アメ車SUVのおすすめランキング!魅力と人気モデルの特徴は?

アメ車のSUVと言えば、アメ車らしい大型のボディにパワフルなエンジンを搭載した、最もアメ車らしい車種として日本でも人気があります。今回はそのアメ車SUVのおすすめ人気モデルをランキングにてご紹介させて頂きたいと思います。

目次

  1. 今最もアメ車らしいアメ車は「SUV」
  2. GMC・ユーコン デナリ
  3. ダッジ・デュランゴ
  4. ジープ・グランドチェロキーSRT
  5. インフィニティ・QX80
  6. フォード・エクスペディション
  7. トヨタ・セコイア
  8. シボレー・タホ/サバーバン
  9. ハマー・H2
  10. リンカーン・ナビゲーター
  11. キャデラック・エスカレード
  12. キャデラック・SRX
  13. リンカーン・MKT
  14. フォード・エクスプローラー
  15. アメ車の神髄「SUV」を豪快に乗りこなそう!

今最もアメ車らしいアメ車は「SUV」

アメ車と言えば「大きなボディ」「驚くほど大排気量のエンジン」と言ったイメージが沸きませんか?でも、そんなアメ車がメインストリームだったのは昔の話。今やアメ車も新車に関してはダウンサイジング化の流れが進み、伝統的な350V8エンジンを搭載していた車種ですら、3LクラスのV6エンジンに方針転換を余儀なくされていたり何て事も。アメ車自体が少しづつ変わりつつあるのです。

でも、そんな変化の時を迎えているアメ車の中でも、相変わらずアメ車らしさを前面に押し出している人気車種があります。それがSUVです。アメリカではトラックやSUVは絶対的一番人気を誇る車種で、広大な国土にも拘らず日本のように鉄道網が整備されていない状況では、沢山の人や荷物を運べて、あらゆる道を走破できる走破性を持つSUVは、まさに最適な一台なのです。

よってダウンサイジング化が進むアメ車業界の中にあっても、大柄なボディとBIGエンジンを搭載する従来のスタンスは一切変わらず、相変わらずのアメ車らしさを前面に押し出し続けているのがSUVなのです。今回はそんなアメ車SUVの人気車種のおすすめをランキングにてご紹介させて頂きたいと思います。本物のSUVに乗りたいアメ車好きの方は必見ですよ!

GMC・ユーコン デナリ

魅力溢れる人気モデルが目白押し!アメ車SUVおすすめランキング第10位

ラグジュアリーグレードに位置づけされるデナリ(DENALI)は、エスカレードと同じVORTEC 6.2L V8ユニットを搭載しております。最高出力は380馬力とエスカレードよりも若干下げて6速ATと組み合わせることで、ストリートユースに置ける乗りやすさを重視したパワーユニットに仕上げました。



タホがロングボディモデルとしてサバーバンをラインナップしているように、ユーコンにもXLと言うロングボディモデルがラインナップされております。5130mmに対し、XLでは5650mmと520mmのアドバンテージを持ち、その広大なインテリアは他を圧倒する風格を持ち合わせております。

ユーコンデナリのスペックは以下の通りです。・全長514×全幅200×全高200cm(ロングホイールベースモデルのXLは全長565×全幅201×全高195cm)・エンジン/6.2L OHV V型 8気筒 380ps 6AT/・燃料タンク容量98.4ℓ/・燃費5km/L /・内装カラー エボニーレザーorライトカシミアレザー。上級グレードにはホームシアターオーディオで有名なBOSE製サウンドシステムも用意されています。

ダッジ・デュランゴ

魅力溢れる人気モデルが目白押し!アメ車SUVおすすめランキング第9位

ダッジ デュランゴは¥、ダッジが誇るフラッグシップSUVです。現行で加わったデュランゴの新たなラインナップは290馬力を発生するV6 3.6L PentastarのSXT、SXT-PLUS、V6 3.6Lエンジンと360馬力を発生するV8 5.7HEMIが選択可能なLIMITED、V8 5.7HEMI搭載のスポーティーグレードR/T、V6 3.6LとV8 5.7HEMIを選択可能なCITADELの5グレード構成となりました。

V8モデルには気筒休止システムを採用し、さらに全車に8速ATを搭載することにより燃費も大きく向上。デュランゴのインテリアはこれまでのデュランゴに比べラグジュアリーな趣が全面に押し出され、メーターパネルには液晶を採用、Uコネクトと呼ばれる8.4インチ大型スクリーンが装備されSDオーディオやBluetoothオーディオ、USBポートなど、スマートフォン等に対応したメディアとなっております。

さらにシフトノブは消え、ダイヤル式シフトセレクターへと進化。ステアリングには8速ATをスポーティーに楽しめるパドルシフトが装着されたのは嬉しいですね。CITADELのフロントシートはヒーター&ベンチレーション付で夏も冬も快適で、ステアリングヒーター、セカンドシートヒーターまでも完備しております。

ジープ・グランドチェロキーSRT

魅力溢れる人気モデルが目白押し!アメ車SUVおすすめランキング第8位

日本でも非常に馴染み深いジープ グランドチェロキー。ジープと言えばオフロードでの姿がまず頭に浮かびますが、グランドチェロキーはシーンを選ばないオールラウンドプレイヤーとして、世界中で人気のあるジープの代表作なのです。そのグランドチェロキーシリーズのハイパフォーマンスモデルであるのがこちらのSRモデルとなります。

2012年より販売を開始し、その後フルモデルチェンジを敢行しましたが、2014年モデルにおいて早くもマイナーチェンジ行い、バイキセノンヘッドライトに流行のLEDドライビングライトを取り入れるました。速さだけでなく欧州車に近い美しいスタイリングが話題の一台です。

8速ATの搭載により、更なるパワーと燃費の向上にも繋がりました。搭載ユニットは先代6.1リッターから6.4リッターにスープアップされたクライスラー伝統のレーシングエンジンとも言えるV8 HEMIを搭載。注目の最高出力は470馬力、100km/hの加速時間はわずか4.8秒、さらにSS1/4マイルは13秒台、最高速度は255km/hとスポーツカー顔負け。NAながら凄まじい加速が持ち味です。

インフィニティ・QX80

魅力溢れる人気モデルが目白押し!アメ車SUVおすすめランキング第7位

こちらのINIFINITY QX80は日産が北米で展開するラグジュアリーカーブランドであるインフィニティの高級SUV。簡単に言うとLEXUSの日産版とでも言うと分かりやすいかと思います。非常にラグジュアリーな車ばかりがラインナップされているインフィニティシリーズは日本でも人気が高く、並行輸入車を道で見かける事もしばしば。そんなインフィニティのフラッグシップSUVがこちらです。

クラス的にはLEXUS 570と同クラスと考えて頂ければ分かりが良いかと思います。国内マーケットでは余りにも贅沢すぎるため、参入の噂はありましたが結局今に至るまで本格的な日本販売は実現されておりません。5.6LV8エンジンを搭載し、大柄で威嚇的なフルサイズボディを、余すことなく走らせるその姿には圧巻です。いつかは日本でINIFINITY正式販売が行われると良いですね。

フォード・エクスペディション

魅力溢れる人気モデルが目白押し!アメ車SUVおすすめランキング第6位

続いてご紹介させて頂きますのはフォード・エクスペディション。それまでフォード最大のSUVであったエクスカージョンの廃止に伴って、現地フォードのSUVで最大のサイズを誇るフルサイズSUVとなっております。全米で話題となり日本でも人気となったテレビドラマである「24」のCTUで使われていたマッドブラックのエクスペディションは、自動車ファンでなくても印象に残っているのでは?

2018年にフルモデルチェンジを控えているといわれているエクスペディション。日本で乗りこなすには相当気合が必要なサイズ感を持つSUVではありますが、本場アメリカの雰囲気を味わいたいのであれば、やはりこれ位押し出しの強いSUVを軽々と乗り回すぐらいでないといけませんね。現在フォードでの正規販売は行われておりませんので、お買い求めの際は並行輸入専門店からとなります。

トヨタ・セコイア

魅力溢れる人気モデルが目白押し!アメ車SUVおすすめランキング第5位

「あれ?アメ車のSUVランキングなのに何故トヨタ?」と思われた方がいらっしゃるかもしれませんので、ここでご説明しておきますが、このセコイアは北米トヨタでのみ発売されているフルサイズSUVで、日本では販売を行っておりません。アメ車なのか、と言われると100%そうとは言い切れない微妙なラインではありますが、アメリカでも人気の高いSUVなので今回はランキングに加えております。

過去モデルの際に、一時的に日本でも発売されたことがありましたが、余りにも日本の住環境には向かない大柄なボディサイズの為、やがて販売は中止となりました。同じく北米トヨタで展開されている大人気ピックアップであるタンドラを彷彿とさせる攻撃的でタフなフェイスデザインと、作りこまれた豪華な内装、そして5リッターOVERのV8エンジンと、中身は120%アメ車なSUVなのです。

トヨタのセコイアは逆輸入車!木村拓哉の愛車セコイアはどんな車? | MensModern[メンズモダン]

シボレー・タホ/サバーバン

魅力溢れる人気モデルが目白押し!アメ車SUVおすすめランキング第4位

タホ&サバーバンはアメリカを代表するフルサイズSUV。現行モデルは先代と変わらぬ5.3Lの排気量ですが、新開発のECOTEC3は355馬力を叩き出し、気筒休止システムや6速ATを採用したことで、V8搭載モデルSUVにおいて最高の低燃費を実現するに至りました。今回も2WD、4WD(AWD)から選択可能で、LS、LT、LTZの3グレード構成となっております。

注目すべき点は、後部席の居住性が格段に良くなったことで、セカンドシートの足元が従来モデルに比べ50mm拡大し足元がかなり広くなっている点に加え、今まで跳ね上げ格納固定式で取り外しも少々困難だったサードシートが床下収納タイプとなった事です。これは非常にユーザーにとっては嬉しい改良点となりました。

さらに最高級グレードであるLTZには、パワーフォルディングサードシート(電動格納)が採用されました。これはセコイア、QX80、GL550などのライバル達が既に標準装備としているアイテムで、今後のSUVには必須条件となりそうです。新世代タホ/サバーバンは、ユーザーが望んでいた欲しい装備が詰まった、コストパフォーマンスが極めて高いモデルと言えるでしょう。

ハマー・H2

魅力溢れる人気モデルが目白押し!アメ車SUVおすすめランキング第3位

世界のセレブを虜にした唯一無二のKING of SUVがこのハマーH2です。湾岸戦争時に注目を浴びたHUMVEEのイメージを継承した内外装は良い意味で男臭い。世界中で一大ムーブメントを起こし、08年モデルより一新されラグジュアリー色が強く反映され、その魅力にますます磨きがかかりました。まさに『一度味わってしまうと癖になる』そんな趣きを持ち合わせるSUVです。

新開発6.2L V8 VORTECエンジンは398PSを発生し、6速ATとの組み合わせにより従来比20%の出力向上を果たした。低回転から巨大なトルクにより重量級のボディを軽がる引っ張るほど走行性能も大幅にアップ。この排気量にして市街地走行で5~6km/Lと驚異的な燃費により経済的にも優れている。大柄なボディからは想像も付かない乗り心地の良さと取り回しの良さには誰もが驚くばかり。

リンカーン・ナビゲーター

魅力溢れる人気モデルが目白押し!アメ車SUVおすすめランキング第2位

アメリカンSUVラグジュアリーの先駆けであるリンカーン。スタンダードとロングから選択可能で、スタンダードボディは全長5268mm、ロングボディは全長5646mmとなっております。 20インチホイールを標準とし、「リザーブパッケージ」では、ポリッシュ加工22インチホイールが標準装備され、オプションでクロームアクセントランニングボードや電動ムーンルーフ等を選択する事も出来ます。

エンジンはこれまでのナビゲーター伝統のV8 5.4Lエンジンから、新世代スタンダードエンジンとなったV6 直噴3.5L ツインターボ「ECO BOOST」に変更。最大出力380ps、最大トルク59.5kgmを叩き出し、従来エンジンと比べ60馬力もUPさせる事に成功いたしました。更には小排気量化とツインターボ化、エンジンスタート&ストップ機能を追加させた事によって燃費の向上にも繋がりました。

キャデラック・エスカレード

魅力溢れる人気モデルが目白押し!アメ車SUVおすすめランキング第1位

アメ車のフルサイズSUVの頂点に立つのは、やはりこのキャデラック・エスカレードをおいて他にはないでしょう。アメリカNo.1のプレミアムカーブランドである、キャデラックのフラッグシップモデルでもあるエスカレードは、見るからにサクセスストーリーを具現化したかのようなスタイルを持つ、魅力にあふれた完璧なアメリカンSUVです。まさにまさに「憧れの象徴」とも言えるでしょう。

新開発のエコテック3 6.2Lエンジンで最高出力426PS(420hp)、従来比で5%のパワーアップ、トルクは10%以上のアップ、 気筒休止システムによりさらに燃費も向上しているというメカニカルスペックで、充分なパワーある走りを体感しつつも燃費面の向上も図られているのが素晴らしいポイントですね。

キャデラック・SRX

程よいサイズ感が魅力!アメ車ミッドクラスSUV人気おすすめランキング第3位

本場アメリカのSUVにもダウンサイジング化の波が訪れているという事を冒頭でご説明して頂いたこともありますので、最後にミドルクラスのアメ車SUVを幾つかご紹介させて頂こうと思います。まず3位はキャデラックのミッドクラスSUVであるSRXです。日本でも正規販売が行われていることもあり、そこそこの頻度で見掛ける事も多い車です。

マスク的にはSTSやCTSといったセダンモデルのフェイスデザインに近い印象を受けます。サイズ面に関しては、国産車で言うとLEXUS RXや日産ムラーノ辺りのボディサイズと然程変わらないという印象です。フルサイズSUVを扱うのはちょっと自信が無いといった方でも、このクラスなら安心して乗り歩く事が出来るのではないでしょうか。

リンカーン・MKT

程よいサイズ感が魅力!アメ車ミッドクラスSUV人気おすすめランキング第2位

こちらはフォード・リンカーンシリーズのミドルクラスSUVである「リンカーンMKX」です。アビエーターの後継モデルで、ナビゲーターを一回り小さくさせたSUVという感じですね。しかしながら佇まいに関してはリンカーンそのもの。V6ツインターボのエコブーストエンジンを搭載した人気モデルです。

フォード・エクスプローラー

程よいサイズ感が魅力!アメ車ミッドクラスSUV人気おすすめランキング第1位

アメ車のミドルクラスSUVで1位に選ばれたのは、このクラスの絶対的王者であるフォード・エクスプローラーです。日本でもかなり馴染の深いSUVで、正規販売が行われている車両でもあります。ミドルクラスといえど、日本車と比べれば非常に大きなサイズ感のあるボディなので、アメ車好きの方なら充分満足出来るSUVで有る事は間違いありません。

アメ車の神髄「SUV」を豪快に乗りこなそう!

コンパクトSUVに人気が集まる中でも、やはりSUVの醍醐味であるフルサイズのアメ車SUVに乗りたいという方はいらっしゃいます。確かに日本で乗りこなすには大変な部分もありますが、それを補って余りある素晴らしさを感じさせてくれるのがアメリカンSUVです。この機会にフルサイズSUVをGETし、アメ車の神髄を味わってみて下さい。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ