ビジネスシーンで今までと違ったスタイルで注目されている、ホリゾンタルカラーのカッタウェイ。新しいデザイン設計のシャツは、ネクタイとの合わせ方で斬新な着こなしが楽しめておすすめ。トレンド感の強いカッタウェイの着こなし術をまとめてみました。

カッタウェイのホリゾンタルカラーをビジネスに!ネクタイとの着こなし術

目次

  1. まだまだ認知度の低いカッタウェイとは
  2. カッタウェイとホリゾンタルカラーの違い
  3. カッタウェイスタイルが向いている人
  4. カッタウェイシャツを着用する時のネクタイの結び方
  5. カッタウェイと普通のシャツとの使い分け
  6. 大人のビジネスマンアイテムが揃うカッタウェイブランド
  7. 有名ブランドがカッタウェイを新しく導入
  8. 幅広い品揃えが特徴的なブランドのカッタウェイ
  9. カッタウェイのカラーチョイスに注意しよう
  10. フォーマルな場でのカッタウェイ選び
  11. 大きな結び目でカッタウェイを魅力的にする
  12. 王道のシングルノットとカッタウェイ
  13. ストライプのカッタウェイで清楚感を出す
  14. デニム生地をうまく活かしたカッタウェイスタイル
  15. カッタウェイを利用したファッションスタイルまとめ

まだまだ認知度の低いカッタウェイとは

ビジネスの世界では最新のトレンドとして注目されている、次世代のメンズスタイルなカッタウェイ。カッタウェイとは、通常サイズの襟元を大幅にカッティングされたシャツのことを指し、従来の見た目とは全く違った印象を受ける設計になっています。イタリアでは主流とされている着こなしですが、日本でもジワジワと定着しつつあります。

ネクタイとの合わせ技で、エレガントな雰囲気を演出できるのでおすすめです。襟元が下に垂れ下がった通常のカッターシャツは、今まで通り日本のビジネスシーンでは当たり前のスタイルです。

しかし襟の角度がほぼ水平なカッタウェイスタイルは、重苦しいスーツのイメージを晴れやかにしてくれ、ネクタイの存在感を出すことも出来ます。解放感のある首元は相対する人との距離を縮め、仕事着としては最適の働きが期待できるのでおすすめです。

ベージュスーツのメンズ着こなし術!おすすめブランドと大人コーデまとめ | MensModern[メンズモダン]

カッタウェイとホリゾンタルカラーの違い

カッタウェイと肩を並べ、よく出てくる言葉が「ホリゾンタルカラー」。巷ではカッタウェイの方が襟幅が広いや、ホリゾンタルカラーはシャツに留まらないなどとよく勘違いをされていますが、実はこの二つの言葉は同じ意味とされています。ホリゾンタルカラーとは和訳すると水平線という意味があり、文字通り襟の角度がほぼ水平であるためにこの名が付けられました。

カッタウェイとホリゾンタルカラー、どちらの呼び方でも同じであり、どちらも先進的なデザインのビジネスシャツの事を指しています。ネクタイの柄や結び方次第で、今までの着こなし術とは違ったファッション性があり、マンネリ化した仕事着からオサラバできる新しいスタイルです。アウターで派手さを抑えたり、あえてノーネクタイでラフに攻めることも出来るでしょう。

カッタウェイスタイルが向いている人

カッタウェイはイタリアでは主流で、日本でも徐々に人気が出始めています。ですがそれはあくまでファッション性を求めて流行りつつあるだけで、本来の着こなしの意味はあまり知られていません。カッタウェイをおすすめできる人の特徴の一つに、首の太さが挙げられます。首が太い人はスーツを着た時に、全身のスタイルがどこか重苦しいそうな印象を抱かれるリスクがあります。

襟元がスッキリしたホリゾンタルカラーで、カラーチョイスなどにも気を付ければ、それらは解消することが出来るでしょう。ネクタイを細めのタイトネクタイで合わせれば、さらにお洒落な着こなしも期待できます。

カッタウェイシャツは、第一ボタンを外しても襟の型くずれが起きにくく、チャラい印象を作り出すこともありません。安心してビジネスシーンで活用できる、おすすめのメンズファッションとなります。

私服をスーツにしてもデートにいける?おすすめのコーディネートスタイル! | MensModern[メンズモダン]

カッタウェイシャツを着用する時のネクタイの結び方

カッタウェイシャツはノーネクタイで活用する方が比較的多いですが、せっかくネクタイを締めるならばやり方に注意しなければなりません。カッタウェイは襟がほぼ180度に開いているため、通常よりも首元に開放感があります。なので、ネクタイの顔とも呼ばれている結び目を大きくしましょう。

普通サイズの結び目だと、襟との間に遊びができてしまい、首元が緩くて着こなしがだらしなくなってしまうからです。ビジネスマンにとっては戦闘服アイテムでもあるネクタイは、商談ごとで相手と相対した時によく見えるVゾーンにあります。襟元は自分を写す鏡であって、仕事をする上で非常に大事ポイントです。

ダブルノットやウィンザーノットなどの結び方で、その人自身の印象も変えられることが出来るので、他のビジネスアイテムと合わせながら決めることをおすすめします。

カッタウェイと普通のシャツとの使い分け

カッタウェイは、通常のカッターシャツとの使い分けで、さらにタウンユースで個性的に目立つことが出来ます。もちろん通常のシャツはスーツとの相性がバッチリで、スタンダードなビジネスマンの形となります。カッタウェイは襟がワイドに開いているため、顔が明るく見えてトレンドに敏感なビジネスマンに見えるでしょう。

しかしどちらかに偏りすぎるのでは、見てる側も代わり映えのしない人に見られてしまうかもしれません。ビジネスの世界では、他の営業マンや商談相手との差別化を図ることをおすすめします。そうすることで言葉数が多くなくとも、相手が勝手に好意を抱いてくれることもあるからです。

なので、通常のシャツでもカッタウェイでも、どちらかに8割り程度のバランスで着替えると良いでしょう。事務所で仕事する分には普通のカッターシャツでデスクワークをこなし、外回りで営業がある時などにカッタウェイを着用するのも、一つの手段です。

インターンシップの服装は私服orスーツ?基礎知識からマナーまで | MensModern[メンズモダン]

大人のビジネスマンアイテムが揃うカッタウェイブランド

30代から40代にかけて、渋い大人を演出できるビジネススーツが沢山揃っているMaker's Shirt 鎌倉。生地にこだわったスーツデザインで、価格設定も安めに設定されています。スーツに負けず劣らず、インナーシャツの種類も豊富。エレガントな雰囲気を醸し出すクオリティは「鎌倉シャツ」としてその名のブランド力を伸ばしています。若い世代を中心に、人気が急上昇中です。

通販サイトで注文すれば、丁寧な梱包と共にカッタウェイが届きます。シャツの扱い方ともなる説明書きが丁寧に書かれてあり、あまり着慣れていない人でも分かりやすいのでおすすめです。シワひとつないシャツは、届いたその日からすぐにでも着用できるでしょう。

職人がひとつひとつ入念に仕立てているので、着心地の良い着こなしが実感できます。襟の生地がボディラインよりも薄めに設計されており、細かなこだわりが感じ取れるでしょう。

有名ブランドがカッタウェイを新しく導入

国内生産で、安心の品質とクオリティを届けてくれるブランド「ラファブリック」。ビジネススーツの着こなしに慣れている人は、いまこぞって注文をしている人気通販ブランドです。何とビジネス関連のブランドサイトでは珍しい、スーツ1着からオーダーメイドが可能となっています。

サラリーマンでなく、仕事着としてスーツを着ていない方でも、リーズナブルでお洒落なオリジナルアイテムが手に入ります。ラファブリックは最新のトレンドでもある、カッタウェイを導入しました。カッタウェイ独特の襟の特徴を生かしたデザイン設計も多く、色々な口コミ情報でも比較的おすすめされている事が多いブランドです。

インターネットで商品を決めてから、採寸やデザイン選択まで分かりやすいサイト設計になっているため、初めての利用でも簡単に注文することが出来るでしょう。カッタウェイと、実用性の高いスーツが多いのが特徴です。

ストレッチスーツとは?スリムなの動きやすく機能性が高いスーツの基本 | MensModern[メンズモダン]

幅広い品揃えが特徴的なブランドのカッタウェイ

リーズナブルな価格帯から高級スーツまでを取り揃えている、カッタウェイも扱うブランド「スーツセレクト」。若い世代から高年配の方々までチョイスできるデザインが多く、理想のファッションスタイルを想像しながらショッピングが楽しめます。

話題のホリゾンタルカラーで統一させてもいいですし、オーソドックスなジャンパケスタイルでも必要なアイテムは用意されているので、容易に着こなしできるでしょう。カッタウェイを含むシャツは3,800円からの価格設定になっており、デザインも豊富。生地感やサイズなど、自分の好みに合わせたアイテムが見つけられます。

注文から発送までのスピードも早く、口コミ情報でも軒並み評価の高いブランド通販サイトです。参考画像の枚数も多く、事細かで丁寧な詳細も載っているので、購入の手助けとなって楽しく買い物ができるのでとすすめとなっています。

カッタウェイのカラーチョイスに注意しよう

カッタウェイと一口に言っても、襟幅から柄などのデザインも様々なものがあります。イタリアから流れてきた設計図ですが、今では日本人に合わせた微妙なサイズ違いなども、どんどん開発されています。全体のスタイルを通しての着こなしも重要ですが、カッタウェイそのもののデザイン設計にも着目しておかなければいけません。自分の仕事柄や商談する相手を再確認してください。

その上で相手に失礼がないかなどの見た目を考慮して、カッタウェイを選びましょう。着こなしを気にするのは、適切な服装であるかどうかの後で構いません。

外回りの営業中は薄めの青みがかったカラーを選び、商談相手との仕事の場合は白でオーソドックスなカラーのカッタウェイを着て臨みましょう。投げやりな選択をしてしまうと、せっかくの商談も上手くいかないこともあります。慎重に選びましょう。

ユニクロのスーツの評判は?オーダー・値段や着こなし方など徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

フォーマルな場でのカッタウェイ選び

冠婚葬祭などかしこまった場でも、カッタウェイ選びは慎重に行っておきましょう。結婚式や相手を敬う場面では、主役となる相手を一番と考えなければ失礼にあたります。カッタウェイは今の時期はトレンド感と強いファッションアイテムとなりますので、デザインそのものは大丈夫ですがカラーチョイスは考えておきましょう。

また、葬式などで着て行く際は、当然ですが白色でシンプルなデザインのカッタウェイを着用しましょう。ご遺族に喪に服している意識を伝えるためにも、正装を心掛けるようにします。故人を偲ぶ場なので、作法や流れを把握することも重要ですが、まずは自分の姿形が大事です。

自己満足な着こなしは、相手に不快感を与えるだけになってしまうので、事前に全身をチェックすることをおすすめします。

大きな結び目でカッタウェイを魅力的にする

ネクタイの結び目が大きく、カッタウェイの形状にもピッタリなウィンザーノット。ほぼ水平な襟元でもバランスが良く、全身のスタイルが引き締まるのでおすすめです。カッタウェイの柄がストライプやチェック柄だとしたら、ネクタイの柄を対比デザインにするなどの工夫も、楽しめます。横から見た時の盛り上がりも絶妙で、ビジネスマンとしての質の向上が期待できるでしょう。

ネクタイの結び方の工程上、結び目がシッカリと締まり、安定感もあるので着崩れしにくいのも特徴的です。ウィンザーノットとカッタウェイを組み合わせれば、日本人離れした英国紳士スタイルで、他のビジネスマンとの差別化にもなるでしょう。デザイン次第で何通りもの楽しみ方が出来るので、ローテーションを組むのも一つの手段です。

パーティースーツのモテる着こなしは?結婚式や婚活もおしゃれに! | MensModern[メンズモダン]

王道のシングルノットとカッタウェイ

ネクタイの結び方として王道とされる、シングルノット。結び方も簡単で、初心者でも容易にセットすることが出来ます。また、どんなスーツ姿でもバランスよく演出してくれて、ビジネスマンのとしてのステータスが上がるでしょう。フォーマルでもカジュアルでもお洒落に着飾れるネクタイの形は、人を選ばずに美しいフォルムを演出してくれます。

第一印象を左右する重要なネクタイの結び方も、シングルノットならば文句を言われる心配もありません。就活生の入門としても覚えられる形なので、凡庸性の高さも魅力的です。とっつきやすく、時間がない時でもすぐにセットでき、失敗しにくいのでおすすめの結び方です。トップスのジャケットから見える結び目が、可愛らしくて女性にも人気となっています。

ストライプのカッタウェイで清楚感を出す

全体のシルエットが暗めのカラーでも、インナーであるカッタウェイをストライプにすることで、さりげなく存在感を残せるファッションスタイルです。全身のカラーを揃えるのではなく、細かなアイテムのカラーチョイスを揃えることで、メンズファッションとしてのお洒落度がかなりアップするでしょう。青は清潔感があり、女性ウケもバッチリです。

スーツとパンツは、あえて暗めのグレーをチョイス。カッタウェイを薄めのブルーストライプにして、ネクタイは濃い目の青で、デザインはドット柄。青のポケットチーフを少しだけ見えるのも、ドレッシー度が増すのでおすすめです。それぞれのアイテムを見ると少し派手ですが、全体を見ると全くいやらしさがないのが魅力的です。

スーツでコスパがいいブランドやショップは?おすすめ・高品質の選び方 | MensModern[メンズモダン]

デニム生地をうまく活かしたカッタウェイスタイル

デニムのジャケットやシャツは、本来はビジネスマンには不向きとされています。カジュアル感が強く、仕事着としては見えにくいためです。そんなデニム生地も、カッタウェイならばカジュアルすぎずフォーマルすぎない、バランスの良さが勝つのでビジネスマンでもおすすめできるファッションアイテムです。

デニム生地のカッタウェイに、ピンストライプのネクタイ。あとはシンプルにパンツやスラックス、スキニーパンツなどを着用しましょう。あまりゴチャゴチャとアイテムを足す必要はなく、腕時計くらいにしておいてください。男らしさを残しつつも、どこかラフな雰囲気を漂わせておくのが、このメンズファッションスタイルのポイントです。

カッタウェイを利用したファッションスタイルまとめ

まだまだ認知度の低い今だからこそ、カッタウェイをいち早く手に入れて、他のビジネスマンとの差を付けてください。顔の近くで目につきやすく、違った印象を与えられるカッタウェイは、まだまだ何通りもの楽しみ方がこれからも出てくるでしょう。

マンネリ化した職場での戦闘服を、カッタウェイを着用して仕事に覇気を持たせましょう。身なりがいつもと違うだけでも、仕事の進み具合も違うことがあります。一度も購入したことがない方は、価格がリーズナブルな商品から検討してみましょう。

【元外資系営業マンが選ぶ】デキる男を印象付けるNo. 1香水が決定! | MensModern[メンズモダン]

評価 4.4/ 5(合計3人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ