Macのセキュリティにソフトは必要?無料の対策や初期設定だけで十分?

Macにはセキュリティソフトはいらないと言われていた時代もありましたがそれは以前の話で、現在ではMacでもセキュリティ対策の必要性が高まっています。ここではMacのセキュリティ設定の基本とMac向けセキュリティソフトについて紹介します。

Macのセキュリティにソフトは必要?無料の対策や初期設定だけで十分?

目次

  1. Macにセキュリティは必要ないって本当?
  2. Macのセキュリティ設定には何がある?
  3. Mac上のソフトの更新とセキュリティの関係とは?
  4. Macの各種パスワード設定について紹介!
  5. Mac本体をバスワードで保護するには?
  6. スクリーンセーバーから戻る際にパスワードを求める設定
  7. Macのファイアーウォール設定について
  8. Macセキュリティ設定のプライバシーとは?
  9. Mac向け高評価セキュリティソフトを3つ紹介!
  10. 高い検出性能を誇るスーパーセキュリティMac
  11. Macでも定番のセキュリティソフトノートン
  12. 割安でもしっかり対策できるセキュリティソフトESET
  13. Mac用無料セキュリティソフト3選
  14. 高いウイルス検出率が特徴アバストMac用セキュリティ
  15. Windows向けで定評のあるMac用Avira
  16. 国産企業で評価の高いMac用セキュリティソフトソフォス
  17. Macの設定に加え自分で気をつけるセキュリティ
  18. Macのセキュリティについて紹介して

Macにセキュリティは必要ないって本当?

Macでも脅かされているセキュリティについて

MacよりもWindowsの方が圧倒的にシェアが大きいため、その分だけマルウェアもWindowsに向けて作られる事が多くなっています。このため「だからMacにはセキュリティは不要」という考え方が広まっていますが、近年ではMacに向けたマルウェアも見つかっている他、Macをなくしてしまう、他のユーザーにMacを触られてデータを盗まれてしまうなどの危険性もあります。

このようにネットワークを介したマルウェア以外にも、Macを紛失した場合やMacを他のユーザーに触られてしまうなどによりセキュリティを脅かされるケースも十分にあり得ます。このためここではセキュリティ対策のためのMacの設定をはじめ、Mac向けの定番セキュリティソフト、無料のセキュリティソフトには何があるのかについて紹介します。

Macの初期設定まとめ!初心者必見の項目やおすすめアプリなど紹介 | MensModern[メンズモダン]

Macのセキュリティ設定には何がある?

ソフトの更新、各種パスワード、ファイアーウォールについて紹介!

Macにセキュリティソフトを導入するとなると有料の場合が多数ですが、ソフトの更新、パスワード設定、ファイアーウォール設定は無料でできる範囲のセキュリティ対策となります。このためここではMac上でのこれら3つの設定について紹介します。

Mac上のソフトの更新とセキュリティの関係とは?

ソフトのアップデートで簡単・無料でできるセキュリティ対策

各種ソフトを更新する事で新しい機能の追加をはじめ、不具合の修正により処理が早くなるということに加え、セキュリティホールとも呼ばれる脆弱性が修正される事でサイバー犯罪者からの攻撃対策となります。MacOSをはじめ文書作成ソフトや画像編集ソフトなどは有料ですが、それらのアップデートは基本的に無料でできるようになっています。

セキュリティ対策としてMac内のソフトを常に最新の状態に更新するには?

アップルメニューから<ソフトウェア・アップデート>を選択する事でMac内にあるソフトを最新の状態に更新できるようになっています。また「システム環境設定」内のシステムの項目の所にあるソフトウェアアップデートで「アップデートを自動的に確認」にチェックを入れると自動的に最新の状態に更新されるようになります。

一方でMacOSとAppStoreで入手したソフト以外はこの方法ではアップデートされないため、個別にアップデートを行う必要があります。代表的なソフトのうちAppStoreで提供されていないものには、GoogleChromeやFireFoxのようなブラウザをはじめDropBoxのようなクラウドストレージサービスなどが挙げられます。

この他にもAdobeFlashPlayerやJavaforMacは実際に脆弱性を狙って攻撃がなされた事があるため、常に最新版に更新するよう心がける他、不要であれば削除するというのもセキュリティ対策となります。

Macの各種パスワード設定について紹介!

無料でできるMacの対他ユーザーセキュリティ対策

Macにアンチウイルスソフトを導入する事もセキュリティ対策ですが、他のユーザーにMacを覗かれないようにするように設定する事もセキュリティ対策として重要です。ここではMac本体のパスワード設定とスクリーンセーバーから戻る際にパスワードを求める方法について紹介します。

Macにログインできない!パスワードを忘れた・起動しない時の対処法は? | MensModern[メンズモダン]

Mac本体をバスワードで保護するには?

他ユーザーがMacを起動した時のためのセキュリティ対策

Macを起動させた際にパスワードを入力しなくとも操作画面が表示されるようになるのは自動ログインの設定が有効になっているためです。これを変更するにはまず、システム環境設定のユーザーとグループを開きログインオプションを選択後、カギアイコンをクリックします。

この後にMacのパスワードを入力し、自動ログインの項目を「切」あるいは「無効」に設定することで他のユーザーが電源を入れて起動させてもパスワード入力を求められて覗き見できないようになります。

Macのユーザー名を変更する方法!アカウント名も変えられる? | MensModern[メンズモダン]

スクリーンセーバーから戻る際にパスワードを求める設定

席を立った時にMacを覗かれないようにするための対策

Macを起動させたときのパスワード設定以外にも、席を外した好きに覗き見されてしまうというケースも考えられます。このためスクリーンセーバーから操作画面に戻る際にパスワードを設定する事でよりセキュリティが高められるようになります。

やり方としてはシステム環境設定を開き、「セキュリティとプライバシー」を選択します。この中の<一般>を選択すると「スリープ解除/スクリーンセーバー解除にパスワードを要求」の項目があるためここにチェックを入れる事で設定できるようになります。

また席を離れる際に手動でスクリーンセーバーを開始させる設定もあります。やり方としてはシステム環境設定を開き、デスクトップとスクリーンセーバーを選択します。この後<スクリーンセーバー>の項目を選択後、<ホットコーナー>という項目をクリックします。

これによりMacの画面上の四隅の中からマウスポインタを移動させた際にスクリーンセーバーを開始させる位置を選択し、プルダウンメニューの中から「スクリーンセーバーを開始する」を選択します。これによりMacの画面の割り当てた位置にマウスポインタを移動させる事により手動でスクリーンセーバーを開始して席を離れられるようになります。

Macでスクリーンセーバーを設定する方法は?時計や写真でおしゃれに | MensModern[メンズモダン]

Macのファイアーウォール設定について

ファイアーウォール設定で不正アクセスを防ぐ

ファイアーウォールとは外部からのアクセスを制御する機能で、不正アクセスを防ぐための対策となります。Macでのファイアーウォールの設定方法はまずシステム環境設定を開き、セキュリティとプライバシーを選択します。

この中から<ファイアーウォール>の項目を選択し、ファイアーウォールが「入」の状態であればファイアーウォールが有効です。その一方でファイアーウォールが「切」になっている場合には左下のカギをクリックしてパスワードを入力し、「入」にします。

またカギアイコンをクリックして開けた状態では、ファイアーウォールのオプション設定もできるようになります。このオプションでは外部からの接続を全てブロックする設定や、Macで使用している無線LANのネットワークIDを外から見えなくするためのステルスモードなどの設定ができます。

Macセキュリティ設定のプライバシーとは?

プライバシー設定でソフトの個人情報へのアクセスを禁止

Macのセキュリティとプライバシーの設定にはこの他にもプライバシーの設定もあります。この中の「位置情報サービスを有効にする」のチェックを外す事でこの機能を無効にできますが、Macを紛失した際の「Macを探す」の機能も使えなくなります。

また、連絡先やカレンダー、ツイッターなど個人情報へのアクセスを禁止したいソフトがあればチェックを外すようにします。

Mac向け高評価セキュリティソフトを3つ紹介!

どのセキュリティソフトが良いのか迷っている人へおすすめを紹介

Macのセキュリティ対策をする際、各種設定に加えてセキュリティ設定を導入することも重要です。セキュリティソフトには有料のものと無料のものが様々ありますが、ここでは初心者でも安心して使いやすい有料のMac用セキュリティソフトを3つ紹介します。

高い検出性能を誇るスーパーセキュリティMac

ウイルス検出率世界最高レベルを誇るソースネクスト社のセキュリティソフト

ソースネクスト社のスーパーセキュリティMacは、第三者機関による性能テストでウイルス検出率100%を記録した高性能のセキュリティソフトです。更にこのソフトはウイルスのみならずフィッシングサイトにも対応していながら、動作も軽いという特徴があります。

更にスーパーセキュリティMacのうちZEROのものを一度購入すれば、無期限でバージョンアップに対応するという点もスーパーセキュリティMacのおすすめポイントとなります。

Macでも定番のセキュリティソフトノートン

大手通販サイトでのクチコミ評価も高い人気のセキュリティソフト

ノートンはMac向けセキュリティソフトとしては定番とも言えるもので、初心者でも使いやすいという点やサポートセンターが親切という点、動作が軽い点などが高く評価されています。

Mac用のノートンではウイルス対策とフィッシングサイト対策に対応している他、Webサイトの安全評価もできるようになっています。更にソフトの再ダウンロードが無制限であるという点や、使用しているMacを使った24時間対応のチャットでのサポートも安心して利用できるポイントとなります。

割安でもしっかり対策できるセキュリティソフトESET

安くても高性能な点が高評価のMac用セキュリティソフト

ESETは知名度はそれほど高くないものの、高いウイルス検出率と動作の軽さ、価格の安さが高い評価を得ているMac用セキュリティソフトです。またこの商品自体の知名度はそれほどではないもののメーカーはキャノンITソリューションであり、国内大手系列という点も安心して使いやすいポイントです。

Mac用セキュリティソフトのESETはウイルス対策、スパイウエア対策、フィッシングサイト対策、ファイアーウォールに対応しています。またユーザーサポートはウェブフォームと電話両方に対応しているため、チャット形式に慣れない場合や直接電話で聞きたいなどの場合には利用しやすいポイントとなります。

Mac用無料セキュリティソフト3選

無料でも定評のあるMac用セキュリティソフトを紹介!

セキュリティソフトは有料の方がカスタマーサポートがあるなど初心者にも使いやすいですが、無料でも評判の良いMac用セキュリティソフトも様々あります。ここではそれらのうち、特に評判の良いものを3つ紹介します。

高いウイルス検出率が特徴アバストMac用セキュリティ

無料でも有料ソフトにに引けを取らない高いウイルス検出率

アバストとは1988年にチェコにて設立された歴史ある企業で、現在では世界最大規模のインターネットセキュリティ会社となっています。この企業からはMac用のセキュリティソフトが無料でダウンロードできるようになっていて、そのウイルス検出率は100%と有料ソフトに劣らない高さとなっています。

またアバストは無料でありながらもウイルスからのリアルタイム保護をはじめ、スキャンとマルウェアの削除、危険なダウンロードのブロックや安全ではないウェブサイトについての警告などの機能が搭載されています。

Windows向けで定評のあるMac用Avira

Aviraもアバストと並ぶ高いウイルス検出率が特徴!

ドイツのAvira社によるこの無料セキュリティソフトは、Windows版ではウイルス検出率と動作の安定性の高さから世界シェア3位を誇る程の高い支持を得ています。Mac用のセキュリティソフトもWindows版と同様にウイルス検出率が高く、動作も安定して軽く動くという特徴があります。

Aviraのサイトで有料のセキュリティソフトも紹介されていますが、これはWindows版のみでMac版は無料板のみが配布されているため購入してもMacでは使用できません。

国産企業で評価の高いMac用セキュリティソフトソフォス

企業レベルのセキュリティが個人利用に限り無料!

ソフォスは横浜市に拠点を置く法人向けインターネットセキュリティ会社です。アバストやAviraのように海外のセキュリティソフトよりも国内のセキュリティソフトの方が使いやすそうという場合などにおすすめです。

ソフォスの機能はウイルスの除去をはじめ偽サイトやフィッシングサイトのブロック、Webフィルタリングなどが挙げられます。更に無料でありながら高いウイルス検出率もソフォスの特徴となります。

これらのMac向け無料セキュリティソフト以外にもClamXavというセキュリティソフトはかつて無料セキュリティソフトの定番でしたが、バージョン2.8から有償化され現在では1ライセンス3,834円になっています。

Macのおすすめアプリ集!便利・無料・初心者におすすめなど徹底まとめ | MensModern[メンズモダン]

Macの設定に加え自分で気をつけるセキュリティ

セキュリティはMacの設定のみならずネットトラブルについて知っておく事も重要

Macの設定とソフトによりセキュリティは高まりますが、いくらしっかりと設定していても自分で悪質サイトに個人情報を入力してしまうなどすると悪用される事があり得ます。このためここではネットトラブルにあわないために自分で気をつけたい事柄について紹介します。

ネットサーフィンをしていたら高額な懸賞にいきなり当選!?

これはあたかも懸賞に当選したように見せかけて会員登録させ、氏名や電話番号、クレジットカードの番号を入力させるものです。これにより毎月会費が引き落とされてしまう、解約しようと思っても事業者と連絡が取れないなどの被害につながる事が起こり得ます。

もしこれらの個人情報を知らせてしまった場合には業者の所在を調べて文書で解約を通知し、更にクレジット会社にも引き落としの停止を伝えるようにします。

芸能関係のサイトを見ていたら高額な有料アダルトサイトに登録!?

芸能関係のサイトから高額な有料アダルトサイトにつながるケースや、占いサイト、動画サイトなどのバナーからそういったサイトにつながるケースなどもあります。ここから急に登録完了の画面に切り替わり、高額な料金を請求しているような画面が表示される場合がありますが、契約内容に承諾した訳ではないためこれだけでは契約は成立しません。

この時、あせって支払うとかえって個人情報を知らせてしまう事になり、次々と請求書がくる事が起こり得ます。このためこういった請求は一切無視し、画面に請求書が張り付いて消えない場合にはプロバイダか利用している端末のメーカーに問い合わせるようにします。

更にこれらのトラブルにあった場合には、地域の消費者センターに相談をし、適切な対応へのアドバイスを受けるようにすると安心です。

Macのセキュリティについて紹介して

Macの設定やセキュリティソフトに加え自分で気をつける事も大切!

ここではMacのセキュリティについてパスワードやファイアウォールなどの各種設定に加え、有料・無料のMac用セキュリティソフトをそれぞれ紹介しました。これらの設定やソフトの導入もMacのセキュリティ向上には大切な事です。

しかしながらこれに加えて、むやみに個人情報を入力しない、ワンクリックでは契約は成立しないため、お金は支払わないというような自分で気をつけるネットトラブル対策もセキュリティのためには不可欠となります。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ