子供が幼稚園や小学校に通うようになったら必要になるのが水筒ですね。夏場だけでなくちょっとしたお出かけに水筒があると、とても便利です。しかし、水筒といってもたくさん種類があって子供にはどんな水筒が良いか難しいですね。今日は子供用の水筒でおすすめを紹介します!

水筒の子供用でおすすめは?ステンレスやストロー・コップタイプなど

目次

  1. 子供の水筒きちんと選んでますか?
  2. 子供の水筒には選択肢が色々ある
  3. 水筒の素材にはそれぞれメリットがある
  4. 水筒の飲み口を選ぼう
  5. 子供の水筒でおすすめの容量は?
  6. ストロータイプで子供におすすめの水筒
  7. 【THERMOS】真空断熱ストローボトル
  8. 【サーモマグ】アニマルボトル
  9. 2wayタイプも!コップタイプで子供におすすめの水筒
  10. 【2WAY】キッズボトル
  11. 【THERMOS】直飲み&コップつきボトル
  12. 直飲みタイプで子供におすすめの水筒
  13. 【TIGER】コロボックルステンレスボトル
  14. 【象印】ステンレスボトル
  15. 子供にピッタリの水筒を探してみよう!

子供の水筒きちんと選んでますか?

子供は走り回ったり、遊んでいる時にたくさん汗をかきます。たくさん汗をかいてしまうと脱水症状の危険がありますので、しっかりと水分補給をしなければなりません。そのためにも水筒を持っているのがベストですよね。

子供の水筒は夏場は必須になってくる

オールシーズン水分補給はしっかりとしなければなりませんが、特に夏場は水筒は必需品です。真夏はじっとしていても汗で水分が失われますので、活発に動く幼児はもちろんのこと、意志の表現がうまくできない乳児も積極的に水分補給をしなければなりません。そんな時に水筒があればいつでもすぐに水分補給をすることができます。

タンブラーと水筒はどこが違う?保温性・密閉性などについて徹底比較 | MensModern[メンズモダン]

子供の水筒には選択肢が色々ある

水筒をといっても、今は素材もたくさんありますし、デザインもキャラクターものから豊富になっています。その分選ぶことが迷ってしまいますよね。どんな水筒が良いのか、何に重点を置けばよいのか、難しいですね。

水筒にはたくさんの種類があります。もちろん子供の水筒もたくさんの選択肢がありますので、その子供、その子供にとってあった水筒を選ぶことが大切です。

子供が持つ水筒だからこそ、きちんと選ぶことが大切

どの親も子供が持つ水筒であれば、安全性が高いものや、子供が持ちやすい水筒、保冷効果が持続しやすい水筒など悩みの種はたくさんありあますよね。やはり子供にはきちんとした水筒を選んであげたいもの。ではどんな水筒が子供が持つのに適しているのでしょうか?

水筒の簡単な洗い方まとめ!パッキンの汚れや茶渋もピカピカキレイ | MensModern[メンズモダン]

水筒の素材にはそれぞれメリットがある

今ある水筒で主流となる水筒の素材としては、ステンレス製の水筒とプラスチック製の水筒になります。それぞれメリットデメリットがありますので、子供の年齢などをしっかりと考慮してあげましょう。またメリットデメリットも含めて選んであげることが大切です。

どちらがひとえに優れているとは言えませんが、何を重視するのがで必要になる素材が変わってきます。それぞれメリットがたくさんありますので、それらも含め総合的に判断するようにしましょうね。

保冷効果などがしっかりしているステンレス

ステンレス製の水筒の最大のメリットは、保冷効果がしっかりとあることです。プラスチック製の水筒に比べ、はるかに冷たいままの温度を持続してくれますし、また夏場長時間、水筒を持っているとお茶が傷んできてしまいますが、それを予防してくれる働きもあります。

また、ステンレスは痛みずらい素材になっているので長く使うことができますので、水筒代の節約にもなります。保育園や幼稚園などに持っていく場合にはステンレス製の方が安心ですね。しかし、ステンレス製の水筒にももちろんデメリットがあります。

ステンレス製の水筒はプラスチック製に比べると、かなり重量がかわってきます。ステンレス製はかなり重くなりますので、小さい子供には持って歩くのには負担がかかってしまいます。また、値段もステンレス製の水筒の方が高くなってしまいます。

軽くて持ちやすいプラスチック

プラスチック製の水筒は、保冷効果はありませんが軽く持って歩くのにはベストです。ちょっとした場所に短時間持っていくのにプラスチック製の水筒は便利です。また。ステンレス製の水筒よりもキャラクターのデザインのものが多くありますので、子供が喜ぶことが多いです。

可愛いデザインの水筒など喜んで持ってくれると助かりますよね。プラスチック製の水筒は、デザインも豊富ですし水筒自体にカラーが付いていてとても可愛いです。またプラスチック製とステンレス製だと値段も変わってきます。

値段も1,000円以内で購入出来ることが多いですし、子供が小さい内は助かりますよね。しかし、プラスチック製の水筒のデメリットとしては、やはり保冷効果がありませんので、気温の変化があると飲み物が劣化してしまったり、横にすると漏れやすいなどのデメリットがあります。冷たいまま飲ませてあげたい場合には、プラスチック製の水筒は不向きとなります。

スタバのサニーボトルの実用例!水筒にぴったりな使い方とは? | MensModern[メンズモダン]

水筒の飲み口を選ぼう

水筒の素材以外にも、子供の水筒を選ぶ上で重要になるのが水筒の飲み口です。水筒には直飲みタイプ、ストロータイプ、コップタイプの3種類がメインとなりますが。子供の年齢によって適している水筒が変わってきます。ではそれぞれのメリットを紹介します。

小さい子供が飲みやすいストロータイプ

ストロータイプの水筒は、赤ちゃんから小さい年齢の子供に特におすすめです。仮に水筒を倒してしまってもこぼれにくいですし、コップや直飲みが難しい子供にはストロータイプの水筒が便利です。今は大人の女性でもストロータイプの水筒が口紅が取れにくいという事で人気になっていますよね。

多くのメリットがありますが、ストロータイプの水筒はストローが洗いにくいので清潔に維持することが難しいです。定期的にストローを交換するほうが衛生的です。また、ストローは食べ物などが逆流してしまうことが多いので、これらも注意する必要があります。

衛生的なコップタイプ

衛生面で最も優れているのは、コップタイプの水筒です。一回一回コップに注ぎ飲みますので、中のお茶に食べ物などが逆流することがまずありません。コップタイプの水筒は、昔は中々開けにくいことがありましたが、今は小さな子供でも開けやすく工夫されていますので、安心ですね。

しかし、コップタイプの水筒は一回ずつコップに注ぐという動作が小さい子供には難しくなりますので、4歳前後以上にならなければ、自分で飲むことが難しいです。コップを置いて、水筒を持って注ぐという行為は大人からすると簡単ですが、子供には中々ハードルが高くなります。

コップに注ぐという動作が入る事で、ストロータイプよりも水を飲む事自体の難易度は上がりますが、その分、手先の訓練や空間認識能力の訓練に役立ちます。「使いにくい」というデメリット要素も、「訓練」という意味で考えると充分なメリットになりますね。

すぐにぱっと飲める直飲みタイプ

手軽に飲むことが出来る水筒といえば、やはり直飲みタイプですね。ボタンを押して蓋をあけるとそのまま飲むことが出来ます。子供にも簡単に飲むことが出来ますので、子供用の水筒でも多くが直飲みタイプになっています。また、パーツも洗いやすくなりますので衛生的に保つことができます。

ペットボトルが飲める子供には、まず直飲みタイプの水筒は楽々飲むことが出来ますよ。ただ、直飲みというだけあってやはり食べ物などが混入してしまうことは避けられません。夏場になると異物が入ることで雑菌が繁殖してしまう危険があることを知って置かなければなりませんね。

子供の水筒でおすすめの容量は?

子供の水筒は実に容量の種類も豊富です。小さいものだと200ml程度の小さな水筒から、1L以上の大容量の水筒までたくさんありますので、それぞれにあった水筒の容量を選択しましょうね。

小さい子供だと350ml程度の水筒がおすすめ

4歳くらいまでは、あまり飲む量は増えません。ですので、350ml程度の小さめの水筒で十分まかなえます。また自分で持って歩くにしても、350mlくらいの大きさの水筒であれば、重くないので自分で持ってくれます。しかし夏場や、多く水分補給が必要になる子供には500ml程度の水筒がベストになります。

小学生だと夏場は1L程度の水筒が必要になってくる

子供といっても小学生くらいになると、やはり飲む量はかなりあります。スポーツをしている子供になってくると、1L程度必要になりますので、しっかりと保冷効果がある水筒が必要になりますね。夏場や体を動かすことが多い時にはそれ以上必要になりますので、たくさん入るタイプの水筒が便利です。

おしゃれなタンブラー・水筒を紹介!スタバ以外のブランドでおすすめは? | MensModern[メンズモダン]

ストロータイプで子供におすすめの水筒

では、ストロータイプの水筒でおすすめの水筒を紹介します!ストロータイプの水筒はあまり数はおおくありませんが、小さい子供がいる家庭には助かりますよね。ストロータイプの水筒は1つ持っていると便利ですよ。

【THERMOS】真空断熱ストローボトル

水筒のメーカーの中でも特に有名なメーカーが、サーモスです。サーモスは魔法瓶のパイオニアと言われておりマイボトルのブームの火付け役と言われています。とにかく保冷効果、保温効果が優れているのでいつまでも美味しく頂けます。

サーモスのストローボトルはワンタッチで蓋がオープンしますし、カチッとなればしっかりと締まりますので漏れたりする心配はいりません。もちろん丸洗いできますし、スペアのストローも別売りされていますので、定期的に交換することができます。

【サーモマグ】アニマルボトル

動物のカラフルで可愛いデザインが目を引くのが、サーモマグのアニマルボトルです。水筒を動物に見立ててデザインされていますので、とにかく子供は大喜びしてくれます。18-8ステンレス製になっているので、安全で臭いもつきにくくなっています。

もちろん保冷効果、保温効果はばっちりなので夏場でも安心して持っていくことができますよ。パッキンが付いていますしカバーも持ちやすくなっているので、小さな子供も自分で飲むことができますよ。水筒にはカバーやストラップがついているので、持ち運びし易いですね。

2wayタイプも!コップタイプで子供におすすめの水筒

衛生的なコップタイプの水筒ですが、こちらはステンレス製がメインで多くあります。一回ずつコップに入れて飲みますので、コップタイプの場合にはステンレス製の方がおすすめです。少し値段ははりますが、長く愛用することができますよ。

【2WAY】キッズボトル

こちらもコップタイプと直飲みタイプ両方交換可能なタイプになっている水筒です。優しい動物のデザインがとても可愛いですね。このキッズボトルの特徴としては、保冷効果や保温効果がしっかりしていますので、10度以下の飲み物なら6時間はキープしてくれます。

また注ぎ口まで分解して洗う事が出来ますので、清潔に保つことが出来ますね。今まで注ぎ口が洗えるタイプはかなり少ないので、衛生面を考えるととてもおすすめの水筒です。こちらは600mlの容量になっているので、小さすぎず大きすぎずちょうど良いサイズ感も嬉しいですね。

【THERMOS】直飲み&コップつきボトル

サーモスからは直飲み&コップ付きボトルが販売されています。こちらは2wayになっていますので、子供の成長に合わせて飲み口を変えることができます。容量も色々と選択出来ますので、たくさん飲む子供や飲まない子供に合わせて選ぶことが出来ますね。

もちろん、保冷効果がしっかりありますので、朝に入れたお茶も夕方近くまで冷たいまま飲むことができます。ピンクやブルーなどの可愛い色合いの水筒がありますので、子供が喜ぶこと間違い無しです。

直飲みタイプで子供におすすめの水筒

簡単に飲むことが出来る直飲みタイプの水筒ですが、こちらはプラスチック製もステンレス製も実にたくさんの種類があります。キャラクターなどのデザインを重視する場合にはプラスチックの水筒がおすすめですが、保冷効果を期待する場合には、やはりステンレス製の水筒がおすすめです。直飲みタイプの水筒の中でもおすすめの水筒を紹介します。

【TIGER】コロボックルステンレスボトル

日本を代表する魔法瓶のメーカー、タイガーからは子供用の水筒でとても可愛いデザインの水筒が販売されています。コロボックルステンレスボトルは、ポップでカラフルなデザインの上に、機能性もしっかりしています。タイガー独自のスーパークリーン加工が施されており、スポーツドリンクも可能で汚れもつきにくいです。

本体は丸洗いが可能で、中線やパッキンも全て取り外して洗うことができますので、清潔に保つことが出来るのも嬉しい点ですね。コロボックルステンレスボトルは、元々ポーチがついているのですがこのポーチは、頑丈になっているので、子供が手荒に使っても破れにくくなっています。活発な子供にはおすすめの水筒です。

【象印】ステンレスボトル

家電メーカーで有名な象印も魔法瓶の技術は日本を代表するメーカーですね。象印からは、ダイレクトに飲める水筒といてステンレスボトルが販売されています。保冷力はピカイチで、4℃の冷水が6時間経過しても8℃以下という実験結果もあり、とにかく冷たい飲み物は冷たいまま飲むことができます。

また象印のステンレスボトルは飲み口が斜めにカットされており、飲みやすくなっています。子供は飲み口を丸のまま加えてしまう加え飲みが多くなってしまい、うまく飲むことができないのですが、この水筒であればスムーズに飲むことができますよ。

子供にピッタリの水筒を探してみよう!

子供の水筒となると、年齢によって適しているスタイルが変わってきます。小さい年齢の子供の場合だと、容量は少なくても軽くて持ち運びがし易いタイプのものがよかったりしますが、小学生近くになってくると容量も大きくなりしっかりと保冷効果がある水筒が良いですね。

子供にとってベストの水筒をしっかりと選ぼう!

年齢や体格などによって、水筒は変わってきます。もちろん長く愛用することができるのがベストですが、年齢年齢によって適している水筒を選んで上げるようにしましょう。子供にとって水分補給はなくてはならないことですよね。

しっかりと水分補給をすることの大切さを伝える意味でも、日頃から水筒を持って歩くことが良いですね。今回たくさんの水筒を紹介しましたので、また参考にしてみてくださいね。素敵な水筒を選んであげましょう!


評価 4.1/ 5(合計10人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ