アズーロエマローネはおしゃれなメンズの定番コーデです。イタリア男に長年愛されているコーディネート、アズーロエマローネ。青色と茶色の組み合わせで男の魅力を最大限に魅せるカラーコーデです。上品で気品ある着こなしを演出できるこのスーツコーデに挑戦してみませんか?

アズーロエマローネはイタリアの定番!愛される理由と着こなし術を紹介!

目次

  1. アズーロエマローネとは?
  2. 色の魅力を知ろう
  3. アズーロエマローネの魅力とは?
  4. アズーロエマローネのスーツコーデ
  5. アズーロエマローネ・スーツ以外のファッションコーデ
  6. アズーロエマローネの春コーデ
  7. アズーロエマローネの夏コーデ
  8. アズーロエマローネの秋コーデ
  9. アズーロエマローネの冬コーデ
  10. アズーロエマローネを上手に取り入れるコツ
  11. アズーロエマローネで色の魅力を最大限に魅せる

アズーロエマローネとは?

アズーロエマローネ。おしゃれな方は聞いたことがあるフレーズかもしれません。アズーロエマローネとは、イタリア語でざっくりいうと、青色と茶色のことです。アズーロは空色のこと、マローネは栗色のことです。ファッションにおいての”アズーロエマローネ”とは、青や紺系と茶色系の配色のアイテムを上手に組み合わせたコーデのことをいいます。

おしゃれなイタリアの男性が好んで着るファッションコーディネート。ファッションに敏感なイタリアのメンズが愛するカラーコンビネーションなのです。たとえば、紺のスーツに茶色のベルト+茶色の靴をコーデしたり、紺のジャケットにブラウンのネクタイをコーデ、あるいは、茶色のコートにネイビーのネクタイなど、アズーロエマローネの王道コーデを楽しむのもよし。

淡い水色のシャツにページュのカーディガン、さわやかなブルーのシャツにブラウンのチノパンといったラフな普段着ファッションでも、アズーロエマローネを意識したコーデを楽しめます。

イタリアファッションスナップから学ぶメンズの夏コーディネート術 | MensModern[メンズモダン]

色の魅力を知ろう

世の中には様々な色が存在します。例えば、赤色といっても「梅重(うめがさね)」という梅の花のような明るい紅赤色、「朱華(はねず)」といった黄色がかった薄い赤色もあります。また「薔薇色(ばらいろ)」のような薔薇の花のような鮮やかな紅色、「韓紅(からくれない)」といった濃い紅赤色など、その赤色には覚えられない程、いろいろな色があります。

色の魅力を知るには、色にはどんな種類があって、どんなしくみで色ができ、どんなきまりがあるのか?など、色についての疑問をひとつひとつクリアしていくことで、色について整理できるようになると、ファッションで取り入れる色合いについてもスムーズにコーディネートできるようになるはずです。

先述したようにアズーロエマローネとは、青色と茶色の組み合わせのファッションコーディネートのことです。アズーロエマローネを語るには、色の魅力について知っておく必要があります。

色には皆さんご存知の青系の色合いの寒色や赤系の色合いの暖色の他に、無彩色と有彩色というものがあります。無彩色とは、白や黒、灰色のように色味がない色のことです。逆に有彩色とは、赤や青のように色味をもつ色のことです。

ということは、無彩色とはモノトーンのことなのか?とも思いがちですが、日本語でいうモノトーンと英語でいうモノトーンには少し違いがあるようで、日本語でいうモノトーンとは、黒やグレー、白のことですが、英語でいうモノトーンとは、寒色である青色や水色も含めてモノトーンという場合もあるようです。

その他にも、色の明るさの度合いを示した明度、色の強さを示した彩度、同じ色でも色味の違いや色合いの違いを示した色相というものがあります。色を知る上でよく出て来る用語です。覚えておいて損はありません。

色には様々な性質があり、アズーロエマローネの青系と茶色系にもそれぞれ性質の違いがあるのです。そもそも青色は寒色、茶色は暖色に分類されていますので、正反対の印象を与える色同士ということになります。だからこそ、組み合わせた時に、お互いの色を引き立たせる役割をお互いがし、お互いの色の魅力を存分に放つことができているのでしょう。

アズーロエマローネの魅力とは?

アズーロエマローネとは、青色×茶色のカラーコーディネートのことと申し上げましたが、この色の組み合わせには、独特の魅力があるのです。青色、つまり寒色と茶色、暖色のコラボ。正反対の印象を与えるこの組合せがイタリアの男性に好まれる最大の魅力とは・・・。

寒色という色は、後退性を持っているので、他の色と組み合わせた時に遠く感じる性質があります。逆に、暖色という色は、進出性を持っているので、他の色と組み合わせた時に近くに感じる性質があります。このおかげで、青色と茶色の組み合わせは他にはない立体感や、目を引く色合いながら、派手すぎず上品な印象を与えることができるのです。

スーツ生地の選び方や種類|人気はイタリアブランドメーカーの生地? | MensModern[メンズモダン]

アズーロエマローネのスーツコーデ

アズーロエマローネ初心者にも、取り入れやすいコーディネートは、ネイビーのスーツにブラウンのネクタイといったコーディネート。パンツで茶色系を取り入れるのは少々、勇気が入りますが、ネクタイや靴など、小物アイテムに茶色を取りいれれば、さりげなくアズーロエマローネを意識したファッションコーデが出来上がります。

さわやかな印象を与えつつ、イタリア男性のようなファッションセンスを漂わせることができるコーディネートです。また、インナーのシャツにブルーを持ってくれば、爽やかさはさらにアップします。清潔感溢れるスーツコーデの出来上がりです。

アズーロエマローネが染みついているイタリア男ならまだしも、日本人が明るめの青色と茶色でアズーロエマローネをコーデするのは至難の業。濃紺のスーツや限りなく黒色に近い茶色のパンツや靴などで、さりげなくアズーロエマローネを意識してみるのがコツです。だんだんとコツを掴んで来たら、ちょっと大胆にアズーロエマローネを楽しんでみてくださいね。

グレンチェックスーツの着こなし術!英国男性から学ぶかっこいいコーデとは? | MensModern[メンズモダン]

アズーロエマローネ・スーツ以外のファッションコーデ

アズーロエマローネのコーデはもちろんスーツ以外でもOK!簡単に取りいれられるのが、トップスに青系のシャツやセーター、そしてジーパンやチノパンに靴を茶色系のシューズにすれば、アズーロエマローネ・スーツ以外のファッションコーデの出来上がりです。

イタリアの靴のメーカーまとめ!メンズにおすすめのブランドと特徴を紹介! | MensModern[メンズモダン]

アズーロエマローネの春コーデ

さわやかな春の印象を与える春コーデに、アズーロエマローネを取りいれるには、春ならではの春コートに青色を取りいれるのがおすすめです。青系を多めにすることで自然な組み合わせができますが、ちょっと高度なテクニックを披露したいなら、茶色系を多めに入れてみるのもいいですよ。

アズーロエマローネの夏コーデ

夏コーデは、暑さであまりアイテムを増やしたくないもの。靴やベルトといった必要なアイテムに青系や茶色系を取りいれてアズーロエマローネを楽しんでみて下さい。

アズーロエマローネの秋コーデ

ファッションの秋にアズーロエマローネのコーデを楽しむには、薄手のコートやジャケットでおしゃれにアズーロエマローネを楽しむのがおすすめです。茶色系の帽子をコーディネートに取りいれて、イタリア男を気取ってみるのもアリかもしれません。

アズーロエマローネの冬コーデ

冬のアズーロエマローネは、マフラーや手袋を上手に使ったコーデもアリ。キャメルのコートやジャケットに青系のシャツやジーンズなどを合わせれば、アズーロエマローネ上級者です。

アズーロエマローネを上手に取り入れるコツ

青色と茶色の割合

いきなり、イタリア男のようにアズーロエマローネを大胆にコーディネートできない!という方は、青色と茶色の割合を変えてみるのがコツです。青色と茶色を半々にコーデに取り入れるのは困難でも、どちらかの色を差し色として使うとコーディネートしやすくなります。

また、青色の割合を多くするとより自然なコーデにまとまります。逆に茶色系を多くするとアズーロエマローネ上級者。清潔感がある青系のシャツやジャケットでも合わせるパンツによって印象もだいぶ変わってきます。

青系のシャツにジーパン+茶色系のシューズをコーデすれば、自然なアズーロエマローネを取り入れることができますが、茶色系のジャケットやコートに青系のパンツを合わせると、がっつりアズーロエマローネを意識したコーディネートとなります。

青色と茶色の色味

青色と茶色の組み合わせがアズーロエマローネですが、その色にも明るい青色、明るい茶色から暗い青色、暗い茶色までいろいろなあります。暗めの色でアズーロエマローネを決めるのは意外に簡単ですが、明るめの色合いでアズーロエマローネをコーデするのはやや難しいです。

アズーロエマローネを暗めの色でまとめるには普段のファッションコーデでもできますが、鮮やかな明るめの色でアズーロエマローネを決めるのは、パーティーシーンなどがいいでしょう。グッと目を引くワンランク上のファッション上級者となって、周りと差をつけてみてはいかがでしょうか?

アズーロエマローネで色の魅力を最大限に魅せる

イタリアの男性が身に沁みついているアズーロエマローネ。青色と茶色の色の魅力を最大限に魅せるファッションコーディネートです。一見、チグハグに見える色合いが、上品で華やかさを醸し出せる最強のカラーコンビネーションなのです。

イタリアでは定番のこの色の組み合わせを、日本人が上手に取り入れるのは難しいかもしれませんが、青と茶色でも暗めの青や茶色からスタートしてみると、アズーロエマローネの初心者でもコーディネートしやすくなりますので、ぜひお試しください。


評価 3.8/ 5(合計13人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ