Boseのホームシアターまとめ!5.1chスピーカーで自宅が映画館に?

Boseは迫力ある上質なサウンドで有名なアメリカのオーディオブランドですが、このBoseからリリースされているホームシアターを導入する事で、自宅がまるで映画館の様な最高のホームシアターに早変わり!今回はそんなBoseのホームシアターについてご紹介致します。

Boseのホームシアターまとめ!5.1chスピーカーで自宅が映画館に?

目次

  1. Boseの5.1chホームシアター導入で自宅が映画館に!
  2. Boseとは
  3. Bose CineMate 15 ホームシアタースピーカーシステム
  4. Bose CineMate 120 ホームシアターシステム
  5. Bose Lifestyle 600 ホームエンターテインメントシステム
  6. Bose Lifestyle 650 ホームエンターテインメントシステム
  7. Bose SoundTouch 300 soundbar
  8. Bose SoundTouch 130 ホームシアターシステム
  9. Bose Solo 5 TV サウンドシステム
  10. Boseのホームシアターで最高の音響環境を手に入れよう

Boseの5.1chホームシアター導入で自宅が映画館に!

映画館の醍醐味と言えば、大迫力の画面と音響ですよね!さすがに映画館並みのスクリーンは自宅に導入する事は難しいかもしれませんが、音響に関してはホームシアターシステムを導入する事で、まるで自宅を映画館の様な音響環境に仕上げる事が出来るのです!映画好きの方にはこの上ない最高の環境ですよね。自宅でお酒でも飲みながら贅沢に映画を楽しむなんて、まさにこの上ない贅沢です。

そんなホームシアターシステムを含めた音響機器に定評にあるメーカーと言えば、真っ先に思い浮かべるのは「Bose」ではないでしょうか?そこで今回はBoseがリリースしているホームシアターシステムをご紹介させて頂きたいと思います。極上の音響環境で映像作品をゆっくり楽しみたい方は、是非この記事を参考に、Boseのホームシアターシステムを手に入れてみてはいかがでしょうか。

ホームシアターシステムでおすすめは?高音質・大迫力の人気ランキング | MensModern[メンズモダン]

Boseとは

ホームシアターシステムのご紹介をさせて頂く前に、先ずはBoseについてご紹介させて頂きたいと思います。Boseはアメリカに本社を置く、スピーカーや音響機器を手掛けるオーディオ機器製造メーカーです。マサチューセッツ工科大学の教授であるアマー・G・ボーズ氏が、自らの研究チームの研究成果の製品化などを行う為の企業として設立致しました。もともとはMIT内の企業だったのです。

Boseといえば低音域が高い評価を得ているメーカーで、低音域を出しやすくするためには大型化が一般的だったそれまでのスピーカー構造を覆し、Bose独自の研究結果に基づいた理論によって、小型にも関わらず非常に豊かな低音域を出す事が出来るのです。この技術によってBoseのスピーカーは世界的に有名となり、今では「低音のBose」として絶対的な地位を確立するまでに至っております。

Bose CineMate 15 ホームシアタースピーカーシステム

自宅がまるで映画館に!Boseの5.1chホームシアタースピーカーシステム①

それでは早速Boseのホームシアターシステムについてご紹介させて頂きましょう。先ずはサウンドバータイプである「Bose CineMate 15 ホームシアタースピーカーシステム」です。こちらの商品の本体サイズは305x83x70 mm(幅x高さx奥行)、ウーファー部分は222x364x489 mm、本体重量1.4 kg、ウーファー部分の重量が9㎏となっております。実勢価格は42,983円~となっております。

Bose CineMate 120 ホームシアターシステム

自宅がまるで映画館に!Boseの5.1chホームシアタースピーカーシステム②

続いてご紹介させて頂きますBoseのホームシアターシステムは「Bose CineMate 120 ホームシアターシステム」になります。こちらは前途のCineMate 15の上位モデルで、本体サイズは313x64x208 mm、ウーファー部分は193x282x373 mm、本体重量は1.49 kg、ウーファー部分の重量は6.3 kgとなっております。現在の実勢価格帯は121,219円~となっております。

Bose Lifestyle 600 ホームエンターテインメントシステム

自宅がまるで映画館に!Boseの5.1chホームシアタースピーカーシステム③

続いてご紹介させて頂きますホームシアターシステムは「Bose Lifestyle 600 ホームエンターテインメントシステム」です。Boseのホームシアターシステムの中でも上位の5.1chサラウンドシステムとなります。

サイズは406x72x268mm(本体)305x330x305mm(ウーファー)66x158x66mm(フロント)66x158x66mm(リア)、重量は4kg(本体)0.48kg(フロント)0.48kg(リア)13.6 kg(アンプ)となっております。実勢販売価格は421,200円~となっております。


Bose Lifestyle 650 ホームエンターテインメントシステム

自宅がまるで映画館に!Boseの5.1chホームシアタースピーカーシステム④

続いてご紹介させて頂きますホームシアターシステムは「Bose Lifestyle 650 ホームエンターテインメントシステム」です。前途のBose Lifestyle 650 ホームエンターテインメントシステムの上位モデルで、Boseのホームシアターシステム内の最上位サラウンドシステムとなります。

サイズは406x72x268mm(本体)305x330x305mm(ウーファー47x147x47mm(フロント)47x147x47mm(リア)、重量は4kg(本体)0.35kg(フロント)0.35kg(リア)13.6 kg(アンプ)となっております。実勢販売価格は529,200円~となっております。

こちらは現在購入する事が出来るBoseの最上級クラスのホームシアターシステムという事で、想像を絶するほどの素晴らしいサウンドを奏でてくれる一台です。お値段的には50万円OVERとかなりの値が張ってしまう事は否めませんが、本格的なホームシアターの構築をお考えの方には、このクオリティでこの価格なら安いのではないかとも思われるような内容となっております。

Bose SoundTouch 300 soundbar

自宅がまるで映画館に!Boseの5.1chホームシアタースピーカーシステム⑤

続いてご紹介させて頂きますホームシアターシステムは「Bose SoundTouch 300 soundbar」です。こちらはサウンドバータイプのホームシアターシステムとなっております。本体サイズは978x57x108mm、重量は4.7kg。実勢販売価格は78,000円~となっております。こちらはウーファーが付属しないモデルなので、本体のみのスッキリ使用となっております。

7万円台で他社の10万円OVERクラスの機種相当の性能を持つホームシアターシステムと言われ、現在人気沸騰中のこのモデル。シンプルなサウンドバータイプなので、デザイン的にもごちゃごちゃせずスッキリとした印象が良いですね。勿論音質は折り紙付きで、これ一本あればどんな映画や音楽も満足する事間違いなし!。おすすめのホームシアターシステムです。

Bose SoundTouch 130 ホームシアターシステム

自宅がまるで映画館に!Boseの5.1chホームシアタースピーカーシステム⑥

続いてご紹介させて頂きますホームシアターシステムは「Bose SoundTouch 130 ホームシアターシステム」です。こちらもサウンドバータイプのホームシアターシステムとなっており、本体サイズは313x64x208mm(本体)193x282x373mm(ウーファー)、重量は1.49kg(本体)6.3kg(ウーファー)。実勢販売価格は95,38 円~となっております。

Bose Solo 5 TV サウンドシステム

自宅がまるで映画館に!Boseの5.1chホームシアタースピーカーシステム⑦

最後に紹介させて頂きますBoseのホームシアターシステムは、これまたサウンドバータイプのホームシアターシステムである「Bose Solo 5 TV サウンドシステム」です。サウンドバー単体での構成となっており、本体サイズは548x70x86mm、重量は1.7kgとなっており、実勢販売価格は27,922円~と、他のモデルと比較してもかなりお買い求めやすい価格帯となっております。いわばBoseの入門機ですね。

3万円以下とは思えない迫力の音響機器であるこちらの商品。予算に限りがある中で、出来るだけ良質なホームシアターシステムを購入したいとお考えの方にはこの上ない機器と言えます。エントリークラスだからと言っても温室的には間違いなくBoseそのもの。必ずや貴方の耳を満足させてくれる事でしょう。

サウンドバーのおすすめ比較!テレビやホームシアターを大迫力で楽しむ | MensModern[メンズモダン]

Boseのホームシアターで最高の音響環境を手に入れよう

数あるホームシアターシステムの中でも、Boseのホームシアターシステムは飛び切り上質なサウンドを奏でてくれます。ご自宅にてじっくりと映画を楽しむ際に、もしこのBoseのホームシアターシステムがあれば、臨場感や迫力が何倍にも膨れ上がる事間違いありません!映画以外にも好きなアーティストのLIVE映像を楽しむ際なども、まるで会場にいるかのような臨場感を味わう事が出来るでしょう。

今回ご紹介させて頂いたBoseのホームシアターシステムは、下は2万円台から上は50万円台からと、かなり価格帯の幅がありましたが、どれもそのプライス以上に我々を満足させてくれるものばかりです。これを機会に世界的有名メーカーであるBoseのホームシアターシステムをGETして、充実のホームシアターライフを満喫してみるのもいいのではないでしょうか。

5.1chのスピーカーでおすすめは?ホームシアターで人気商品の選び方 | MensModern[メンズモダン]
ホームシアターのおすすめランキング!高音質スピーカーで人気のモデルは? | MensModern[メンズモダン]

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ