キャンプなどのアウトドアは近年人気になっていますよね。そんなアウトドアをしている中でリラックスタイムに最適なのがコーヒーです。いつもと違う風景や空気を感じながら、コーヒーを飲むのはまさに絶品です。今日はアウトドアでのコーヒーの淹れ方や道具などを紹介します!

アウトドアでコーヒーを楽しむ!道具のおすすめや美味しい淹れ方など紹介

目次

  1. アウトドアで飲むコーヒーは最高!
  2. アウトドアで本格的にコーヒーを飲んでみよう
  3. アウトドアのコーヒーを淹れるのに必要な道具とは
  4. アウトドアで本格的なコーヒーの淹れ方
  5. ①バーナーを点火し、お湯を沸かそう
  6. ②コーヒーミルでコーヒー豆を挽いておく
  7. ③コーヒーバネットにフィルターをセットし、コーヒーを入れておく
  8. ④お湯をゆっくりと注ぎ1分蒸らす
  9. ⑤円を描くようにお湯を注いでいく
  10. アウトドアで本格的に淹れるのが難しい場合には簡単な淹れ方でも美味しい!
  11. パーコレーターだと簡単に美味しいコーヒーが淹れられる
  12. パーコレーターでのコーヒーの淹れ方
  13. パーコレーターには注意点がある
  14. もっと簡単に楽しみたい人はインスタントでも美味しい
  15. アウトドアでコーヒーを楽しもう!

アウトドアで飲むコーヒーは最高!

春夏問わず人気のアウトドア。アウトドアでキャンプに出かけたり、釣りなどに出かける人も多いのではないでしょうか?そんなアウトドアの休憩にかかせないのがコーヒーですよね。アウトドアで飲むコーヒーは家で飲むコーヒーとは一味違います。

雄大な景色を見ながらコーヒーを飲むことが幸せ

いつもと変わりないコーヒーでも、アウトドアで外の空気を吸いながら雄大な景色を見て飲むと、それこそ至福のひとときになります。コーヒーにはリラックス効果があり、コーヒーの香りを嗅ぐことで、アルファ波が出て体の緊張がほぐれることがわかっています。

そんなリラックス効果が高いコーヒーをアウトドアの中で飲めるなんて幸せですよね。今日はアウトドアでのコーヒーの淹れ方やアウトドアをしていてコーヒーを淹れるのに必要な道具などを詳しく紹介します。是非参考にしてみて下さいね。

アウトドアで本格的にコーヒーを飲んでみよう

今はアウトドアは人気になっており、様々なアウトドア用品から、アウトドアのファッションまで実に多くの種類が販売されています。もちろん、アウトドアでコーヒーを本格的に淹れる為の道具もしっかりと揃えられますので、外にいながらお店で飲むようなコーヒーを味わうことができます。

コーヒーは実はアウトドアをしていても淹れることができる

アウトドアで飲むコーヒーはインスタントのイメージが強くありませんか?もちろんインスタントのコーヒーの味も今は格段に美味しくなっていますので、手間をかけずに美味しいコーヒーを飲むことができます。しかし、やはりアウトドアをしているなら、本格的にコーヒーを淹れてみましょう。

本格的なコーヒーを淹れるのは難しいと思われがちですが、実はそんなことはなく美味しいコーヒーを誰でも淹れることができます。アウトドアで本格的なコーヒーを飲むことができるなんで、最高の贅沢ですよね。ではアウトドアでのコーヒーの淹れ方などを紹介します!

コーヒーの美味しい淹れ方!自宅でも本格コーヒーを飲む楽しみ方 | MensModern[メンズモダン]

アウトドアのコーヒーを淹れるのに必要な道具とは

アウトドアで、本格的な美味しいコーヒーを淹れるためには、しっかりと道具を揃えることがポイントになります。特に初心者の場合には、コーヒーを淹れる道具を揃えておかないと、中々美味しいコーヒーを飲むことができません。

今はアウトドアショップやホームセンターで、たくさんのアウトドア用品が売られていますし、コーヒーを淹れる為の道具も簡単に手に入れることができます。ですので、まずはしっかりと道具を揃えましょう!

コーヒーミル

コーヒーミルはご存知の通り、コーヒー豆を挽くためのの道具です。家庭にあるコーヒーミルなどは、少し大きく安定しているデザインが多いですが、アウトドアにはあまり大きくかさばる物は持っていくのは難しいですよね。ですので、小さめのコーヒーミルを購入するのがおすすめ。

おすすめなのがハンドグラインダーと呼ばれる小さなコーヒーミルです。少量のコーヒー豆を挽くことができますし、かさばらないのでアウトドアにも邪魔にならずに持っていけます。値段も1万円以内から高いものだと3万円程度のものまであります。

やはり高額なコーヒーミルはコーヒーの粒度が均一で香りも格別といわれますが、最初からは中々手が出にくいですよね。今は比較的安価なコーヒーミルでも美味しいコーヒーを淹れることができますので、まずはそちらをそろえてみるのがおすすめです。

コーヒードリッパー、バネット

挽いたコーヒーを入れるフィルターを固定しておくために必要になるのが、コーヒードリッパーです。バネットとも言われますが、この道具がないと、フィルターを固定できません。ですので、揃えることが必須の道具です。

コーヒードリッパーには折りたたみが出来るモデルのものや、焚火台タイプのものまであります。コーヒードリッパーを購入する上での注意点としては、どちらも市販のコーヒーフィルターが使えるようになっているものを購入するようにしましょうね。

コーヒーフィルター

挽いたコーヒーを入れるフィルターですが、今は100円均一でも販売されています。あまり指定はありませんが、100円均一のコーヒーフィルターは破けやすかったり、フィルターの目が荒いことが多いので、できればアウトドア用品などに置かれているフィルターがおすすめです。

目が細かいとドリップ時間が伸びますので、美味しい香り高いコーヒーを淹れることができます。また小分けにされているフィルターもありますので、アウトドア用品を購入するときに自分にあったフィルターを探してみて下さいね。

ケトル

アウトドアでのコーヒーを飲むために必須の道具の1つ、ケトルもなくてはなりません。もちろんケトルタイプのお湯を沸かすことに特化しているものも良いですが、少しケトルになると大きくかわばってしまいます、今はパーツを取り外してコンパクトに収納できるケトルもありますので、そちらがおすすめです。

下にバーナーを置いて使うこともできますが、吊るして焚火の上で沸かす事ができるタイプもありますので、これから先あった便利なデザインのケトルを購入しましょうね。

バーナー

お湯を沸かすために必要になるのがバーナーです。おすすめはウルトラバーナーで、火力がかなり強く短時間でお湯を沸かすことができます。アウトドアのバーナーは下のボンベを交換すると長く愛用することができますので、1つもっていると助かる道具です。

バーナーがあるとアウトドアでコーヒーを淹れることの他にも、ラーメンを作ったり、釣った魚を簡単に焼くこともできます。とにかく重宝する道具ですので、1つはアウトドア用品にいれておきましょう!

マグ

アウトドアでコーヒーを飲むと、難点としてあげられるのが冷めやすいということ。やはり冷暖房が完備されている屋内に比べ外気温も低く、風もありますのでどうしてもコーヒーが冷めやすいです。アウトドアをしていても、やはり出来るならアツアツのコーヒーが飲みたいですよね。

そんな時におすすめなのが、アウトドア用のマグです。マグといってもチタンで出来ていたりステンレスの2層構造になっているマグなど、保温効果が高いマグがたくさんあります。いつまでも温かいコーヒーを飲むためには、やはり専用のマグを購入するのがおすすめですよ。

アウトドア用のマグは、見た目もシンプルでおしゃれなものが多いので、家族分や友人分用意していてもかっこいいですね。カラーも最近は多くでてきたので、是非一度お気に入りのマグを探してみて下さいね。

コーヒー豆の種類のおすすめは?豆の人気や特徴を徹底調査! | MensModern[メンズモダン]
コーヒードリッパーの種類や違いを徹底比較!おすすめの選び方は? | MensModern[メンズモダン]

アウトドアで本格的なコーヒーの淹れ方

では、アウトドアで本格的なコーヒーを飲むためのおすすめの淹れ方を紹介します。本格的なコーヒーはやはり香りも違いますし、味も深みがありとにかく美味しいです。アウトドアをしていても本格的なコーヒーを飲みたい人はしっかりと淹れ方を知っておきましょう!

アウトドアで本格的にコーヒーを淹れることができる!

アウトドアをしているのに本格的なコーヒーなんて淹れられるの?と思うかもしれませんが、コーヒーの淹れ方をしっかりと覚えておくとちゃんと淹れることが出来ますよ。コーヒーの淹れ方は、覚えてしまうと簡単ですので、淹れ方を覚えておきましょうね。

コーヒーの効果・効能まとめ!美肌効果やダイエットにも効果的って本当? | MensModern[メンズモダン]

①バーナーを点火し、お湯を沸かそう

まずは時間がかかるので、お湯を沸かすことから始めましょう。1杯分のお湯を沸かすこともよいですが、寒い季節などは暖をとることも出来ますので、多めにお湯を沸かすのがおすすめです。バーナーに点火して、ケトルに水をいれてお湯を沸かしましょう。

②コーヒーミルでコーヒー豆を挽いておく

お湯を沸かしている間に、コーヒーミルでコーヒー豆を挽きましょう。多くのコーヒーミルは、豆を直接淹れてぐるぐる回してコーヒー豆を挽きます。それほど力はいりませんので、軽く回すだけで大丈夫ですよ。

③コーヒーバネットにフィルターをセットし、コーヒーを入れておく

コーヒーミルでコーヒー豆を挽いたら、マグにコーヒーバネットとフィルターをセットしましょう。そして、挽いたコーヒーを直接フィルターにいれます。

④お湯をゆっくりと注ぎ1分蒸らす

お湯が湧いたら、ゆっくりと挽いたコーヒーに注いでいきます。注意しておきたいのが、一気に注いでしまわないことです。時間をかけて淹れることで、美味しいコーヒーが出来上がります。ですので、コーヒーの中心にお湯を注ぎ1分程度蒸らしましょう。

⑤円を描くようにお湯を注いでいく

コーヒー用ケトルの選び方!おすすめのおしゃれなデザイン&機能は? | MensModern[メンズモダン]
コーヒーフレッシュは危険?ミルクじゃないって本当?成分や添加物を調査! | MensModern[メンズモダン]

アウトドアで本格的に淹れるのが難しい場合には簡単な淹れ方でも美味しい!

本格的なコーヒーをアウトドアで飲みたいけれど、やはりうまく淹れられなかったらどうしようと不安になりますよね。そんな時には簡単な淹れ方でも十分美味しいコーヒーを飲むことが出来ますよ。

パーコレーターだと簡単に美味しいコーヒーが淹れられる

おすすめの道具の1つがパーコレーターです。パーコレーターとは、熱を加えることで内部のパイプをとおてお湯を循環させてコーヒーを抽出します。パーコレーターは抽出している間、何度も中を確認して自分の好きな濃度にすることができます。

沸騰時間を調節して自分の好きなコーヒーにすることができますので、苦めでコーヒーの味が強い味わいが好きな人には特におすすめです。パーコレーターがあれば、好きなコーヒーを簡単に淹れることができますよ。

パーコレーターだとアウトドアに持っていく道具が少なくてすむ

またパーコレーターがあれば、コーヒーフィルターやコーヒードリッパーなど、多くの道具を持っていかなくてもパーコレーターさえあれば、美味しいコーヒーを飲むことが出来ます。パーコレーターとバーナーがあればいつでもどこでも濃いめのコーヒーを飲むことができますよ。

パーコレーターの時には予め挽いたコーヒーを持っていくか、惹かれているコーヒーを購入していくようにしましょう。豆のままではパーコレーターではコーヒーを淹れることができませんので、注意しましょうね。

キャンプで美味しいコーヒーを飲みたいなら必見!おすすめの道具と淹れ方! | MensModern[メンズモダン]
コーヒーを淹れる道具をそろえよう!コーヒー用品の選び方や人気の道具は? | MensModern[メンズモダン]

パーコレーターでのコーヒーの淹れ方

パーコレーターから中のバスケットをはずして、淹れる分の水とコーヒー粉をポットに入れます。そしてバーナーにかけて沸騰させます。そして、新たにバスケットにコーヒー粉を淹れて、沸騰してポット内に、淹れてコーヒーを抽出します。

パーコレーターの醍醐味は好きな濃度にすることができるということ。ですので、何度も繰り返してみて自分好みのコーヒーの濃度を探してみるのも楽しいですよ。

パーコレーターには注意点がある

簡単でおいしいコーヒーが淹れられるパーコレーターですが、少し注意点があります。それをしっかり守っておくと簡単で美味しいコーヒーが淹れられますよ。

コーヒー粉は粗挽きにしよう

パーコレーターはドリップのコーヒーと違いフィルターを使いません。直接コーヒー粉をいれて抽出しますので、細かすぎるコーヒー粉では、バスケットからコーヒー粉が出てしまいます。予めコーヒー粉を持っていく場合には、コーヒー粉の粒度に注意しましょう。

コーヒー粉は粗挽きがおすすめです。フィルター用のコーヒーだと、粉まみれになってしまいますので、粒が大きめのコーヒー粉を用意しましょうね。好きな濃度のコーヒーになったら、できあがりです。

バスケットの蓋をしっかりと閉めよう

中のバスケットですが、しっかりと蓋を締めるのがポイント。蓋を閉めないと、コーヒーの香りが飛んでしまったり、コーヒー粉が出てしまう危険があります。ポット内にいれるときには、必ず蓋をしめたか確認しましょうね。

もっと簡単に楽しみたい人はインスタントでも美味しい

アウトドアで本格的なコーヒーは飲みたいけれど、道具を揃えたり用意したりするのは面倒という人もいますよね。そんな時にはインスタントでもアウトドアで飲むと十分美味しいですよ。今のインスタントコーヒーはかなり味も香りも向上していますので、手軽に淹れることができます。

アウトドアをしながらであれば、インスタントでも美味しい!

アウトドアをしながらであれば、インスタントコーヒーも美味しいです。家で飲むインスタントコーヒーとは違い、アウトドアだと風景なども異なりますので、十分至福の時間になりますよ。アウトドアは準備も多いですし、さっと淹れることができるインスタントも簡単でおすすめです。

インスタントコーヒーであっても、楽しくアウトドアをしながらみんなで飲むことができれば、とても素敵な時間になりますよね。それぞれ自分のアウトドアのスタイルのあったコーヒーの淹れ方をして、アウトドアを楽しんで下さいね。

インスタントコーヒーの美味しい入れ方!カフェの様な本格的な味が出せる? | MensModern[メンズモダン]
コーヒーの美味しい入れ方!自宅でも美味しく入れるコツとは? | MensModern[メンズモダン]

アウトドアでコーヒーを楽しもう!

非現実的な楽しさがあるアウトドア。そんな時に、ゆっくりとコーヒーを飲むことが出来るのは幸せですよね。なんてことはないお肉やご飯であっても、アウトドアであればいつもより何倍も美味しくかんじますよね。それと一緒で、アウトドアにいってコーヒーを飲むということが、コーヒーの味を美味しくしてくれるのでしょう。

アウトドアでのコーヒーは格別

いつもなら時間に追われて仕事をしたり生活していますが、アウトドアではそんな時間制限はありません。ゆっくりと豆を挽いたりコーヒーを淹れることができますので、その分格別な美味しさがあります。大勢で行くならなおのこと、みんなでアウトドアをしながらコーヒーをいれる、そんな過程が幸せに感じられますね。

コーヒーを飲むためにアウトドアをしてみよう!

アウトドアをしていてコーヒーを淹れるのも素敵ですが、たまにはゆっくりとコーヒーを飲むためのアウトドアに出かけてみませんか?現実を離れて気持ちをゆったりとしてコーヒーを飲む、それだけでも十分リラックスできますよ。

アウトドアでコーヒーを本格的に楽しみたい人も、気軽に楽しみたい人も、一度アウトドアをしてみませんか?きっと自然の風に触れて飲むコーヒーは最高の一杯になるはずです。


評価 5.0/ 5(合計5人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ