初心者でも簡単にできる燻製の作り方レシピや道具、食材についてまとめました。燻製は食材や道具を揃えれば、初心者でも簡単なレシピで作ることができます。初心者でも揃えやすい道具や、いろいろな食材を取り入れた簡単な作り方で燻製レシピを楽しんでみませんか?

燻製の基本的な作り方・レシピを紹介!初心者でも簡単に試せる!

目次

  1. 初心者でも簡単な燻製の作り方レシピを知りたい
  2. 作り方の前に知っておきたい燻製レシピの種類
  3. 燻製レシピの基本的な工程とは?
  4. 燻製のレシピにはどんな道具が必要?
  5. 初心者でも簡単!中華鍋を使った作り方を活用しよう
  6. 初心者も気軽に作れる中華鍋燻製の作り方
  7. 中華鍋燻製レシピの定番!おすすめの食材は?
  8. 意外と美味しい!中華鍋燻製レシピの変わり種食材
  9. 中華鍋燻製のレシピでオリジナル調味料を作ろう
  10. さらにこだわりたい時におすすめの便利な燻製道具
  11. 初心者でも本格的な味に!燻製機を使ったベーコンの材料
  12. 燻製機を使ったベーコンの簡単な作り方
  13. 手作りベーコンで作りたい!ポトフのレシピ
  14. 手作りベーコンの旨味がたっぷり!チャーハンのレシピ
  15. 道具や食材を活用した作り方でベーコンを作ろう!

初心者でも簡単な燻製の作り方レシピを知りたい

食材や道具を揃えれば燻製の作り方は意外と簡単

燻製というと難しいイメージがあるかもしれませんが、ちょっとしたポイントをおさえるだけで身近な食材や道具で簡単に作ることができます。燻製をすれば、いつもの食材もワンランク上の味わいに。自宅やバーベキューなどで燻製を作ってみてはいかがですか?手作り燻製が出れば、いつもの食卓もきっと盛り上がるはずです。

初心者も作れる燻製のレシピをチェックしよう!

「燻製をするにはどんな道具や食材が必要?」「簡単に作れる燻製レシピを知りたい!」というときに役立つ燻製の作り方情報をまとめました。燻製の作り方は意外とシンプルなので、一度レシピのポイントをおさえておけばいろいろな食材で燻製を楽しめるようになります。燻製の作り方をチェックして、美味しい燻製レシピを作ってみましょう!

燻製をダンボールで作ろう!手順やコツ・簡単な燻製器の作り方も紹介! | MensModern[メンズモダン]

作り方の前に知っておきたい燻製レシピの種類

冷燻や温燻といった作り方がある

それでは、まずは燻製の作り方の種類についてチェックしていきましょう。燻製のレシピと言っても3種類あるので、好みの調理方法や食材に合わせたつ作り方を採用することが大切になります。まずあげられるのが冷燻。冷燻は20℃くらいの低音に保つことによって食材に熱を通すことなく燻製をする方法です。スモークサーモンなどが冷燻の代表的なレシピ。

続いてあげられるのが温燻。温燻は30〜80℃くらいの温度で作る燻製レシピです。ベーコンなどの燻製が代表的。冷燻も温燻も温度管理が難しいのが特徴です。特に冷燻は温度管理がしっかり行われていないと熱が通り過ぎたり、燻製が足りなかったりといったことが起きてしまうので初めて作るのにはあまりおすすめできません。

熱燻は初心者におすすめの作り方

初心者でも簡単にできる燻製の作り方としておすすめなのが熱燻。蒸し焼きにしながら燻製にする方法で面倒な温度管理も必要ないので、初心者の方でも美味しい燻製を作ることができます。また、身近な道具を使って簡単に作れるのも嬉しいポイント。「燻製を作りたい!」と思ったらまずは熱燻からはじめて、ステップアップしていくのが良いのではないでしょうか。

燻製レシピの基本的な工程とは?

燻製の前に味付けと風乾を行う

それでは、燻製の作り方の基本的なステップをチェックしていきましょう。燻製はまず食材を味付けするところから始まります。ベーコンのようにしっかりと味をつけた燻製を作るためには塩や水などで作るソミュール水に漬けた後に塩抜きをするという工程が必要。ただし、熱燻のような簡単な燻製を作るときは直前に塩をまぶすなどの簡単な方法でOKです。

風乾は味付けをした食材を乾かして水分を飛ばすことによって、美味しい燻製を作るために必要な工程です。食材に水分が残っていると煙と水分が反応することによって酸味が勝ってしまうため要注意。直射日光ではなく、風通しの良い日陰に置いて表面を乾かします。完全に乾かす必要はなく、表面だけでOK。ソーセージのような最初から乾いているものはやらなくて大丈夫です。

燻煙をして燻製のできあがり

風乾が終わったら、燻煙に入ります。スモークウッドやスモークチップを使って燻煙していきましょう。使用するスモークチップの種類によって違った風味になるので、いろいろ試してみるのがおすすめです。熟燻の場合は食材にもよりますが、10分〜30分くらいの短時間で完成するものが多数。

温燻の場合はしっかりとスモークをする必要があるので数時間になることが多くあります。冷燻は低温でじっくり燻煙をするためかなりの長時間がかかるのが特徴。燻煙の時間を加味した上でも、初心者は気軽に作れる熟燻がおすすめです。

燻製のレシピにはどんな道具が必要?

最低限揃えておきたい道具

燻製を作るのに最低限用意しておきたい道具は、燻製機・スモークチップ・コンロになります。この3つの道具が最低限揃っていれば、燻製は気軽に作ることができるように。燻製機は本格的なもののほかに中華鍋など身近な道具を使っても大丈夫なので、初心者の方にはそういった方法がおすすめです。

あると燻製レシピに便利な道具

そのほかにあると便利なのが、食材を乾燥させるのに便利な干しカゴやバッター、アルミホイル、キッチンペーパーといった道具です。アルミホイルやキッチンペーパーは普段の台所にも常備している道具なので、燻製作りに活用していきましょう。

初心者でも簡単!中華鍋を使った作り方を活用しよう

燻製初心者におすすめの中華鍋燻製

燻製初心者の方におすすめしたい燻製機は中華鍋。中華鍋は熱伝導率が良く、大きさも程良いので燻製を作るのにぴったりです。中華鍋であればほかの調理にも使うことができるので、燻製をしたいけれども専用の機器を取り入れるのは手間がかかる、というときにも役立つのではないでしょうか。

中華鍋があれば最低限に道具で燻製を作れる

中華鍋さえあれば、あとはコンロやスモークチップといった最低限の道具を用意しておけば簡単に燻製を作ることができるようになります。気軽に燻製を楽しみたい時や、お客さんをおもてなししたい時などに中華鍋を使った燻製を作って美味しい味わいを楽しんでみてはいかがですか。

初心者も気軽に作れる中華鍋燻製の作り方

中華鍋に燻製チップをセットする

それでは、中華鍋を使った燻製のやり方を見ていきましょう。まずは、燻製をしたい食材に塩やハーブ、スパイス類をすりこみます。中華鍋にアルミホイルをしき、スモークチップをのせたら中華鍋にしっかりはまる蓋をのせてください。強火にかけ、煙が出てくるまで待ちましょう。

食材を入れて10〜30分ほど加熱したら完成

煙が出てきたら中華鍋にはまるような網に食材をのせ、中華鍋の中に入れます。そのまま蓋をして再び煙が出てきたら弱火に落とし、10〜30分ほど燻製をしたら完成。加熱時間は燻製をする食材によって変わるので、様子を見ながら調整してくださいね。

中華鍋燻製レシピの定番!おすすめの食材は?

味付け不要なチーズやソーセージ

中華鍋を使えば、さまざまな食材を燻製することができます。定番の食材としてぴったりなのがチーズやソーセージといった食材。これらの食材はあらかじめ味が付いているので味付けをする必要がなく、そのまま燻製をするだけで美味しく仕上げることができます。燻製の風味を楽しみたい時にぜひ気軽に作ってみてはいかがですか。

卵やササミなども簡単な作り方で美味しく仕上がる

そのほかには、ゆで卵やササミといった食材も燻製レシピにぴったり。これらの食材は事前に塩などで味付けをしてから燻製をしましょう。燻製の風味が加わって、身近な食材も全く違った美味しさに仕上げることができます。できあがった燻製はそのまま食べるだけでなく、サラダなどにトッピングした作り方も美味しいのでぜひ試してみてくださいね。

燻製(スモーク)チーズの作り方!初心者が初めて作るのにおすすめ! | MensModern[メンズモダン]

意外と美味しい!中華鍋燻製レシピの変わり種食材

インスタント麺がワンランク上の美味しさに

変わり種としておすすめのレシピがインスタント麺。インスタント麺の麺だけを取り出して燻製をしましょう。あとは燻製をした麺をそのままお湯を注いでいつもの作り方をすれば燻製インスタント麺のできあがり。焼きそばなど、さまざまなインスタント麺がワンランク上の味わいに仕上がると評判のレシピです。

ポテトサラダやタラコもおすすめ

ポテトサラダやタラコも燻製をするのがおすすめ。燻製をすることによって、お店で食べるような本格的な味わいに仕上げることができます。タラコはビーフジャーキーのような味わいに。お酒のお供として燻製作りを楽しんでみてはいかがですか。

燻製におすすめの食材15選!定番のレシピから変わり種も紹介! | MensModern[メンズモダン]

中華鍋燻製のレシピでオリジナル調味料を作ろう

燻製醤油やオリーブオイル

醤油やオリーブオイルを燻製するのもおすすめ。燻製した調味料を使うことで、食材が燻製風味になります。

燻製ドレッシングを作るのもおすすめ

燻製ドレッシングも気軽に使えるおすすめの調味料。ドレッシングを燻製するだけで、本格的な味わいに仕上がります。

さらにこだわりたい時におすすめの便利な燻製道具

初心者でも簡単に燻製を作れる「いぶしぎん」

中華鍋以外に初心者でも簡単に燻製を作れると評判なのが、いぶしぎんと呼ばれる道具。日本の伝統技術を用いて作り上げた便利な燻製機です。

室内でも燻製を堪能できる

いぶしぎんは、ぴったりと蓋がしまるので煙が出ず、家の中でも燻製ができます。屋外ではなく屋内で燻製を楽しみたい時に取り入れてみてはいかがですか。

初心者でも本格的な味に!燻製機を使ったベーコンの材料

燻製機を使ったレシピなら本格的なベーコンも作れる

燻製をするのに慣れてきて、もっと本格的な燻製作りをしてみたい!というときにおすすめしたいのがベーコン。手作り燻製の代表格であるベーコンは燻製に慣れてきたらぜひ取り入れておきたい燻製方法です。燻製機を使えば、本格的なベーコンも簡単に作れるようになるので初心者の燻製からワンステップ上がりたいという時はぜひチャレンジしてみてはいかがですか。

必要な材料は?

手作りベーコンを作るのに必要な材料は、豚バラ肉500g、砂糖10g、塩20g、ピートパウダー、サクラチップ、燻製機、ガスコンロになります。このほかに、ローズマリーなどお好みのハーブやスパイスをプラスしていきましょう。ハーブやスパイス類を加えることで、風味豊かなベーコンに仕上げられます。

燻製機を使ったベーコンの簡単な作り方

味付けをし、塩抜きを行う

それでは、本格的な手作りベーコンの作り方をチェックしていきましょう。まずはフォークなどを使って豚バラ肉の全体に穴を空けていきます。全体に穴が空いたら、砂糖や塩、スパイス、ハーブ類をすりこんでください。しっかりすりこんだらジッパー付きの保存袋に入れて空気を抜き、密閉します。そのまま冷蔵庫に入れて1週間おきましょう。

1週間後に豚バラ肉を取り出して水をはったボウルの中に入れ、塩抜きをします。冷蔵庫に入れて8時間ほど塩抜きをしましょう。塩抜きができているかどうか確認するためには、時間が経過した後に少量を切り取って焼いて食べてみてください。少し薄いくらいの塩加減がちょうど良いです。

乾燥させて燻製しよう

塩抜きが終わったらバッターなどの上に豚バラ肉をのせ、ラップをせずに冷蔵庫に入れます。そのまま24時間ほど放置して表面を乾燥させましょう。干しカゴがある場合は、風通しの良い日陰において乾燥させてもOKです。スモークチップを170℃のオーブンに入れて1時間ほど乾燥。そのまま燻製機に入れ、ベーコンも吊るして60℃で2時間ほど燻製させます。

温度管理をしながら燻製させるのがポイント。2時間経過したら取り出し、ラップをしないまま冷蔵庫で1日寝かせたら完成です。もし冬の晴れた日であれば風通しの良い日陰で乾燥させるのがおすすめ。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

手作りベーコンで作りたい!ポトフのレシピ

ポトフに必要な食材

本格的な作り方で手作りベーコンができあがったら、そのまま食べるのも良いですけれども他の料理にアレンジしてみるのも良いですよね。手作りベーコンを使ったおすすめレシピがポトフ。手作りベーコンを厚切りにして贅沢に入れれば、本格的な味わいを楽しめるようになります。簡単な作り方なのに贅沢なポトフに仕上がるのが嬉しいポイント。

ベーコンポトフのレシピに必要な材料は、ベーコン200g、人参1本、玉ねぎ1個、キャベツ400g、ジャガイモ4個、塩小さじ1、水900ml、ニンニクひとかけら、ローリエ1枚、セロリの葉4枚になります。お好みでローズマリーなどのハーブを入れると、さらに風味豊かに。入れる具材はミニトマトやカブなどアレンジを加えても美味しく仕上げることができます。

美味しくできる作り方

ベーコンは厚切りにしておきます。人参は大きめの乱切りにし、玉ねぎはくし切り、キャベツは芯を残したままざく切りにしてください。ジャガイモは皮をむいて半分にカットします。ニンニク・ローリエ・セロリの葉はお茶パックの中に入れましょう。鍋にオリーブオイルをしいたらベーコンを焼いて焼き目をつけます。焼き目がついたらいったん取り出してください。

人参と玉ねぎを鍋に入れて炒め合わせ、油が回ったらキャベツとジャガイモ、ベーコンをプラス。水を入れ、ハーブ類を入れたお茶パックと塩を加えて蓋をし、煮込みます。食材が柔らかくなるまで加熱したら塩胡椒で味を整えて完成。

手作りベーコンの旨味がたっぷり!チャーハンのレシピ

ベーコンチャーハンに必要な材料

厚切りのベーコンがゴロゴロ入ったベーコンチャーハンのレシピは、ボリュームのある食事を楽しみたい時にぴったり。簡単な作り方で本格的な味わいに仕上がるので、忙しい時のランチなどにおすすめです。ベーコンのジューシーな旨味がお米に移って満足感のある美味しさ。手作りベーコンを活用して美味しいチャーハンを作っていきましょう。

ベーコンチャーハンのレシピに必要な材料は、卵1個、ネギ1/3本、醤油小さじ2、鶏がらスープの素小さじ2、黒胡椒、ご飯1人分、手作りベーコンになります。ベーコンはお好みの分量でOK。たっぷり入れるとジューシーな味わいのベーコンチャーハンに。風味を変えたい時はカレー粉をふりかけてスパイシーなベーコンチャーハンにするのもおすすめです。

美味しい作り方

ネギはみじん切りにし、ベーコンは角切りにしましょう。卵は溶いておきます。フライパンに油をしいたら卵を入れ、半熟状態のいり卵を作ってください。卵はいったん取り出します。再び油をフライパンにしいたらベーコンとネギを炒めましょう。

ネギがしんなりとしてきたらご飯を加えて炒め合わせ、卵もプラス。鶏がらスープの素を加えて炒め合わせてから鍋肌から醤油をまわしかけて混ぜます。黒胡椒をふりかけたら器に盛りつけて完成。

道具や食材を活用した作り方でベーコンを作ろう!

燻製の作り方は意外と簡単。身近な道具を活用して美味しい燻製レシピを楽しんでみてくださいね。


評価 5.0/ 5(合計11人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ