健康やダイエットには様々な説があります。そんな中でジョギングは毎日するほうが良いのかどうかという問題があります。確かに毎日ジョギングをしている方が効果がありそうなのですが、その頻度や時間、そして距離など、いろいろな考え方があって、それを紹介します。

ジョギングは毎日するのが効果的?適切な頻度や時間・距離を徹底調査

目次

  1. ジョギングは毎日するのが効果的?
  2. ジョギングを毎日する効果
  3. ジョギングを毎日続けるのは一苦労
  4. 毎日ジョギングをするメリット
  5. 毎日のジョギングのデメリット
  6. 毎日のジョギングより大事なこと
  7. ジョギングは毎日よりも20分以上の時間が大事
  8. 毎日のジョギングを止めた場合の注意点
  9. 毎日のジョギングから休息日を設けたジョギングに
  10. 毎日のジョギングよりも継続性は高まる
  11. 少しずつジョギングの頻度を変えていく
  12. 毎日のジョギングは距離よりも時間で
  13. 毎日のジョギングにスロージョギングを取り入れる
  14. 毎日のジョギングによる筋肉痛にはご用心
  15. ジョギングを毎日できる体づくりにしていく
  16. 活動量計やアプリで毎日の運動量をチェック
  17. 毎日のジョギングはしんどいと感じないペースにしよう

ジョギングは毎日するのが効果的?

毎日の健康にジョギングを取り入れている人も多いと思います。しかし、そのジョギングは本当に毎日するのが正解なのでしょうか。

また、ジョギングの頻度だけでなく、その効果をもっとも得られるジョギングの時間や距離はどのようなものなのでしょうか。

ジョギングを毎日する効果

そもそもジョギングにはどのような効果があるのでしょうか。ジョギングは有酸素運動に分類される運動で、酸素をたくさん消費しながら、脂肪を最終的に燃焼される運動です。

確かに健康的にジョギングは効果があるようですが、決して消費カロリーが抜群に高いわけでは無いようです。

体重が70キロの人が、1時間ジョギングすると514カロリーほど消費されるそうです。だいたいご飯2杯分ぐらいのカロリーですね。1時間のジョギングというと、運動不足の人にとってはかなりしんどいと感じるかもしれませんね。

ジョギングを毎日続けるのは一苦労

確かに毎日、ジョギングをしていればそれだけ消費されるカロリーの量は多くなります。そして、体力もそれに伴ってついてくるようになります。

長い距離を長い時間走れば、それだけ消費されるカロリーも多くなりますが、体力的には疲労も蓄積されていきます。いわゆるトレーニングのためにジョギングを毎日行うのであればそれでもいいですが、やはり毎日のジョギングはハードなメニューといえるでしょう。

毎日ジョギングをするメリット

改めて、毎日ジョギングをするメリットについて紹介します。毎日ジョギングすることは、ダイエットの効果はもちろん期待出来ます。長い距離を走ったり、長時間走れば、ダイエット効果は期待できるといえます。

そして、ジョギングを毎日の頻度で行っていれば、持久力もそれに伴ってアップしていくといえます。運動をしていないと、どんどん体力は衰えてしまうので、ジョギングを毎日行うことは、そういった衰えを抑える効果があるといえるでしょう。

また、継続して毎日ジョギングを行うということは、自分のルーチンワークとなります。そのことは、自分の達成感や目標として持ち続けることができるバロメーターになるといえますね。

毎日のジョギングのデメリット

逆に毎日ジョギングをするデメリットとはどのようなものでしょう。単純にジョギングの頻度が多くなればなるほど、体力的な疲労は蓄積される場合があります。特に長時間のジョギングや、長距離のジョギングは、疲労を回復仕切れないことがあるでしょう。

次第に回復力のほうが追いつかずに、ジョギングを快適に走れないで楽しめない場合もあるかもしれませんね。どんなダイエットや健康法も、楽しく行えなくなると継続できないものとなってしまいます。

そのことを警戒して、毎日のジョギングの内容を短い距離にしたり、時間を短くすると、ジョギングの効果が下がる場合があります。その点から、本当に毎日ジョギングをするほうが効果的なのか?という問題が生まれるわけです。

ジョギングとランニングの違いは?速度や消費カロリー・効果など調査 | MensModern[メンズモダン]

毎日のジョギングより大事なこと

そういった点を考えると、ジョギングを頻度は毎日よりも、別の方法でジョギングを考えるほうがいいかもしれません。

そういったジョギングをする上で、大事にしたいポイントも紹介していきます。ジョギングの頻度を毎日にするよりも、重要なことを抑えておきましょう。

ランニングで膝が痛む人必見!対処法と負担がかからない走り方は? | MensModern[メンズモダン]

ジョギングは毎日よりも20分以上の時間が大事

まずは、ジョギングの運動的な効果を得るには、最低限20分という時間を守りましょう。20分以下で有酸素運動を止めてしまっても、脂肪は燃焼しないんです。ダイエット効果を目的でジョギングを行っているなら、重要なポイントですよね。

そして、ジョギングを始める前には簡単な筋トレを行っている方が効果的だと言われています。おすすめなのはスクワットですね。スクワットは腹筋などに比べて回数が少なくても、効果の得やすい運動です。

なお、特にジョギングなどの運動を行う時間は朝でも夜でも効果に変化はないようです。ただし、食事を取ったあとよりも取る前の方がいいですね。例えば朝食を食べた後よりも、前のほうが消化の邪魔にならないし、腹痛を起こさなくて済みますね。

ランニングアプリのおすすめは?無料なのに使える人気のアプリ7選! | MensModern[メンズモダン]

毎日のジョギングを止めた場合の注意点

ジョギングの頻度を毎日から、数日おきにしたときの注意点もおさえておきましょう。まずは、毎日のジョギングを止めた場合は「休息日」という言い方をします。つまり、身体をしっかりと休めるべきというわけです。

これはジョギングに限ったものではなく、筋トレなどでも休息日を作るほうが効果があるという意見があります。その日は、筋トレをせずに身体を休めて筋肉を回復させておくわけです。そのため、ジョギングを休む日はあまり遠出で歩き回るのも控えたほうがいいかもしれません。

ランニングキャップはどれを選ぶ?おすすめのおしゃれなキャップは? | MensModern[メンズモダン]

毎日のジョギングから休息日を設けたジョギングに

どうしても毎日のジョギングを止めてしまうと気をつけたいのが、継続力の低下ですね。「今日はジョギング行かなくてもいいかな」とならないように気をつけたいところです。

そのために、なんとなく休息日を設けるよりも「3日に1回休息日にする」というような、定期的な休息日の設け方がおすすめです。カレンダーなどに休息日を設定しておいて、それに合わせてジョギングを行うのがおすすめですね。

ジョギングの休息日をどのように設けるかは自分の体調に合わせて行っていくのが良いですね。1日おきに休息日を設けてもいいですし、先程のように3日に1回休息日を用意しても良いと思います。運動不足の場合は1日ごとに休息日を設けてもいいと思います。

イヤホンでランニング用におすすめは?走りやすい・外れない人気製品は? | MensModern[メンズモダン]

毎日のジョギングよりも継続性は高まる

単純な運動量から言えば、やはり毎日のジョギングのほうが運動量は多いです。時間や距離も総合的に増えるので、毎日のほうが運動量は高くなります。

しかし、やはり休息日を設けるほうが、継続したジョギングになるといえるでしょう。毎日のジョギングの場合は、逆にどこかで急にぷつりと出来ない日が生まれると、その継続性が途切れていきなりしんどくなる場合があります。

休息日を設けているジョギングの場合なら、「今日はどうしてもジョギングが出来ないから休息日と考えて、他の休息日をジョギングをする日に建て替えよう」というようなことが、柔軟にできるわけです。

冬用のメンズランニングウェアの選び方!おすすめや初心者向けのアイテムも | MensModern[メンズモダン]

少しずつジョギングの頻度を変えていく

また、ジョギングの頻度や距離に時間は、少しずつ変化させていくのがおすすめです。特に初心者の無理なジョギングはおすすめできません。

まずは、ジョギングよりも30分ほどのウォーキングから始めるのがおすすめです。そして、ウォーキングを1時間ほどの時間に伸ばして、それに慣れたら20分のジョギングを取り入れて見ましょう。

おすすめは、ウォーキングとジョギングを合わせたメニューですね。最初の30分をウォーキングを行って、そこから20分ほどのジョギングをして、また15分のウォーキングをクーリングダウンのつもりで行うのがいいですね。

ジョギングの効果はダイエットや健康にも!適切な距離や時間は? | MensModern[メンズモダン]

毎日のジョギングは距離よりも時間で

ジョギングを行う際に、どのくらいの距離を走ればいいか考えると思います。どちらかというと距離よりも時間のほうが、さきほどからの説明からもわかるように重要です。

単純に景色を頼める場所を何周か回るようなのがおすすめですね。いわゆる「皇居ランナー」もその距離が計算しやすいことも理由ですが、景色が綺麗で走りやすいことが人気の理由です。

筋トレとランニング・ジョギングには関係が!効果的な順番・方法とは? | MensModern[メンズモダン]

毎日のジョギングにスロージョギングを取り入れる

ジョギングにもいくつかのパターンがあるのですが、もし毎日のジョギングや1日おきの頻度の多いジョギングの場合は、スロージョギングがおすすめです。

背筋を伸ばして自然な姿勢で、歩くのより少し早いぐらいのペースで行うジョギングのことです。ジョギングほどしんどすぎないですし、20分ほどの有酸素運動を継続させやすいといえます。

他に、筋肉痛の状態ではジョギングは無理に行わないほうがいいです、これは筋トレでも同様なんですが、筋肉痛というのは、その名の通り筋肉が疲労して傷んでいる状態です。その状態で無理してジョギングを行うと、筋肉を破壊するようなことにつながってしまうんです。

ランニングする前のトレーニング・練習方法!タイムを縮めるやり方は? | MensModern[メンズモダン]

毎日のジョギングによる筋肉痛にはご用心

誰でも筋肉痛になったことがあると思いますが、筋肉痛になるのは簡単ですが、それが治るのには時間がかかるという経験をしていると思います。ときには激しい運動をいきなりやったせいで、1週間近く筋肉痛が引かないこともありますよね。

筋肉というのは、筋繊維という繊維の束が集まって出来ているものです。運動をするとその筋繊維がちぎれて、また新しい筋肉が作られます。そのときに、前の筋繊維よりも少しだけ太くなって新しい筋繊維が作られるんです。

しかし、その筋繊維が新しく作られようとしている瞬間に、負荷をかけてしまうとまた筋繊維がちぎれてしまって、筋肉はどんどん疲労が蓄積されて、大きな損傷になってしまうんです。筋肉痛はまだ治りやすいですが、そういった筋肉の損傷は長期間の疲労につながってしまうので要注意です。

スポーツタイツのおすすめ特集!登山やランニング用など機能別に紹介 | MensModern[メンズモダン]

ジョギングを毎日できる体づくりにしていく

その点を踏まえると、ジョギングは毎日行うのが危険というよりも、毎日ジョギングを行えるような体づくりににしていくというのが理想的かもしれません。プロのアスリートもはじめから、あのような過酷なトレーニングを行えるようになったわけではありません。

長い積み重ねによって、そういった運動ができるようになったわけです。そのため、我々のジョギングもいきなり毎日のジョギングを行うのではなく、毎日のジョギングができるような体づくりを行っていくのが理想的だといえます。

自然と自分のジョギングのベストな時間や距離を導き出せるようになるといえますね。とにかく、オーバートレーニングにならないようにするのが理想的です。

よく根性論のように「その程度でへばるのは、運動量が足りないからだ!」という人がいますが、身体が出来上がっていないのに、無理な運動を行えば回復出来ない量の疲労度が蓄積されてしまうだけです。

ジョギング初心者の始め方!ペース・距離など効果的な走り方を徹底解説 | MensModern[メンズモダン]

活動量計やアプリで毎日の運動量をチェック

ジョギングなどの毎日の運動をチェックするためにおすすめなのが「活動量計」やアプリです。活動量計というのは、腕時計のような形をした、運動量を計測してくれる機械なんです。

この活動量計は、歩数計としての機能以外にも、睡眠時間を計測してくれたり、筋トレのための時間を図ってくれる機能がついているものもあります。防水機能がついているものでは、スイミングの運動量まで計測してくれるものまであるんです。

それぞれ、ウォーキングやジョギングに特化したものもあり、ベルトの太さや画面の大きさも違います。安価なものから2万円ほどの高価なものもあるので、自分が細かく計測したい場合は、そのクラスのものを入手する必要がありますね。

簡単な計測でよければ、スマホの無料のアプリで良いと思います。歩数計としての機能ぐらいなら、スマホのアプリで十分代用できます。ジョギングのときの運動量のチェックの目安にしていいと思います。もちろん、活動量計と連動させれるアプリは非常に高性能になります。

ジョギング用シューズおすすめ特集!正しい選び方や人気メーカーは? | MensModern[メンズモダン]

毎日のジョギングはしんどいと感じないペースにしよう

ジョギングの頻度についての紹介でした。毎日のジョギングをするもよし、休息日を設けるもよしという感じですね。

とにかく重要なのは、しんどいと感じないジョギングにするということです。特に健康目的やダイエット目的は、辛さを伴うようなものは、継続性が弱まってしまうからです。

ジョギングを行う場合は、息切れが起きない程度のペースで、息が上がらない程度のものにしましょう。有酸素運動では、しっかりと呼吸を整えて行うほうがダイエット効果が高まるからですね。無理せずに、楽しんでジョギングを行いましょう。


評価 4.7/ 5(合計11人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ