アルファードは車中泊に最適!マットや寝袋などおすすめ快適グッズを紹介

車中泊をこれから考えている方は、どのような車中泊が理想ですか。今回は、アルファードの車中泊についての特集になります。アルファードの車中泊に必要な道具やマット、そして寝袋など快適なグッズをまとめてご紹介していきます。車中泊をしたい方は必見です。

アルファードは車中泊に最適!マットや寝袋などおすすめ快適グッズを紹介

目次

  1. ちょっとリッチなアルファードの車中泊をご紹介
  2. アルファードは車中泊にベストマッチ!快適な車内
  3. アルファードの車中泊!車はどこに止める?
  4. アルファードの車中泊の良さとは?
  5. おすすめのアルファードの車中泊グッズ①キャプテンスタッグ
  6. おすすめのアルファードの車中泊グッズ②FIELDOOR
  7. おすすめのアルファードの車中泊グッズ③CREEPER
  8. おすすめのアルファードの車中泊グッズ④コールマン
  9. おすすめのアルファードの車中泊グッズ⑤イワタニ
  10. アルファードは車中泊に最適まとめ!

ちょっとリッチなアルファードの車中泊をご紹介

みなさんは、車中泊はしたことがありますか。男性の中で憧れる方も多い車中泊ですが、初心者の人は何を揃えて良いのかわからないですよね。

そこで、今回はアルファードの車中泊はどのようにするのか、そしてアルファードの車中泊に必要な道具などのようなものがあるのか、アルファードの車中泊において、車はどこに止めたら良いのか、などアルファードの車中泊に関連した内容を徹底的にお届けしていきます。これから車中泊で旅をしたい方や、車中泊にチャレンジしてみたい方はぜひ参考にして下さい。

きっとこれまでになかった新しい世界が広がるかもしれませんよ。アルファードの使用する車中泊グッズを購入して、さっそく週末には車中泊に出てしまいましょう。きっと快適な時間が過ごせること間違いなしですよ。それではまず、車中泊に使用するアルファードの特徴から見ていきましょう。

車中泊におすすめの車を調査!軽自動車やフルフラットなど人気の車種は? | MensModern[メンズモダン]

アルファードは車中泊にベストマッチ!快適な車内

ではここからは、アルファードが車中泊にいかに適しているかをお届けしていきます。まず最初にご紹介するアルファードの車中泊の特徴ですが「快適な車内」になります。アルファードは高級車ミニバンとして、トヨタのトップランクに位置するフラグシップのミニバンとなります。

当然車内の内装も、本革を使用したり、合成皮革を使用したりすごく便利な機能がたくさん搭載されております。また、助手席には「助手席スーパーロングスライドシート」がついており、ロングスライドレールの効果により何と最大で1,160mmもスライドすることが可能になりました。これにより、助手席側の人が足を全て伸ばしきって余裕でくつろぐことができます。

アルファードの室内空間は、室内長が3,210mm、室内幅が1,590mm、そして室内高が1,400mmとすごく広いので、車中泊には最適な構造になっております。アルファードには7人乗りと8人乗りがラインナップされておりますが、車中泊に特化したモデルを選択する場合は、断然8人乗りにした方が便利です。

というのも、アルファードのシートをフルフラットにした時に、7人乗りですとベンチシートではないために、セカンドシートの間に隙間ができてしまい、車中泊の際にベッドを整備することが初心者にはやや、やりづらいからです。8人乗りであれば、ベンチシートなので、フルフラットにした時に多少出てしまう段差を解消するマット等を敷くだけで、すぐに車中泊ができてしまいます。

ですので、これからアルファードを購入しようと考えている方は、8人乗りが車中泊をしやすいのではないでしょうか。もともとアルファードのシートは、高級車だけあって座り心地は最高ですから、車中泊の際でも快適な就寝ができること間違いなしです。

ワゴンRで車中泊!カーテン・マットなど快適に過ごせるグッズまとめ | MensModern[メンズモダン]

アルファードの車中泊!車はどこに止める?

さてアルファードの車中泊が十分できるということがわかったところで、実際車中泊をする際は車はどこに止めたら良いのでしょうか。

きっと初めてアルファードで車中泊をする人にとってはすごく考えさせられる問題ではないでしょうか。ここでは、アルファードの車中泊で困らないように車中泊の場所の選定方法をご紹介していきます。もし、どこに止めたら良いのかわからない場合は、ぜひ参考にしてみて下さい。

高速道路のパーキングエリア

まず最初にアルファードの車中泊で思い浮かぶ駐車エリアは高速道路のパーキングエリアではないでしょうか。高速道路のパーキングエリアは、長距離トラックの運転手や、旅行に行く家族連れで車中泊をしている人がたくさんいらっしゃいますよね。ですので、高速道路のパーキングエリアは車中泊は可能になります。ですが、1つだけ注意点があります。

それは、高速道路のパーキングエリアで車中泊をする時は、エンジンはオフにしておきましょう。他にも就寝する方が多いということはトラブルに発展する可能性もあります。それを防ぐためには、きちんとしたマナーを守って車中泊することが大切です。

具体的には、就寝する時には、マットや暖房の道具、調理器具を用意しておきます。また、他の人の目線を気にせず車中泊できるように、サンシェードは必須です。後述して、アルファードの車中泊に必要な道具をご紹介していきますが、ルールを守って車中泊をすることを心がけましょう。

全国の道の駅

アルファードの車中泊において、高速道路のパーキングエリアに次いで多いエリアが、全国の道の駅になります。道の駅は長距離の旅の中継地点の宿泊場所として、多くの方に人気を集めております。

人気の理由は、車中泊でネックになる食料の調達と、トイレ、そして温泉地の道の駅であれば温泉施設を完備している道の駅もあり、道の駅に車中泊すれば、移動も最小限にして、道の駅だけで全て済んでしまうのです。これが道の駅の良いところです。

道の駅であれば、日中は地元の食べ物や、お土産物もあり、地元の良さを十分に味わうこともできます。そこに温泉施設もついていれば申し分ありません。道の駅の車中泊では、高速道路のパーキングエリアと同様にルールをきちんと守り、快適に使用することを心がけましょう。

24時間営業のスパ施設

続いてのアルファードの車中泊に適した施設ですが、24時間営業のスパ施設になります。スパ施設には、温泉や銭湯が完備されていますから、お風呂を済ませることもできますし、また軽食や食堂つきの施設も多く、同時に食事を済ませることもできます。

また、旅の疲れを癒してくれるマッサージ機やマッサージをする方が常駐している場合も多く、旅の疲れを真っ先に癒したい方は、スパ施設をおすすめします。24時間営業のところも多いですが、中には早めに閉じてしまうこともあるため、事前の下調べが重要になります。ぜひ参考にして下さい。

ジムニーの車中泊ベッドを自作するには?作り方やおすすめのグッズを紹介 | MensModern[メンズモダン]

アルファードの車中泊の良さとは?

アルファードで車中泊することの良さとは、まず第一に豪華な車内でくつろいで旅をできるという点にあります。やはり、アルファードという高級ミニバンという特徴がゆえ、シートの乗り心地も良いですし、シートだけじゃなく長距離運転をしても疲れにくいという運転者側にも多くのメリットがあります。

ですので、アルファードの車中泊はいつもと少し違い、非日常を味わうにはまさに最適なのです。また車中泊に不便なこととは、トイレとお風呂ですが、これについては事前にお風呂に入れる施設やトイレ、道の駅の場所を調べておけば何の問題もありませんから、あとは快適な車中泊グッズを選べばいつでもアルファードで車中泊をすることができますよ。

車中泊用のカーテンでおすすめは?自作・手作りのポイントや選び方を調査 | MensModern[メンズモダン]

おすすめのアルファードの車中泊グッズ①キャプテンスタッグ

キャンピングFDマット

続いてはアルファードの車中泊に便利な車中泊グッズをご紹介していきます。まず最初にご紹介するのは何と言ってもベット周りの道具になります。その名も「キャプテンスタッグ・キャンピングFDマット」になります。

こちらのマットの特徴は、アルファードのフルフラットなシートでも多少凸凹が発生しますので、このマットを敷くことにより凸凹の解消に繋がりますし、嫌な凹凸を吸収して快適な睡眠をサポートしてくれます。

また、こちらのマットは折りたたんでおいて、枕としても使用することができて、小さくまとまるので、使用しない時でも荷物にならずに、持ち運びも非常に便利なのも特徴になります。

サイズは、横幅100cm、そして長さが200cm、厚さが1.5cmもあるので、大人の男性が寝ても余裕の寝心地を実現しております。肝心の価格は、Amazonで3,104円と非常にリーズナブルでどなたにもおすすめできます。ぜひご検討して下さい。

車中泊におすすめの安心な場所は?簡単に見つける方法や注意点まとめ | MensModern[メンズモダン]

おすすめのアルファードの車中泊グッズ②FIELDOOR

車中泊マット

続いてのアルファードの車中泊のおすすめのグッズですが、やはりベット周りでもう1つおすすめをご紹介していきます。そのグッズとは、FIELDOOR・車中泊マット10cm厚Sサイズ自動膨張マットレスになります。こちらのマットの特徴はエアマットであるので、どんな状況でも快適な寝心地を実現してくれます。

しかもセッティングは非常に簡単でバルブを開くだけで自然に膨らむので、手間入らずです。道の駅やパーキングエリアでの車中泊にも対応できますし、もしこのマットだけでは狭いなと感じる場合は、2つ連結できる機能も搭載している優れものです。もちろん使用しない時はコンパクトに収納できます。

素材には、高密度なウレタンフォームを使用しているので、通常のエアマットよりも高密度で快適な寝心地を約束してくれます。本格的なエアマットが欲しい方にはおすすめできる商品です。こちらのマットは2個セットで販売されており、厚さ10cm×幅60cm×長さ195cmとなっています。

必要に応じて、1個での使用もできますし、カラー展開も豊富ですので、お好きなカラーを見つけるのも魅力的です。価格は2個セットにも関わらず、14,200円になります。ぜひご検討下さい。

車中泊のおすすめ便利グッズまとめ!快適に過ごせる必須アイテムは? | MensModern[メンズモダン]

おすすめのアルファードの車中泊グッズ③CREEPER

寝袋シュラフ高級ダウン

続いてのアルファードの車中泊のおすすめのグッズですが「CREEPER・寝袋シュラフ高級ダウン」になります。こちらのグッズは寝袋になります。特にアルファードとは言え車中泊では夜間は暖房をつけない状態ですとすごく冷えます。すごく冷えるので、暖かい寝袋は必須アイテムと言っても過言ではありません。

そこで今回ご紹介するのは、高級ダウンを使用した寝袋になります。高級アヒルの羽毛を使用しているので、とても暖かくて安眠効果があります。

何とその保温性は、−20度の外気温でもこの寝袋があれば安眠効果があります。ぜひおすすめしたい寝袋の1つです。価格は、Amazon価格で6,480円になります。ぜひ参考にしてみて下さい。

フォレスターで車中泊はできる?段差の埋め方と必要なグッズを紹介 | MensModern[メンズモダン]

おすすめのアルファードの車中泊グッズ④コールマン

ランタンCPX6パーソナルLEDランタン2

続いてのアルファードの車中泊のおすすめのグッズですが「コールマン・ランタンCPX6パーソナルLEDランタン2」になります。こちらのグッズの特徴はランタンでLEDなので優しい光で車内を照らしてくれます。ほんのり優しい光ですが、2人ほどのキャンプであれば十分な明るさを保っておりますし、その明るさは申し分ないです。

電池は単1乾電池を使用します。また、このランタンの中には、バッテリーを搭載することができて、万が一乾電池がない時でも、長時間の使用を可能にしており、災害時でも大いに実力を発揮します。価格は、Amazon価格で、7,160円になっております。ぜひ参考にしてみて下さい。

車中泊で冬の寒さ対策まとめ!防寒におすすめのグッズや注意点など徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

おすすめのアルファードの車中泊グッズ⑤イワタニ

カセットフー達人スリム

続いてのアルファードの車中泊のおすすめのグッズですが「イワタニ・カセットフー達人スリム」になります。アルファードの車中泊において、調理をするシーンもぜひ楽しんで欲しいところです。車中泊とは言え、キャンプほどではないにしても、車内で好きな食材を使用して、自分の時間を楽しむことは、まさに車中泊の醍醐味と言えます。

そこで、ご紹介するのが、このカセットコンロの有名メーカーであるイワタニのカセットコンロになります。例えば道の駅の駐車場では、火器を使用するのは危険ですのでそのような時は車内でのカセットコンロが便利です。また鍋やフライパンは家庭で使用しているもので十分ですので、カセットコンロさえあれば十分美味しい食事の時間を味わうことができます。

こちらのカセットコンロの価格は、Amazon価格で、3,070円の非常にリーズナブルな価格です。ベストセラー1位の商品ですので、ぜひおすすめ致します。

軽自動車で車中泊に人気の車種はなに?おすすめのポイントも紹介 | MensModern[メンズモダン]

アルファードは車中泊に最適まとめ!

アルファードは高級車のポテンシャルを生かして、とても十分した車中泊を送れる車です。ぜひこの機会にみなさんも車中泊に必要なグッズを買い揃えて、初めての車中泊にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。日常では味わえないワクワクがありますよ。

スズキのエブリィは車中泊やカスタムできる?エブリィワゴンと比較! | MensModern[メンズモダン]

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ