彼女を傷つけた時はどう対処する?謝罪や反省、連絡のタイミングなど。

自分の彼女を傷つけたことはありますか。対処方法も分からず、謝罪や反省もできないという人も多いかもしれません。連絡のタイミングや大切なポイントについて説明しています。カップルに多い問題点とは何なのかということにも触れつつ彼女を傷つけた時の対処についてまとめます。

目次

  1. 彼女を傷つけたことがありますか
  2. 傷つけた理由がわからないと仲直りもできない
  3. 彼女を傷つけた原因として考えられることとは?
  4. 彼女と直接会えなければ電話やメールもあり
  5. 言わなくても察してほしいのが彼女の心境
  6. 傷つけた彼女の感情を受け止める
  7. 傷つけた彼女への謝罪や反省のタイミングっていつだろう
  8. 傷つけた彼女に対しての真摯さと誠意が大切
  9. 反省して傷つけた理由をよく考え、彼女からの連絡を待つ
  10. 彼女が喜ぶプレゼントやサプライズで穴埋めする方法もある
  11. 彼女への連絡のタイミング
  12. 彼女を傷つけたときには責任逃れや言い訳をしないこと

彼女を傷つけたことがありますか

彼女を傷つけたことはありますか。自分では気が付かないような些細なことで喧嘩をしてしまい相手を傷つけたりすることもあるかもしれません。なかなか仲直りのきっかけも作れず、いつまでもずるずると引きずってしまい、場合よってはお別れというカップルも多いです。

気づけてしまったあとになんの仲直りの対処も出来ずにそのままの状態になってしまったということもよく耳にします。ケンカ別れになってしまった場合、お互いにとってよくありません。カップルに多いのは日頃のコミュニケーション不足によって彼女を傷つけたということから、険悪なムードになってしまうというパターンです。

日頃からコミュニケーション不足のカップルの場合、お互いの気持や考えもわからないという事がほとんどです。そのため、いきなりわけも分からないまま喧嘩になってしまったりするというとんでもないパターンもあります。

日頃から思っていることを言わないカップルだと、お互いにストレスが溜まってしまい喧嘩になりやすくなります。まずはコミュニケーションを大切にすることでお互いを傷つけることを少なくすることができます。また、対処もしやすくなりますので仲直りも早い傾向にあります。

傷つけた理由がわからないと仲直りもできない

彼女を傷つけたということは彼女の態度からは理解できても理由がわからないと仲直りもできません。女性は自分が傷ついても黙って我慢していることもあり、本音を聞き出すということが非常に難しい場合もあります。

自分には非がないはずだと思って何も対処をしないでいると彼女からの別れを切り出されてしまうこともあります。本当に非がなかったとしても、彼女がどうして傷ついてしまったのかということは聞きましょう。自分の言動がどのように彼女を傷つけたのかを理解する必要があります。

自分に非がないとは思っていてもそれが思い込みである可能性もあります。自分だけで判断してしまって余計に関係がこじれてしまっては元も子もありません。まずは彼女を傷つけた理由を知りましょう。

彼女を傷つけた原因として考えられることとは?

彼女を傷つけた原因として考えられることは沢山あります。早く仲直りしたいという気持ちはよくわかります。しかし、まずは彼女を傷つけてしまった原因を知ることからはじめなければなりません。彼女を傷つけてしまったきっかけを知るためには彼女と話をする必要があります。

そもそも、彼女を傷つけた原因として考えられるのは日頃のコミュニケーション不足が多いです。お互いの意思疎通が上手く行っていない場合、彼女を傷つけてしまう可能性があがってしまいます。

お互いのことを理解していないということが原因でカップルの仲が悪くなるという場合が多いです。傷つけたときに、まず、日頃のコミュニケーションが上手く行っていたのかということから考えてみるようにしましょう。

彼女と直接会えなければ電話やメールもあり

傷つけてしまった後に、彼女と直接話しがしにくいという場合があります。また、彼女が非常に傷ついてしまって、直接彼氏と話しがしづらいという状況になってしまったという場合も考えられます。その場合であればメールや電話という連絡手段も対処方法として視野に入れましょう。

言わなくても察してほしいのが彼女の心境

手段はどうであれ、大切なことは相手に誠意を尽くして行動することです。自分に非がある場合には尚更、誠意や真摯さがなければどのような対処方法を行っても仲直りは不可能に近いでしょう。

まずはどうして傷ついてしまっているのかという原因を聞くようにしましょう。その場合、「どうして怒っているの?」「どうして傷ついているの?」と聞いてしまうと余計傷ついてしまう場合があります。

女性としては言わなくても察してほしいという想いを持っている人も多いのです。わざわざ自分が傷ついた理由について口に出して説明したくないという人もいます。

カップルにありがちなのが「言わなくとも分かってくれるだろう」という考えです。これはお互いのエゴが作り出している関係だといます。言わなくとも分かってほしいという考えそのものがコミュニケーション不足を生み出していると言っても過言ではないです。

日頃からコミュニケーション不足であるというカップルであれば、「どうして怒っているの?」「どうして傷ついているの?」と聞いてしまうと余計相手を傷つけてしまうことにつながってしまうのです。自分たちの日頃からの状況を加味した上で相手に聞くようにしたほうが良いでしょう。

傷つけた彼女の感情を受け止める

まずは、相手の怒りや傷ついてしまった悲しみを受け止めるということろからスタートしたほうが良いでしょう。相手のそばに寄り添うように黙って抱きしめてあげたりして、まずは相手の気持ちが落ち着くのを待つようにしましょう。

傷つけた彼女への謝罪や反省のタイミングっていつだろう

彼女のことを傷つけてしまった後に、謝罪や反省をする場合彼女の感情の変化に敏感になるようにしましょう。相手が感情的になっている間は謝罪や反省の言葉を並べても理解されない場合があります。まずは、相手の話を聞くためにも彼女の感情が落ち着くのを待ちましょう。

傷つけた彼女に対しての真摯さと誠意が大切

彼女の感情が落ち着いたと思ったら、どうして傷ついてしまったのかということを聞いてみましょう。その場合も誠意や真摯さが大切です。謝罪や真摯さがあることによって謝罪や反省が彼女の心に届きます。彼女の気持ちを汲み取りつつ、一つ一つ丁寧に謝罪するようにしましょう。

反省して傷つけた理由をよく考え、彼女からの連絡を待つ

今後彼女を傷つけることが無いように反省しましょう。反省の姿勢が見られず、謝罪のあとヘラヘラしていると、彼女の怒りを再び買ってしまいます。彼女が許してくれるまで反省して待ちましょう。この間場合によっては距離を置こうと言われたりする場合もあります。

傷つけてしまった理由をよく考えて紙に書き出してみたり、一人になって自問自答してみたりするようにしましょう。どうしても答えが出ないという時は友達に相談するのも一つの方法です。反省して彼女とどのようにすれば仲直りできるのかということを考えるようにしましょう。

彼女が喜ぶプレゼントやサプライズで穴埋めする方法もある

プレゼントやサプライズで謝罪や反省の気持を伝えるという方法もあります。例えば、花束やお人形などは彼女が喜ぶプレゼントの一例です。何か彼女が喜ぶようなプレゼントを贈るという方法は仲直りにもつながりやすくなります。

また、サプライズをするというのも良い方法です。食事に誘ったり、一緒に遊ぶような予定を作って仲直りが出来るようなきっかけを作るとことを作るという事が非常に大切です。

彼女を怒らせてしまった、傷つけてしまった時の対処法としてプレゼントやサプライズを準備できる男性は意外と少ないです。ものやサプライズだけでは仲直りすることは難しいかもしれませんが、何もしないよりかはよっぽど高感度があがるでしょう。

彼女への連絡のタイミング

彼女への連絡のタイミングは難しいと思っている人も多いでしょう。大切なのは感情的になっている彼女の熱が冷めるまで待つということです。謝罪や反省は彼女と連絡が取れようと取れまいと独りですることは出来ます。彼女の感情が収まったかなという頃に、真摯さや誠意をもって連絡するようにしましょう。

彼女を傷つけたときには責任逃れや言い訳をしないこと

カップルになると付き合う前よりコミュニケーション量が減ってしまい、喧嘩が絶えなくなるという場合もあります。そのくらい、日頃のコミュニケーションは大切なのです。しかし、実際に意識しながらコミュニケーション量を増やそうとしているカップルは非常に少ないです。

カップルの喧嘩やトラブルが起こって彼女を傷つけてしまった場合に大切なことは責任逃れや言い訳を一切しないということです。特に責任逃れや言い訳を彼氏からされるとイライラしてしまいます。傷つけてしまった時の対処法は非常にシンプルですが、実際に行動に起こすのが難しいのです。

どこをどう考えても自分に非があるとは思えないようなことで喧嘩をしてしまうこともあるかもしれません。彼女が一方的に傷ついているという場合ほど、仲直りするという事が難しくなります。お互いのエゴがぶつかりあってしまっている状態では前に進みません。どちらかが一歩引いて冷静になることで問題が解決する場合もあります。

彼女を傷つけてしまった後に心配になってしまい、連絡を無理に取ろうと試みる人もいるかもしれません。しかし、その行動が必ずしも彼女の感情に寄り添っているとは言い難いです。

場合によっては彼女を待つということも必要なのです。自分に非があろうとなかろうと彼女の感情がある程度収まるまで待ってから連絡を取るのが一番賢明です。彼女を大切に思っているのであれば真摯さ・誠実さを忘れずに対処しましょう。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ