アクションカメラのおすすめを徹底比較!安い・高画質・コスパがいいのは?

SNSでの動画投稿が当たり前になっている近年、少し前からアクションカメラが流行っていることはご存知でしょうか?そこでおすすめアクションカメラを比較してみました。比較した特徴やおすすめ機能など盛り沢山!初心者や前から気になっていて購入を検討されている方必見です!

アクションカメラのおすすめを徹底比較!安い・高画質・コスパがいいのは?

目次

  1. プロ顔負けの臨場感あふれる動画や写真を撮りたい!
  2. アクションカメラってどんなカメラ?
  3. アクションカメラとビデオカメラを比較すると?
  4. 追体験が楽しいアクションカメラの評判は?
  5. 選ぶべきアクションカメラの特徴を見極めよう!
  6. アクションカメラで一番大事な解像度(画質)
  7. アクションカメラならではの画角(広角)の広さ
  8. 水中でも撮影したい!アクションカメラの防水機能
  9. アクションカメラにはどんな機能がある?
  10. 機能性に優れた定番のアクションカメラ紹介
  11. ヘッドマウント装着で使い勝手の良い【Panasonic】
  12. アクションカメラ手ブレ補正に定評がある【SONY】
  13. アクションカメラの代名詞【GoPro】
  14. アウトドアスポーツなどで力を発揮!【OLYMPUS】
  15. 世界初の360度全天球撮影を実現した【Kodak】
  16. コスパに優れステレオ録音にも対応する【RICOH】
  17. 自由自在にアクションカメラを操れる【CASIO】
  18. コスパに優れた気軽に選べるアクションカメラ
  19. ヘッドマウントディスプレイが欲しい!360度全天球
  20. 技術を集結したアクションカメラは楽しすぎる!

プロ顔負けの臨場感あふれる動画や写真を撮りたい!

おすすめのアクションカメラ比較する前に

最近ではあらゆる写真や動画を気軽にアップすることができるので、普通の画像や映像では満足できない人も多くなってきました。コンテンツを工夫してみたり、もっと良い画像が撮りたいと一眼レフを購入してみたりと趣向は様々です。その中に少し前からアクションカメラ(アクションカム)で撮った映像が話題になっています。

「え?どうやって撮ったの?」アクションカメラ?自分もやってみたい!そんな形で広がり続けているアクションカメラブームですが、メーカーの技術向上に伴い、安くて機能性も高いコスパに優れたアクションカメラも出てきて、一般の人が手にしやすい状況になってきています。気軽に遊びながらアップして、観た人も凄いと言ってくれるのはうれしいことですよね?

GoProの上手な使い方!よい写真を撮るのにおすすめの設定とアプリは? | MensModern[メンズモダン]

アクションカメラってどんなカメラ?

おすすめのアクションカメラ比較する前に【アクションカメラとは?】

ちなみにアクションカメラがどういうものかと言うと、小型のカメラを頭や耳元やバイクのハンドルなどに装着して使うのでウェアラブルカメラとも呼ばれますが、よくテレビのジェットコースターの中継などでヘルメットの上に装着して、その人の視点からの映像を映し出してくれるようなカメラのことを言います。

ウェアラブルカメラとは?人気機種の比較とおすすめの使い方は? | MensModern[メンズモダン]

アクションカメラとビデオカメラを比較すると?

おすすめのアクションカメラ比較する前に【ビデオカメラと比較】

よく旅行や運動会などで活躍するビデオカメラは、被写体をモニターで追いながらズームイン/アウトで大きさを調整して撮影します。アクションカメラは?というと、動いている自分の視点から見た映像を撮影できるものです。動いている自分に装着するアクションカメラは、その性質上もちろん小型で耐久性がなければいけません。

撮影するための機能を極力なくして、広角レンズや解像度などを強化し、どう撮影されても広い範囲で高画質撮影に特化したものがアクションカメラなのです。通常のビデオカメラでは映し出せない部分まで、人の視界に似た広角レンズで見た通りに撮影できるため、臨場感にあふれた映像となるのです。

装着したらアクションカメラ任せで自由に行動できるため、気軽にどこでも撮りたくなります。また計算されないリアルで自然な映像が撮れるため、撮った側も見る側も楽しめる映像となります。手ブレ機能がしっかり働くのでビデオカメラのように映像酔いをすることもありません。できることなら運動会で子供の横を並走しながら撮影したいと思えるほどの迫力なのです。

追体験が楽しいアクションカメラの評判は?

おすすめのアクションカメラ比較する前に【アクションカメラの評判は?】

一眼レフや通常のビデオカメラなどでは撮影能力が問われるのに対し、アクションカメラは撮影するための技量は全くいりません。それよりも、装着した人の動く能力によって面白さがアップしていきます。例えば街を歩いているだけでもビデオカメラよりはリアルに撮影できますが、自転車や車などのスピードがある映像ではとても迫力ある映像が撮れます。

それがサーフボードやスノーボードだったらどうでしょう?普通では見ることができない映像を撮影できますよね?アクションカメラの凄いところは、観る側も撮影した人と同じ感覚を共有するという追体験ができるところです。それは撮影した本人も同様で、その映像を観て追体験したことで、またその時の興奮を味わうことができるのです。

それこそがアクションカメラの人気の理由であり、撮影した人が面白すぎる!と歓喜する要因なのです。インスタグラムやTwitterなどで評判をチェックしても「楽しい!遊べる!面白過ぎる!人に見せたい!ハマった!手放せない!」などの書き込みしか出てきません。普通の書き込みでは反対意見もたまにあるのですが、全く見当たらないぐらいの勢いでした。

カメラのアプリで加工や編集ができるおすすめ・無料は?自撮りにも人気 | MensModern[メンズモダン]

選ぶべきアクションカメラの特徴を見極めよう!

おすすめのアクションカメラ比較する前に【特徴】

アクションカメラがとても気になっている人やアクションカメラにハマってワンランク上の機種が欲しくなっている人は、数あるアクションカメラから何を選べばよいか迷っているかもしれません。それぞれの機種を比較した時にどんな特徴があり、どれが自分の使い勝手に合っているかを確認することが大事です。

最初から高いものに手を出すことはハードルが高くなるため、失敗しても大丈夫な安いアクションカメラを狙っている人も多いですよね?そんな中でも性能に優れたコスパの素晴らしいアクションカメラも紹介します。その前に少しだけ選び方のノウハウを知っておきましょう!

カメラを趣味にするには?費用やメリット・おすすめ製品など調査 | MensModern[メンズモダン]

アクションカメラで一番大事な解像度(画質)

おすすめのアクションカメラ比較する上で大事なこと【解像度】

アクションカメラに撮影技術が要らないため高画質な解像度が重要になります。HD(1270x720)、フルHD(1920×1080)、4K(3840×2160)などの種類があり、フルHD(1920×1080)が標準的画質の基準と言われています。ハイスペックを狙うなら確実に高画質な4K対応モデルを狙いましょう。

おすすめのアクションカメラ比較する上で大事なこと【フレームレート】

またフレームレートという動画分割のコマ数を意味する言葉があります。パラパラ漫画などを想像すればわかるかと思いますが、絵を動かすのに少ない枚数ではカクカクしてしまいますが、大量の枚数でパラパラすればスムーズに絵が動きますよね?それと同じで、コマ数が多ければ映像は格段にスムーズになります。それを表す数値がフレームレートです。

フレームレートの単位は「fps」で表されます。60fpsは1秒間に60コマ動きます。実際に見る映像では30fpsでも見やすく、60fpsもあれば十分きれいな動画ということになります。ようするにあまり低すぎなければ問題はないということになりますね。

アクションカメラならではの画角(広角)の広さ

おすすめのアクションカメラ比較する上で大事なこと【画角】

アクションカメラの神髄はこの広角といっても過言ではありません。人の視野角は120度ぐらいと言われていますが、それは同時に見た時であり、総合的には左右合わせて180度ぐらいになるようです。そのため、アクションカメラでも総合的な視野角に近い170度に対応している広角レンズがおすすめです。

映像を見た時にビデオカメラでは両端に広がりがなく映像が切れている印象があったかと思いますが、この170度搭載アクションカメラでは人の目が実際に景色を見るサイズがそのまま再現されますので、違和感のない映像を見ることが可能です。それゆえ広角はしっかりチェックすることをおすすめします。

水中でも撮影したい!アクションカメラの防水機能

おすすめのアクションカメラ比較する上で大事なこと【防水機能】

水辺で遊ぶだけでなく、ダイビングなどで潜水中の映像を撮りたい場合もあります。アクションカメラでは2タイプの防水機能があり、アクションカメラ本体に防水機能が備わっているものと付属のケースのようなハウジングを装備して防水対応にするものとあります。

また、どこまでの潜水に対応しているかの潜水深度も重要なポイントになります。水深で3mぐらいから本格的に推進20m~60mぐらいまで潜れるものもあります。どの程度の防水機能なのかは機種によって違ってくるので、自分に合ったものをチェックしてみてください。

防水機能付きのビデオカメラまとめ!種類や選び方などランキングで紹介 | MensModern[メンズモダン]

アクションカメラにはどんな機能がある?

おすすめのアクションカメラ比較する上で大事なこと【手ブレ補正機能】

アクションカメラの特徴の一つに手ブレ補正機能があります。アクションカメラは動きのある映像を撮るので手ブレ補正は絶対必要です。基本的にはどのメーカーの機種でも手ブレ機能はついていて、良いものは光学式手ブレ補正を採用しているものもありますし、電子式でも通常ではある程度の効果はありますので、映像酔いをすることはそれほどなさそうです。

おすすめのアクションカメラ比較する上で大事なこと【操作性】

アクションカメラは体やハンドルなどに装着してしまうと操作がやりにくくなります。そこでタッチパネル機能を搭載して操作しやすくしたり、リモコンを用意してシャッターや設定切り替えなどを操作できるようにしている機種もあります。また、Wi-Fiでスマホと接続して専用アプリを使うことでスマホから操作できるようにするものもあります。

おすすめのアクションカメラ比較する上で大事なこと【バッテリー容量】

ツーリングやドライブレコーダーで使ったりする場合などは、アクションカメラを長時間使うためのバッテリー容量が必要になります。必要である場合は大容量バッテリーを用意しているアクションカメラのモデルであるかのチェックもポイントとなりそうです。

機能性に優れた定番のアクションカメラ紹介

おすすめのアクションカメラを比較してその特徴を紹介!

ここからおすすめのアクションカメラを紹介していきます。まずは各メーカーがしのぎを削っている定番の機能性に優れたアクションカメラ、そしてその他のメーカーで出されている話題の機種や高価ではないのに映像は劣らないコスパに優れたタイプや、とにかく安いので気軽にお試しできるものを揃えましたので、ぜひアクションカメラ選びの参考にしてみてください!

ハイスピードカメラのおすすめランキング!人気の高速度カメラを紹介 | MensModern[メンズモダン]

ヘッドマウント装着で使い勝手の良い【Panasonic】

おすすめのアクションカメラを比較してその特徴を紹介!【HX-A1H】

他機種と比較した時の特徴として外せないのが約45gという驚愕の軽さです。一体型のアクションカメラで体への装着にも負担がなく、撮影環境も選びません。高画質で防水防塵性能に優れています。

同梱のヘッドマウントに装着して目線取りができる他、バイクのハンドル装着しての使用も可能です。0ルクス(肉眼では視界ゼロ真っ暗状態)ナイトモード機能対応で市販の赤外線ライトがあれば夜釣り撮影も可能です。

スマホでも専用アプリ「Panasonic Image App」で操作することができます。SNS投稿も簡単にできるのでおすすめです。1万6000円前後と、とても安いコスパに優れたアクションカメラです。

おすすめのアクションカメラを比較してその特徴を紹介!【HX-A500】

高画質な動画を撮影ができるモデルです。本体とカメラが別になっていてケーブルで繋げるタイプです。解像度は4Kあるので鮮明な映像を残すことができます。残プレ補正に傾き補正機能も搭載され、頭部などに装着して使うアクションカメラとしてはパナソニックがもっともおすすめできる機種となります。22000円前後という価格です。

アクションカメラ手ブレ補正に定評がある【SONY】

おすすめのアクションカメラを比較してその特徴を紹介!【HDR-AS50】

ソニーのハンディカムは有名ですが、その技術を駆使しているアクションカメラは多種類にのぼり、他メーカーと比較しても手ブレ補正機能には定評があります。その中のベーシックモデルで、ノイズの少ないフルHDの高画質映像を可能にしています。

防水は水深60m/連続30分が可能で付属の防水ハウジングを装着して使います。通常使用でも防塵、耐衝撃、耐低音性に優れ、連続165分の撮影時間を可能にした大容量バッテリーが用意されているので、長時間撮影も安心です。価格は23000円前後です。

おすすめのアクションカメラを比較してその特徴を紹介!【FDR-X3000R】

ソニーの小型軽量なアクションカメラはこちらがおすすめです。ソニーハンディカムに搭載されている空間光学ブレ補正機能をアクションカメラとしては初めて採用しました。4K対応でハイスピードでも安定した高画質撮影が可能です。リモコンは腕時計型になっており、腕時計の液晶モニターでの操作が可能です。価格は62000円前後です。

アクションカメラの代名詞【GoPro】

おすすめのアクションカメラを比較!【HERO5 Black&Session】

アクションカメラの代名詞となっているゴープロで、アクションカメラ界では知らない人はいないほどの超人気メーカーです。最新機能搭載のアクションカメラのおすすめは少し前に発売されたこのモデルです。

タッチパネル搭載で4K高画質撮影対応です。他メーカーとの比較でもハウジングなしで推進10mまで使用できる防水機能は高評価であり、GPS機能やWi-FiとBluetoothのワイヤレス機能を内蔵していることで、スマホなどとの接続も可能です。特徴としては撮影後の編集機能が充実していることと、エフェクト類が豊富であるということです。

ボイスコントロール機能も内蔵されていて使える機能満載です。美しい風景のタイムラプスやスローモーション映像も表現できるゴープロは、常に世界一多彩なカメラとして君臨しています。HERO5 Blackは50000円前後、HERO5 Sessionは35000円前後という価格になります。

おすすめのアクションカメラを比較!【 HERO+LCD】

背面のタッチパネルで撮影記録の確認や設定などの操作性に優れたモデルです。水深40m対応という防水性も魅力の一つです。フルHDで800万画素の静止画撮影が可能で、Wi-FiとBluetooth接続に対応ししているのでスマホ操作も可能です。アクションカメラ初心者やゴープロの入門機種としてもおすすめです。32,000円前後です。

GoProのスペックを比較!初心者にHERO5は合っているのか? | MensModern[メンズモダン]

アウトドアスポーツなどで力を発揮!【OLYMPUS】

おすすめのアクションカメラを比較してその特徴を紹介!【TG-Tracker】

アウトドアスポーツなどで使うアクションカメラならオリンパスのTG-Trackerがおすすめです。GPS、気圧、温度などをモニタリングできるフィールドセンサー搭載で、激しい動きにも対応できる機能に優れたアクションカメラです。

夜間撮影ができるヘッドライトを搭載し、水中用プロテクターも搭載、そして同梱されている可動式ステディグリップがいろんなアングルからの撮影を可能にします。そして協力なデジタル5軸手ブレ補正機能により、ハードな撮影環境でも安定して高画質撮影をすることができます。

そして専用アプリ「OLYMPUS Image Share」の使用でスマホからの遠隔操作もできるのでとても便利です。他メーカーと比較してもアウトドアスポーツなどに特化した仕様となっており、動画撮影時のGPS情報や速度表示もできて、いろいろ使い勝手が計算されています。価格は25000円前後になり、機能的に考えても安いコスパに優れたアクションカメラと言えそうです。

世界初の360度全天球撮影を実現した【Kodak】

おすすめのアクションカメラを比較してその特徴を紹介!【SP360】

世界で初めて360度撮影アクションカメラとして発売されたのがこのSP360です。水平360度、垂直235度の全方位撮影を4K対応で撮影できる優れもので、再生ソフトを利用して11種類のモードで再生することが可能です。基本的には2つのカメラを組み合わせて180度×2で撮影というタイプなので、一度に撮ると下が欠けてしまうので編集が必要になります。

ただ180度ずつ上下分割もできたり、プラネタリウムのように再生することもできるので、使い方次第で好きなパターンの撮影方法を自在に考えることができます。専用アプリでスマホからリモート操作も可能です。価格は28000円前後と比較的安いコスパに優れたアクションカメラです。

コスパに優れステレオ録音にも対応する【RICOH】

おすすめのアクションカメラを比較してその特徴を紹介!【WG-M2】

水中ハウジングを装着せずに水深10mまで耐え得る防水性能と高さ2mからの耐落下衝撃性能に加え、マイナス10度の耐寒性能という過酷な環境でもガシガシ使えそうな防水アクションカメラです。

更に4K高画質対応なのですが、特徴的なことはそこではありません。204度という超広角!そしてアクションカメラには珍しいステレオ録音によるクリアなリアルサウンドを実現しています。

大きなボタンも特徴の一つで、手袋をしていても操作しやすいと評判です。専用アプリを使ってスマホからの操作も可能です。これだけハイスペックなのに優しい価格設定とあって、コスパ重視の方には超おすすめなアクションカメラです。価格はこの機能で27000円前後と比較的安いです。

自由自在にアクションカメラを操れる【CASIO】

おすすめのアクションカメラを比較してその特徴を紹介!【EX-FR100】

ウェアラブルスタイル、自撮りスタイル、カメラスタイルの3種類の撮影方法があります。本体とリモコンはセパレートスタイルで切り離して使うことで、フリースタイルな撮影が可能となっています。

そして画角の広い16㎜レンズで臨場感あふれる撮影ができ、画像処理機能も高速化されています。型にはまらない撮影をしたい人にはとてもおすすめアクションカメラです。後に出てくる360度タイプのEX-FR200と組み合わせて使えば更に協力な全天球撮影が可能になります。価格は3000円前後です。

コスパに優れた気軽に選べるアクションカメラ

おすすめのアクションカメラを比較!コスパ重視【MUSON MC2】

解像度4Kという高画質に対応しており、防水仕様でなので水上運動やスキーなどにも使用できます。設置するためのパーツが沢山ついているので、バイクや自転車、カート、車など何でも取り付け可能です

バッテリーが2つ付属されているので、録画時間が2倍です。Wi-Fi搭載なのでスマホ操作もできます。4K対応という高画質で約8000円と安いアクションカメラなのでコスパ最高でおすすめです。

おすすめのアクションカメラを比較!安いコスパ重視【Vemico 4K】

高画質4K対応で2インチ液晶170度広角レンズが搭載したアクションカメラで、2.7K@30FPS、1080P@60FPS。720P@90FPSなどの撮影モードが選択可能です。防水は水深40mまでのハウジング付きでWi-Fi搭載されていますので、専用アプリを使ってスマホ操作ができます。コスパ重視の人にはとてもおすすめのアクションカメラです。

タイムプラス撮影対応で、本体に900mAhバッテリーが内蔵され更に予備バッテリー(900mAh)が付属されているのは嬉しい限りですね。4K対応ですが実際に4Kモードで撮影すると音がズレたり解像度が落ちたりすることもあるようで、その辺に安さが出るのかも?価格は約6000円前後と安いのでコスパに優れています。ゴープロとの比較映像を参考にしてください。

おすすめのアクションカメラを比較!安いコスパ重視【HAMSWAN F60】

高解像度1080PフルHDという高画質な動画撮影に対応したコスパ重視なアクションカメラです。2インチ170広角レンズで、30m防水対応のハウジングケースがついていて、無線LANを搭載しているのでスマホ操作が可能です。Amazonでは6500円近辺で購入可能です。コスパ重視、または初心者におすすめです。

おすすめのアクションカメラを比較!安いコスパ重視【AKASO EK7000】

4KとフルHD高画質に対応しているスポーツアクションカメラです。Goproと互換性がありとなっていますね。水深30mの防水ケースが付いてバッテリーも二つ付属されています。内蔵無線LANとwifi機能が搭載しスマホ操作可能です。この手のコスパが良いものは基本的に中身の作りは同じと思って良さそうです。どれを選んでもコスパに優れ、コスパ重視の人におすすめです。

内蔵無線LANとWi-Fi機能が搭載されスマホ操作可能です。この手の安いものは、基本的に中身の作りは同じと思って良さそうですね。どれを選んでも安いのでコスパ的満足度はとても高いと思われます。ちなみにこちらの金額はだいたい7200円前後と安いです。

おすすめのアクションカメラを比較!【Paralenz Octospot】

本格的なダイビング向け防水アクションカメラです。ハウジングなしで水深200mの耐水圧性を誇るこのアクションカメラは、本格的にスキューバダイビングなどで使う人におすすめです。95000円前後なので決して安いわけではありませんが、超高機能なので納得ですね。

カメラで安いモデルのおすすめは?コスパのいい低価格商品を紹介 | MensModern[メンズモダン]

ヘッドマウントディスプレイが欲しい!360度全天球

おすすめのアクションカメラを比較!【360度全天球】

コダックが世界初の360度全天球アクションカメラを発売してから、次々と360度全天球レンズ搭載アクションカメラが出始めました。まだ機種の数は多くありませんが、各メーカーが開発を急いでいる背景には、やはりVRがらみかもしれません。360度全天球レンズで撮影した映像をヘッドマウントディスプレイで観れば、VR体験ができてしまうのは凄いですね。

おすすめのアクションカメラを比較!【360度全天球】「360fly 4K」

球体のおしゃれな形をした360度動画撮影可能なアクションカメラです。本体だけで水深10mの防水とIP6Xの防塵、1.5mまでの耐落下衝撃、-20度の耐低温を実現しています。64ギガバイトの内部メモリを搭載し、2880×2880ピクセルの超高精度映像撮影が可能です。VRの世界観を狙ったアクションカメラに興味がある人におすすめです。価格は55000円前後です。

おすすめのアクションカメラを比較!【CASIO EX-FR200】

水深1.5mの水中で60分間の連続使用が可能、1.3mの落下にも耐えられ、185度の超ワイドな全天球撮影を実現している4K対応アクションカメラです。カシオのメーカーのところで紹介したEX-FR100と合わせて使うことも可能なので、既にEX-FR100を持っていると使い方も面白くなりそうですね。

おすすめのアクションカメラを比較!【RICOHTHETA(シータ)】

静止画では出力画素14mの高精細な360度画像を撮影でき、動画では、4K (3840 x 1920、56Mbps)、30fpsの高精細360度撮影を可能にしています。また音声でもVR (バーチャルリアリティ) に対応した空間音声技術が採用されているので、VRに特化した撮影をしてみたい人にはおすすめの機種です。コスパに優れた27000円前後の価格になります。

おすすめのアクションカメラを比較【Samsung Galaxy Gear 360】

「Galaxy」のスマホと専用のヘッドマウントディスプレイ「Gear VR」と連携させることができる4K対応の360度アクションカメラです。4096×2048ドットの高解像度の動画撮影が可能で15MPの静止画像を撮ることができます。本体は130gで防滴防塵などに優れ、Galaxyのスマホを持っている人には確実におすすめできるアクションカメラです。価格は33000円前後です。

技術を集結したアクションカメラは楽しすぎる!

各メーカーがこぞって持てる技術を集結しているアクションカメラが楽しくないわけがありません!こんな動画が自分でも撮れてしまうといった驚きから、徐々に創作意欲も湧いてきて、気が付けばハイエンドモデルが欲しくなっている自分がそこにいるかもしれません。とにかく楽しすぎるアクションカメラ、是非自分に合ったものを選んで楽しんでみてください!

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ