キャンプで食材や飲み物などを保冷するのに便利なクーラーボックスですが、最近はおしゃれなクーラーボックスが増えてきています。今回はキャンプにおすすめクーラーボックスの選び方やおしゃれなクーラーボックスをランキング形式でご紹介いたします。

クーラーボックスのおしゃれな人気商品!キャンプにおすすめの定番は?

目次

  1. クーラーボックスはアウトドアやキャンプの必需品!
  2. クーラーボックスにも種類がある!
  3. クーラーボックスの保冷力アップには保冷剤が不可欠!
  4. 最近はおしゃれなクーラーボックスが多い
  5. コールマンクーラーボックス54QTスチールベルトクーラー
  6. コールマンパーティースタッカー33QT
  7. ロゴスハイパー氷点下トローリークーラー
  8. ロゴスストライプクーラーL
  9. イエティクーラーズローディクーラーボックス20qt
  10. 自分でデコっておしゃれなクーラーボックスに変身!
  11. クーラーボックスのおしゃれな人気商品まとめ

クーラーボックスはアウトドアやキャンプの必需品!

クーラーボックスはキャンプやアウトドアには欠かせない定番アイテムの一つです。食材や飲み物を冷やしてくれるだけでなく、夏場などは食材を冷やして菌の発生を抑えてくれるので食中毒防止にもなる便利なアイテムです。

クーラーボックスは主にプラスチック製のものが多く、プラスチックケースの周りに断熱材が入っており、クーラーボックスの中に保冷材を入れることでさらに低温を保てるようになっています。

クーラーボックスにも種類がある!

キャンプやアウトドアでも人気のクーラーボックスですが、クーラーボックスには大きく分けて2つのタイプがあります。ここではその2つのタイプのクーラーボックスの特徴やデメリットをご紹介いたします。

クーラーボックスの種類①:ハードタイプのクーラーボックス

クーラーボックスの種類1つめはハードタイプのクーラーボックスです。ハードタイプのクーラーボックスはプラスチックなどの頑丈なタイプの素材でできており、容量も大きいタイプが多いです。ハードタイプのクーラーボックスは折り畳みができないので、場所をとってしまうため、使用しない時などの収納場所に困る場合もあります。

クーラーボックスの種類②:ソフトタイプのクーラーボックス

クーラーボックスの種類2つめはソフトタイプのクーラーボックスです。ソフトタイプのクーラーボックスはアルミ素材とポリエチレンでできているものがほとんどで、折り畳みができ、使わない時はコンパクトになるので使用しない時も収納場所に困りません。

またハードタイプのクーラーボックスより軽量なので、持ち運びにも便利ですが、保冷力はハードタイプのクーラーボックスより劣りますので、遠足や運動会、買い物など短時間の保冷におすすめです。

クーラーボックスの保冷力アップには保冷剤が不可欠!

キャンプやアウトドアなど定番のクーラーボックスですが、クーラーボックスだけでは完全に保冷することはできません。そこで必要となってくるのが保冷材になります。保冷材はジェル状のソフトタイプとプラスチック製の容器の中に保冷液が入ったハードタイプの保冷材があります。

ソフトタイプの保冷材は保冷時間も短いため、長時間の保冷には向いていません。買い物や運動会など、短時間の保冷にはおすすめです。キャンプやアウトドアなどに使用する際は長時間保冷に向いているハードタイプの保冷剤がおすすめです。用途によって使い分けると良いでしょう。

最近はおしゃれなクーラーボックスが多い

キャンプなどにも便利な定番のアイテムでもあるクーラーボックスですが、少し前までは機能面だけでおしゃれとは縁遠いタイプのものが多く、似たようなクーラーボックスが多かったのですが、最近のクーラーボックスは機能面高く、おしゃれなクーラーボックスが登場してきました。ここからはおしゃれなおすすめのクーラーボックスを紹介してまいります。

コールマンクーラーボックス54QTスチールベルトクーラー

おしゃれなクーラーボックス①

おしゃれなクーラーボックス1つめはコールマンのクーラーボックス54QTスチールベルトクーラーです。コールマンのクーラー発売60周年を記念して発売されたモデルを日本で先行販売したクーラーボックスです。60周年のアニバーサリーロゴを使用し、蓋の上部にはダイヤモンド型のエンボス加工を施したクーラーボックスです。

クーラーボックス正面にはボトルオープナーがあり、レトロな雰囲気がおしゃれなクーラーボックスです。暑さが約3cmの発砲ウレタンがトップとボディに入っているので、保冷力も抜群です。容量も51リットルと大丈量です。キャンパーにも人気のブランドコールマンのレトロデザインのクーラーボックスは他の人と差をつけたい人にもおすすめです。

コールマンパーティースタッカー33QT

おしゃれなクーラーボックス②

キャンパーにも人気のおしゃれなクーラーボックス2つめは、コールマンパーティースタッカー33QTです。こちらのクーラーボックスはその名の通りクーラーボックスをスタックすることができるユニークなハードクーラーボックスです。通常のクーラーボックスと違いフタ部分がへこんでいるので、クーラーボックスの底部分がフタ部分とフィットし積み重ねても安定感があり安心です。

コールマンパーティースタッカー33QTは容量が約31Lと大容量で、350ml缶が48本、500mlのペットボトル飲料が24本も収納ができるので、キャンプはもちろん、運動会などにもぴったりです。シンプルなデザインですが2トーンカラーがおしゃれなおすすめのクーラーボックスです。

ロゴスハイパー氷点下トローリークーラー

おしゃれなクーラーボックス③

アウトドアでも定番のおしゃれなクーラーボックスの3つめはロゴスハイパー氷点下トローリークーラーです。こちらのクーラーボックスはなんと専用の保冷材を使用するとアイスクリームを約8時間も保存が可能の驚異の保冷力を実現したクーラーボックスです。容量は約40リットルで2リットルのペットボトルで9本も入る大容量タイプのクーラーボックスです。

さらにロゴスハイパー氷点下トローリークーラーにはタイヤが付いており、中に品物が入っていても楽に持ち運びができます。キャンプやアウトドアにもはもちろん、夏の買い物などにも活躍するクーラーボックスです。使わない時は折り畳んで収納できるので収納時も場所をとりません。どこでも簡単に使える人気のクーラーボックスです。

ロゴスストライプクーラーL

おしゃれなクーラーボックス④

アウトドアでも人気のおしゃれなクーラーボックス4つめは、ロゴスストライプクーラーLです。こちらのクーラーボックスは10ミリの断熱材が入っており、ソフトタイプのクーラーボックスですが高い保冷力があります。さらにフタ部分には保冷材を入れるポケットもついているので、保冷材を入れてさらに保冷力をアップすることができます。

さらにロゴスストライプクーラーLは容量が約35リットルと大容量でたっぷりと収納を可能。使わない時はコンパクトに畳むことができるので、かさばらずに収納ができます。ソフトタイプのクーラーボックスはハードタイプより軽量でお買い物などちょっとした保冷にもぴったりの人気のクーラーボックスです。

イエティクーラーズローディクーラーボックス20qt

おしゃれなクーラーボックス⑤

アウトドア定番のおしゃれなクーラーボックス5つめはイエティクーラーズローディクーラーボックス20qt(19.6リットル)です。こちらのクーラーボックスはアクティブなアウトドアにも耐えられるように頑丈に作られたクーラーボックスになっており、耐衝撃性や長期使用での耐久性にも優れているおすすめのクーラーボックスです。

自分でデコっておしゃれなクーラーボックスに変身!

お気に入りのステッカーでおしゃれなクーラーボックスに!

キャンプなど定番の持ち物でもあるクーラーボックスですが、自分でデコっておしゃれなクーラーボックスに変身させる方法もあります。シンプルなクーラーボックスにお気に入りのステッカーを貼ってオリジナルのクーラーボックスを作ってみるのもおすすめです。

自分でお気に入りのステッカーを貼ったクーラーボックスはオリジナルデザインになるので、例えば人が多い場所での使用でも一目で見分けることができ、他の人と間違えることもありません。おしゃれな市販のクーラーボックスも良いけど、こういった自分で作るクーラーボックスも良いですよね。

好きな色にクーラーボックスを塗り替える

クーラーボックスのカラーでなかなか自分の好みのカラーが無い場合、自分の好きな色にクーラーボックスを塗り直してしまうの一つの手です。ステッカーを貼るより手間がかかってしまいますが、ステッカーを貼るより、さらにオリジナリティ溢れるクーラーボックスになるでしょう。

ただし、ペイントしたクーラーボックスの塗装は、ぶつけたりするとクーラーボックスの塗装面が剥がれやすいというデメリットがあります。クーラーボックスの素材のほとんどがポリプロピレンなのですが、この素材は塗装には向かない密着性の悪い材質のため、塗料があまり定着せず剥がれやすくなっているのです。

塗装の密着性を高めるためには下地を目の細かいサンドペーパーで削ってからウレタン塗料のスプレー缶などで塗装すると密着性がある程度は高まるようです。

クーラーボックスのおしゃれな人気商品まとめ

キャンプやアウトドアなどでは定番のクーラーボックスですが、サイズや種類など色々なタイプがあるので、使うシーンによっても選ぶことができます。遠足や運動会や買い物など、短時間の保冷にはコンパクトで軽量タイプのソフトクーラーボックスがおすすめです。またキャンプなど長時間の保冷にはハードタイプのクーラーボックスがおすすめです。

最近のクーラーボックスは保冷するだけの道具としてだけではなく、おしゃれで機能的にも人気のあるクーラーボックスが増えてきました。ぜひ今回の記事を参考にしていただき、お気に入りのクーラーボックスをゲットしてくださいね。


評価 4.0/ 5(合計13人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ