、届く電波の距離についてです。AirPlayとBluetoothの電波の届く距離は一体どのくらいなのでしょうか?まず、Bluetoothの届く電波の距離についてお伝えしたいと思います。Bluetoothの届く電波の距離ですが、調べてみると10メートルということがわかりました。

ですから、Bluetoothのスピーカーを設置する時は、Bluetoothの電波を発生するスマホなどの機器から10メートル以内に設置しないといけないということです。また、AirPlayの届く電波の距離はWifiの電波の届く範囲と決まっています。ですから、具体的な距離はわからないということになります。Wifiネットワークを利用して音をとばすためです。

Bluetoothキーボードの失敗しない選び方!おすすめランキング紹介 | MensModern[メンズモダン]

スピーカーの扱いやすさについて

AirPlayとBluetoothスピーカーの違い3

次にお伝えするAirPlayとBluetoothスピーカーの違いは、スピーカーの扱いやすさについてです。AirPlayとBluetoothスピーカーの扱いやすさにどんな違いがあるのでしょうか?AirPlayとBluetoothのスピーカーのどちらが扱いやすいか考えていらっしゃる方は是非参考にしてみてください。では、AirPlayとBluetoothのスピーカーの扱いやすさについてお伝えします。

まず、Bluetoothはペアリングを行ってスピーカーに簡単に接続することができますので、とても扱いやすいことが特徴的であり、メリットでもあります。また、AirPlayはペアリング操作するのではなく、スマホなどに表示されるアイコンをタップして接続をしますが、最初に接続する時だけ少しわかりづらいと思います。扱いやすさはBluetoothスピーカーが良いと思います。

ランニング用のイヤホンのおすすめは?Bluetoothなど最強イヤホン | MensModern[メンズモダン]

スピーカーの対応する数について

AirPlayとBluetoothスピーカーの違い4

次にお伝えするAirPlayとBluetoothスピーカーの違いは、スピーカーの対応する数についてです。AirPlayとBluetoothの対応するスピーカーの数は一体、どのくらいあるのでしょうか?対応するスピーカーの数が多ければ多いほど、ご自身の好みの高音質のスピーカーを選んで好きな音楽を聴くことができます。是非ご覧になって参考にしてください。

まず、AirPlayのスピーカーの数をインターネット通販・アマゾンで調べたところ200件の商品がヒットしました。また、Bluetoothのスピーカーを同じように調べたところ約7800件の商品がヒットしました。これをみておわかりの通り、Bluetoothのスピーカーの方が扱っている商品の数が多いようです。AirPlayのスピーカーはこれから少しずつ増えていくかもしれません。

Bluetoothのレシーバーでおすすめは?高音質で軽量の機種を紹介 | MensModern[メンズモダン]

価格について

AirPlayとBluetoothスピーカーの違い5

次にお伝えするAirPlayとBluetoothスピーカーの違いは、価格についてです。AirPlayとBluetoothのスピーカーの価格の違いはどのくらいあるのでしょうか?あまり高いと購入しようという意欲がなくなってしまいますよね。なるべくでしたら、安くて高音質なスピーカーを選びたいと誰もが思っていると思いますので、ご覧になって参考にしてください。

まず、AirPlayのスピーカーの価格を調べたところ安いのは約3,000円から高いのだと約11万円のものまであります。とての価格帯の幅が広いです。また、Bluetoothのスピーカーの価格は数万円のものもありますが、1万円以内で購入できるものが多いようです。この情報はインターネット通販・アマゾンで調べた結果です。他にもいろんな価格帯があるかもしれません。

どんなスピーカーが使えるかについて

AirPlayとBluetoothスピーカーの違い6

次にお伝えするAirPlayとBluetoothスピーカーの違いは、どんなスピーカーが使えるかについてです。AirPlayとBluetoothはどんなスピーカーでも接続して使うことができるのでしょうか?みなさんがAirPlayとBluetoothのどちらかで音楽を聴くためにスピーカーを買ったはいいものの接続できなかったら、お金が無駄になってしまいますよね。

AirPlayとBluetoothで接続できるスピーカーは全て使えるのかお伝えしておきますので、購入の際に参考にしてください。まず、AirPlayのスピーカーは基本的にApple製品のみ接続することができ、アンドロイド端末は非対応になってますが、アンドロイドのアプリで対応しているものもあります。またBluetoothは対応しているスピーカーでしたら接続することができます。

規格について

AirPlayとBluetoothスピーカーの違い7

次にお伝えするAirPlayとBluetoothスピーカーの違いは、規格についてです。AirPlayとBluetoothでは規格がお互いに異なっています。まず、AirPlayの規格をお伝えしたいと思います。AirPlayは無線LANを使って、音楽や動画などをワイヤレスで再生できるアップルの独自の規格になっています。ですから、基本的にアップル製品のみ接続できます。

また、Bluetoothは短い距離で、なおかつ弱い電波でワイヤレス通信して音楽や動画など再生して楽しむことができます。Bluetoothの届く距離は数メートルから数十メートルとあまり長い距離、届かないことが特徴的です。AirPlayとBluetoothの規格はそれぞれ異なりますが、大事なのはスピーカーに接続して使いやすいかどうかだと思います。

AirPlayとBluetoothスピーカーのどちらが高音質でどちらを選ぶ?

最後にAirPlayとBluetoothスピーカーのどちらが高音質でどちらを選ぶかについてお伝えしたいと思います。AirPlayは基本的にiPhone、iPod touch、iPadなどのアップル製品に接続して音の劣化がなく高音質であなたの好きな音楽を聴いて楽しむことができます。音が劣化をしないというのは選ぶ大事なポイントだと思います。

また、Bluetoothのスピーカーで音楽を聴くと近い距離でも音が途切れたりしたりしますし、音の劣化があります。ですから、高音質の音にこだわる方はBluetoothのスピーカーはおすすめできないですね。高音質の音を楽しみたいのであれば、AirPlayのスピーカーをおすすめしたいと思います。是非、AirPlayとBluetoothスピーカーの聴き比べをしてみてください。

【まとめ】AirPlayとBluetoothスピーカーの違い

今回はAirPlayとBluetoothスピーカーの違いについていろいろお伝えしました。あなたはAirPlayとBluetoothのスピーカー、どちらを選ぶでしょうか?選ぶポイントをいろいろお伝えしましたので、あなたの納得のいくスピーカーを選んでください。余裕がありましたら、AirPlayとBluetoothのスピーカーを聴き分けて、どういう違いがあるか調べてみてください。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ