ドライブレコーダーのおすすめ人気アイテム比較!売れ筋機種を一挙紹介

最近悪質事故が多発しています。いまやドライブレコーダーは必要不可欠ですよね?そこで今回は人気おすすめのドライブレコーダーを徹底比較!多種多用に出ているものを比較しておすすめの人気ドライブレコーダーを紹介します。ぜひこの機会にご購入を!

ドライブレコーダーのおすすめ人気アイテム比較!売れ筋機種を一挙紹介

目次

  1. 迷惑運転や交通事故に不可欠なドライブレコーダー
  2. ドライブレコーダーの種類と選ぶべき役割
  3. ドライブレコーダーを購入するときの選び方は?
  4. おすすめドライブレコーダーの機能値はどのくらい?
  5. ドライブレコーダーの定番!ケンウッド「DRV-610」
  6. コスパ最高ドラレコ!コムテック「ZDR-012」
  7. 安定した機能性能!ユピテル「DRY-WiFiV3c」
  8. カーナビと連動させよう!パイオニア「ND-DVR10」
  9. 世界のシェア率が凄い!PAPAGO「GoSafe 30G」
  10. 多機能満載で満足度UP!APEMAN「C660」
  11. 全天周での録画が可能!カーメイト「d'Action 360」
  12. レーダー探知機で有名!セルスター「CSD-670FH」
  13. 驚きのコスパ!PAPAGO「GoSafe 130」
  14. 初心者にも安心!ケンウッド「DRV-325/320」
  15. ルームミラー一体型のドライブレコーダー
  16. 安価でコスパに優れたドライブレコーダー
  17. 地域ごとのLED信号機点灯の違いに注意
  18. ドライブレコーダー取付工事が必要な場合の注意点
  19. これがドライブレコーダーの実力だ!
  20. ドライブレコーダー搭載で安全運転を心がけよう!

迷惑運転や交通事故に不可欠なドライブレコーダー

いまや車に搭載するのがあたりまえのドライブレコーダー

ドライブレコーダーは近年うなぎ登りの売れ行きを見せています。購入目的としては多様化していきていますが、やはり悪質運転などの増加に伴う交通事故発生が多発していることが一番の原因ではないでしょうか?「割り込んできた車を避けたら通行人に怪我をさせてしまった」「交差点の車の事故でどちらが悪いかわからない」といったトラブルは常について回ります。

そんな時にドライブレコーダーは自分や自分の愛車を守るためには欠かせないアイテムであり、相手が逃げても特定するヒントになったり証拠能力もしっかりあります。まだ愛車にドライブレコーダーが搭載されていないようでしたら、是非この機会に購入を検討されてはいかがでしょうか?

ドライブレコーダーの種類と選ぶべき役割

ドライブレコーダー売れ筋アイテムを比較するための役割

ドライブレコーダーはドライブ時の映像をカメラで記録するものなので、運転中のもしもの時の保険にもなり、風景やルートの撮影にも便利なアイテムです。購入を考えている人も多いかと思いますが、種類が結構あるので、何を選んだらよいか悩ましいところですよね?しかも価格も5,000円以下で購入できるものから50,000円ぐらいしてしまうものもあります。

自分が必要としているドライブレコーダーはどういったものか?コスパで考えた方がいいのか?機能重視で考えた場合、最低限どんな機能が搭載されているものがよいのか?などを考えながら、求めるドライブレコーダーを探していきましょう。

ドライブレコーダーを購入するときの選び方は?

ドライブレコーダー売れ筋アイテムを比較!おすすめの選び方【画質】

画質はよく「1920×1080」や「200万画素」といった解像度が表記されているかと思います。画質の表示は数字が高い方が画質が良いということになります。よく「フルHDフルハイビジョン)」といった言葉に見覚えがあるかと思いますが、これは横1920×縦1080という解像度になります。最近の映像カメラはドライブレコーダーに限らずフルハイビジョンが主流で人気です。

事故が起きた時のために一応録画したいだけなので高画質でなくてもいいと思う人もいるかもしれませんが、例えば車を当て逃げされたりした場合に、逃げた車のナンバープレートが映っていても解像度が悪くてぼんやりとしか数字が見えないといったことにもなりかねません。これはドライブレコーダーの性質上あまり低い解像度にならないよう気を付けた方がいいですね。

ドライブレコーダー売れ筋アイテムを比較!おすすめの選び方【フレームレート】

動画カメラにはフレームレートという値があります。パラパラ漫画を1秒間に何枚パラパラするかといった感じのものです。単位はfps(frames Per second)で表され、数字が大きければ滑らかに動きますが、数字が低いとカクカクした感じで動きます。通常ドライブレコーダーでは30fpsあたりが人気でおすすめ数値となります。

ドライブレコーダー売れ筋アイテムを比較!おすすめの選び方【画角】

ドライブレコーダーの映像を録画できる範囲を角度で表したもので、「水平」「垂直」「対角」に分けて表記されています。「水平画角」はレンズの中心から左右に録画できる範囲を表し、「垂直画角」はレンズの中心から上下に録画できる範囲を表しています。「対角画角」はその対角の数字を出しています。車高によっては上下の範囲も大事になってきますね。

ドライブレコーダー売れ筋アイテムを比較!おすすめの選び方【駐車監視機能】

ドライブレコーダーが録画できるのは走行中に限ったことではありません。車を駐車している時でも駐車録画機能がついているドライブレコーダーであれば録画することができるのです。駐車場に戻ったら車に凹みを発見!といった時にも、駐車監視録画されていればぶつけた車の特定ができます。

ドライブレコーダーで常に監視している状態であることがわかると犯罪防止にもなるので安心ですね。ただ、常時録画となると保存するための容量を多く使うため大容量メディアが必要になります。容量が足りなくてすぐに上書きされてしまうと、常時録画しても意味がなくなってしまうので気をつけましょう。

ドライブレコーダー売れ筋アイテムを比較!おすすめの選び方【GPS機能】

ドライブレコーダーに人気のGPS機能が装備されていると、車の位置情報や速度、日時などを記録することが可能になります。自分で日付設定や場所特定などをせずとも、自動で情報をドライブレコーダーから取得できるので、事故にあったときでも役に立つので、GPS機能搭載機種はおすすめです。

ドライブレコーダー売れ筋アイテムを比較!おすすめの選び方【バッテリー】

通常ドライブレコーダーは車から電源をもらっているので、エンジンオフになればドライブレコーダーもオフになるようになっています。ただ、人気の駐車録画のようにエンジンオフ状態でドライブレコーダーを使う場合は、内蔵バッテリーかオプションで外部バッテリーに繋げて使う必要があります。

ずっと夜間監視するのは実現的ではないため、録画するようなイベント録画機能などを使うと、ぶつけられた衝撃でドライブレコーダーが録画を始めるといった使い方ができるのでおすすめです。。そういった機能を搭載したドライブレコーダーを選ぶとよいかもしれません。

ドライブレコーダーの選び方を徹底紹介!用途別のおすすめポイント | MensModern[メンズモダン]

おすすめドライブレコーダーの機能値はどのくらい?

ドライブレコーダー売れ筋比較!おすすめの選び方【必要な機能の確認】

車の走行中に景色を録画したいのであれば安価なものでも十分な機能はありますが、事故に対応した録画となると、ナンバープレートの数字がぼやけたり、録画の幅が狭すぎて肝心な部分が映っていなかったりといったことにもなってきます。自分の求めるドライブレコーダーの必要機能をしっかり把握することが大事になります。

ドライブレコーダー売れ筋比較!おすすめの選び方【おすすめ画質機能】

ドライブレコーダーの画質は1920×1080(フルHD)か200万画素以上のものを選べば安心でおすすめです。またドライブレコーダーの画角は、「水平」で最低でも108度以上のものを選ぶようにしましょう。120度ぐらいあるドライブレコーダーはとても人気ですね。

フレームレートは30fps近辺であれば問題ありません。あと映像には明るすぎたり暗すぎたりするとコントラストの関係で、明るいところが白飛びしたり暗いところが黒くつぶれたりすることがあります。HDR(ハイダナミックレンジ)やWDR(ワイドダイナミックレンジ)と呼ばれますが、これらを補修処理する機能のあるものが人気です。

ちなみにドライブレコーダーで一番おすすめなのが前と後ろの2つ設置です。一度に2つ設置できるドライブレコーダーもあるようですが、前には機能性重視のドライブレコーダーをつけて、後ろには安価な3,000円近辺のものをつけても十分かと思います。後ろも追突されて逃げられたといったこともよくあるようなので、一番安いものでもつけておくと安心ですね。

ドライブレコーダー売れ筋比較!おすすめの選び方【おすすめその他の機能】

駐車監視機能付ドライブレコーダーはとても人気がありおすすめです。やはり駐車している間の防犯に役立ちますし、このランクのドライブレコーダーはイベント記録などの機能もありますので、常時録画していなくてもGセンサーによる衝撃などを感知してすぐに録画を始めるような形であればバッテリーやメモリー消費が抑えられます。

そのバッテリーですが、駐車監視機能付であればバッテリー内蔵されているか外付けバッテリー対応になっているはずなので、そちらの確認もしてみてください。また、ドライブレコーダーでは録画されるデータはメディアがいっぱいになると上書きされます。大事な部分を保存しておきたい時のために手動記録機能があると便利ですが、自動で保存するタイプも人気です。

ドライブレコーダーは駐車監視機能付きが人気!おすすめモデルを紹介 | MensModern[メンズモダン]

ドライブレコーダーの定番!ケンウッド「DRV-610」

おすすめドライブレコーダーの人気アイテム比較【DRV-610】

今現在最も売れ筋の人気アイテム、ケンウッドのDRV-610です。フルHD(1920×1080)の更に上をいく2304×1296の高画質録画が可能です。またバッテリー内蔵されているので15分の駐車監視録画か可能です。オプションで電源ケーブルを購入すれば長時間作動させることが可能となります。そして最近車に搭載されている運転支援機能もついているので人気です。

HDRやWDRにしっかりと対応しているので明るすぎたり暗すぎたりで画面が飛ぶことを防止できます。更に特徴的なのが、実際に本体で録画するカードスロットとは別にバックアップするためのダブルmicroSDHCカードスロットを搭載していることろです。常に録画するメモリカードはそのままに、別のスロットにメモリカードを入れてバックアップをとることが可能です。

フレームレートは27.5fps、水平121垂直59対角141、Gセンサー(衝撃センサー)有、GPS機能有、駐車記録機能有、内蔵バッテリー有、LED信号の無点灯防止機能もついています。誰にもおすすめできる人気ドライブレコーダーで価格は25,000円前後です。

コスパ最高ドラレコ!コムテック「ZDR-012」

おすすめドライブレコーダーの人気アイテム比較【ZDR-012】

何と言ってもコスパ最高!といった売れ筋の人気ドライブレコーダーです。フルHDで水平画角は109度、画素数200万画素という録画性能を持ちながら、価格は1万円前後というのはとてもコスパに優れていておすすめです。また、人気の駐車監視機能はオプションですが対応しており別途ケーブルを購入すれば最大12時間の駐車監視録画か可能になります。

LED信号対策済みで、Gセンサー対応、HDR/WDR機能搭載、手動録画対応、2.3インチの液晶モニター搭載で、ここまではほぼパーフェクトなのですが、駐車監視機能に伴う内蔵バッテリーやGPS機能には対応していないようです。このあたりの機能を使う予定がない人には超おすすめのドライブレコーダーです。価格は10,000円前後です。

安定した機能性能!ユピテル「DRY-WiFiV3c」

おすすめドライブレコーダーの人気アイテム比較【DRY-WiFiV3c】

こちらも売れ筋の人気ドライブレコーダーになります。特徴は無線LANが搭載されているのでスマホやタブレットなどのデバイスと連動できるところです。専用アプリを使ってSNSにそのまま投稿することも可能です。また、レンズの部分をスイングさせることができるため、アングル調整にも便利で人気です。

GPSセンサー、手動録画に対応しており、機能は申し分なく、水平100°でフルHDの200万画素、フレームレートは30fps、駐車監視機能はオプションで別売りのバッテリーや電源ケーブルを使って対応させます。価格も14,000円前後と手頃でおすすめの人気ドライブレコーダーです。

カーナビと連動させよう!パイオニア「ND-DVR10」

おすすめドライブレコーダーの人気アイテム比較【ND-DVR10】

「カロッツェリア」の人気カーナビでお馴染みのパイオニアドライブレコーダーがND-DVR1です。カメラの特徴は、カメラ部と操作部が分かれていて、カメラのセンサー類が車のセンサーと干渉することなく取り付け可能で、操作も手元でできる利便性を誇ります。またカロッツェリアとの接続ができることが最大の特徴で、カーナビ本体で操作が可能になります。

LED信号による消灯対策にはフレームレートを30fpsから27.5fpsへ切り替えて使用することが可能です。事故などで衝撃が検知された場合は、その20秒前後の録画はロックされて消えないように保護されるので安心です。

フルHDの画質に207万画素の解像度、水平120°垂直63°対角145°、Gセンサー有、GPSセンサー(カーナビ対応)、駐車録画機能有、内蔵バッテリー無、人気のカロッツェリアのカーナビをお持ちの人には超おすすめの人気ドライブレコーダーです。価格は17,000円前後です。

世界のシェア率が凄い!PAPAGO「GoSafe 30G」

おすすめドライブレコーダーの人気アイテム比較【GoSafe 30G】

こちらは台湾人気メーカーのPAPAGO(パパゴ)が出している人気ハイスペックドライブレコーダーGoSafe 30Gです。考えられるすべての機能が搭載されて、しかも2万円にいかないという超コスパ最高アイテムです。運転支援機能も搭載され、400万画素という圧倒的な解像度を誇ります。フレームレートも60fpsで駐車監視機能はオプションになります。

すべての機能がバランスよく使えるもので、人気のおすすめドライブレコーダーです。WDR対応、Gセンサーは3つの録画モード(常時/衝撃時/手動時)で対応可能です。メモリーカードは32GBを付属し、長時間記録できる最大128GBまでの容量に対応しています。万人向けドライブレコーダーとしておすすめです。価格は18,000円前後です。

多機能満載で満足度UP!APEMAN「C660」

おすすめドライブレコーダーの人気アイテム比較【C660】

170°広角カメラでフルDHの画質に1200万画素という驚異の解像度、IR暗視搭載で、エンジンと連動しているので、エンジン始動で自動的に録画開始となります。また、駐車監視機能対応で内蔵バッテリーも入っているので、衝撃センサーで自動で30秒ほど録画して自動でオフします。長時間監視としては対応していませんが、この価格でこの機能があるのは素晴らしいです。

またWDRに対応しているので、白飛びや黒つぶれすることを防ぎます。IR機能を搭載していることで、暗闇でも赤外線センサーに反応したものを白黒で映し出す防犯監視用としても機能性に優れています。また8LED赤外線夜視補助ライトで更に夜間に強い録画か可能です。1万円以下なのでコスパ重視の人におすすめです。(現在アマゾンでセール中7,280円です)

全天周での録画が可能!カーメイト「d'Action 360」

おすすめドライブレコーダーの人気アイテム比較【d'Action 360】

全天周360°撮影が可能な売れ筋人気ドライブレコーダーd'Action360です。WDR機能を採用し、LED信号の無添加防止機能もフレームレート切り替えで対応しています。また無線LANを搭載していることでスマホやタブレットなどと連動させて使うことができます。画質は2880×2880の4K相当が可能という超おすすめ画質ですね。

一番の気になる駐車監視機能はオプションのDC200を装着することで360°周りを監視することができます。また、衝撃センサーで検知した場合、自動で前10秒間、後ろ30秒間の録画が開始されます。省エネモードも搭載されており、車のバッテリー容量の心配はなさそうです。新しいタイプのドライブレコーダー好きにおすすめの人気機種です。価格は50,000円前後です。

レーダー探知機で有名!セルスター「CSD-670FH」

おすすめドライブレコーダーの人気アイテム比較【CSD-670FH】

こちらもレーダー探知機で有名で人気のセルスターCSD-670FHです。この機種の面白いところは、通常データ管理をしているとついてまわるデータの断片化を独自のファイルシステムで無くして快適に安定した動作がおこなえるという特徴があります。

更に映像が荒くなるという理由で使われなかったズーム機能をもたせていることにも驚きです。内蔵バッテリーは搭載していませんが、他の機能はすべて持ち合わせている人気のハイスペックドライブレコーダーが、売れ筋の価格20,000円前後とは驚きです。ワンランク上でコスパ狙いの人にはおすすめです。

驚きのコスパ!PAPAGO「GoSafe 130」

おすすめドライブレコーダーの人気アイテム比較【GoSafe 130】

こちらの人気ドライブレコーダーもコスパ最高アイテムです。300万画素のフルHDでの録画とWDR機能を搭載、LED信号の無添加防止機能も採用されています。背面にはTFT液晶モニターを搭載して、録画は常時/衝撃/手動の3つに対応しています。緊急録画フォルダが存在して、衝撃感知映像や手動で緊急録画などにはこちらのフォルダに保存されます。

また駐車監視機能もオプションではありますが対応しています。別売りの電源コードを装着するとエンジンオフでの録画が可能です。また、動体検知モードが搭載されているので、検知されれば自動的に録画を始めます。カメラ上に1分間変化がない場合は自動的に待機モードとなります。省エネモードもあり機能充実で価格が10,000円切るという驚きのコスパでおすすめです。

初心者にも安心!ケンウッド「DRV-325/320」

おすすめドライブレコーダーの人気アイテム比較【DRV-325/320】

人気のケンウッドのスタンダードモデルがこちらのDRV-325/320です。基本的なフルHD映像やHDR/WDR機能搭載はもちろんのこと、GPSセンサー、Gセンサーも搭載し、LED信号の無点灯機能もフレームレート切り替えで対応しています。またカーナビの受信に影響がないようノイズ対策もおこなっています。

そしてスタンダードモデルでありながら、内蔵バッテリーも搭載されているのは素晴らしいですね。駐車録画機能対応で、単独で25分の録画ができますが、別売りの電源コードで長時間の録画が可能です。価格は14,000円前後です。ドライブレコーダーデビューの人におすすめです。

ルームミラー一体型のドライブレコーダー

おすすめドライブレコーダーの人気アイテム比較【DBPOWERバックミラー型】

場所を取らないという理由でバックミラー(ルームミラー)型のドライブレコーダーが人気です。こちらはフルHDに水平画角120°で常時録画とイベント録画に対応しています。駐車監視機能ありで内蔵バッテリーはついていません。エンジン連動ありです。価格は5,000円前後です。コスパ重視の人におすすめです。

おすすめドライブレコーダーの人気比較【PAPAGO GoSafe 372V2】

人気のルームミラー一体型のドライブレコーダーの中では売れ筋の人気アイテムです。LED信号全国対応でカメラは350万画素でF2.0の明るいレンズを採用しています。フルHDでHDR/WDRにも対応し、GPS機能はオプション可能です。駐車録画機能もオプションで対応、最低限度の内蔵バッテリーも搭載されています。価格は17,000円前後です。多機能狙いの人におすすめです。

おすすめドライブレコーダーの人気アイテム比較【サンコー CARDVR36】

つい最近発売された全方位360°対応録画できるルームミラー一体型のドライブレコーダーです。4つのモードを切り替えて映像を確認します。左右の視覚部分もばっちり録画でき、カラー液晶タッチパネル搭載、360°録画時に更に後方の録画も可能、駐車録画機能搭載でバッテリーも搭載です。価格は17,000円前後となります。360°が気になる人におすすめです。

ドライブレコーダーのミラー型を紹介!人気のおすすめモデル比較 | MensModern[メンズモダン]

安価でコスパに優れたドライブレコーダー

おすすめドライブレコーダーの人気アイテム比較【PathingTek Easystore 】

今年の8月に発売されたばかりの人気ドライブカメラで、フルHDのフレームレート30fps、水平画角120°に、なんと駐車監視機能と内蔵バッテリーがありとなっています。さすが最近のものは良いですね。エンジン連動ありでGPS機能はなしです。常時録画とイベント録画に対応していて、価格は3,000円前後です。とりあえず試したい人におすすめです。

おすすめドライブレコーダーの人気アイテム比較【MUSON MB2】

アクションカメラでもお馴染みのムソンの人気ドライブレコーダーです。緊急録画にも対応し、動体検知で自動録画をし、衝撃感知で上書きさせないよう映像保護機能があります。フルHDでとにかく多機能です。HDMI出力も可能で、Wi-Fi搭載でスマホと連動させることが可能です。駐車監視機能は基本搭載ではないようですが、モバイル電源からの宮殿で可能とあります。

アクションカメラから派生させたようなドライブレコーダーですが、基本機能はしっかりあるようなので、使いやすそうです。価格は8,000円前後です。HDMI出力したい人におすすめです。

地域ごとのLED信号機点灯の違いに注意

おすすめドライブレコーダーの人気アイテム比較

LED信号機は見えない速度で点灯しています。その点灯スピードは東日本が1秒間に100回、西日本が1秒間で120回となります。最初の方にドライブレコーダーのフレームレート(パラパラ漫画のようなコマ数)に触れましたが、このフレームレートも1秒間に30コマとかでしたよね?一度周期が重なってしまうとドライブレコーダーで信号の色が見えなくなる現象があるのです。

そのため最近のドライブレコーダーはそのLED信号機の点灯に対応するといった表記があり、表記があるものは既に対策済みなので大丈夫ということになります。事故の時に信号の色が判別できないと証拠能力がなくなってしまうので、ここはLED信号機点灯に対応している機種を選ぶことをおすすめします。

ドライブレコーダー取付工事が必要な場合の注意点

おすすめドライブレコーダーの人気アイテム比較

ドライブレコーダーは購入したところでお願いするのが一般的ですが、自分で取り付けることもできます。ただ、交通法規で定められたルールがあり、どこでも好きな場所につけることはできません。ルームミラーの裏側やフロントガラスの上端から1/5の範囲内など、少し面倒になるので、ドライブレコーダーを購入するときに工事もお願いした方が無難ですね。

ドライブレコーダーの取り付け方・位置は?費用や配線などまとめ | MensModern[メンズモダン]

これがドライブレコーダーの実力だ!

おすすめドライブレコーダーの人気アイテム比較

同じ事故でもドライブレコーダーがなければ、単なる追突事故となって100%悪くなってしまうところでも、相手の違反が映像で残っているので良かった!といった映像ですね。

ドライブレコーダー搭載で安全運転を心がけよう!

ドライブレコーダーは年々機能性に優れた機種が出ています。そしてコスパもとても良くなっています。種類が増えているので必要な機能はどれかを確認しながら選ぶようにしましょう。またせっかくドライブレコーダーを取り付けても、自分の運転の粗さがカメラに撮られてはシャレになりません。安全運転を心がけて快適なカーライフを送りましょう!

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ