自動車の標準装備となったキーレスですが、中古車を購入するとキーレスがない場合もあります。ただせっかくの便利な機能なので後付けでもキーレスをつけたいものです。ここではキーレスの後付けについて可能なのか、可能であれば工賃はどれぐらいになるのか紹介していきます。

キーレスの後付けは可能?工賃の金額からおすすめ商品まで徹底調査

目次

  1. 標準装備となったキーレス
  2. キーレスはいつから登場したのか
  3. キーレスの仕組みとは
  4. キーレスの後付けは可能なのか
  5. 後付けキーレスの金額は
  6. キーレスを後付けする際に知っておく事
  7. 後付けキーレスの工賃は
  8. 自分で後付けキーレスを取り付ける
  9. おすすめ後付けキーレス①コムエンタープライズ
  10. おすすめ後付けキーレス②NPLUS・キーレスエントリーシステムキット
  11. おすすめ後付けキーレス③Officek・キーレスエントリーシステムキット
  12. おすすめ後付けキーレス④IRC・キーレスエントリーキット
  13. おすすめ後付けキーレス⑤gtb・キーレスエントリーキット
  14. おすすめ後付けキーレス⑥Rupse
  15. キーレスの後付けは可能?のまとめ

標準装備となったキーレス

一昔前では鍵穴に鍵を差し込んでドアロックを解除するのが当たり前でしたが、キーレスの登場でドアロック解除が楽になりました。ただ今では装備されていて当然とも言えるキーレスですが、高級車のみの標準装備で大衆車ではオプション装備という時代が長く続いていました。

ボタン1つでドアロックの開閉ができるキーレスですが、荷物を持ったままでもドアを楽に開けられるだけではなくインキーの発生も抑えてくれます。もとから鍵を使ってドアロックをする人であれば心配はないのですが、昔はドアを閉める前にロックをしてドアノブを上げながらドアを閉める絞めるのが一般的でした。

ただこの様なドアの閉め方をしていると鍵を車内に置いたままドアロックがかかってしまうインキーが起こるわけです。キーレスにはインキー防止機能が搭載されているものもあるので、キーレスの電池が急になくなるなどよほどの事がない限りはインキーが起こらないわけです。

スマートキーのキーケースでおすすめは?おしゃれな売れ筋ランキング | MensModern[メンズモダン]

キーレスはいつから登場したのか

キーレスはとても便利な装備であるのは誰もがご存知の事と思いますが、いつから自動車に装備される様になったのでしょうか。過去に販売された車種をみていくと日本初となるキーレスを搭載した車は、1985年から販売された3代目ホンダ・アコードをされています。

また同年には日産・スカイラインでカードエントリーという今現在主流となってきているスマートキーに似た装備も登場しています。機能としてはカードを携帯しドアノブについたボタンを押すとドアロックが解除できるというものです。今現在でカードエントリーシステムを搭載している車はほぼ無い状態です。

スマートキーの電池交換方法は?残量・寿命チェックのやり方も解説 | MensModern[メンズモダン]

キーレスの仕組みとは

キーレスは後付け可能なのかという本題に入る前にまずはキーレスの仕組みについて説明していきます。キーレスはボタンを押す事でドアロックの開閉ができるのはご存知と思いますが、詳しい仕組みに関しては知っている人が少ないかと思います。まずキーレスから送られる信号には電波式と赤外線式があります。

最近では電波式のキーレスが多くなっていますが、赤外線式よりも電波式の方が信号が強く少し離れた場所からでもドアロックの開閉が可能となります。そしてキーレスからの信号を車内に搭載した受信機が受け取りドアロック用のモーターが動くわけです。またキーレスが送る信号は6桁の数字による暗号化がされています。

キーレスが登場した当時は1つのキーレスで複数台の車のドアロックが解除できるのではという話もありましたが、6桁の数字による組み合わせは約100万通りといわれています。もちろん1つのキーレスで複数台のドアロック解除の確率はゼロではありませんが、ほぼ無いといって間違いはありません。

キーレスの後付けは可能なのか

ここからはキーレスが後付け可能かという本題に入ります。中古車を購入したり商用車ではキーレスを装備していない場合があります。最初はキーレスは無くても大丈夫かなと思うものですがあるきっかけでキーレスが欲しくなるものです。中にはキーレスつきの車を買えばよかったと思う人もいるでしょう。

結論としてはキーレスの後付けは可能です。今では軽自動車でも標準装備となっているキーレスは比較的金額が安い装備で取り付けも簡単なのです。キーレスの後付けが可能だとわかったところで次からはキーレス本体の金額や取り付け工賃について説明していきます。

軽自動車の中古車でおすすめは?人気メーカー・ポイントをまとめ | MensModern[メンズモダン]

後付けキーレスの金額は

キーレスの後付けが可能という事はキーレス用の社外製品が多く出ているという事になります。社外キーレスには様々な機能を搭載したセットや、とてもシンプルな機能となっているセットがありよく考えて購入する必要があります。社外キーレスの金額は3,000円から20,000円と幅広くあります。

また中古車を購入する時にみられる前オーナーがキーレスを無くしてしまっている場合も、ディーラーに頼む事で新しいキーレスを用意してくれます。ただ前述の通りに信号の設定をする必要があるので工賃含めて金額は15,000円から20,000円程度となります。

トヨタ・セダンの燃費・中古車価格を比較!人気おすすめランキングも! | MensModern[メンズモダン]

キーレスを後付けする際に知っておく事

幅広い金額で用意されている後付けキーレスですが取り付ける車がどのタイプなのか知っておく必要があります。どのタイプか知らずに安いからと買った後付けキーレスだけではパーツが足りずに、予想外に高い買い物となってしまう可能性もありあます。

キーレスを後付けする際に知っておくべきタイプというのは集中ドアロックがついているかいないかです。そして集中ドアロック搭載車でもドアロック用のボタンがあるかないかでも変わってきます。まず集中ドアロックが搭載されボタンもある場合はどの様なキーレスを買っても後付けができます。

次に集中ドアロックはついているけどボタンが無い場合は運転席にドアロック用のモーターがついていないのがほとんどです。この場合はドアロック用モーターが付属されたキーレスセットを買うか、ドアロック用モーターを1つ買い足す必要があります。

最後に集中ドアロックが搭載されていない車ですが、以前は集中ドアロックが無い車はキーレスの後付けが不可能とされていました。ただドアの枚数分のドアロック用モーターを取り付ける事でキーレスの後付けは可能となります。ただドアロック用モーターをドア分購入するので金額は高めとなります。

後付けキーレスの工賃は

続いてキーレスを後付けする場合の工賃ですが、集中ドアロックがあり各ドアにモーターがついている車では取り付け工賃は5,000円から10,000円程度が相場の様です。また運転席にロック用モーターがついていない車の工賃は8,000円から15,000円程度となります。

次に集中ドアロックが搭載されていない車の取り付け工賃です。クーペなどの2ドアタイプの車にキーレスを後付けする場合の工賃は13,000円から20,000円程度に、4ドアタイプの車へのキーレス取り付け工賃は17,000円から24,000円程度とされています。

トヨタのコンパクトカーおすすめ人気ランキング!燃費や中古車価格を比較! | MensModern[メンズモダン]

自分で後付けキーレスを取り付ける

キーレスを後付けできるのはわかったけど取り付け工賃がかかるなら考えてしまうという人もいるかもしれません。ただある程度の知識があればキーレスの後付けは自分でできてしまうのです。自分でキーレスを後付けする場合は集中ドアロック機能が搭載されている車となります。

もちろん集中ドアロックがついていなくても、各ドアにモーターを取り付けて運転席との連動をさせる事ができるだけの知識があればどんな車にキーレスを取り付けるのは可能です。工賃を払ってまでキーレスを取り付けるのは…と思っている人は自分で取り付ける事にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

おすすめ後付けキーレス①コムエンタープライズ

キーレスについて説明してきましたがここからはおすすめの社外後付けキーレスを紹介していきます。まず1つ目のおすすめ後付けキーレスはコムエンタープライズのキーレスエントリー ロックマンです。コムエンタープライズのロックマンは後付けキーレスの定番ともいえる商品です。

ロックマンの金額はアマゾンで5,500円程度と後付けキーレスとしては安い部類に入ります。ただ安いながらもアンサーバック機能が搭載されています。アンサーバックとはキーレスの信号を受信するとハザードなどが連動してついてくれる機能です。ロックの開閉の確認や暗い駐車場で自分の車を探す場合に活躍してくれます。

ロックマンにはキーレス本体が5パターン用意されているので選ぶ楽しみもあります。また付属されている取扱説明書もわかりやすいと評判で自分でキーレスを取り付けたい人にもおすすめです。ただ集中ドアロック未搭載車では別にロック用モーターが必要となります。

おすすめ後付けキーレス②NPLUS・キーレスエントリーシステムキット

2つ目に紹介するおすすめ後付けキーレスはNPLUSのキーレスエントリーシステムキットです。NPLUSのキーレスキットは12V専用のキーレスとなっています。アマゾンでの金額はセール期間中で2,4000円とかなり安い社外キーレスといえます。

ただ安いからといって性能が悪いわけではありません。アンサーバック機能やダミーセキュリティ機能も搭載された優れものです。また別売りにはなりますがキーレス用のスピーカーと接続する事で、音によるアンサーバックが可能となり防犯面で活用する事ができます。

コンパクトカーの中古車価格を徹底比較!人気車種や探し方も解説! | MensModern[メンズモダン]

おすすめ後付けキーレス③Officek・キーレスエントリーシステムキット

おすすめ後付けキーレス3つ目はOfficek・キーレスエントリーシステムキットです。Officekのキーレスキットもセール中で2,500円で購入する事ができます。キーレスとしての機能はアンサーバックにダミーセキュリティが搭載されています。取扱説明書も配線説明の記載されたオリジナルの説明書が付属されます。

Officek・キーレスキットは12V専用で集中ドアロックが搭載されている車用となっています。ダミーセキュリティではダミー用のLEDが装備されているのが特徴で、光による防犯が必要と感じるひとにはぴったりな後付けキーレスとなっています。

おすすめ後付けキーレス④IRC・キーレスエントリーキット

おすすめの後付けキーレスの4つ目はIRCの後付けキーレスキットです。アマゾンでの販売金額は2,980円となっています。機能もアンサーバック、ブルーLEDによるダミーセキュリティ搭載と一般的な機能を搭載した後付けキーレスのキットといえます。

IRCのキーレスキットにはトヨタ車・ダイハツ車の鍵に取り付けることが可能なキーレスもあります。鍵とキーレスを別々に持つのが面倒と感じる人であれば、鍵に取り付けるタイプの後付けキーレスが良いでしょう。またIRCキーレスは信号が遠くまで届くと評判になっています。

おすすめ後付けキーレス⑤gtb・キーレスエントリーキット

5つ目のおすすめ後付けキーレスはgtb・キーレスキットです。ここまで紹介したキーレスキットは集中ドアロックを搭載した車向けでしたが、gtbのキーレスキットは集中ドアロック未搭載車でも取り付けができる様にドアロック用モーターが4つ付属されています。

ドアロック用モーターが付属されているからといって金額が高くなっているわけではありません。アマゾンでの価格は3,000円程度とコスパ面でも優秀なキーレスセットといえます。ただアンサーバック機能は搭載されていますがダミーセキュリティは搭載されていないので、集中ドアロックがない車に安価でキーレスをつけたい人向けです。

おすすめ後付けキーレス⑥Rupse

最後に紹介する後付けキーレスはRupseのキーレスセットです。Rupseのキーレスセットは2,500円という安価なキーレスセットとしては珍しく、12V車全てに接続対応しています。機能もアンサーバック対応のみととてもシンプルではありますが、価格を考えると十分だといえるでしょう。

Rupseのキーレスセットを自分で取り付けている人が多くいらっしゃる様ですが、日本語での取り付け説明書が付属されていないので少し苦労するみたいです。ここまで紹介した後付けキーレスはコムエンタープライズのロックマン以外は3,000円程度で購入できますが、どのキーレスセットも機能はほぼ変わらないのでデザインで選ぶのが良いでしょう。

キーレスの後付けは可能?のまとめ

キーレスの後付けは可能かについて紹介しましたが、どの車にもキーレスの取り付けは可能です。特に少し古めの商用車にはキーレスが搭載されていない場合が多いので、後付けできるのはありがたいのではないでしょうか。また後付けキーレスセットはある程度の機能があれば良いならとても安価で購入できます。

そしてキーレスを後付けする場合に最もかかる費用は工賃といえます。ただ集中ドアロックが搭載されている車であればちょっとした知識があれば自分で取り付けることもできます。また純正のキーレスでは信号の届く距離が短いと感じる場合も、後付けキーレスに付け替えることで改善されることがあります。

今では装備されていて当たり前のキーレスですが、大事にのり続けられている車や中古で購入する場合ではキーレスがない車もあります。その様な車でもキーレスの後付けは可能なので、ここで紹介したおすすめキーレスを参考に取り付けてみましょう。


評価 4.9/ 5(合計11人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ