家にコーヒーメーカーがある方は多いですが、その正しい使い方や淹れ方をご存知の方はどれくらいいるのでしょうか?コーヒーメーカーの正しい淹れ方や使い方、美味しい淹れ方のコツなどいろいろと調べてみました。正しい使い方をマスターして美味しいコーヒーを飲みましょう。

コーヒーメーカーの正しい使い方を解説!美味しい淹れ方のコツは?

目次

  1. コーヒーの歴史はいつから?
  2. コーヒー豆の種類
  3. コーヒー豆の選び方
  4. コーヒーメーカーの種類
  5. コーヒーメーカーの使い方
  6. 正しいコーヒーメーカーの使い方①
  7. 正しいコーヒーメーカーの使い方②
  8. コーヒーメーカーを上手に使うコツ
  9. コーヒーメーカーで美味しいコーヒーを淹れるコツ
  10. コーヒーメーカーで淹れたコーヒーに合うお茶菓子
  11. コーヒーメーカーの正しい使い方をマスターして美味しいコーヒーを飲もう

コーヒーの歴史はいつから?

今では日本人にも深く定着しているコーヒー。朝食はパンとコーヒーメーカーで淹れたコーヒーという方も多いのではないでしょうか?世界では既にコーヒーが常用飲料とされている時代、日本は鎖国をしていた経緯もあり、まだまだコーヒーの文化はありません。

1858年にコーヒーの輸入が開始され、第二次世界大戦後、コーヒーは姿を消しました。その後、コーヒー輸入が再開されたのち、ミルク入り缶コーヒーの販売や喫茶店などの影響で、日本人にも広く愛される存在となったわけです。今ではコーヒー好きの方はコーヒーメーカーで自宅に居ながら本格的なコーヒーを堪能するほどとなっています。

コーヒー豆の種類

コーヒー豆は世界各国で生産されています。その産地は、ジャマイカ、メキシコ、グァテマラ、キューバ、コロンビア、ブラジルなどなど様々です。産地によってコーヒーの特徴も違ってきます。酸味を好む方や甘い香りを楽しみたい方など、自分好みのコーヒー豆を選び、コーヒーメーカーで淹れれば、より美味しいコーヒーを味わうことができるでしょう。

コーヒー豆の選び方

コーヒー豆には、ストレートとブレンドに分けられます。産地が単一で付けられているコーヒー豆はストレートといい、その豆は産地の特徴を存分に味わうことができます。一方、ブレンドはいくつかの産地のコーヒー豆を配合しているのでストレートでは出せない風味が味わえることが魅力です。

コーヒー豆にも豆のまま販売されているものと、粉になったものとがあります。豆タイプを購入した場合は、コーヒー豆を挽くところから楽しめるので、コーヒー好きにはたまらない時間が持てます。挽いた時に一番香るコーヒーのいい香りも楽しめます。

粉タイプは、なんといってもお手軽にコーヒーが楽しめる点が魅力です。忙しい人にはもってこいの粉タイプ。どちらがよいかという点においては、個人の好みにもよりますが、粉よりも豆のままのコーヒーの方が長持ちはするようです。

コーヒーメーカーの種類

コーヒーメーカーにもいろいろな種類があります。ミル付きドリップ型のコーヒーメーカー。ミルなしドリップ型のコーヒーメーカー。カプセル式のコーヒーメーカー。エスプレッソ式のコーヒーメーカーなど、同じコーヒーメーカーでも少しずつ使い方も違ってきますので、コーヒーメーカーを購入する予定の方は、しっかりと自分にあったコーヒーメーカーを選ぶことから始めましょう。

ドリップ式コーヒーメーカー

コーヒーメーカーと聞いてイメージするあのコーヒーメーカーです。豆や粉のコーヒーでコーヒーを淹れるタイプのコーヒーメーカーのことを言います。このコーヒーメーカーの中でも、ミル無しドリップ式のコーヒーメーカーとミル付きコーヒーメーカーがあります。

ミルとは、コーヒー豆を粉砕するための器具のことです。これがあるかないかでドリップ式コーヒーメーカーは2つに分類されるわけです。

カプセル式コーヒーメーカー

カプセル式のコーヒーメーカーは、専用のカプセルをイン、あとは水を入れるだけで手軽にコーヒーが楽しめるコーヒーメーカーのことです。淹れるのも簡単で、後片付けも手間いらずな点がメリットといえるでしょう。カプセル1つ1つでテイストが違うコーヒーが楽しめる一方、コーヒー豆から楽しみたいと言う方にはちょっと物足りなく感じられるコーヒーメーカーかもしれません。

エスプレッソ式コーヒーメーカー

エスプレッソ式のコーヒーメーカーは、特にエスプレッソを抽出するのに優れたコーヒーメーカーです。エスプレッソが大好きな方にはのどから手が出るほど欲しいコーヒーメーカーではないでしょうか?

無印の最新コーヒーメーカーの口コミは?豆から淹れる本格バリスタ | MensModern[メンズモダン]

コーヒーメーカーの使い方

コーヒーメーカーにもいろいろな種類があることを先述しましたが、ここでは一般的なコーヒーメーカーの使い方についてご紹介していきます。

コーヒーメーカーの正しい使い方①フィルターをセット

まず、コーヒーメーカーを使う場合は、ペーパーフィルターが必要です。ペーパーフィルターをコーヒーメーカーにセットします。多くのコーヒーメーカーは、上部にペーパーフィルターをセットする構造になっています。

この時に注意することは、ペーパーフィルターにもサイズがあるということ!そのコーヒーメーカーにあったペーパーフィルターを使用することが大切です。サイズが合っていないとドリッパーとフィルターが密着することができずに、美味しいコーヒーを淹れることができなくなるのです。

コーヒーメーカーの正しい使い方②コーヒー豆を挽く

次にすることは、コーヒー豆を挽くことです。コーヒー豆は自分が飲む分だけを挽くようにしましょう。その方がコーヒー豆の香りや味を損なうことなく、コーヒー本来の美味しさを楽しむことができるからです。

また、コーヒー豆を挽く際は、熱に注意すること!そして粉の大きさが均等になるように丁寧に挽いていきます。挽いた粉はペーパーフィルターの真ん中にこんもりと盛るようにします。この方がフィルター中の粉の密度が一定になりやすいからです。

コーヒーメーカーの正しい使い方③コーヒーメーカーに水を入れる

そしてコーヒーメーカーに水を注入します。取り外し可能なコーヒーメーカーなら取り外して飲む量の水を入れることができますが、水の量が多すぎるとコーヒーは薄くなり、少なすぎると濃くなりますので、水の量はお好みに合わせて微調整してみましょう。

コーヒーメーカーの正しい使い方④コーヒーメーカーのスイッチをオン

あとはコーヒーメーカーのスイッチをオンするだけ!このコーヒーメーカーさえあれば、自宅でいつでも美味しいコーヒーが飲めるのですから、コーヒーメーカー、恐るべし!です。コーヒーメーカーから自動でコーヒーが抽出されるタイプのコーヒーメーカーは、飛び跳ねに注意です。

おすすめのコーヒーメーカーランキング!定番や全自動など性能を徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

正しいコーヒーメーカーの使い方①

コーヒーメーカーを使う前にすること

コーヒーメーカーを使えば、誰でも美味しいコーヒーが淹れられると思っていませんか?正しいコーヒーメーカーを使ったコーヒーの淹れ方で必要なことは、コーヒーメーカーを使う前にきれいにしておくこと!長らく使っていないコーヒーメーカーは、タンクやフィルター部分が汚れている場合があります。

コーヒーメーカーをきれいにした後は、お湯で一度抽出すると、その際に熱湯消毒もできますので、この方法で常にコーヒーメーカーはきれいにしておきましょう。

正しいコーヒーメーカーの使い方②

コーヒーメーカーにコーヒーカスをためない

コーヒーメーカーで淹れたコーヒーを飲んだ後、コーヒーカップの底にコーヒーカスが残る場合がたまにありますが、こういった時は、コーヒーメーカーのフィルターの隙間から粉が流れこんでいることが原因です。ペーパーフィルターが不要のタイプのコーヒーメーカーでも、ペーパーフィルターをセットした方が、コーヒーの粉がサーバーに流れるのを防ぐことができます。

コーヒーメーカーのフィルターをしてもコーヒーカスが出る場合は、ペーパーフィルターのサイズが合っていない可能性もあります。正しいコーヒーメーカーの使い方をマスターして、コーヒーメーカーで美味しいコーヒーを淹れましょう。

コーヒーミルのおすすめの種類&選び方!ポイントなどを徹底比較 | MensModern[メンズモダン]

コーヒーメーカーを上手に使うコツ

コーヒーメーカーのコツ①<水は常温にする>

コーヒーメーカーを上手に使うためには、いくつかのコツがあります。第一のコツは、使用する水は常温にすること!コーヒーメーカーがコーヒーを抽出する際、水が常温の方がコーヒーを抽出しやすくなり、より美味しいコーヒーが淹れられるからです。

コーヒーメーカーのコツ②<濃さを調節する>

第二のコツは、自分好みの濃さに調整すること!コーヒーメーカーに粉を入れる際、コーヒーの粉を多くしたり、使用する水を少なくすると、濃いコーヒーを淹れることができます。

コーヒーメーカーのコツ③<保温機能>

第三のコツは、保温です。コーヒーメーカーにセットされているサーバーが、ガラス製のものだと淹れたてのコーヒーもすぐに冷めてしまいます。いくら温め直しても、淹れたてのコーヒーの香りや味は再現できません。

コーヒーメーカーは保温機能のあるステンレス製のサーバーがおすすめです。もしお持ちのコーヒーメーカーがガラス製のサーバーでしたら、淹れたてのコーヒーはすぐにステンレス製のボトルに入れ替えるのも1つの手です。

コーヒーを淹れる道具をそろえよう!コーヒー用品の選び方や人気の道具は? | MensModern[メンズモダン]

コーヒーメーカーで美味しいコーヒーを淹れるコツ

コーヒーメーカーの使い方<新鮮な豆を選ぶ>

美味しいコーヒーの淹れ方、ぜひ知りたいですよね。コーヒーメーカーを使って美味しいコーヒーを淹れるコツはまずは、新鮮な豆を選ぶことです。古くなってしまった豆だと、いくらコーヒーメーカーでも美味しいコーヒーは出来上がりません。

お店でコーヒー豆の鮮度を確認するには、いつ焙煎されたコーヒー豆なのかを確認することです。新鮮さを求める方は、賞味期限を確認する方もいらっしゃるかと思いますが、焙煎日を確認して、新鮮な豆を選ぶようにしましょう。

コーヒーメーカーの使い方<粉でなく豆を買う>

コーヒー豆ではなく、粉にしてくれるお店もありますが、できればコーヒー豆は自宅で挽くのが好ましいでしょう。コーヒー豆は挽いてしまった瞬間に表面積が大きくなるため、酸化しやすくなってしまいます。せっかくの香りや味が損なわれてしまう恐れがあります。

コーヒーメーカーの使い方<水を選ぶ>

美味しいコーヒーを淹れるためにコーヒーメーカーがあるわけですが、我々人間が準備することで大切なことは、水を選ぶことです。美味しいコーヒーの淹れ方で大切なのは、コーヒー豆の次に水と言っても過言ではありません。水だけで飲んでも美味しいと感じる水ということが大前提です。

浄水機能付きのコーヒーメーカーもあるようですが、そうでないコーヒーメーカーを使用する場合は、自分が美味しいと思う水を用意してから、あとの作業はコーヒーメーカーに任せましょう。

コーヒーメーカーの使い方<コーヒーカップを温める>

残る1つは、コーヒーカップを温めておくこと!冷たいカップにせっかく美味しく淹れたコーヒーを注いでもその美味しさは半減してしまいます。カップが温かければ、そのコーヒーの香りもより引き立てられ、美味しいと感じることでしょう。

コーヒーの美味しい淹れ方!自宅でも本格コーヒーを飲む楽しみ方 | MensModern[メンズモダン]

コーヒーメーカーで淹れたコーヒーに合うお茶菓子

コーヒーメーカーで淹れた甘めのコーヒーには

コーヒーメーカーで美味しいコーヒーが淹れられたら、やはりコーヒーに合うお茶菓子が欲しくなります。コーヒーメーカーで淹れたミルクたっぷりのカフェオレなどのコーヒーには、焼き菓子やシンプルなクッキーなどが合います。コーヒーが甘いので、一緒に食べるお菓子はさっぱりと頂けるものがいいようです。

コーヒーメーカーで淹れた濃いめのコーヒーには

コーヒーメーカーで淹れた酸味や苦味があるコーヒーには、まろやかな甘さを感じるお菓子がいいでしょう。コーヒーと一緒にお口に入れれば、美味しさのハーモニーが楽しめます。

コーヒーメーカーの正しい使い方をマスターして美味しいコーヒーを飲もう

コーヒーメーカーの種類やコーヒーメーカーを使って淹れる美味しいコーヒーの淹れ方のコツ、コーヒーメーカーを上手に使うコツ、正しいコーヒーメーカーの使い方などをご紹介しました。コーヒー好きは自宅でもお店のようなコーヒーを味わいたいと思うのも当然です。

多機能型全自動コーヒーメーカーで、コーヒー豆を購入して豆を挽くところから楽しんだり、コーヒー粉で手軽にコーヒーメーカーを楽しんだり、自分らしいコーヒーメーカーとの美味しいコーヒーを楽しんでくださいね。


評価 3.9/ 5(合計13人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ