ロック歌手として活躍しているトムペティが病院に搬送されたとの驚きの情報が入りました。ファンの間では情報が曖昧で困惑しているという声も挙がっていますが、トムペティの現在の状況を確認しつつ、正確な情報を簡潔にお届けしたいと思います。

トムペティが病院に搬送された?米ロック歌手が緊急搬送と情報が大混乱

目次

  1. ロック歌手・トムペティが病院に搬送?今現在の状況とは
  2. トムペティのプロフィール
  3. トムペティが病院に搬送された?真相は
  4. トムペティが搬送先の病院で死去
  5. トムペティの死因は「心肺停止」
  6. トムペティの家族がTwitterでコメントを
  7. トムペティの活躍を振り返る
  8. トムペティの一生この世に残る歌声
  9. トムペティは一生皆の心に残り続ける
  10. トムペティが病院に搬送され死去。ご冥福をお祈り致します。

ロック歌手・トムペティが病院に搬送?今現在の状況とは

米ロック歌手として知られているトムペティが病院に搬送されたという情報が入りました。ロック歌手として現役活動していたトムペティでしたが一体彼に何が起きたのでしょうか。情報が大混乱していると話題になっていますが、何故病院に搬送されたのか、トムペティの病院搬送情報について迫ります。

トムペティのプロフィール

・芸名:トム・ペティ(Tom Petty)
・本名:トーマス・アール・ペティ(Thomas Earl Petty)
・生年月日:1950年10月20日(66歳)
・出身地:アメリカ合衆国
・職業:ミュージシャンでシンガーソングライター
・トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのボーカル

アメリカを代表とするロック歌手として大人気のトムペティ。映画に出演したり、声優として活躍したりと、様々な活躍を行っているトムペティですが、病院搬送情報は本当なのでしょうか?トムペティの家族がSNSでコメントしているといった情報もありますが、トムペティの病院搬送・現在の情報をなるべく正確にまとめます。

トムペティが病院に搬送された?真相は

2017年10月2日に病院へ搬送

米ニュースによりますと、トムペティは2017年10月2日未明に病院に搬送されたという事でした。搬送の原因は2017年10月1日夜に自宅で心臓発作を起こし、心肺停止状態になった事が原因とされています。一部では10月2日に訃報記事が流れたようですが、トムペティの家族はこの記事を大否定していたようです。

米ニュースによると、トムペティが病院に搬送されてすぐに『脳の活動が既に停止』していたとされており、『生命維持装置を外す決定がなされた』といった情報も流れました。ですが、米ロサンゼルス市警察はSNSを通して「そういう情報提供は行っていない」とコメントし、はたまたファンの間では大混乱となったようです。

様々なニュースが流れる中、トムペティの家族である娘、アナキム・バイオレット・ペティさんは訃報記事を流したメディアに対し怒りを露わにしていたようです。トムペティが病院に搬送されたのは本当の事だそうですが、様々なデマニュースが米ニュースでは流れてしまったようですね。

トムペティが搬送先の病院で死去

2017年10月2日に死去

病院に搬送されたと米ニュースで話題になったトムペティ。様々なデマが流れる中、悲しいニュースが飛び込んできました。『心肺停止』状態で病院に搬送されたトムペティ、2017年10月2日午後8時40分にカリフォルニア州サンタモニカの病院で死去したとの事でした。急すぎるニュースではないでしょうか。

米ロック歌手として多くのファンを作り、様々な仲間達からも慕われていたトムペティ。「ただの病院搬送だけなら」といった気持ちが溢れるような気もしますが、急すぎる若すぎる死になかなか頭が追い付かないような気もしますね。トムペティが搬送され、デマニュースを流したメディアに対し、トムペティの家族や仲間は何を思うのでしょうか。

トムペティの死因は「心肺停止」

心肺停止のまま戻る事は無く

2017年10月1日夜にカリフォルニア州マリブにある自宅にて意識不明の状態で見つかったというトムペティ。その後家族の発見により病院に搬送され、心肺停止のままだったそうです。トムペティの家族である娘、アナキム・バイオレット・ペティさんは「パパの命が大事」とSNSにコメントしていたようです。

米ニュースによるとトムペティは「心肺停止のまま戻る事が無く」と報道し、『心臓発作』『心肺停止』が死因とされています。家族や仲間たちに見守られながら息を引き取ったとされているトムペティ、急すぎる心肺停止・若すぎる死を受け止めたくないような気持ちでいっぱいになるだろうと思います。

トムペティの家族がTwitterでコメントを

現在トムペティのTwitterは削除されている状態

病院に搬送されすぐ息を引き取ったトムペティ。トムペティと親交があったボブ・ディランはトムペティの急な死に対し「あまりにショック過ぎて心が砕ける」とコメントしました。トムペティが息を引き取った後には、トムペティの家族がトムペティのTwitterを通しコメントしました。

「家族やバンド仲間、友人に囲まれて安らかに息を引き取りました」と英文で綴られているトムペティの家族からのメッセージ。アメリカを代表するロック歌手として長年活躍していたトムペティ、様々なバンド仲間からの追悼コメントが絶えない状態のようです。家族を代表し代理人兼マネージャーがコメントしましたが、やはり受け入れる事は出来ず。

2017年10月3日今現在、トムペティのTwitterは発見されず、削除されたのか非公開にされたのかは不明の状態です。家族や仲間、友人、ファン、様々な人々から愛されたトムペティ、ご冥福をお祈り致します。

トムペティの活躍を振り返る

1976年~2017年まで沢山の活躍を見せてくれたトムペティ

1976年に『トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ』の中心人物として歌手デビューを果たしたトムペティ。1989年にはソロデビューも果たし、70年代から現在まで『アメリカを代表とするロックスター』として活躍しました。『メッセージシンガー』としても活躍し、様々な方に様々なメッセージを届けました。

デビューしてからライブやアルバムリリースを欠かさなかったトムペティ。今までリリースされたアルバムは全米チャートのトップ10入りを果たすなど、デビューから人気スターだったトムペティです。1979年にリリースされたアルバム『破壊』は全米2位を記録するなど、様々な仲間から愛されていました。

1997年には映画『ポストマン』に出演したり、2004~2009年にかけてはアニメ『キング・オブ・ザ・ヒル』にて声優を務めるなど、ロック歌手として様々な活躍を見せてくれていました。全米ビルボードではほとんどの楽曲が『15位以内』に入るなど、ずっとこの世に残り続けるトムペティの様々な活躍です。

トムペティの一生この世に残る歌声

一生この世に残るロック歌手

トムペティによる『Free Fallin'』。ロック歌手として耳に残る歌声を残しているトムペティですが、全ての楽曲が素晴らしい物ばかりです。「人間は声から忘れていく」と言いますが、トムペティの歌声は一生この世に残り続け、一生忘れることの無い声だろうと思います。トムペティの様々な楽曲を聞いて行きたいですね。

トムペティによる『I Won't Back Down』。こちらの楽曲は聴いたことがあるといった方も多いのではないでしょうか。全ての楽曲がランキング入りを果たすなど、凄い才能を持っていたトムペティ。トムペティを超える米ロック歌手は今後も現れる事はないだろうと思われます。彼のメッセージ性を大事にしていきたいですよね。

トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズによる『Don't Come Around Here No More』。ソロとしてもバンドとしても活躍したトムペティですが、どちらの楽曲も素晴らしい物ばかりで、今改めてトムペティの楽曲を聴いているとしみじみしてしまうような気がします。一生忘れたくない米ロック歌手「トム・ペティ」ですね。

トムペティは一生皆の心に残り続ける

海外だけではなく日本でも親しまれているトムペティ

『トムペティが病院へ搬送』といった米ニュースには大混乱してしまった各国の人々。日本に情報が入って来たのは2017年10月2日でした。海外だけではなく日本での人気も高かったトムペティ、今現在も様々な声がSNS上に挙がっています。全世界から愛されていたトムペティはこれからも一生皆の心の中に残り続けるでしょう。

急すぎる報道・急すぎる死に驚いた方々も多かったトムペティの搬送から死。彼がこの世に残したものは数えきれない程あるかと思います。そんなトムペティはこれからもずっと家族や仲間・友人・ファンの心に残り続け、一生忘れられない存在になるでしょう。トムペティ、安らかにお眠り下さい。

トムペティが病院に搬送され死去。ご冥福をお祈り致します。

トムペティの病院搬送報道は本当でした。心臓発作からの意識不明、そして心肺停止といった事が事実でした。デマを流したメディアは謝罪tweetをしたようですが、家族の事を思うと心が痛いですね。カリスマロック歌手として活躍したトムペティ、彼の人生は一生誇れるものだろうと思います。

米ロック歌手として活躍したトムペティの病院搬送の真相、急な死、彼の栄光の数々を少しばかりまとめさせて頂きました。未だに実感が沸かないトムペティの死ですが、それらは全てトムペティの周りの人々の心の中に残り続ける事だろうと思います。カリスマロックスター・トムペティ、ご冥福をお祈り申し上げます。


評価 4.4/ 5(合計8人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ