車中泊のおすすめ便利グッズまとめ!快適に過ごせる必須アイテムは?

車中泊経験したことがありますか?旅先で、帰省の時に、緊急時にいろんなシチュエーションが考えられますが何も持たずに行う車中泊はあまり快適なものではありません。そこで車中泊のおすすめ便利グッズをまとめました。快適に過ごせるグッズを探しちゃいましょう!

車中泊のおすすめ便利グッズまとめ!快適に過ごせる必須アイテムは?

目次

  1. 車中泊とは
  2. 車中泊のメリット、デメリット
  3. 便利アイテムで快適な車中泊を!
  4. 快適な睡眠のためのグッズ!マットとシェラフは必須アイテム
  5. 防犯、安全グッズ!プライバシーはカーテンやシェードで守ろう
  6. 防音グッズは安眠の為の必須アイテム!
  7. 車中泊をさらに快適にするためのおすすめ便利グッズ
  8. 車載インバーターで家電を使えるようにしよう!
  9. あると便利!電動空気入れ
  10. 車内を照らすLEDライト
  11. 調理、飲食グッズ
  12. 季節によって取り入れたい車中泊の便利グッズ
  13. 暑い季節の車中泊の必須アイテムとは
  14. 暑い季節の車中泊の必須アイテムとは
  15. 車中泊をする際の注意点
  16. 車中泊を快適にするためのおすすめ便利グッズのまとめ

車中泊とは

車中泊とはその名の通り車の中で宿泊することを言います。そのシチュエーションは様々で、緊急時の避難として行うこともあったり、最近では旅行の一環として車中泊をしながら日本中を旅している方も増えています。車中泊に関するニーズは年々高まっています。

そんな車中泊ですが、車の中ではやはり足が伸ばせない、腰が痛くなるなど不便もつきものです。最近では快適に車中泊を楽しめるグッズが次々と登場しています。そこで今回は便利グッズで車中泊を快適に過ごせる方法についてまとめていきます。

ホンダのフリードプラスは車中泊できる?新型フリードとの違いとは? | MensModern[メンズモダン]

車中泊のメリット、デメリット

車中泊にはいいところがたくさんあります。反対に悪い点ももちろんあります。近年では車中泊のための本が出版されるほど車中泊の需要が高まってきていて、車中泊の悪い点を解消するための便利グッズや便利アイテムが人気を集めています。最近の車中泊は事前準備と対策をすることで、悪い点を解決できるようになってきているのです。

また、最近では車中泊が対応可能となるような車もたくさんあります。シートがフルフラットになったり、オプションで専用のカーテンやシェードなどの便利グッズをつけることができる車まであります。そこでまずは車中泊のメリット、デメリットについて考え、対策できる便利グッズや必須となるアイテムについて考えてみたいと思います。

車中泊のメリットとは

何と言っても宿泊費の節約になることは大きなメリットです。そして、チェックインやチェックアウト、食事の時間などを気にせずに自由に行動できることは車中泊の最大のメリットです。時間を自由に使え、予定も決めず思いのまま自由に行動することができその上、宿泊費の節約もできるとあっては車中泊はやめられませんね。

車中泊を好む方にペットを飼っている方も多いようです。誰にも気兼ねなく自由にできるのは本当に魅力的。また、釣り、登山、スキーなどレジャーを行うための車中泊もとても有効な手段と言えますね。時間に縛られないのは本当に楽ですね。また、車内という狭い空間が秘密基地のようでワクワクするのもいいですね。

車中泊のデメリットとは

狭い空間での窮屈さと寝心地の悪さは最大のデメリットだと言えます。しっかりとした睡眠がとれず、疲れを残したままでは車中泊はつらいものとなってしまいます。また、狭い空間でずっと同じ姿勢のままの場合はエコノミークラス症候群を引き起こしてしまう原因となります。

便利グッズなどをうまく活用し快適な睡眠をとれるよう就寝時は足を伸ばせるスペースの確保をしっかりと行いましょう。また、安全面についても心配です。いくら日本とはいえ車内はやはり怖いですよね。防犯には十分に気を付けて車中泊は行うようにしましょうね。

便利アイテムで快適な車中泊を!

車中泊のデメリットを解消するための便利グッズをご紹介します。車中泊を快適なものにするための必須アイテムとは、快適な睡眠を取るために必要な快眠グッズ、安心して睡眠ができるよう防犯グッズ、静かにゆっくりと寝るための防音対策グッズです。車中泊をする前にしっかりと準備をして万全な対策での車中泊にしましょうね。

快適な睡眠のためのグッズ!マットとシェラフは必須アイテム

車中泊の最大のデメリット、寝心地の悪さを解消すべく最近では車のシートがすべてフルフラットになるタイプの車もあります。ですが必ずしも自分の車がそうだとは限りません。そこで寝心地よくフルフラットにするための便利グッズがあります。

エアマットとシェラフです。エアマットがあればシート凹凸も気にならなくなり腰が痛くなることもありません。また寒さ対策のためにもシェラフがあると安心。エアマットとシェラフは車中泊で快適な睡眠をとるためには欠かせない必須のアイテムとなります。

また、体を伸ばせる睡眠スペースをうまく確保できない場合には、足元のスペースをうまく利用できるスペースクッションも合わせておすすめしたい便利グッズです。スペースクッションとは2列目の足元の隙間を埋めるためのクッションで、シートを倒さなくても足が伸ばせるようになる便利グッズです。

フォレスターで車中泊はできる?段差の埋め方と必要なグッズを紹介 | MensModern[メンズモダン]

防犯、安全グッズ!プライバシーはカーテンやシェードで守ろう

次に気になるのは安全対策です。車内が丸見えだと気になり安心して眠れないだけでなく防犯上もよくありません。自分の身を守るためには無防備な姿を見せるのは危険です。外から車内が見えないようにするだけではなく、できるだけ金目のものは外から見えないようにしておくことも大切です。

車中泊で安心して眠るためには車の窓にはカーテンかシェードで目隠しをするのは必須となります。自作する方もいますが、最近では車中泊する人のために個々の車体の窓に合わせた専用のシェードもありおすすめです。

また、就寝の際には必ず鍵をかけて寝るようにすること、治安の悪い場所での車中泊は行わないようにすることなど車中泊をする時には安全には十分注意してくださいね。

車中泊におすすめの安心な場所は?簡単に見つける方法や注意点まとめ | MensModern[メンズモダン]

防音グッズは安眠の為の必須アイテム!

車の中には外の音がかなり入ってきます。雨が降った場合、車の屋根にあたる雨の音で眠れない、また外を走る車の音で眠れないなんでことはよくあります。そこで快適な睡眠をとるための必須となる便利グッズは耳栓です。これで快適な睡眠がとれるはずですよ。

車中泊をさらに快適にするためのおすすめ便利グッズ

車中泊をさらに快適にさらに楽しいものにするために必須アイテムに続き持っていきたい、おすすめ便利グッズをご紹介します。ちょっとしたものですがあると便利なものばかりです。車内の空間が快適な空間になり車中泊のクオリティは確実にアップするための便利アイテムです。

車載インバーターで家電を使えるようにしよう!

車中泊をさらに快適にするためのおすすめ便利グッズ①

車載インバーターは車中泊の必須アイテムと言っても過言ではありません。ホテルなどを利用しない車中泊では携帯の充電にさえ困ってしまうからです。携帯電話しか電気を必要とするものを使用しない場合はモバイルバッテリーでも代用が可能です。

携帯電話以外の充電を必要とする場合はインバーターの搭載をおすすめします。インバーターを搭載しておけば携帯電話やデジカメの充電はもとよりノートPCや冷蔵庫、電気毛布なども車で利用できるようになり車中泊が快適なものになること間違いなしなのです。

インバーターの搭載で注意しておきたいことは、車が走行している時には気にせず電源を取れますが、停車している時にはバッテリーが上がってしまうこともありますので注意が必要です。購入の際にはバッテリー上がり防止機能が付いているインバーターをおすすめします。

ポータブルバッテリーおすすめは?車中泊・キャンプ・災害時に便利 | MensModern[メンズモダン]

あると便利!電動空気入れ

車中泊をさらに快適にするためのおすすめ便利グッズ②

電動空気入れはあるととても助かる便利グッズです。車内でエアマットやエアークッション、スペースクッションなどを膨らませるのに毎回口で膨らませていたらとても大変です。また、連泊する時には朝にはマット類など寝具を片付け、また夜になったら準備をすることになります。

電動空気入れは、空気入れと空気抜き対応のものが断然おすすめです。空気抜きの機能が付いていれば、マット類の片付けも電動であっという間にコンパクトに片付けることができます。狭い車内で寝具の準備や片付けは大変な作業です。電動空気入れは必須アイテムとなりそうですね。

車内を照らすLEDライト

車中泊をさらに快適にするためのおすすめ便利グッズ③

カーテンやシェードを使用すると車内は真っ暗になってしまいます。そこで必要となるのがLEDライトになります。ですが野外でキャンプをする時のような明るい光の照明は車中泊にはいりません。車の中は狭いのでほんのり明るいくらいで十分です。

また、明るすぎると外から中が丸見えになってしまいます。できれば明るさの切り替えができるLEDランタンがおすすめです。最近では100均でもLEDランタンの取り扱いがありますし、災害用のソーラー充電式のものなどは充電できない車中泊にはいいですね。

また、夜間の外での作業や夜のトイレの時などに使えるように携帯用のミニライトか、両手が使えるようにヘッドライトなどがもう一つ予備であると便利ですよ。

調理、飲食グッズ

車中泊をさらに快適にするためのおすすめ便利グッズ④

車中泊をさらに快適にするために是非持っていきたいおすすめ便利グッズが飲食のためのグッズです。小さなテーブルとカトラリーなどがあると大変便利です。車中泊ではキャンプのように外でBBQなどを行うことはできませんが、簡単な食事をとることはあります。

コンビニで買ってきたものをちょっと食べる時、朝、コーヒーを飲む時などに小さなテーブルがあるととても便利です。また、カトラリー類もキャンプ用のコンパクトになるものや使い捨ての紙皿や割りばしでもいいので持っておくと安心ですよ。

飲食の便利グッズとしてもう一つ紹介したいアイテムが、大木製作所のアルポットです。これは特におすすめで、一度使ったら車中泊で欠かせない必須アイテムになること間違いなしですよ。大木製作所アルポットとはコンパクト湯沸かし器です。車中泊では外での調理ができません。でも、朝暖かいコーヒーやスープなどを飲めるとうれしいですよね。そんな時に大活躍してくれるアイテムとなるでしょう。

季節によって取り入れたい車中泊の便利グッズ

車中泊をする時に気を付けなければいけない大切なことがあります。それは季節です。就寝時のエンジンのつけっぱなしは周囲に大変迷惑なだけでなくとても危険です。排気ガスが車の中に入ってしまえば一酸化炭素中毒の危険があるからです。エンジンを切ってエアコンなしの夏場の車中泊はとても過酷です。車の中は熱く寝苦しいだけでなはなく、熱中症の危険に注意が必要です。

また、冬の場合は寒さ対策がとても重要となってきます。暖房のない車内はとても寒く眠ることができなくなってしまいます。そこで季節によって取り入れたい必須アイテムの紹介です。

暑い季節の車中泊の必須アイテムとは

暑さ対策グッズ①

暑い季節の車中泊は、車中泊シーズンの中でも一番不向きなシーズンと言えそうです。防犯上も車を全開で開けっ放しというわけにはいかず、とても寝苦しい思いをするようです。暑い季節に車中泊をする場合は風が吹いているような場所を選んだり、高所でできるだけ涼しい場所での車中泊になるようにしましょう。

暑い季節に車中泊をする場合は便利アイテムで暑さ対策をするようにしましょう。USBやシガーソケットから電源を取れる扇風機はおすすめです。狭い車内の空気の循環は温度の上昇を抑えてくれます。また、クーラーボックスを積んでいる場合は氷枕もおすすめですよ。熱中症には気をつけてくださいね。

暑さ対策グッズ②

また、夏場の車中泊で困ることがもう一つあります。虫の侵入です。暑い夏場はどうしても窓を開けてしまいます。車の窓には網戸がなく、開けたまま寝てしまうと蚊に刺されてしまいます。夏場の車中泊には、窓に掛ける網戸が必須です。フロントにつけるタイプやスライドドア用、スライドドアの小窓用などいろいろなタイプがでています。

車中泊で冬の寒さ対策まとめ!防寒におすすめのグッズや注意点など徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

暑い季節の車中泊の必須アイテムとは

寒さ対策グッズ①

車載用のヒートブランケットです。冬場の寒い車中泊にとても便利です。シガーソケットから電源がとれる優れものです。ポータブル電源やサブバッテリーがあればエンジンをきった車内での使用も可能になります。家庭用の電気毛布を持ち込む場合は電流が強いためインバーターの種類の確認する必要がありますよ。

寒さ対策グッズ②

寒い季節のシェラフはもちろん冬対応のものにしましょう。そして、電気毛布がない場合には湯たんぽやホッカイロで暖を取れるようにしておきましょう。シェードが断熱効果が高い分厚いものだと外からの冷気の侵入も防げます。

寒さ対策グッズ③

冬山登山やスキーなど本格的な冬の寒さの中での車中泊の対策グッズとしては、エアヒーター(FFヒーター)の導入となるでしょう。エアヒーター(FFヒーター)とは、エンジンを停止したまま使える暖房器具のことです。どうしても費用はかかってしまいますが、冬場の車内が快適な空間になることは間違いないです。

車中泊をする際の注意点

車中泊をする際には気を付けたいポイントがあります。車を止める場所とマナーです。どこでも車中泊をしてもいいわけではありません。迷惑になるような場所、路上や住宅街の公園などは避けましょう。また最近では道の駅でも車中泊禁止の看板が立っているところがあります。気をつけましょうね。

マナーも大切です。外に大きなテーブルやイスなどを出して食事をしたりするのは車中泊では禁物です。アウトドアを楽しみしたい場合はキャンプ場を利用しましょう。また、大きな音を出したり、エンジンのかけっぱなしはやめましょうね。周りの迷惑もそうですが、一酸化炭素中毒の危険もありますので。

車中泊を快適にするためのおすすめ便利グッズのまとめ

車中泊を快適にするためのおすすめ便利グッズのまとめました。これから車中泊を始めたい方にももうすでに始めている方にも便利なアイテムが見つかり快適な車中泊ができればと思います。車中泊は事前の対策と便利グッズの準備でとても快適になります。快適な車中泊とになりますように。

軽自動車で車中泊に人気の車種はなに?おすすめのポイントも紹介 | MensModern[メンズモダン]

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ