キャベツの千切りを長持ちさせる保存方法や賞味期限についてまとめました。キャベツの千切りを長持ちさせるためには保存方法を工夫し、賞味期限をチェックしておくことが大切。長持ちさせる保存方法を学んで、キャベツの千切りを賞味期限内に食べきりましょう!

キャベツの千切りの保存方法まとめ!賞味期限を長持ちさせるには?

目次

  1. キャベツの千切りを長持ちさせる保存方法を知りたい
  2. キャベツの千切りの保存方法1:レモンを使って保存
  3. キャベツの千切りの保存方法2:水に浸して冷蔵
  4. キャベツの千切りの保存方法3:冷凍庫で長持ちさせる
  5. キャベツの千切りの賞味期限は?
  6. キャベツの千切りで作れる!巣ごもり卵のレシピ
  7. さっぱり食べられる!キャベツのコールスローレシピ
  8. ランチや朝食にぴったり!キャベツサンドイッチのレシピ
  9. キャベツの千切りたっぷり!ヘルシーなチヂミレシピ
  10. キャベツの千切りを長持ちさせる保存を活用しよう

キャベツの千切りを長持ちさせる保存方法を知りたい

ついつい余らせてしまうキャベツの千切り

揚げ物の付け合わせ用などに作るキャベツの千切り。キャベツの千切りをたくさん作ったのは良いけれども結局余らせてしまった、ということがよくありますよね。キャベツの千切りは保存方法を工夫しておけば長持ちさせることができるので、余ってしまった場合は正しい保存方法をチェックしておくのがおすすめ。キャベツの千切りを最後まで活用しませんか?

長持ちできるキャベツの千切りの保存や賞味期限をチェックしよう

「キャベツの千切りを長持ちさせるためにはどう保存すれば良いの?」「余ったキャベツの千切りを活用したい!」というときに役立つキャベツの千切りの保存方法についてまとめました。キャベツの千切りを保存している場合に使える活用レシピもご紹介。ついつい余らせてしまいがちなキャベツの千切りをしっかり保存して、おいしく消費していきましょう!

キャベツを上手に千切りするやり方を紹介!初心者でも出来る方法とは? | MensModern[メンズモダン]

キャベツの千切りの保存方法1:レモンを使って保存

レモン果汁を入れた水にキャベツの千切りを入れる

キャベツの千切りをそのまま冷蔵保存していると酸化して変色してしまいます。変色を防ぐためにレモン果汁を使いましょう。ボウルに水をはってレモン果汁を少々混ぜ、そこにキャベツの千切りを入れます。水気を切った後に保存袋に入れて冷蔵保存をしたら完了。

レモンではなく酢でもOK

レモン果汁ではなく酢を使ってもOK。使い勝手が良い方を選んで活用してくださいね。

キャベツの千切りの保存方法2:水に浸して冷蔵

キャベツの千切りを水に浸してから冷蔵庫へ

キャベツのシャキシャキとした食感を残したい場合は水に浸して保存するのがおすすめです。ボウルに水をはったら千切りキャベツを入れてラップをし、そのまま冷蔵庫で保存。変色を防ぎたい場合はレモン果汁や酢を入れましょう。これでシャキシャキ食感をキープできます。

1日1回、水を取り替えると長持ちする

キャベツを浸している水は1日1回取り替えるのがポイント。ずっと同じ水だとキャベツが傷む原因になるので気をつけましょう。水の取り替えを忘れないようにしてくださいね。

キャベツの千切りの保存方法3:冷凍庫で長持ちさせる

軽く茹でてから冷凍保存

キャベツは冷凍保存をすることもできます。まず鍋にお湯を沸かしましょう。キャベツの千切りを入れて軽く茹でたら取り出し、粗熱をとります。水気をしっかりとってからラップで包み、ジッパー付き保存袋で密閉。そのまま冷凍庫に入れたら完了です。

キャベツの千切りを塩もみしてもOK

キャベツの千切りを塩もみして冷凍保存するのもおすすめ。キャベツの千切りに塩をまぶしてもみこみ、しばらくおきます。キャベツがしんなりしてきたら水気を絞りましょう。キャベツの千切りをラップで包み、ジッパー付き保存袋で密閉します。冷凍庫に入れたら完了。

キャベツの千切りの賞味期限は?

冷蔵保存した場合の賞味期限

冷蔵保存をしているキャベツの千切りの賞味期限は2〜3日ほどになります。キャベツの千切りを冷蔵する場合は早めに使い切ってくださいね。

冷凍保存をした場合の賞味期限

冷凍保存をした場合は2〜3週間ほど日持ちさせられます。キャベツを長持ちさせたいときにぴったりですね。ただし、賞味期限内でも異変を感じた場合は使用を中止してください。

パスタとキャベツは相性抜群!手でちぎってツナやベーコンでアレンジ | MensModern[メンズモダン]

キャベツの千切りで作れる!巣ごもり卵のレシピ

キャベツの千切りの巣ごもり卵に必要な材料

キャベツの千切りを正しい保存方法で保存できたら、いろいろなレシピで活用していきたいですよね。キャベツの千切りは揚げ物の付け合わせの他にいろいろな方法でアレンジをすることができるので料理の幅もぐっと広がります。まずおすすめしたいのがキャベツの千切りで作る巣ごもり卵。加熱した甘くなったキャベツと卵の組み合わせは相性ぴったりです。

キャベツの千切りの巣ごもり卵に必要な材料は、キャベツの千切り4枚分、ベーコン2枚、卵4個、水大さじ1、コンソメ顆粒小さじ1、オリーブオイル大さじ1、塩胡椒になります。この他にも人参の千切りや玉ねぎのスライスを加えてボリュームアップさせるのもおすすめ。千切り野菜をたっぷり入れることでヘルシーな巣ごもり卵に仕上げられます。

気軽に作れるレシピ

ベーコンは細切りにします。フライパンにオリーブオイルをしいたらベーコンを炒めましょう。ベーコンがカリッとしてきたらキャベツもプラス。キャベツがしんなりするまで炒め、フライパンの中で4等分にします。4等分にしたキャベツを円形上にして中央をくぼませ、卵を1個ずつ割り入れてください。水を回し入れたら蓋をし、加熱。好みの固さまで卵に熱が通ったら完成です。

さっぱり食べられる!キャベツのコールスローレシピ

コールスローに必要な材料

キャベツを長持ちさせる保存食としておすすめなのがコールスロー。コールスローは酢を使うのでキャベツの変色を防ぎながら常備菜として保存しておくことができます。多めに作っておけば、あともう1品欲しい場合にすぐ出せるため便利。さっぱりとした味わいで、いろいろな料理に合わせやすくなっています。ぜひコールスローレシピを活用してみてくださいね。

コールスローに必要な材料は、キャベツの千切り200g、人参1/4本、コーン大さじ2、酢大さじ1、マヨネーズ大さじ3、砂糖小さじ2、塩胡椒になります。人参だけでなく、玉ねぎのスライスを入れるのもおすすめ。ボリュームアップさせたい場合は細切りにしたハムも加えてみてくださいね。いろいろなアレンジをしながらコールスローを作ってみましょう。

簡単なレシピ

人参は千切りにします。ボウルに塩水を入れ、キャベツと人参を浸してください。全体がしんなりとしたら取り出し、水気をしぼります。ボウルに酢・マヨネーズ・砂糖・コーンを入れたらキャベツも人参も加え、全体を混ぜ合わせましょう。塩胡椒で味を整えたら完成です。

ランチや朝食にぴったり!キャベツサンドイッチのレシピ

キャベツサンドイッチに必要な材料

朝食やランチなどに役立つキャベツレシピとしてあげられるのがキャベツサンドイッチ。キャベツの千切りがたっぷり入ったキャベツサンドイッチはヘルシーなのに食べ応えばっちりです。キャベツがたくさん入った様子は写真映えするのでSNSにアップするのにもぴったり。キャベツのシャキシャキ感を楽しめるサンドイッチをぜひ満喫してみてくださいね。

キャベツサンドイッチに必要な材料は、食パン2枚、キャベツの千切り5枚分、玉ねぎの薄切り少々、ベーコン1枚、スライスチーズ1枚、粒マスタード大さじ1、塩胡椒、マヨネーズになります。ベーコンではなくハムを使ってもOK。さらにボリュームアップさせたい場合はスクランブルエッグをキャベツと一緒にはさむと味わい深いサンドイッチに仕上げることができます。

おいしいレシピ

キャベツの千切りと玉ねぎの薄切りは塩もみをし、余計な水分をしぼっておきましょう。水分を絞ったキャベツと玉ねぎを塩胡椒、マヨネーズで味付けします。食パンにスライスチーズと半分にカットしたベーコンをのせ、もう1枚の食パンと一緒にトースト。

きつね色になったら取り出し、何ものっていない食パンに粒マスタードをぬります。味付けをしたキャベツと玉ねぎをのせ、はさんだら完成。

キャベツの千切りたっぷり!ヘルシーなチヂミレシピ

キャベツチヂミに必要な材料

軽食やおつまみとしてもいただくことができるキャベツのチヂミもおすすめしたいレシピ。キャベツがたっぷりと入っているのでヘルシーで食べ応えもあるのが嬉しいポイントです。キャベツの千切りをたくさん消費したい場合に最適。キャベツの甘みがチヂミのおいしさを引き立ててくれます。作り方は簡単なので、ぜひ作ってみてくださいね。

キャベツのチヂミに必要な材料は、キャベツの千切り1/4個分、卵3個、ホタテの缶詰1個、醤油小さじ1、片栗粉大さじ1、ごま油大さじ1、塩になります。チヂミのタレに必要となるのがごま油大さじ1と1/2、醤油大さじ2、すりごま大さじ1、はちみつ小さじ2、酢小さじ2、コチュジャン小さじ1、ニンニクひとかけら、レモン果汁。万能ネギを入れても風味豊かに仕上がります。

千切りを活用できるレシピ

卵を溶いたらホタテの缶詰と醤油、片栗粉、塩を混ぜ合わせておきます。タレの材料は全て混ぜておきましょう。フライパンにごま油をしいたらキャベツを炒めます。全体に油が回ったら蓋をし、しばらく蒸し焼きにしてください。キャベツがしんなりとしたら味付けをした卵をまわしかけて再び蓋をします。

片面がこんがりとしたらひっくり返し、もう片面にも焼き色がついたら取り出します。好みの大きさにカットし、タレを添えたら完成。

キャベツの千切りを長持ちさせる保存を活用しよう

キャベツの千切りが余ってしまったときは正しい方法で保存することが大切。保存したキャベツの千切りはいろいろな料理にアレンジできるのが嬉しいポイントです。冷蔵と冷凍の両方で保存をすることができるので、用途に合わせてぴったりの保存方法を活用してくださいね。


評価 3.5/ 5(合計4人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ