50ccのバイクがあると、移動が便利になります。でも、たくさんの種類がありますから、正直どのようなタイプのバイクを選んでいいのか迷ってしまうと思います。今回は50ccのバイクの人気の売れ筋車種と、選び方のポイントを見ていきます。ぜひ、参考にしてみてください。

バイクの50ccでおすすめは?人気の売れ筋車種と選び方のポイント

目次

  1. 50ccのバイクって一体何?
  2. 50ccのバイクのメリットとは?
  3. 50ccのバイクは燃費が良くて人気
  4. 50ccのバイクの難点はあるのか?
  5. 50ccのバイクの選び方を見る前に、どんな種類があるのか把握しよう!
  6. 50ccバイクの選び方のポイントとは?
  7. どんなバイクが人気で売れ筋なのか?
  8. 若者に人気で利便性が高い!ホンダの「ダンク」
  9. スタンダードの定番スクーター!ホンダの「Dio50」
  10. ミッションタイプならコレ!ホンダの「モンキー」
  11. 販売台数世界1位!ホンダの「スーパーカブ」
  12. グッドデザイン賞受賞のオシャレバイク!ヤマハの「VOX」
  13. ポップなデザインで女性に人気!ヤマハの「ビーノ」
  14. 堅実で元気な走りを見せます!スズキの「アドレス」
  15. 【まとめ】50㏄のバイクに乗って、日常生活を快適にしよう!

50ccのバイクって一体何?

50ccのバイクを知っているでしょうか?こちらのバイクは、第一種原動機付自転車(原付一種)に分類され、運転には普通自動車免許が必要です。50ccのバイクがあると、道路を走れますし、移動がかなり楽になります。近所を走行するのはもちろんですが、通勤や通学の手段として使えるので、とてもおすすめなバイクと言えます。

バイクのエンジンがかからない原因とは?チェックするポイントと対処法 | MensModern[メンズモダン]

50ccのバイクのメリットとは?

50ccのバイクには、主に6つのメリットがあります。①16歳から免許取得可能。②免許取得が簡単。③普通自動車免許で運転できる。④車検がない。⑤自転車よりも楽で安全。⑥燃費が良い。50ccのバイクにはこのようなメリットがあるので、日常の足をして利用するとおすすめです。それぞれのメリットを詳しく見ていきましょう。

50ccのバイクは16歳から乗れる

50ccのバイクは16歳から乗ることができます。原付免許を取得すれば、運転できるようになるのです。こちらのバイクの免許は、運転免許センターでの学科試験(マークシート)のみで取得でき、技能テストはありません。但し、警察署、運転免許センター、自動車教習所での技能講習を受講しなければ、免許は交付されません。

50ccのバイクは普通自動車免許で運転できる

普通自動車免許を持っている方は多いと思いますが、50ccのバイクは普通自動車免許があれば、無条件で運転できます。但し、小型特殊免許では運転できないので、その点は注意が必要です。自動車免許を取得する際、50ccのバイクの技能訓練があります。自動車免許があれば、50ccのバイクに乗れるのでおすすめです。

50ccのバイクには車検がないのでおすすめ!

50ccのバイクには、自動車のような車検がありません。そのため、バイクを維持するための費用は安くなります。また、ナンバープレートの交付や廃止は、市役所にある納税課か課税課で行っているので、陸運局まで足を運ぶ必要がないのです。但し、公道走行するには自賠責保険(強制保険)に加入する必要があります。こちらはしっかりと加入しましょう。

50ccのバイクは自転車よりも楽で安全

50ccのバイクには、保険に加入したり、ヘルメットを着用したりするのが義務付けられているので、自転車よりも安全です。ある程度厳格な道路交通法の適用もあるので、50ccのバイクはおすすめです。

バイクのABSが義務化!その効果と仕組み・必要性について解説 | MensModern[メンズモダン]

50ccのバイクは燃費が良くて人気

50ccのバイクは燃費がかなり良いです。ガソリン1リットル当たり、30~50㎞走ります。50ccのバイクは車体が小さいので、ガソリンタンクが小さくなっていますが、満タンで5リットル前後入るので、一度の給油で100㎞以上は走ります。燃費が安いので、日常の足として人気であり、通勤・通学にもおすすめのバイクです。

バイクのかっこいい車種ランキングまとめ!おしゃれでおすすめはなに? | MensModern[メンズモダン]

50ccのバイクの難点はあるのか?

人気で便利な50ccのバイクですが、メリットばかりではありません。実は、少し難点もあるのです。それはどのようなものでしょうか?まずは、制限速度です。50ccのバイクは、法律上30㎞/hまでしか出せません。また、2車線以上の交差点では2段階右折が必要になるので、注意が必要です。

また、50ccのバイクは自動車専用道路を走れませんし、2人乗りもできません。制限は多いので、50ccのバイクを購入する際には、ルールをしっかりと把握しておくと良いでしょう。50ccのバイクは、基本的に長距離を移動する乗り物ではなく、近所を快適に異動するバイクなので、慣れてしまえばそれほど不便は感じないでしょう。

バイクのファッションメンズコーデまとめ!夏にかっこいい着こなしは? | MensModern[メンズモダン]

50ccのバイクの選び方を見る前に、どんな種類があるのか把握しよう!

50ccのバイクは日常の足として人気があるのですが、現在では勢いが下火になっています。20年以上前は、50ccのバイクでも、ミッションタイプ、オフロードタイプ、ビジネスバイク、スポーツスクーターなど、色々なジャンルの50ccのバイクが販売されていましたが、現在では、売れ筋の車種のみの展開になっています。

スクータータイプの50ccのバイクとは

50ccのバイクと言ったら、まず頭に思い浮かべるのは、スクータータイプのバイクだと思います。こちらのバイクは、車体にまたがって乗るタイプではなく、両足を揃えて、座席に座って運転するタイプのバイクです。基本操作はエンジンを掛けて、アクセルを回すだけなので、誰でも簡単に運転ができます。50ccのバイクの中では売れ筋であり、おすすめと言えます。

ビジネスタイプの50ccのバイクとは?

50ccのバイクにはビズネスタイプの車種もあります。ピザ配達や新聞配達、郵便配達などで使われるバイクです。一般的に食品関連サービスで使用されるバイクには雨風が凌げる屋根付きのバイクが選ばれ、新聞配達や郵便配達では、燃費性の優れた「スーパーカブ」という車種が使われています。

ミッションタイプの50ccのバイクとは?

ミッションタイプの50ccのバイクは、ギアを自分で操作するタイプです。趣味性が高く、バイクに乗るのが好きな方にはおすすめです。現在では、売れ筋の車種がスクーターになっているので、ミッションタイプのバイクは人気に陰りが出ています。自分で好きなようにカスタムできるパーツも豊富なので、個性を出したい方にはおすすめと言えます。

バイクの任意保険でおすすめは?比較でわかる自分に合った保険料金を調査 | MensModern[メンズモダン]

50ccバイクの選び方のポイントとは?

50ccのバイクは、まず価格に注目しよう!

売れ筋の人気車種を選ぶ選び方も良いですが、50ccのバイクの選び方として、まず押さえておきたいのは「価格」です。50ccのバイクを選ぶ場合、基本的に予算との兼ね合いで決めると良いです。自分の予算をしっかりと設定し、それに合う50ccのバイクを探しましょう。きっと、良いバイクに巡り合えるはずです。

50ccのバイクは、デザインにも注目しよう!

選び方として、50ccのバイクのデザインにもこだわってみましょう。バイクのフォルムは、まず真っ先に目に飛び込んでくるものです。人によってデザインの好みは違いますが、自分の好きなデザインのバイクを購入した方が、愛着を持って運転できるのでおすすめです。デザイン性に優れた50ccをバイクを選ぶもの、選び方としてはおすすめになります。

50㏄のバイクは燃費にこだわると良い!

50㏄のバイクは、日常の足として利用するものですから、なるべくならば燃費性能が高いものがおすすめです。価格も変わらない、デザインも良い!そのような時に選び方として参考にしたいのは、やはり燃費です。また、燃料タンクの大きさも見ておくと良いでしょう。頻繁にガソリンを入れるのは面倒ですよね。燃費の違いは、バイクを購入した後にも響いてきます。

バイクの服装をおしゃれに!こだわり夏コーデやおすすめ装備ご紹介 | MensModern[メンズモダン]

どんなバイクが人気で売れ筋なのか?

50㏄のバイクのメリットや選び方を見てきてところで、次は、どんなバイクが人気で売れ筋なのかを見ていきましょう。バイクメーカーである、ホンダの「DIO」。ヤマハの「ビーノ」などが売れ筋のようです。その他には、どのようなタイプが人気で売れ筋なのでしょうか?一つずつ紹介していくので、ぜひ、参考にしてみてください。

バイクのアメリカンでおすすめは?大型や人気車種のランキングご紹介 | MensModern[メンズモダン]

若者に人気で利便性が高い!ホンダの「ダンク」

バイクメーカー、ホンダの50㏄バイクの中で、人気で売れ筋なのが「ダンク」です。発売は2014年ですが、独特のフォルムとデザイン性で、瞬く間にホンダの売れ筋車種になりました。こちらのバイクのテーマは「若者の通学や通勤、普段の生活の楽しみを広げるスクーター」です。

フロントの右側には500mlの紙パックがすっぽり入る多角的ラックが設けられ、左側にはスマホや音楽プレーヤーを充電できる電源ソケットが装備されています。非常に利便性の高いバイクとして、人気が集まっています。

便利で快適な50㏄のバイクです

バイクを運転する際のポジショニングも研究されていて、肩の力を抜いて乗れる気楽な位置にハンドルがあります。また、デジタル時計内臓型のスピードメーターで、便利で快適なバイクです。こちらのバイクは荷物もたくさん収納ができます。容量23リットルの広めの収納スペースで、ヘルメットホルダーもついているので、設備が充実しています。

最高出力も高く、元気なエンジンがダッシュ力を保証してくれます。信号待ちからのゼロスタートも十分な加速があり、50㏄のバイクの中では、非常に優秀な機能を兼ね備えています。流石はホンダの人気で売れ筋のバイクだけのことはあります。ホンダの「ダンク」は快適な走りを約束してくれるのでおすすめです。

燃費性能にも優れたバイクです

こちらのバイクは燃費も優れています。実燃費はリッター50㎞以上で、一度の給油で長く走れます。人気で売れ筋の車種なので、カスタムパーツが豊富に登場しています。自分の好みのバイクに仕上げることができます。新車での販売価格は、214,920円となっています。

バイクメーカーのそれぞれの特徴は?国内や海外から探すおすすめはなに? | MensModern[メンズモダン]

スタンダードの定番スクーター!ホンダの「Dio50」

1988年に登場して以来、ホンダの売れ筋の50㏄バイクとして君臨してきたのが「Dio」です。発売当初はシンプルな構造が特徴でしたが、人気に応えて、装備を充実した派生モデルが多く生み出されました。2015年にはモデルチェンジされ、現行モデルは第7世代にあたります。扱いやすいパワーに落ち着き、女性でも扱いやすい50㏄のバイクと言えます。

燃費性能にも優れています!

リッター当たり47㎞走るので、非常に燃費が高い車種で人気です。加速性はそれほど優れていませんが、初動を起こした後は、するすると順調に伸びる安定した加速力があり、通学用の足として、学生を中心に高い人気を維持しています。収納スペースも優れており、22リットルの荷物を収納できます。非常に使い勝手の良いバイクですね。

価格も安くおすすめの50㏄バイクです

現行モデルの新車販売価格は164,160円となっており、非常にリーズナブルな点も嬉しいポイントです。また、中古バイク市場では「Dio」シリーズは販売台数が多いので、1万円台から販売されています。低予算でも手が出せるので、非常におすすめのバイクです。ぜひ、選び方の参考にしてみてください。

バイクオイルの交換時期はいつ?料金や頻度などの基礎知識まとめ | MensModern[メンズモダン]

ミッションタイプならコレ!ホンダの「モンキー」

2017年に生産が終了してしまったモデルですが、1967年の登場以来、50㏄のミッションバイクとして高い人気がありました。カスタムパーツが豊富で、バイクを自分好みのデザインにすることができます。新車での販売価格は、ベーシックモデルで298,080円。少し高いのが難点ですが、バイクの楽しさを思う存分満喫できるおすすめの車種です。

50周年の限定モデルが販売されています。生産が終了したモデルなので、これが新車でモンキーを手に入れる最後のチャンスと言えます。パワフルな走りが魅力で、50㏄のミッションタイプのバイクの中では、非常におすすめです。ぜひ、選び方の参考にしてみてください。

バイクの二人乗りの条件とは?違反や女の子を乗せる場合の注意点 | MensModern[メンズモダン]

販売台数世界1位!ホンダの「スーパーカブ」

1958年に登場して以来、世界で一番売れたバイクとして有名なのが「スーパーカブ」です。50年以上生産されている超ロングセラーモデルとして、高い人気があります。発売以来、一貫して同じスタイルを維持し続けている非常に珍しいバイクです。特徴は変則のギアチェンジで、左手によるクラッチ操作が必要ありません。

非常に頑強に作られているので、一度の整備で長く使える車種です。実燃費性にも優れており、リッター70㎞以上走ります。荷物もたくさん積むことができ、最大で200㎏の荷物を積載しても、余裕のスタートダッシュを見せてくれます。新車での販売価格は193,320円。中古市場では3万円前後から探せます。選び方の一つとして覚えておきましょう。

バイクの人気車種はなに?おすすめやランキングをまとめてご紹介 | MensModern[メンズモダン]

グッドデザイン賞受賞のオシャレバイク!ヤマハの「VOX」

収納性能に優れた50㏄バイクです

ヤマハの「VOX」は2006年に登場した、比較的新しいタイプの50㏄バイクです。「VOX(ボックス)」と読みます。ネーミングはBOXをもじったものであり、その名の通り、箱状のフォルムをしています。最大の特徴は大容量の収納スペースではないでしょうか?34リットルの荷物が入ります。縦長に作られているので、テニスラケットがすっぽり収まります。

フラットで乗りやすい加速力が魅力

50㏄クラスのバイクの中ではトップクラスのハイパワーを実現しています。フラットで乗りやすい車体で、加速力に優れています。近所を走行する分には充分な性能を持っています。新車での販売価格は232,200円となっており、比較的リーズナブルなバイクと言えます。カスタムパーツの豊富にあるので、楽しめるバイクです。選び方で迷ったら参考にしてみてください。

バイクおすすめの種類!初心者向けのモデルを価格から性能までを紹介! | MensModern[メンズモダン]

ポップなデザインで女性に人気!ヤマハの「ビーノ」

ヤマハの50㏄のバイクで爆発的なヒットを飛ばしたのが「ビーノ」です。高いダッシュ力と扱いやすいパワーで女性を中心に広く支持されました。こちらのバイクの特徴は、非常にポップな外装にあります。女性ファンを意識したカラーリングは、オシャレで乗りやすいバイクとして人気を集めています。

玉数が豊富で中古でも手にしやすいのが魅力!

ビーノの新車販売価格は209,520円となっており、低価格な50㏄バイクです。ベストセラーの人気車種なので、中古バイク市場でも玉数が豊富です。初期のモデルなら、1万円前後で手に入れられるので、費用をとにかく抑えたい方にもおすすめのバイクです。買い物など利用はもちろんですが、通勤・通学の足としても利用できるバイクです。

バイクの洗車メンテのやり方!おすすめの洗剤や必要な道具を紹介! | MensModern[メンズモダン]

堅実で元気な走りを見せます!スズキの「アドレス」

スズキが誇る人気の50㏄バイク。それが「アドレス」です。スズキの売り上げに大きく貢献するベストセラースクーターです。シート下の収納スペースも広く、フルフェイスヘルメットがすっぽり収まるサイズです。実燃費もリッター47㎞なので、一度の給油で長く走れます。

とてもリーズナブルなバイクです

新車販売価格が155,520円なので、非常にコストパフォーマンスに優れた50㏄のバイクです。50㏄のバイクに求められる利便性を過不足なく満たしているので、高い人気を誇っています。スタンダードな作りのバイクで、日常の足として大活躍してくれるでしょう。ぜひ、参考にしてみてください。

バイクツーリング初心者必見!おすすめの装備や持ち物を紹介! | MensModern[メンズモダン]

【まとめ】50㏄のバイクに乗って、日常生活を快適にしよう!

50㏄のバイクには魅力がたくさんあります。購入すれば、手軽に近所を走行できるので、日常の足として利用できます。今回は50㏄バイクのメリットや、選び方のポイント、おすすめで売れ筋の車種を紹介しました。50㏄バイクは非常に玉数が豊富なので、予算やデザインなどをしっかり決めればピッタリのものが見つかります。ぜひ、参考にしてみてください。


評価 3.9/ 5(合計15人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ